HOME > SOFTWARE

ダンジョンセイバー

ジャンル: RPG
メーカー: イマジニア
発売日 : 00.08.04



 豊富なキャラが登場する、対戦型ダンジョンRPG。

 このゲームは、まず自分のユニット部隊とダンジョンを持つことから始まります。ユニットを侵攻用・守備用に2組以上編成して、それからダンジョンを作成。階段やトラップ、ユニットなどを自由に配置して、奥にはガーディアンを待機させます。ガーディアンというのはダンジョンのボス的存在で、このキャラが簡単に倒されないように、自分のダンジョンにトラップやユニットを配置しなければなりません。準備ができたら、対戦相手と同時にダンジョンに攻め込みます。自分のガーディアンが倒される前に、相手のガーディアンを倒せば勝利です。

 何だかややこしい感じがしますが、ユニット=兵士、ダンジョン=城、ガーディアン=王と考えると分かり易いかもしれません。両者ともに城を攻めて、先に王を討ち取れば勝ちということです。ダンジョン内部のトラップや階段などの位置は基本的に触れなければ分からず、敵との戦闘も避けては通れない。この辺はやはりRPG。相手のダンジョンを攻略している間、相手もリアルタイムで自分のダンジョン侵略しているので割と緊迫感があります。侵略の様子は実況中継されるので、対戦ゲームとしてなかなか熱い。

 また、登場するユニットキャラクターの豊富さも魅力のひとつです。主人公格であるガーディアンが12人、総キャラ数は228人。もともとキャラクターの募集が少年雑誌の企画で行われており、その採用キャラクターが総数の3分の1以上を占めています(色違い含む)。当時その雑誌で連載していた漫画家もキャラデザインに参加していて、その多様さはかなりのもの。各キャラごとに決めゼリフも違っていて、色々なキャラで部隊を組みたくなります。ユニットは編成画面で雇えるほか、ランダムで登場する酒場にてスカウトできます。

 RPGの対戦として独創的なアイディアを含んだ意欲作。しかし、序盤はどうにもとっつきが悪いです。部隊編成などでゲームをすぐに始められないことと、操作の複雑さが原因でしょうか。チュートリアルもお粗末。キャラごとにストーリーが異なり、アイテムも多く、やりこみ要素も大きいのですが、やはり通信対戦を一番遊びたい作品。

 アイテムドロップ率が低くて、コレクター泣かせなゲームでもあります

むずかしさ:★★★☆☆ レベル上げは必須、退却を利用しましょう
セーブ機能:★★★☆☆ 1つセーブ可能

BACK