段ボールオーブンの作り方


1.材料を揃えます。段ボール箱(幅30cm、奥行き30cm、高さ40cm位がちょうど良い)、焼き網2枚、ステンレス皿、針金か長い金串4本、アルミホイル、障子のり(無添加)、はけ、ハサミ、ガムテープ、メジャーなど。
(段ボールの上下左右は、この写真を基準にして下さい。)

2.まず、網をのせるための針金の穴を、側面に空けます。高さは上から10cmと20cm、幅は網より少し狭い幅で2ヶ所の穴を空けます。反対側も同様にします。

3.段ボールの角の1カ所を切って開き、2〜3倍に薄めた障子のりでアルミ箔を張ります。アルミ箔の継ぎ目は2cm位重なる様に、端も2cm位残して折り返します。

4.アルミ箔を張り終わったら、切った角をガムテープでつないで、箱の状態に戻します。

5.側面の下に、横8cm、縦5cmの空気穴を空けます。どちらか片方で結構です。

6.針金を通して網を置きます。ステンレスの皿に断熱のために灰を敷き、充分に熾きた炭をのせます。(写真の炭はまだ熾きていませんね。)

7.オーブンの予熱ができたら、ピザを入れて焼きます。焼いている間は、ガムテープで熱気が逃げないようにしましょう。時々段ボール箱の上面を素手で触ってみて温度を確認して下さい。体温より低ければ、炭を追加、「熱いっ」と思うぐらいになっていたら温度が上がり過ぎなので、炭の量を減らして下さい。

注意事項:
・炭の取り扱い時のやけど、火事には、十分に注意しましょう。
・横に針金が飛び出しています。怪我をしないように、ガムテープなどを張って、目立つ様にして下さい。
・段ボールの下も熱くなりますので、燃えないものの上で調理して下さい。

各種資料のページへ戻る


Copyright © 2011 つくばギャートルズ