HOME > SOFTWARE

攻めCOMダンジョン ドルルルアーガ

ジャンル: RPG
メーカー: ナムコ
発売日 : 00.12.15



 カイとギルの末裔達が活躍する、「ドルアーガの塔」の外伝的作品です。

 プレーヤーと敵のボスが同時に相手のダンジョンに攻め込むターン制のRPGで、先に相手ダンジョンのジュエルを奪い取ったほうが勝利です。ジュエルは3つのカギがないと開かない扉に守られているので、まずはカギを集めることが先決。両者のダンジョンは1〜3個のワープホールで繋がっており、行くも戻るも自由なのですが、ターン制限を越えた場合はプレイヤーの負けになってしまいます。自分と相手が交互に動くターンバトルということもあって、無駄な行動は命取り。

 プレーヤーとボスは通常攻撃だけでなく、カードを使ってクリーチャー(モンスター)を召喚したり、アイテムを装備したりすることができます。カードはゲーム開始前にあらかじめデッキとして組み込んでおき、一定のMPを消費して使用可能。MPはターンごとに回復しますが、あまり乱用しているとイザという時に使えなくなってしまいます。この辺りのバランスがカードゲーム風味。

 カードの召喚とは別に、あらかじめ自分のダンジョンにクリーチャーを配置することができます。クリーチャーは同じ部屋にいる相手ボスを自動的に攻撃してくれるので、敵の足止めのためにも上手く配置しておきたいところ。プレーヤーとボスはHPが0になっても数ターンで復活できますが、自分のジュエルルームに戻され、MPは0になり、装備は全て失い、手持ちのカードを1枚落としてしまうのでデメリットは大。復活は何度でもできますが、何度も倒されているとそのぶん敵のボスが行動できるので、形勢は不利に傾くばかりです。

 戦略は色々と考えられますが、要はジュエルを先に取ってしまえばいいので、敵すべてを相手にする必要はありません。逃げきり・ゴリ押し、全然オーケー。ただし、それは敵側も同じなので、ヒヤヒヤしながら勝つことも少なくないです。守りを気にしながら敵陣に攻め込むという、どことなく一昔前の遊びに通じる感覚もあります。

 シナリオはステージクリア型で進み、難易度は意外に高めです。ワンパターンな戦略は通用しないので、相手ごとにデッキを組みなおさないとクリアーは困難。特に少ないカードで厄介な敵を相手にしないといけない序盤は苦戦必至でしょう。パッケージなどの見た目とは裏腹に、手強い難易度を持ったゲームでオススメです。ストーリーもシリアス。

 通信対戦ではルールが少し違っているため、対戦より一人プレイのほうが面白くなっているという稀な作品、かも。

むずかしさ:★★★★☆ 意外とかなり手強い、ワールド2〜3がひとつの山場
セーブ機能:★★★★★ 1つセーブ可能

BACK