2010 8/25 山梨県・富士吉田市
富士登山 ~吉田口~
 一年越しでお願いしてあった富士登山に伯父さんに連れて来てもらった。本当は8月上旬に登る予定だったが、伯父さんの急病で中止。再度日帰り強行登山を決行することになった。山登り初心者の自分にとっては、かなりの挑戦だ。まあでもベテランの先輩がついてくれているのだから、なんとかなるという安心感はあった。

 仕事が終わってから三重を出発して、深夜1時頃に富士山五合目に到着。平日だというのに登山者が多く、少し手前の路肩に駐車させられる。車から降りると予想以上に寒い。既に標高2300mまで来ているのだ。五合目の売店で金剛杖を買う予定だったが、深夜なので店が全て閉まっている。残念だが途中の山小屋でも買えることに期待して、真暗闇の中を登り始めた。

 六合目まではなだらかな傾斜で気持ちよく歩くことができる。七合目の日の出館で無事杖を入手。途中で空が明るくなり始めたので、山小屋の前でそのまま御来光を待つことにした。そしてついに雲海の上から強烈な輝きが解き放たれる。息をのむ光景に夢中でシャッターを切った。

 頂上までの道のりは本当に長い。途中で何度も休憩をしながら少しずつゆっくりと登ってゆく。いつの間にか頭痛がすることに気付く。心配していた高山病にかかってしまったようだ。睡眠不足に初めての高山と悪い条件が重なったせいもあるだろう。でも我慢できないほどではない。せっかくここまで来たのだから、お鉢めぐりをして日本最高地点の剣ヶ峰にも登ってみたい。

 なんとか剣ヶ峰登頂に成功し、後は下るだけだが、この下りが一番しんどかった。砂走りと呼ばれる砂利道の斜面はとても滑りやすく、何度も転びそうになりながら下ってゆく。前の人が立てた砂煙が視界を遮り、呼吸がしづらい。ジグザグの坂道を幾度となく折り返すばかりの単調な道が続き、本当に嫌になってくる。登りは8時間以上かかったが、帰りは3時間程で下って来ることができた。身体中砂埃まみれで、くたくたになったが、無事登頂することができて大満足である。
全区間データ
日時
2010/08/25 1:38~16:00
移動時間 実移動時間
14:22:06 12:24:04※1
移動距離
20.16km
平均速度
1.40km/h (1.63km/h※2)
最高高度
3794m (3802m)※3
最低高度
2256m (2239m)※3
トラックログ総数
3693 (399 ※4)

Photos
100825_001
100825_003
100825_028
100825_014
100825_022
100825_032
100825_035
100825_037
100825_045
100825_051
100825_054
100825_063
100825_065
100825_067
100825_070
100825_074
100825_083
100825_094
100825_098
100825_110
100825_115
100825_116
100825_120
100825_123
100825_136