HOME > WHAT'S GB
ゲームボーイの歴史
CONTENTS


【プロローグ(ゲーム&ウォッチ)】

 携帯型ゲームの先駆者といえば、80年代前半に世界中でヒットを飛ばしたゲーム&ウォッチであり、任天堂のゲーム販売快進撃も、まさにここから始まったとも言えます。

 これはウルトラハンドや光線銃などを手がけた
横井軍平氏の発明品で、元となるアイディアは出張中の新幹線の中で生まれました。サラリーマン風の男が退屈しのぎに電卓で遊んでいる姿を見て、横井氏「暇つぶしのできる小さなゲーム機」を思いつくのです。しかし特にそれを凄い考えだと思ったわけではなく、携帯ゲーム機のアイディアは、横井氏の頭の中だけでしばらく温められることになります。

 ある日のこと、任天堂社長の
山内溥氏専属の運転手が病気で休んでしまい、横井氏が一日運転手を任されることになります。社長専用車は外国産キャデラックであり、左ハンドルを運転することができるのは中古の外車を乗り回していた横井氏くらいでした。しぶしぶと引き受けた横井氏でしたが、車に乗っている間に雑談として、山内社長に新幹線の中で考えたアイディアを話して聞かせます。「サラリーマンでも暇つぶしとして遊べる小さなゲーム機があれば面白いのではないか」と…。そのときの社長は、さほど興味をみせなかったといいます。

 何日か過ぎたある日、突然
横井氏は社長に呼び出され、来訪したシャープ社員達と会います。横井氏が運転手を務めた日の会合の席で、山内社長がシャープの社長に小型ゲーム機の話題を持ち上げたところ、シャープの液晶の面からも可能だと話が進んだというのです。こうして横井氏の携帯ゲーム機のアイディアが現実化していくこととなります。手のひらに隠して遊ぶことができる形を追求した結果、横型の筐体にシンプルなボタン配置というデザインになりました。そして1980年、世界初の携帯型液晶ゲームマシンゲーム&ウォッチが発売されます。今では当然のように使われている十字キーも、このゲーム&ウォッチから発明されたものです。



【ゲームボーイ誕生まで】

 爆発的に売れたゲーム&ウォッチでしたが、これは基本的に1台につき1種類のゲームしか遊ぶことができないゲーム機でした。ユーザーが遊べるのは内蔵のROMに書き込まれた1種類のみで、新しいゲームがしたければゲーム&ウォッチをもう一台買う必要があったのです。

 ゲーム&ウォッチから8年後、ソフトを取り替えることによって様々なゲームを遊ぶことができるマルチソフト型携帯ゲーム機が、横井軍平氏率いるチームにより開発されることになります。これがゲームボーイです。

 ゲームボーイ
の開発は、ゲーム&ウォッチに比べると難航することになります。画面の液晶に、当初はゲーム&ウォッチに使ったものと同じTN液晶を採用しましたが、造られた試作品をプレイした山内社長は、「なんだこれ。見えへんやないか」と顔をしかめました。ゲームボーイゲーム&ウォッチと比べてサイズが大きいため、プレイヤーは正面上から覗き込んでプレイすることになります。もともと電卓用のTN液晶では、斜めからは見やすくても正面からは見にくいため、ゲームボーイの液晶として使うことに難があったのです。このままでは発売することができません。苦悩の末、横井氏はシャープに、コントラストは良いが表示スピードが遅い液晶(STN液晶)を依頼します。これが結果的に成功して、正面からも見ることができる液晶モニターが完成します。

 次に
ゲームボーイに求められたのは頑丈さでした。”外に持ち出して遊べる”というのが売りである以上、乱暴に扱っても通常どおり動作しなければなりません。ようやく完成したゲームボーイの試作品は、耐久テストとして高い所から投げ落とされました。壊れた場合には作り直し、投げられた後でもきちんと動作するようになってから発売が決定したといいます。これ以降のゲームボーイシリーズもかなり丈夫な設計となっています。

 また、山内社長
ゲームボーイを全ての国の電波防止法をパスする世界共通規格にすることを指示。電源についても「外人は充電してまで遊ばない」という意見でアダプターによる充電式から電池式に変更します。これらのゲームボーイの設計が、まさしく世界中に普及する要因となります。そして通信機能も、「つけてもコストはほとんど上がらないし、なにかそこで面白いゲームが出てくることが期待できる」という理由で、横井軍平氏によって付けられました。さほど深く考えずに付けられた機能でしたが、これも後にゲームボーイが返り咲く要因となります。

 こうして、モノクロディスプレイを搭載したROM交換方式の携帯型ゲーム機が誕生。
ゲームボーイと名付けられ、1989年4月21日に12800円(メーカー希望小売価格)で発売されます。同時発売ソフトは「スーパーマリオランド」「アレイウェイ」「ベースボール」「役満」の4本でした。



【テトリスによる一次ブーム】

 紆余曲折の末、なんとか発売されたゲームボーイでしたが、その前評判はもともと高いものではありませんでした。

 なにせ既に
メガドライブPCエンジンが発売されており、さらにスーパーファミコンの噂もささやかれている時代です。カラーなど当たり前、グラフィックがどんどん綺麗になっていく中で、ゲームボーイの小さな白黒画面は、当時の感覚からしてもかなり地味なものでした。

 「任天堂は何を考えているのか」と考えた人も少なからずいたわけですが、じつは任天堂内でもゲームボーイはあまり期待されていませんでした。社内でゲームボーイDMG(ダメゲーム)と呼ばれていたことや、開発途中で液晶の問題がでたときにも「見えんから売らんでもええやんか」と言われていたことからも、そういった雰囲気が窺えます。

 とはいっても、もちろん開発チームは売れるだろうと思って作っていました。そして
ゲームボーイ用ソフトとして目をつけた作品が、当時業務用でブームとなっていた「テトリス」です。ロシアで版権を獲得し、チームは「テトリス」ゲームボーイ用ソフトとして開発します。操作性が改良され、通信ケーブルによる対戦要素を付加された「テトリス」は、1989年6月14日に通信ケーブルと同時発売されました。

 あっという間に人気が広がり、
ゲームボーイテトリスは大ブームになります。海外では、この2つはセットとして販売されました。単純で分かりやすく老若男女問わず楽しめるテトリスと、世界中で遊べるように設計されたゲームボーイのタッグは強力なもので、ゲームボーイは世界中で大ヒットします。

 これが
ゲームボーイの第一次ブームです。ネガティブな前評判を吹き飛ばして、ゲームボーイは波にのることに成功しました。最終的にテトリス423万本の売り上げを記録します。また同時発売だったスーパーマリオランド419万本役満128万本のミリオンセラーになりました。

 つづく?
 




【ゲームボーイの歴史表】

ゲームボーイ それ以外
1989 4月21日 ゲームボーイ発売(12500円)
6月14日 「テトリス」発売
年号が平成となった
1990 - 10月6日 ゲームギア発売
11月21日 スーパーファミコン発売
1993 6月6日 ゲームボーイ9800円に値下げ
1994 5月1日 ゲームボーイ8000円に値下げ
6月14日 スーパーゲームボーイ発売
11月21日 ゲームボーイブロス発売(8000円)
12月4日 プレイステーション発売
11月22日 セガサターン発売
1995 - 7月21日 バーチャルボーイ発売
1996 2月27日 「ポケットモンスター」発売
7月21日 ゲームボーイポケット発売(6800円)
10月19日 ゲームボーイポケットシルバー発売
6月23日 ニンテンドウ64発売
1997 4月18日 ゲームボーイポケットゴールド発売
7月11日 ゲームボーイポケットピンク発売
11月21日 ゲームボーイポケットクリアパープル発売
10月4日 横井軍平氏逝去
1998 1月30日 スーパーゲームボーイ2発売
2月14日 ゲームボーイポケット5800円に値下げ
4月14日 ゲームボーイライト発売
10月21日 ゲームボーイカラー発売(8900円)
11月14日 ゲームボーイポケット3800円に値下げ
10月28日 ネオジオポケット発売
11月27日 ドリームキャスト発売
1999 5月14日 ゲームボーイカラー6800円に値下げ 3月4日 ワンダースワン発売
2000 ゲームボーイ累積販売数が一億台を突破 3月4日 プレイステーション2発売
2001 - 3月21日 ゲームボーイアドバンス発売
9月14日 ゲームキューブ発売
2002 - 2月22日 XBOX発売
2003 7月18日 ラストタイトル
「ドラえもんのスタディーボーイ漢字読み書きマスター」発売
3月21日 ゲームボーイプレイヤー発売
2006 12月6日
「GBとGBAは今年か来年の歳末セールが最後」
と任天堂アメリカのReggie Fils-Aime社長が発表。
11月11日 プレイステーション3発売
12月2日 XBOX360発売
12月2日 Wii発売
12月12日 ドラクエ9はDSで発売と発表
2007 10月31日
ゲームボーイ・ゲームボーイポケット・ゲームボーイライト修理サポート終了
-
2011 6月7日 3DSのバーチャルコンソール開始 2月26日 ニンテンドー3DS発売
12月17日 プレイステーションVITA発売
 


BACK