HOME > SOFTWARE

ドクターマリオ

ジャンル: パズル
メーカー: 任天堂
発売日 : 90.07.27



 医者となったマリオが細菌撲滅する落ち物パズルゲーム。

 ウイルスが蔓延るビンのなかに、カプセルが上から次々に投入されていきます。ウイルスにもカプセルにも、それぞれ赤・青・黄色の三色があって、これらを縦か横に同じ色を4つ並べると消滅します。この性質を利用してすべてのウイルスを全滅させることがゲームの目的。プレイヤーが動かせるのはカプセルだけです。

 ウイルスはビンのなかで浮いていますが、カプセルは落下していきます。カプセルは2色がくっついた形になっているのですが、片方が引っかかっている間は、もう片方も落ちません。そのため下手な積み方をしていると、新しいカプセルの移動の邪魔になることもあります。カプセルがビンの口まで届くとゲームオーバー。ウイルスの数はレベルごとにどんどん増えていき、高レベルになると最初からウイルスがびっしり詰まった状態ではじまります。もはや危篤状態。

 ゲームボーイ版で注目したいところは次の2点です。ひとつめはウイルスの色。「モノクロなのに色を合わせるなんて」と思いきや、かなり判別しやすいです。これは三色を“濃さ”だけでなく“模様”でも表しているため(赤=ベタ、黄=抜き、青=点描)。このおかげでモノクロでも区別が容易です。さらに、ふたつめは連鎖の音。連鎖した時に効果音が鳴るのは、ゲームボーイ版だけ。これはおそらく通信対戦のためで、携帯ゲーム機では相手画面が分からないことを考慮して作られたのかもしれません。いきなりマリオの無敵の音(4連鎖)が鳴り出したら、そりゃ対戦相手は驚くってもんです。この2点だけでも本作の工夫がわかります。

 落ち物パズルとしては「連鎖」などのシステムに未完成な部分もありますが、「画面内のウイルスを全部消す」という目的が明確なこともあって、ゲーム不慣れな人でも簡単に楽しめる作りとなっています。中毒性の高いBGMも含めて、熱中度は高めな作品。

 レベル20のお楽しみ画面は、ファミコン版を先に見ていたほうがより楽しめるかも。


むずかしさ:★★★☆☆ レベル制、高レベルではFC版より1段低めなので難易度高め
セーブ機能:★☆☆☆☆ セーブもパスワードもなし

BACK