戻る - 参加 

「辰己丸」の漁師体験日誌コーナーにようこそ

2013年12月31日 (火)
「穏やかな大晦日でしたねえぇ、今年も、ありがとさんね、新年も、宜しくお願いしますね」

今日は、大晦日と言っても大して変りはなく、朝から海陽店へ行ってセッセしてました。で、パシャ「明日の初日の出は、この当たりからかな」と。
穏やかな日でしたので、「愛進丸」で、佐久島へ出掛けた太耀、三谷のスタート時、諸々の事があった様ですが、「佐久島に着いた」って連絡が有り、ホッとしております。
(暖機をせずに離岸し、機関停止、ギアを入れっぱなしでリスタートし、セルモーター作動せず、電話で「如何してだあぁ、おかしいら」って、「まあちょい可愛がってやらにやゃ」で、ああして、こうしてで、リスタートし、その後は、順調みたいです、はい、穏やかな日で良かったですなあぁ)

今年は、「トリ貝」の解禁が、低海水温の為、ちょい遅れましたが、その後は順調で「シャコ、甲イカ、エビ、タコ、ワタリガニ、カレイ、赤貝」等しっかり獲れ、クリスマス前まで「遊漁」をやっておりました。
で、新年は、春が早い様な気がしますねえぇ、はい、「トリ貝」が既に、そこそこの大きさになっており、後は「解禁日が何時か」だけですねえぇ。
で、当方は、「船、漁具」をしっかり整備して、春を待ち「航海安全、大漁満足」を祈念して、皆様が「今年も行こうぜ、まんが漁に」と、お仲間を誘って来港される様、心よりお待ちしております。
では、来年も「船上で、お会いしましょう」
年明け新年の初日の出、海陽店にて「ニギス団子汁の振る舞い」を予定しておりますので、是非こちらへもおいで下さい。
では、良い年をお迎え下さい、ありがとう様でした。
2013年12月30日 (月)
「正月準備完了です、ネコの家が未だ残っていますが、まぁ、・・・・・・・・・」

で、その後は、海陽店へ行ってセッセしてましたが、未だそれ程忙しくも無く、そこそこに切り上げて形原港へ。
で、「辰己丸、清宝丸」の正月準備、「国旗、大漁旗」を柱の横に揚げて、機関室の中に「鏡餅、お神酒、お飾りさん」を飾って、「航海安全、大漁満足」のお礼をして、「来年も頼むね」と、手を合わせて帰って来ました。
さあぁ、これで正月準備完了ですね。
明日は、勿論海陽店ですが、太耀は、「愛進丸」の調子をみつつ佐久島へ行く予定だそうで「やあぁ、気を付けよよ」と。
まあぁ、風も無さそうですので・・・・・・。
2013年12月30日 (月)
「早朝7時に、市内の織田さんに、正月用ワタリガニをお渡しして、本年度の遊漁は、全て終了です」

今年最後の「遊漁」のお客さんは、蒲郡市内在住の織田さん、はい、7時に「ワタリガニ、落ちカレイ」を取りに来て頂きました。今季は、何度も乗船して頂き、「オール出資のおまかせ遊漁」、「正月用ワタリガニ」の購入もして頂きました。「ありがとさんね」で、パシャがこれ。丁度「日の出」の時間で、後光が差してますねえぇ。
で、「良い年を、お迎え下さい」と、「また、電話するで、頼むね」と、嬉しい言葉を頂き、2013年の「遊漁」は、終了しました。ありがとう様でした。
2013年12月29日 (日)
「今日は、愛進丸の整備でセッセして頂きました、はい、三谷の長田船長と中村さんにね、太耀は、いい船にニコニコですなあぁ」

今年の操業は、「貧漁、寒さ」で昨日で終了し、今日は、陸勤で「愛進丸」の整備。三谷へ8時半集合でしたが、早めに出て、海陽店へ寄ってから行きました。先ずは「愛進丸」の「電動巻き取り機と油圧の巻き取り機」の2基をリムジンに積んで、係留してある豊田マリンへ。ただ、取り付けには、「電気工事と油圧工事」が必要で、当然、中村さんの出番で、それに、豊田マリンの社長から「長い間動いていなかったで、航行して、諸々チェックして、不具合の有るところを直す予定で・・・・」で、先ずは、「航行する事」で、形原へ(中村さんも近いしね)。
で、速度は、マックス18ノット、巡航15ノットで、快適に航行して形原へ11時過ぎに到着、既に中村さんが待機していてくれ「ありがとさんね」と。で「ビルジポンプの配線、ドラムウインチの確認、電動巻き取り機の配線」を済ませ、とりあえず終了。次にお願いしているのが「レーダーの搭載、夜間操業の為の電球の設備、船尾の自動音出機の修理」と、挙げれば切が無い程で、「まあぁ、急がんら」で「はい、お願いします」と。
で、パシャは「あずま丸の長田船長と中村さん」でした。
で、12時半に形原を出港し三谷へ、この時は、太耀が操船、ニコニコ顔で「むちゃ良いじゃん、佐久島へ行くかな」と。で、その後、豊田マリンへ係留し、その後、もう1隻のベカ船(只今、三谷港に上架中)を見に行って「何時、下架して、回航するか」でしたが、年明けにしました。(このベカ船なんですが、かなり大型の大きな船で、色々な使い道が有りそうですなあぁ、楽しみですなあぁ)
で、夕方、豊田マリンの社長から連絡が有り「油圧の調整」をお願いして本日終了となりました。
で、明日から、正月5日まで海陽店で、「かみさんの手伝い」しています。「まあぁ、貧漁だし、この寒さに慣れるまでで、丁度良いかな」と。
で、明日午後から「正月準備」で、「国旗、大漁旗、お神酒、お飾りさん」をして、いよいよ「正月」ですね。(今年も反省ばっかりだなあぁ)
2013年12月28日 (土)
「今日が最終日となりました、はい、あまりにも寒く、貧漁で、ポキッと折れてしまいましたねえぇ、で、明日は、陸勤です」

今日は、「日誌」に書いた「正月のワタリガニ」を獲りに、早朝より出掛けましたが・・・・・・。とにかく寒い1日でしたねえぇ、操業途中「みぞれ交じりの雪」が降り、驚きましたねえぇ。そのかわり風は、吹き上がらず、比較的楽に出来ました。ただ漁獲は、「ワタリガニ、2、3、4匹」のヤリで、1番多い時で「8匹」、2時までズッと曳きっぱなしで、計12回曳いて、狙った「ワタリガニ」は、48匹と激減。海水温は、6.3℃で、日中でも9℃止まりで、寒い訳ですね。「落ちカレイ」は、毎回バタバタ獲れるものの「産卵後」のものが多く、大きいだけになってしまい、これまたガッカリでした。まだ東の「タカ」へ寄せれば「お腹パンパン」のものも居ますが、終盤ですね。で、「ワタリガニ」は、少ないし「落ちカレイ」は、「ペンペラ」だし、何ともなりませんなあぁ。
で、港へ帰って、杉田さん、貝沼さんに購入して頂き、織田さんは、月曜日までキープとなりました。羽田さんには、「ごめんなさいね」です。
そんなんで今年の操業は、「今日まで」で終了としました。で、パシャは「今日のクルー太耀でした」
この後、豊田マリンへ「愛進丸」の下架後の調子をみに出掛けました。機関は、バッテリーの充電よろしく、始動しましたが、その他の細かな部分は、明日以降テストしてからの課題ですね。
で、明日は、朝から、三谷へ行って、付属部品等を頂いて、諸々のテストして、「はて、何時回航するか」ですね。
2013年12月27日 (金)
「久々に異業種体験に行って来ました、今回は、工夫をしましたので、水豆で痛くはなりませんでした、まあ、6,300歩と前回の半分でしたからね」

今日は、名古屋の岩瀬さんとこへ行って、「異業種体験」で、セッセして来ました。前回は、安全靴が合わず、足が「水豆だらけ」になってしまい、痛い思いをしましたので、ちょい靴に工夫をして、はい、平気でした。で、今日は、気分良く仕事が出来ました。「ありがとさんね、また、来年ね」と。
帰ってからは、部屋をセッセと掃除して、「はて、何時まで・・・・」かは、判りませんが、とりあえず綺麗になりました。
で、明日は、依頼を頂きました「ワタリガニ」を獲りに行く予定ですが、予報で「寒い、今季1番の寒さ」って言っておりますが、風が吹かなければ、出掛けますがね、太耀も出れるとの事で、気合は、充分ですね。
で、パシャは「夕方、4時半にご飯を食べ、もう寝る準備のハチ」でした。
2013年12月26日 (木)
「今日は、おまかせ遊漁、豊橋の本田さん、今季何回も乗船して頂いており、何時もありがとさんね」と。

昨夜は、お世話になって居る蟷庵蕕遼最会に、お声が掛かりましたので、「嬉しくて、楽しくて」行って来ました。蒲郡市内の日本料理「うえむら」に於いて、19時から開催され、「美味しい料理とビール」で、最高に楽しませて頂き「ゴッチャン、ありがとさんね」と。
で、その後、トボトボと歩いて、駅前の「かみさんの家」へ行って、「今日は、泊まっていくで・・・・・」、「あんたぁ、形原へ帰った方が良いに、みんなが心配するにぃ、おとうちゃん、如何したあぁ」って。で、「今なら送ってあげる」の一言に「おお、送ってくれ」で、「ネコの家」へ帰って来て来ました。やっぱり、ここが落ち着きましね。で、3分かな、爆睡してました。
で、今日は、お休みと決めていましたので、何時もより1時間遅れのスタート、先ずは、「コロナ」へ行ってスッキリ、サッパリして、海陽店へ行って、豊田マリンへ行って「愛進丸」の状況を社長から聞いて、「未だ、ちょい掛かるな」との事で、下架は保留になりました。で、帰って来て、ゴソゴソしていました。
で、今日の「おまかせ遊漁」、豊橋の本田さんから電話で、「2時過ぎに到着」との事で、「氷」を用意して待機、で、予定通りに到着され、はい、パシャ「落ちカレイの大きさにビックリの本田ファミリー」でした。で、大きなクーラー2個満タンでお帰り頂きました。で「ありがとさんね」と。
で、明日は、「風が吹く」予定で、異業種体験で名古屋の岩瀬さんとこへ行って来ます。
(「正月のワタリガニ」、はい、日誌に書いたら4名の方から電話を頂きました。気合充分ですが、今の時期「風次第」ですね、土、日曜日が勝負ですね、行けます様に。)
2013年12月25日 (水)
「真っ暗なうちに出港し、気合を入れて曳いていました、お昼過ぎに電話が有り、おまかせ遊漁になりました、ありがとう様」

今日は、久々の操業で、全てが早めに進行し、5時過ぎの真っ暗な中、航海灯を点けて航行、魚探に示された海水温は、6.2℃で、毎週1℃づつ下がっている様な気がしますね。ただ、さほど冷たさは、気になりませんなあぁ。ポイントは、沖合いのド真ん中と決め、何時もの皀沺璽、魚マークを通り越して、ゾーンマークへ。「1回目は、西へ曳いて、2回目は、南へ曳いて、3回目は、戻して」と、好き勝手に曳いて居ましたが、何処もそこそこの漁獲が有り、移動は、考えませんでしたねえぇ。ただ、他漁船は、佐久島の南東から馬草の沖まで散らばっており、「ここがポイント」が無い様な日でしたねえぇ。(曳いた感じでは、東の沖合いが、良かったかな)
「ワタリガニ」は、毎回10匹前後なんですが「1、2匹」なんてスカも有りましたがね。「落ちカレイ」は、「特大、大、中」が、毎回6〜12匹獲れ、デッキ上で、跳ねていましたね。ただ、早いものは、既に産卵を済ませており、「骨と皮」に、なってしまっているものも有り、リリースですね。他には、「ワニクラスの本コチ、タコ、赤貝、シャコ、エビ」が獲れましたが、何時も獲れる「エイ」は、0匹でした。
午前中は、そこそこの風、波があり、予報とは、違っていましたが、お昼過ぎから「凪」になって、予報は、当たりましたね。そんな時、豊橋の本田さんから電話が有り、「おまかせ遊漁を頼みたい」と。で、今は、お天気次第だで、今日の漁獲をそのままキープして、明日受け渡しで了解を頂きました。で、1時半まで曳いて、帰って来て、はい、パシャ「オールサイズで70匹ちょいのワタリガニ」でした。「落ちカレイ」は、オールサイズ(木っ端は除く)で、60匹は、越えているかな。大きなクーラーを持って来ないと入りませんよ。
で、今から、日頃お世話になって居る「株式会社三忠」の忘年会に呼ばれていますので、出掛けます。そんなんで、明日は、お休みして「愛進丸」を下架して・・・・・って考えていますがね。
今年も漁へ出掛けるのは、「28、29日」の2日間だけです。正月の「ワタリガニ」の要る人、分けてあげますよ、電話してちょうよ、お待ちしております。
2013年12月24日 (火)
「生ケーキのベスタ、クリスマスのケーキは、製造、配達、手渡し全て順調に終了し、ホッとしています、さあぁ、いよいよ年末ですが、29日までは、風次第で出掛けます」

今日は、「生ケーキのベスタ」のお手伝いで、軽の保冷車に乗って蒲郡市内を走っていました。ただ、その前に「浜のリムジン」が満載でしたので、桟橋へ行って、極小倉庫に荷物整理して、「明日は、お天気良いで、行くぜょ」で、「イケス」に活かし籠をセットして、スタンバイОKに。
で、保冷車に乗り換え、先ずは、海陽店へ・・・・・でしたが、「忘れ物有り」の電話が入り、戻ってリスタート、ただ、昨日からの「腰が重い」を引きずっており、「アカンな、行かんとな」で、途中、整形外科に寄って「プスッ、薬、シップ」で、今は、ピンシャンです。それから、月1の内科検診にも行って、「改善されています、この調子で・・・、年末年始、食べ過ぎない事」と。
で、最終の配達は、2時半に済み、また、乗り換えして「粗大ゴミ」をクリーンセンターへ持ち込んで、本日の業務終了。
「愛進丸」なんですが、未だ諸々の箇所の不具合が有り、明日の下架は保留となり、「豊田マリンの社長におまかせ」となりました。
まあ、今日は、とりあえずクリスマスが無事に終了してホッとしています、はい。
で、パシャは、かみさんが、ハーバーから拾って来て「このままだと死んじゃうにぃ、飼ってやりん、可愛そうだでね」で、無理やり仲間に入れた「乱丸」、来た時は、「汚れていて、クマか、ネコか、判らない程で、飢えてましたねえぇ」でしたが、今は、落ち着いて、モリモリの肉付きになって、元気いっぱいです。
2013年12月23日 (月)
「2日間で何とか船底、ハル、デッキとペイント出来、後は、下架してから、機関の調整です」

今日も「愛進丸」の整備で、8時過ぎに三谷の豊田マリンへ行って、セッセの開始。まだ、何もしていないのに「腰が重い」状態で、ひたすら「逝かない様に気を付けて」の作業でしたが、船底塗りで中腰での作業、これはキツかったですなあぁ、ただ、太耀と2人しての作業でしたので、楽に出来た方ですがね。
9時過ぎに「応援団の中村さん、三後夫妻」が来所され、諸々のアドバイスを頂き、そのまま豊田マリンの社長へ「今、壊れそうな箇所は、修理してよ」と。で、機関冷却装置の「吸水口、ホース、ろ過器、インペラ」と交換し、「ホースが、ヤバかったなあぁ、沈んじゃうとこだね」と。
で、船底塗料を塗って、スクリューを研磨して「ペラクリン」を塗って、ペイント終了し、メチャ綺麗な漁船になりました。
で、昨日全て降ろした諸々の備品は、「要、不要」をハッキリ分別して、要る物だけを搭載して、要らない物は、リムジンへ載せて、クリーンセンターへ、持ち込む予定。
で、セッセ、セッセと作業して、4時過ぎに上架作業は、全て終了して、後は、バッテリーの充電を待って、下架してから、諸々の点検、調整をする事に。(予定では、25日に下架です)
で、パシャ「自分の使用する漁船ですので、作業にも気合充分でしたが、今は、嬉しいけど、ド疲れモードで、出た言葉は、まあぁ、帰らめえぇ」でした。
明日は、「ヘルプ要請」が、有りましたので、朝から「ケーキの運び屋」しています。(腰の回復に期待してます)
2013年12月22日 (日)
「今日は、愛進丸の上架、整備で、早朝から、豊田マリンで、セッセしていました、完全防備でしたが、風がドン吹きで、ドッ寒みい中、頑張って来ました」

今日は、三谷にある「愛進丸」の上架の日、太耀と5時半に待ち合わせして桟橋へ。極小の倉庫から「ペンキセット一式」を積み込み、船から「合羽、長靴、軍手、ゴム手、うえす」を持って、三谷へ。風が、しっかり吹いており、ドッ寒みい朝で、暫し、車の中で「長田船長待ち」で、居眠りのスタートだったんですが、直ぐに来港され、作業開始。水産高校前に係留されており、昨夜から充電しておいた、でっかいバッテリーを2個をリムジンに積んで「愛進丸」へ。2年程動いておらず、機関始動するか心配していたんですが・・・・・・、如何も「バッテリーの容量不足」の様で、うんとも、すんとも言わず・・・・・で、形原へ帰って、予備バッテリーを持って行って、再始動を試みましたが・・・・・・やっぱりでした。
で、上架の時間が来ましたので、船伝いに引いて「豊田マリン」のスロープへ。で、上架してもらいました。さすが2年の月日が流れており、スクリュー周りは「牡蠣棚」そのもので「凄い牡蠣じやん、喰えるかなあぁ」と。
で、先ずは、「牡蠣、フジツボ」をスクレッパーで取り除き、高圧洗浄ガンで、「デッキ、ハル、船底」をしっかり洗って、お昼休みに。
で、1時前からリスタートして、「ハル、デッキ、ドックハウス」を、2回白ペイントして、喫水ラインをマスキングして、本日終了となりました。何時も、この様な作業を「お盆」にしており、こんなにドッ寒みい日に、するのは珍しく、「漁」にも行かないのに「合羽の上下」を着て、防寒対策。まあぁ、それでも寒かったですなあぁ。
(機関始動に関しては、中村さんにお任せして・・・・・・、はい、只今充電中で、明日、チャレンジです)
明日は、船底を塗って、スクリューを磨いて・・・・・・、後は、機関室、
船倉の整理整頓ですね。
2013年12月21日 (土)
「日誌を書いてから、キャンセルになりました、今日の遊漁、で、キープして有った漁獲物を三谷へ持って行って、何とかなりました」

今日の「遊漁」は、昨夜「日誌」を書いてから「キャンセル」になりました。お友達2人が、「風邪気味」との事で・・・・・・、今年予約の最終でしたので行きたかったんですがねえぇ、で、「じゃあぁ、又、行きましょう」と。
で、今朝4時半に「如何しようかなあぁ」は、キープしてある「ワタリガニ、落ちカレイ」で、「喰っちゃうかな」とも思いましたが、とても「喰える程」ではなく(ワタリガニ、40ちょい、落ちカレイ、50匹、赤貝、エビ、シャコは、ほんの僅か)、三谷の三忠の柴田さんに電話して「如何せえぇ」、「ちょっとでも良いで、もっといでん」の言葉に「じゃあぁ、持って行くで頼むね」と。で、5時過ぎに、浜のリムジンに積んで、三谷へ持って行って、お願いして来ました。
で、思いっ切り暇になってしまい・・・・・・「やっぱり、何時ものコースかな」で、「豊川コロナ」へ走っていました。で、バイキングの朝食を食べて、お風呂に入って、コインマッサージして、ゆっくりして出て来ました。
で、映画のチェックをすると、大好きな「井上真央」の「永遠の0ゼロ」が、今日からでして、「観ちゃうかなあぁ」で、観て来ました。久々に感動して「涙ボロボロ」でして、恥ずかしい程、涙して来ました。「やあぁ、感動しましたねえぇ、良い映画でした」と。(当方、「井上真央」の大ファンで、「花男・・・・」から、殆どの映画を観てましてねえぇ、「モンペ姿(2作目かな)」も素敵でしたねえぇ、それに主演の岡田准一も良かったですねえぇ、良い俳優ですね)
で、当方「ケーキ屋」も・・・・・でして、この時期になると「陸勤」でしてねえぇ、何もする事は無いんですが(当方は、24日の配達が、ちょろっと有るだけ)、緊急事態に対応する為、陸上で待機してますね。(昨日位から、工房内が、殺気立ってますねえぇ、25日の朝を迎えるまでね)
で、明日は、「愛進丸」を豊田マリンで上架して、船底を綺麗にして、形原へ持って来る準備作業です。太耀と一緒にやって「3日間で、何とかしたい」と、思っています。
で、パシャは、ブルーブリッジの上から・・・・・・。
2013年12月19日 (木)20日(金)
「出掛けは、雨でしたが、さほど寒くも無く、元気いっぱいの出港でしたが、魚探の海水温7.1℃には震えましたが、それよりライニングペルトの破断が痛かったですなアァ」

今日は、「風が弱い」の予報に行く気満々で、早くに目覚め、「まあ、早めに行くかな」で、真っ暗な中、航海灯を点けて出港。レーダーには、何一つ影が無く、「ちょい寂しいなあぁ」と。で、沖合いのポイントへ近付いて、驚いたのは、今度は、「レーダーに影だらけ」で、確認すると大きな本船がたくさん停泊中で、「ネコの瀬」の沖、県漁礁の沖合いは、曳けそうにありませんなあぁ。で、手前からの1回目「ワタリガニ、0匹、落ちカレイ、10数匹」と、「落ちカレイ」のヤリで、こうなると「何でも良いで、ワタリガニ」と。2回目「2匹」3回目「3匹」と、全く数が伸びず、ガッカリ。佐久島の入ケ浦からの4回目、ワイヤーをロックして・・・・「ガシャアァァーン」と、異様な音がして、確認すると「フットブレーキ」がルーズになっており、見れば「ブレーキライニングのベルト」が、根元から破断してしまい、万事休す。この間、長田さんに補強してもらった方は、バッチリなんですが、反対側が、破断してしまい、一旦帰港する事に。7時45分にリタイアして、形原漁港へ全速で向かい、途中、小笠原鉄工さんへ電話して「修理して、また、出る」と報告して、持ち込みました。直ぐに、溶接して、補強してОKで、取り付けて直ぐに出港。10時には、リスタートして、「ワタリガニ」を探って南へ南へ。ライン取りで「ムラ」は、あるものの、質の良い大型の「ワタリガニ」が獲れ、ニンマリしながら曳いてました。ただ、ロスタイムが大きく、操業としては、ダメでしたねえぇ。で、土曜日の「遊漁」に備えて、「キープ」となりました。
今日は、ここからが大変でした。海陽店で「お正月の振る舞いメニュー、ニギスの団子汁」の仕込が「20圈廚△蝓■影曳いた後のこの作業は、応えますなあぁ。それでも何とか7時には終了し、開放されました。
明日は、風吹きですね、「納屋」の整理をする予定です。
で、パシャは「今季最低の海水温7.1℃でした」

20日「今日は、船外機に泣かされましたねえぇ、重いの何の・・・・・で、計測したら、さがる訳ねえやなあぁ」

今日は、冬休みに入った太耀と一緒に「納屋」の整理、先日、三谷で廃業された方から、各種網、諸々の備品を頂いて来まして、遂に既存の「納屋」だけでは、収まり切らず、新たに1箇所確保出来ましたので、整理しました。ただ、既存の「納屋」に不要な物がいっぱいで・・・・・、新たな「納屋」が、豪くスッキリしています。
出屋敷の奥の院では、「はまゆう丸」を廃船し、年内に同じサイズの漁船と、ベカ船を頂いて来る予定で、調整しており、「1隻増えるだで、要らん奴をふちゃって来いよ」と言われ、これは、中村さんの作業船となり「一件落着」でしたが、船外機を処分するのに難儀しました。重いの何の、腰が砕けそうでねえぇ、何とか陸揚げして、浜のリムジンに積んで、蒲郡の壁谷さんの所へ持って行って、お願いして来ました。リフトで吊り上げて計測したら「130圈徑り、「さがる訳ねえやなあぁ」と。
それから、「燃えるゴミ、粗大ゴミ」を処分して、ギブアップとなりました。このままだと年内に「整形外科」に行く事になりそうですので、ヤメました。で、パシャ「連れと、相棒を見ていました」と。
明日は、年内予約最終の「遊漁」、西尾の川上さん、「出来ても朝、早いうちだね、アカンかったら帰って来るにいぃ、漁獲は、キープして有るでね」と。で、6時に集合して・・・・・・、「はい、行きます」
2013年12月18日 (水)
「今日は、寒い一日でしたが、色々な事が出来、生産性は充分でした、明日は、風、弱そうですので行きますかね、笑われる前にね」

今日のお天気は、「みぞれ、みぞれ、雨、雨、・・・・で、真冬の気温」と、脅しまくられ、風は無いものの、出掛ける気になれず、「アカン、今日は、ヤメ」で、お休みにしました。で、早朝から何時ものコースで・・・、ただ、今日は、朝一映画を観て、海陽店へ行って、コーヒー豆を焙煎して、三忠さん、三谷組合、金田さん、和さんへ寄って、形原組合へ。年内に、漁船2隻を、形原漁港へ持って来る予定で、係留場所を確保する為、確認作業をして、ОKを頂きました。「愛進丸」は、「はまゆう丸」よりやや大きめの漁船で、「籠、各種網漁」が出来る様に「巻き取り機」を搭載しており、操船も「船首、機関室」と2箇所で出来る様になっており、申し分なしです。「船検」を取って、「釣り船」としての遊漁船として使っていく予定です。(通常の「籠、網漁」でも使いますがね)もう1隻は、高速の「ベカ船」で、ちょっとした事に便利な船で、「春日浦の網漁」には、最適ですね。
で、出屋敷の奥の院の桟橋へ係留するんですが、不要な「ベカ船」が2隻有り、処分予定で・・・・・、はい、1隻は、中村さんに貰って頂きました。まだ1隻有り、「欲しい人、差し上げます」と。「形原漁協所有です、機関は、船外機が付いていますが、始動せず、要修理ですね」(欲しい人は、連絡して下さい)で、桟橋の中央に係留出来る様になりました。
で、パシャは、「確かに寒そうな桟橋」でした。
明日は、行かないとね、「ワタリガニ、落ちカレイ」に笑われますからね。
2013年12月17日 (火)
「クルーズイン海陽店、東海テレビの取材で、お手伝いして来ました、しっかり映し出される事を期待しています」

今日は、クルーズイン海陽店で、朝9時から、東海テレビの取材があり、8時半にはスタンバイして・・・・・。
東三河モーニング街道を取り上げ、スタンプラリーを開催していて、「どんなお店があるのか、特徴的なモーニングをたくさん紹介したい」との事で、来店して頂きました。何種類かあるモーニングの中から、「レギュラーモーニング」を取材して頂き、当店の特色「ケーキの日(タダ)」を特に強調して頂きました。それと「海の見えるお店」としてもね。結構時間も掛かり、お昼前にお店は、終了して、続いて、形原のケーキ工房「生ケーキのベスタ」も取材して頂きました。
放送予定は、年明けの1月8日(水)9時50分〜11時15分(その内の数分を予定)で、どれ位映し出されるか判りませんが・・・・・・・、まあ、楽しみにしています。
終了してからは、雑用をこなし、組合へ行って、お願いしていた「納屋」を確保して来ました。
明日は、風は、落ちそうですが「雨」ですかねえぇ、まあ、起きてから決めますかね。
2013年12月16日 (月)
「今日は、遊魚のクルーの皆さん、日頃お世話になって居る皆さんと共に、ホテル竹島のクリスマスパーティへ出掛け、楽しい時間を過ごして来ました」

今日は、「強風の為、操業休み」で、海陽店の「お弁当作り」のお手伝い、時間は、8時からで、当方のサイクルと合わず、「どおせ海陽へ行くなら、その前に、コロナ・・・・・」で、一汗搔いてからの出勤。で、セッセしてお昼前に届けて、お役御免に。その後は、用足しをして、形原の組合へ行って、「納屋」を増やす交渉をして、空いている2個を使える様になりました。現状の納屋の中は、荷物が入り過ぎており、「人」が入れない状態で、表も、「積んだ積んだ」で、何ともならず、増やす事になりました。
で、今日は、夕方から「ホテル竹島のクリスマスパーティ」へ。メンバーは、「遊漁」のクルーのみなさん、中村さん、三後さん、杉田さん、三谷の小林組合長、田原の杉浦夫妻、渡会さん、名古屋の岩瀬さん、総勢13名で、楽しんで来ました。で、パシャがこれ。ズッとお世話になって居る方々で、「何時も、ありがとさんね」と。(天寧は、数日前から「おたふく風邪」で、ダウンしており、残念ながら留守番となりました)
明日は、東海テレビの取材が有り、9時海陽店です。今回は、「まんが漁」ではなく、お店の取材で、終了後「生ケーキのベスタ」の取材も有り、お手伝いして来ます。
2013年12月15日 (日)
「ああぁあ、遂に篭もる時期が来てしまった様ですなあぁ、ドン吹きで寒くて、何ともなりませんなあぁ、これからは、週半分出れませんね」

いよいよ「真冬」ですかねえぇ、ドンドン吹きの風に、ド寒くて何ともなりませんなあぁ。で、今日は、はなから「お休み」と決めており、昨夜からスケジュールに変化が有り、「日誌」を書き終えたのは、夜中でしたねえぇ。で、「朝は、ゆっくりするかな」と思っていましたが、「やっぱりな」の事で、目覚めると、連れが、枕元で「やあぁ、早ようせよやぁ」と言わんばかりに覗き込んでおり、形相は「喰われちゃあぁへんかしゃん」と思う程で、起き上がって直ぐに「ごはん、どうぞ」で、1日の始まり。(みなさんは、食べたら、又、即寝ですがね)
で、まんだ世間は起きておらんし、「コロナのお風呂しかねえなあぁ」で、行って来て、三谷へ寄って「最近の海情報」を頂いて、帰って来ました。その後は、「連れ」と同じ生活をして、夕方、ゴソゴソと動き始めました。で、今から帳面をやって・・・・・、ケーキは、まだまだ終らんし(ホテル竹島のクリスマスディナーショウが、15、16、17日の3日間で、超忙しい)、我ひとり「吹いちゃってアカンなあぁ」と、暇しており、そしたら「あんたぁ、明日も出れんらぁ、弁当の注文を受け取るで、おいでんよ、8時だでね」と、かみさん。まあぁ、私が「暇」になって、お店、ケーキが忙しくなって・・・・・、まあ、バランスは取れていますがね。
で、明日は、お弁当作りのお手伝いして、夜は、遊漁のスタッフと一緒にホテル竹島のパーティへ出掛けます。「ビールをしっかり飲んでくるかな」と。で、パシャは、「彼の特等席、プリンターの上で、下界を眺めている野バラでした」(この席へ座れるのは、彼だけの様です)
2013年12月14日 (土)
「ちょっと最近に無い西風の大荒れの海に、何ともなりませんでした、はい、完全にギブアップでした、ただ、漁獲は、しっかりでしたので、お土産は、しっかり有りました、で、良かったなあぁ」と。

今日は、「遊漁」の日なんですが、乗船が、蒲郡駅前の「マンボウ桟橋、8時」という事で、6時半に桟橋へ。風は、殆ど吹いておらず「まぁ、これからかな」と、ホッとしなから心配していました。1番「やえやえ・・・・・」と思った事は、「ゴム長」が、寒さでプラスチックのスキー靴の様になっており、驚きでしたねえぇ。海水温は、9.2℃で、船外に活かしておいた「ワタリガニ、落ちカレイ」を「イケス」へ戻し、スタンバイОKに。7時過ぎに形原漁港を出港し、蒲郡港へお迎えに。
今日の乗船客は、6月に「トリ貝漁」に来て頂いた「山ガール」の幹事、CBCの麻生さんが、「名古屋テレビ、広告代理店」の「山好き」のみなさんと共に「ちょい寒い海へ」の企画で、来て頂きました。みなさん装備は、「◎」で、「この装備なら多少のしぶきは、大丈夫だな」と。で、8時過ぎに蒲郡港を出港し、ポイントの西浦の端の沖を目指して航行、風は、全く感じず「平穏」で、ただ、この時点で、波の無い「うねり」を感じていましたが・・・・・・、西浦の端を出た途端に、この「うねり」が、強風を受けて「大波」になっており、しかも最悪の「西風」で、船上は、「歓声と悲鳴」が入り混じって「ジェットコースター」状態。数分航行して、即Uターンして、陰へ入ったんですが、もう一つの条件が重なり、「まんが」を曳くのを断念して、「さて、如何に」で、昨日予想していた展開になってしまい、キープしておいた「ワタリガニ」を蒸して食べる事にし、大島の西の桟橋へ接岸して・・・・・、ただ、この場所も、風当たりは強く、「まあぁ、漁獲は、しっかり有るので、ケーキを食べて、ゆっくりしますか」と、「ケーキ持って来ました、まみちゃんの誕生日会です」と。この船の上で「ケーキはないら」で、「ワタリガニとケーキ」を持ち込んで、かみさんの「クルーズイン海陽店」へ。で、先ず「カニの大皿、ケーキナイフ、ホーク、お皿」を用意して、誕生会の始まり始まり。社長の一言「誕生日にこんな所に居ては・・・・・」で、大爆笑でしたねえぇ。で、11時過ぎに、白波の立ち始めた海へリスタート、竹島の沖の「カモ山」を二分して蒲郡港へ入港し、桟橋へ。で、漁獲物の分配で、キープしてあった「ワタリガニ、落ちカレイ」を各自のクーラー、バックに入れ、氷を詰めて、はい、パシャ「今日は、荒天で、まんがは、曳きませんでしたが、はい、大漁でした」の記念の一枚でした。みなさん、まあ懲りずに、お天気の良い日に再チャレンジして下さい、お待ちしております、ありがとう様でした。
(誕生日の彼女には、記念になったかな、ワタリガニは美味しかったし、お土産もいっぱいでしたからね」と。)
明日は、この風が北西へシフトしてドンドン吹きでしょうね、はい、のんびりですね。
2013年12月13日 (金)
「久々の東の風で、しかも弱く、午前中は、公園の散歩でしたねえぇ、お昼に北西にシフトして、ここからは、お決まりの風でしたねえぇ、漁獲は、まずまずでしたが、落ちカレイが、爆発ですね」

今日は、昨日が、お休みだっただけに「早出」して、機関の点検、「エンジンオイル、クラッチオイル、ラジエィターの水、あか」等、全て「良し」で、早々に準備して、真っ暗な中、出港。ポイントを西浦の端へ寄せての1回目、「ワタリガニ、落ちカレイ」、そこそこの漁獲に「ここに決めた」と。珍しく東の風で、ちったあぁ吹いても「東なら大丈夫」なんですが、お昼まで、ずっと大人しかったですなあぁ。(早朝には、富士山も拝めました)で、イベントマーク癸隠后■横亜魚マーク「1、2、3」をグルグルに曳いて来ました。ラインによって、掛かり物(ロープ、籠、木、合羽)が有り、掛かってしまうと漁獲は、極端に落ち、怒れちゃうばっかり。半端な掛かり物で、低速も変わらず、引き揚げてガッカリの状態。まあぁ、めげずに曳いてましたが、お昼を待っていたかの様に「風、北西へシフト」で、白波が、立つまで、僅か20分で、一気に寒くなって(朝は、寒くなかった、海水温、9.3℃)、曳く方向も限られて、そこから3回曳いて、2時前に「まんが」を収納して、帰って来ました。で、今日の漁獲は、「ワタリガニ、89匹、落ちカレイ、さがらん程」で、とりあえず「キープ」しました。明日、「遊漁」が、入っているんですが、「風、吹きそう」で、出来るか、如何かでねえぇ、「まあ、保険ですかね」、明日は、CBCの麻生さん、マンボウ桟橋(蒲郡駅前、商工会議所の前)からの乗船、今季2回目なんですが、寒くて、懲りちゃあぁへんかやぁ。「万全の装備で・・・・・」とは、言って有りますが・・・・・・。
あぁ、パシャは、ゴムマットを上げて、しっかり掃除しておきました。
2013年12月12日 (木)
「今日もよく吹きましたねえぇ、明日は、落ちそうですが、寒波の襲来で、ド冷たそうですなあぁ、ワタリガニは、活性が落ち、網を挟むと放しませんなあぁ」

今日は、「ドン吹き予報」に、操業は、お休みして、先日から取り掛かった「年賀状」の作成、「ご挨拶」の面を、10時間以上掛けて、やっと出来、今日は、「住所氏名」を・・・・・、で4時前に立ち上げて、10時まで掛かって、「はい、完成しました」で、今年の発送枚数は、「1,103通」で、時間が掛かりますわなあぁ。
で、それから組合へ行って「仲買の自由化」の話をして帰って来ました。海陽店へも行って用足しをして・・・・・、「よし、これでフリーに」と、思っていたら、突然「蒲中」から電話で「天寧さん、耳下腺炎の様で、腫れが酷くなって来ています、お迎えを」で、お迎えに行って来ました。見れば
しっかり腫れており「おたふく風邪だな、暫くは、お休みだな」と。(本人は、元気いっぱいなんですがねえぇ)
で、その後は、「ネコの家」で、明日に備えて、のんびりしていました。明日から、「寒波襲来」ですが、風は、落ちそうですので、行く予定です。(ちょいポイントを変えます)で、パシャは、暖かいところで、寝っぱなしの「コユキ」でした。
2013年12月11日 (水)
「出港直後は、元気でしたが・・・・、強風、大波で、船酔い、寒さで、悲惨な状態でしたが、9時過ぎ、神は、我を・・・・・・で、後半は、楽しいまんが漁になりました、陸上は、もっと楽しい皆さんでした」

今日の乗船客は、小牧市の高須さん、以前「トリ貝漁」に、来て頂いた事が有り、今回は、「やっぱりな」のCBCテレビの「イッポウ」を見て、「皆で行こうかな」で、誘い合って総勢10名にて参戦して頂きました。集合は、6時でしたが、5時半には全員揃い、乗船名簿を記入して、ライフジャケットを着用して、真っ暗な中「まぁ、行きますかね」で、航海灯を点けて出港。「風は、落ちる」と信じていましたが、西浦の端を越えると、昨日からの「風、波」が残っており、「こんな筈では・・・・・」と。
神島の灯台を確認し、東に富士山も見え、これで「凪」なら最高なんですがねえぇ。(まあ、凪なら見えませんがね)
で、1回目、海水温は、9.1℃とまたまた低く「冷たい訳だな」と、ブツブツ言いながら・・・・・、引き揚げて、「ワタリガニ、落ちカレイ」が、たくさん獲れており、納得しながら2回目、「ワタリガニ」だけで、「落ちカレイ」は無く、「やっぱり、タカだな」と。で、3回、4回と曳いているうちに、ドンドン吹きの状態で、隣の船を見れば、波で船首が跳ね上がっており「この船もかなあぁ」と。で、長めに曳いて引き揚げて、シッキングな事が起きてねえぇ、「まんが」の左サイドに太ワイヤーが掛かり、引き揚げた時に逆さまになってしまい・・・・・・「このまま、西浦の陰まで引いて行く」と。とてもじゃない「うねり」交じりの西風の大波で、サイドで反転させるにはリスクが高過ぎますなあぁ。で、引くこと15分、「神は、我に・・・・・」で、風は、極端に落ち「遅せえやなあぁ」と言いながら、反転させ、「まんが漁」を続行することに。
で、やっと船上も元気を取り戻し、気分も明るくなり・・・・・・、それまでは、「船酔い、寒さ」で、元気な人と、うな垂れている人と、明暗クッキリで、「また、苛めとるみたいでねえぇ」と。で、この後2回曳いて、最終回は、全員で選別セッセして、帰って来ました。
ただ、このメンバーは、桟橋へ到着してからが賑やかでねえぇ、今季1番の騒ぎ様で、脱帽です。
漁獲は「ワタリガニ、58匹、落ちカレイ、20匹ちょい、木っ端カレイ、たくさん、シャコ、エビ、ほんの僅か、エイ、2匹」と、まずまずの大漁で、寒さも吹っ飛びましたね。これをトロ箱に分配して、「アミダくじ」を引いて、「6番は、3番は、如何やって入れる、食べ方は・・・・、肝は、唐揚げでいいかな、煮つけで・・・・・」と、女性6名が一斉に好き勝手に喋り捲りで、船上とは、ド豪い違いでしたねえぇ。で「後半は、楽しいまんが漁になりました」で、パシャ「今季1番、陸上で大騒ぎの皆さんでした」じゃあぁ、また、おいでんね、ありがとう様でした。
明日は、「吹き」の予想で、年賀状をセッセしてます。
2013年12月10日 (火)
「朝から豪い日でしたねえぇ、日中風もド強く・・・・・はい、落ち着いてパソコン作業が出来ました」

今日は、予想通り(予報通り)の豪いお天気で、早朝には、雷まで鳴り響き、連れの耳は後ろへ寝っぱなしで、ビビッてましたねえぇ。そんな中、パソコンで帳面をしていたんですが、「停電したらパーかあぁ」と、心配しましたが、無くて良かったです。
で、今のうちにで「年賀状」の制作に取り掛かりましたが、枚数が多く、中々出来上がらず、結果1日中パソコンの前に座っていました。でも、未だ出来上がりません。(1,100枚の予定ですが、インクは切れるし、ミスもあり、持越しでしょうね、でも、暫くは続けます)
で、パシャは、ズッと暖かい部屋で、寝っぱなしの「コユキと小鉄」でした。
明日は、小牧の高須さんの「遊漁」です。「風は、落ちるら」と。6時集合です。大漁祈願しておきますね。
2013年12月9日 (月)
「1度書いた日誌が、ぶっ飛んで無くなってしまって、書き直しました、まあ、今日は、こんな様な日ですね」

今日は、全くの「凪状態」が続き、超良いお天気でしたが、笑っちゃう程は、獲れませんでしたねえぇ。「ワタリガニ」は、毎回の「8〜16匹」で、同じポイントで繰り返し曳いていたんですが「4匹のスカ」を曳いて、ポイント移動、ところが、これが裏目に出て「5、1匹」なんて「大スカ」を引いてガッカリ、元のポイントへ戻って「ひたすら我慢」で、曳いていました。「落ちカレイ」は、しっかり獲れ「3〜7匹」で、最も多い時は、13匹獲れ、丸籠いっぱいでした。これだけ獲れると、迫力有りますなあぁ。
で、2時まで曳いて、三谷へ寄って、荷揚げして帰って来ました。
波が無かった割に疲れましたね、やっぱり漁獲が、ちょい伸び悩みましたからね。まぁ、こんな日も有るって事ですね。
明日は、荒天でお休みですが、「やる事」が、ヤマのように有りますなあぁ。
2013年12月8日 (日)
「海水温10.1℃に、まあ直ぐ切っちゃうなあぁ、はい、寒かったですなあぁ、おまけに吹いちゃって、ちょい気の毒でしたねえぇ、漁獲が、せめてもの救いですね」

今日の乗船客は、東海市の小野さん、CBCテレビの「イッポウ」をご覧になって電話を頂きました。「如何したら出来るね」、「はい、予約をして下さい」、「何時なら空いとるね」、「はい、8日の日曜日ですね」、「じゃあぁ、その日に行くからね」と、予約完了。当初「2人」で乗船との事でしたが、前日の電話で「5人」になりました。この増えた方が、6月にマンボウ桟橋から乗船して頂いた「山ガール」のメンバーで、「あれ、まあぁ」でしてねえぇ、驚きました。(お父さんは、知らなかった様です)
で、小野さん、農業をしてみえ、お天気は、詳しく「風が吹くで、早くに行くね」と前日の電話で、集合は、6時となり、当方の考えと同じで「良かったなあぁ」と。ところが、当方が桟橋に到着した5時過ぎには、到着済みで・・・・、そんな時に限って、クルーの太耀が到着せず・・・・・。
で、6時前の真っ暗な中、航海灯を点けて出港、西浦の端を出ると、既にビロビロしており「何時まで持つかだな」と。
で、ポイント癸隠垢らのスタート、周辺に4隻の漁船が曳き始めており、「同じポイントかあぁ」と。で、1回目「ワタリガニ、9匹」で、まずまずの出だし、2回目は、南東方向への追い風、以降は、上下の繰り返しでしたが、10時過ぎに「やっぱりな」の如く、吹き上がって来て、お兄ちゃん、お姉ちゃんは、体調不良(睡眠不足、船酔い)でしたし、寒さに耐えており、軍手は、汚れ知らずで「何か、いじめとるみたいで、ヤダやあぁ」と。
で、10時半に最終回を引き揚げて、西浦の陰まで帰って、選別セッセの開始。この頃、他漁船も帰って来ましたね。ただ、陰まで帰って来るとホントに静かでねえぇ、「もう1回・・・・・・・」は、毎度の事ですね。
で、氷を調達して、桟橋へ帰って、荷揚げして、はい、パシャ「小野ファミリー」でした。(お兄ちゃん、お姉ちゃん、懲りずに、また、暖かい時に来て下さいね)
今日は、強風の為、曳く時間を1回35分にし、6回曳いて帰って来ました。で、漁獲は、「ワタリガニ、50匹ちょい、落ちカレイ、10数匹」と、大漁の一歩手前でした。他には、特大の「エイ」1匹(切り身でお持ち帰り)、木っ端カレイ、たくさん、シャコ、エビ、ほんの僅かでした。
では、春先の「トリ貝漁」で、お待ちしております、ありがとう様でした。
明日は、今日吹いた分、風が、落ちそうですので、出掛けますかね。
2013年12月7日 (土)
「久々の操業お休みでしたが、暗いうちから活動開始し、あれも、これも、それもと出来、生産性の有る1日でした」

今日は、久々の操業休みで、暗いうちからセッセと動きました。新聞屋さんにお会いし「何時も早いねえぇ」、「まあぁ、4時には目覚めちゃうの」と。で、汚すばっかりの連れ、使っている毛布を持って、コインランドリーへ行って、セット完了。待つのもなんだし、続いて楽しみな「コロナ」へ行ってちょいゆっくりして、8時には海陽店へ行って、コーヒー豆を焙煎して、帰って桟橋へ。明日からの為に「荷縄」を交換し、ローラーの当たるところが擦れて破れており、パッチワーク(この才能が有る気がしますね)して、「まんが」を裏返して、「牙」の締上げ、修正を済ませ完了。
この後、「ネコの家」の大掃除、ちょっとの隙に出て行って、呼んでも帰って来ん「バカネコ」、誰が、毎日ごはんをやって、トイレ掃除をしているか聞いてみたい、「おしだら」ってかあぁ、まあ、暫くしたら帰って来ましたがね。色々模様替えもしましたが、何時まで「綺麗」で居られるか、疑問ですなあぁ。
で、2時過ぎに「おまかせ遊漁」の濱口さん、豊田からの来港で、「今、三ヶ根駅です、もう直ぐ到着します、氷は・・・・・・」、「はい、じゃあぁ、氷を用意して、桟橋へ・・・・・・」と。で、組合の「氷の自販機」へ行ったんですが、「販売中止」の紙が貼られており、「おえ、如何しただえ」と聞けば、自販機で買う人が少なく、製氷機の容量が大き過ぎ、出口が小さい為、氷結してしまって出詰まりで・・・・・、「アカン、氷が要るだて、出して」で、平野さんに、何時ものバケツ2杯出して頂きました。で、桟橋へ着いた時には、既に到着されており、直ぐに、活かし籠を引き揚げて、「ワタリガニ、100匹ちょい(小ガニは、無しです)、落ちカレイ、10匹」を、お持ち帰り頂きました。「来年は、白衣の天使をたくさん連れて・・・・・・」、「はい、そのつもりです」と。何時も愉快な濱口さん、では、「船上で、お会いしましょう」と。ありがとう様でした。
明日は、「遊漁」、東海市の小野さん、CBC「イッポウ」を、ご覧になって、予約頂きました。風だけが心配ですね。では、6時にお待ちしております。
2013年12月6日 (金)
「おまかせ遊漁、漁獲をキープ出来ましたので、明日は、出漁は、お休みして浜仕事ですね、網の補修、荷縄の交換等、色々有りますね」

今日も元気いっぱいで、5時過ぎに出港し、ポイントは、昨日と同じでしたが・・・・・、「やっぱり、ちょいズレてますなあぁ」と。毎日、1回目は、「良好」で、2回目が、「スカ」ってのが、セオリーになっていまして、やっぱり今日も、そうでした。
で、ポイント探しで、あっち、こっち曳いて、固定したのが、沖の沖で、「ネコの瀬」に届く程でしたねえぇ。ただ、13隻居た漁船は、分散してしまい、レーダーの「0.5マイルサークル」に、2〜4隻で、みなさん、それぞれで、「ここが、ポイント」ってのが無い様ですなあぁ。
で、今日は、風が、お昼を待っていたかの様に、吹き始め、直ぐに海面は、波立ち、西っ気の風で、「うねり混じり」で、厄介でしたねえぇ。で、帰るにも横波で、大揺れで「まんが」をシーアンカー代わりに曳いて、西浦の端まで、帰って来て、西浦の陰で、掃除をして帰港の途に。
今日の漁獲は、1時に上がった分少なく「ワタリガニ」は、100ちょいでしたが、「落ちカレイ」は、特大の籠に活かしきれず、浮き籠の出番が有りました。それと、また、あの「マダカ」が、今日、1匹獲れました。(2回目は、そうもビックリしませんでした)
で、明日は「おまかせ遊漁(オール出資)」、日進の濱口さん、夕方、電話を頂きましたが、「はい、予定通り、ワタリガニ、100匹以上キープしてます、落ちカレイも10匹、何時でも来て下さい」と。
2013年12月5日 (木)
「相変らず獲れてます、はい、落ちカレイは、日に日に増えており、今日は、60匹をオーバーしました、ワタリガニは、小カニが増えていますね」

今日は、風が吹きそうな気もしますが「まぁ、行ってから考えるかな」で、とりあえず給油を済ませ、5時過ぎに出港、当然真っ暗で、航海灯を点けての航行、ポイントは、迷わず県漁礁、千本杭の沖合いでの1回目、遠くに富士山を見ながら曳いて「ワタリガニ、13匹」に、ニンマリして、そのまま「タカ」へ曳いて、「スカ」を引いてしまい、「今日は、沖合いだな」と、決めて、沖合いでズッと曳いていました。獲れ方にムラは有るものの、「ワタリガニ」は、毎回10〜14匹で、「落ちカレイ」は、毎回4〜6匹でしたが、多い時は、「10匹」も有りましたねえぇ。で、中村さんからリクエストのあった「エイ」なんですが、お昼まで「1匹」も獲れず、焦りましたが、何とか3匹確保しました。で、今日も大漁でしたが、それよりも、何よりも、「トリ貝」がねえぇ、で、パシャ「嬉しいじゃありませんか、この時期に、こんなに成長して居てね、春が早いかも・・・・・・」と。(上は、殻だけで、下が、稚貝で、計測すると4cmを超えてますなあぁ)
で、明日も・・・・・・「出れる時に出る」でないと、風がねえぇ、吹いたらダメですからね。
2013年12月4日 (水)
「CBCテレビのイッポウを見て、直ぐに電話を頂き、今日の乗合船に乗船となりました、はい、岐阜市からで、また、おいでんね」と。

今日の乗船客は、先日の「CBCのイッポウ」を見て、直ぐに電話を頂き、「水曜日の乗合船へ乗りたい」と。参加は、「2名」と聞き、「2名でも出ますが、お友達を誘って下さいね」と、お願いして・・・・・で、今日の7時に来て頂きました。2夫婦で4名、羽田会長を入れ総勢5名で出港となりました。ポイントは、昨日好調だった「県漁礁、千本杭」の沖合いで、到着して見ると、周辺で操業中の「まんが漁」の漁船が、13隻で、昨日とは大違いでしたねえぇ。ただ、今日は、クルーが居ますので、「舵」に集中出来、「やっぱり、有りがたいですね」と。
で、1回目を曳いて引き揚げて、狙った「ワタリガニ、12匹、落ちカレイ、3匹」に、まずまずのスタートを切り、「良かったなあぁ」と。その後も、このポイントを上下するだけで、一切移動せず曳いて、大漁の漁獲は「ワタリガニ、60数匹、落ちカレイ、50cmオーバーが3匹で、25cm以上が、30匹程、木っ端カレイ(大きくなっている)は、たくさん、大タコ、2匹、エイ、1匹、シャコ、エビは、僅か(網目5節、泥場では、無理がありますね)」でした。
お天気は、良く、風は、一瞬吹き上がりましたが、直ぐに収まりホッとしました。船上では、「ワタリガニ」を蒸して食べ、極め付けは「エイの肝刺し」で、皆さん「美味しい、旨いわ」でした。(テレビ放送以来「エイ」の取り扱いが、激変しました、大きな入れ物を持参して下さいね)
で、11時過ぎに「西浦の端の沖合い」へ、最終の「まんが」を曳き、引き揚げて、選別セッセして、網を洗いながらの帰港。
桟橋へ到着して「漁獲物の分配」は、5等分にして、それぞれ「お土産」として、お持ち帰り頂きました。昨日程は獲れませんでしたが、充分大漁でしたね(昨日が、異常でしたね)、で、「はい、並んでえぇ」で、パシャは、「初めてのまんが漁、大漁でした」の記念の一枚でした。では、又の乗船をお待ちしております、ありがとう様でした。
明日は、風次第で、出掛けます「1、3、3、3」なんですが・・・・、まぁ、行って見ますかね。
2013年12月3日 (火)
「何だか風が変わっただけじゃなく、海も変わってしまってねえぇ、笑っちゃって楽しくなる程、獲れています、もっと嬉しかったのは、トリ貝の稚貝約1cm5節の網に1個ヒットしました、春が早いかなあぁ、・・・・・・・・」

今日は、昨日の漁獲に気分良く、かなり早い目覚め、「まぁ、給油してから出掛けるかな」と、5時前に「浜」へ。海水温10.6℃の海水を「イケス」に汲み、暫し待つも、「来んなあぁ、まぁ、良いか」で、給油せずに出港、当然航海灯を点けての航行で、ポイントは、イベント癸隠垢坊茲瓠到着して直ぐに1回目、ところが昨日とは大違いで「ワタリガニ、小3匹、落ちカレイ、1匹、エビ、僅か」で、「スカ」ですなあぁ。で、そのまま南下して、「居た居た、ここかよぉ、早くに判ってよかった」と。で、このポイントから動かず、コースを選び、曳きまくり。今日もしっかりの大漁でして、「遊漁」の電話が有れば「今、おいでんよ、しっかり獲れとるでね」と。(四日市のU子さん、おいでんよ)
で、曳きまくって「ぼちぼち西浦へ寄せて・・・・」の1時ちょい前に、「ドサァァァッ」と大きな音を立てて、床で飛び跳ねる大魚「1mオーバーのマダカ」が獲れ、ニコッと。中々こんなに大きな魚は、「まんが漁」では珍しく、嬉しいばっかりで、西浦へ寄せずに同じポイントを曳き、「大タコ、1匹、ゲット」に、またまたニンマリ。
今日は、風も無く、良いお天気で、途中、本船と「ニアミス」が2回、いずれも当方の急転舵で、避けましたがね。「ジャストミート」なんて、勝てませんからね。ただ、こんな事が余裕を持って出来る程、気分は最高でしたね。
で、パシャは「大きなマダカ、大きな落ちカレイ」でした。この回は、他に「ワタリガニ、オールサイズの18匹、特大のエイ、2匹」でした。「マダカ」が、強烈過ぎてねえぇ、やっばり興奮しますね。
昨日「この時期最高の漁獲」と書きましたが、今日は、遥かに上回っての大漁でした。帰りに三谷へ寄って荷揚げして帰港し、明日の準備をして、本日終了となりました。
今「ワタリガニ、落ちカレイ」が、しっかり獲れています。来れる人、今「遊漁」に来てよ。笑っちゃう程獲れてます。
明日は、「乗り合い遊漁」で、岐阜の味田さん、お仲間4名、塩津造園の羽田会長、総勢5名、6時半集合予定です。しっかり獲って来ますかね。
2013年12月2日 (月)
「お休みを返上してひとり操業でしたが、この時期の最高の漁獲に、気分は、最高でしたねえぇ、やっぱり風が変わってますね」

今日は、お休みの予定でしたが、昨夜のお天気チェックで「等圧線からして、3程は吹かない」と勝手に予想し、昨夜のうちに、月末の締め上げを済ませ、臨戦態勢をとって爆睡。さすがに朝が来るのが早く「何時だあぁ」と聞いても「ニャアァー」としか返事が無く、連れが起きているって事は、4時前後だな。で、朝一にお天気チェックして「行ける時に行かんとな」と、お休みを返上して「浜」へ。給油待ちの間に活かし籠を吊るくして、行くばっかりに。で、暗い中出港して・・・・・、西浦の端の手前で「何だやえぇ、船だらけじゃん、南へ行けるかしゃん」と思う程の「2艘曳きの船団」に、已む無く東へ寄せてからの南下。ところが「ネコの瀬」の東でも船団が曳いており、間隙をぬっての操業スタート。
1回目から「落ちカレイ、6匹」に気分は上々で、これで「ワタリガニ」が獲れれば言う事なし。で、9時まで、このポイントで曳いていましたが、船団には勝てず、県漁礁、千本杭へ。結果からすると「この移動」が良かったですなあぁ、「ワタリガニ」を特大の籠に満タン、「大タコ3匹、落ちカレイ、数えられない程たくさん、座布団級エイ10匹」と、この時期の最高ですね。「ワタリガニ」は、オールサイズで毎回15〜20匹で、「落ちカレイ」は、2〜6匹で、はい、超大漁で忙しかったです。で、パシャは「ラス前の1回、ワタリガニ、19匹、落ちカレイ、3匹、シャコ、ちょろっと」でした。
で、きっちり2時まで曳いて、三谷へ荷揚げして帰って来ました。「やあぁ、気分の良い一日でしたねえぇ」と。で、予定では、明日も出掛けます。

「乗り合いの遊漁」
12月4日、4名の予約を頂きましたので出掛けますが、まだ余裕が有りますので、都合の付く方、是非、この機会においで下さい。「はい、しっかり獲れてます」、「貸切の遊漁」も、今ですよ、おいでんね。
2013年12月1日 (日)
「昨日のポイント探しで見つけたワタリガニゾーンへ一気に行って、曳きまくってきました、はい、今の時期、中々の100匹が出ました、勿論落ちカレイも獲れ、超大漁でしたねえぇ、で、エイは、解体してお土産に・・・・・」

「今年もあと1ケ月」で、今日から12月ですねえぇ、この間まで「トリ貝」を獲っていて「暑っいなあぁ」って言っていましたが・・・・・、先日から「ホッカイロ」のお世話になっており「ああぁ、直に冬眠だなあぁ」と。ただ、今年は、「遊漁」のお客さんに「落ちカレイ」が少しづつ浸透して来て、「ワタリガニ、落ちカレイ」狙いの「まんが漁」が増えており、只今の最終は「12月21日」です。(その後もやってますがね)
で、今日の乗船客は、豊橋の本田さん、何時も「日誌」をチェックして頂いており、満を持しての参戦、総勢4名(1名は、息子さん)で、6時に集合予定でしたが・・・・・、当方の始業点検中(オイル、スターンチューブ、あか等)の5時半には気合充分で到着され、お仲間も直に揃い、即出港となりました。
今日のポイントは、昨日のお昼からのポイント「ワタリガニゾーン」で、何の迷いも無く一直線。1回目投入して30分曳いて引き揚げて「ワタリガニ、19匹」に納得して、その後も「16、13・・・・・・・」と順調でしたが、2艘曳きの船団に占領されて、違うポイントへ移動して「スカの3匹」を引いてしまい、これにはガッカリでしたねえぇ。「落ちカレイ」は、ちょっとばかりポイントがズレており、「1匹、2匹」でしたが、特大のものには「オオォォー」と歓声が、上がっていましたねえぇ。
で、お昼前まで曳いて、「まんが」を収納して、選別を後回しにして、一気に西浦の陰まで航行して、セッセの開始。で、「ワタリガニは、何匹だったあぁ」、「丁度10匹だね」で、「やったじゃん、トータル丁度100匹だにいぃ、今の時期、中々出ん数だね、大漁良かったね」と。
で、桟橋へ帰って、昨日と同じ作業、はい、「エイ」の解体でねえぇ、今日は、2匹でしたので、ソコソコ出来ました。(やっぱり、テレビの影響は、大きいですなあぁ)で、トロ箱を4個並べて、分配して、最後は、ジャンケンポンの勝負になり、一喜一憂でしたね。で、パシャ「大漁に、いっぱいの笑顔で、如何よ、このワタリガニと落ちカレイを見てよ」でした。で、1月の話が出ていましたが、「アカンに、落ちカレイが産卵後でペラペラで、ダメだに、来るなら年内においでんよ」と。
海の大好きな本田親子とお友達、「また、おいでんね」と。ありがとう様でした。では、また、年内に、お会い出来る日を楽しみに、お待ちしております。
明日は、「如何するかなあぁ、考えています」(月末の締上げをせんとアカンし、風は、ちょい吹きの「3」だしなあぁ、「腰」は、あのプスッで万全だけど・・・・・・、まぁ、明日起きてから決めますかね)
2013年11月30日 (土)
「この時期にしては、最高のお天気で、夜明け前には、神島の燈台、その後には、遠く富士山を見ながらのまんが漁、漁獲もしっかりの大漁で、いい一日でした」

今月の最終の「遊漁」は、ヨット「はやぶさ」の柴田さん、今季何度も乗船して頂いており、今回も「同年」のメンバーで、総勢8名。6時に集合して、乗船名簿を記入し、しっかり防寒対策をした上にライフジャケットを着て、出港。未だ暗く航海灯を点けての航行。ポイントは、西浦の端の沖合いで、直に到着し、即1回目を曳いて引き揚げて、特大の「座布団級のエイ」が、3匹入っており・・・・・・「持って帰るでね」と返事が有り「えぇぇ、何時もと違うなあぁ」で、聞いてみると「エイって美味いらしいじゃん、肝は、ホワグラ並みで、どえらい旨いらしいじゃん、昨日、テレビ見たもんなあぁ」と。で、聞いてみると、8人中5人が、テレビを見たそうで、「エイ」の大きいものはキープになりました。
「ワタリガニ」は、1回にオールサイズの8匹程で、今の時期これ位ですかねえぇ。「落ちカレイ」は、毎回2匹〜4匹獲れ、これには、納得でしたね。で、「ワタリガニ」は、直ぐに蒸して・・・・・「あ、その前に、燗をつけて・・・」のリクエストが有り、「熱燗とワタリガニ」は、最高でしたねえぇ。で、11時過ぎまで曳いて、帰港の途に。
で、帰ってからが大変でねえぇ、「特大のエイ」が、10匹で「みんな持って帰る」との事で、「切り身にして・・・・・」のリクエストには、「ヤダなあぁ、手が病めちゃってアカンてえぇ、〆てあげるで・・・・」で、4匹だけ解体して、3匹は「そのまま」で、3匹は、リリースになりました。やっぱり、恐るべし「夏目みな美」ですなあぁ。(これから「エイ」の入るクーラーを持って来て下さいね、みなさん)で、パシャは、大漁の漁獲を前に、満面の笑みの皆さんでした。ありがとさんね、また、おいでんね。
お昼からは、ポイント探しの「まんが漁」へ杉田さん、尾崎さんを誘って出掛けました。で、「ワタリガニのゾーンと落ちカレイのゾーン」が、しっかり判りました。(まあぁ、日々変わりますがね)
明日は、満を持しての参戦、豊橋の本田さん、ポイントは、「今日のお昼からのポイントへご案内」ですね。では、お待ちしております。
2013年11月29日 (金)
「CBCテレビのイッポウを見て頂きましたかあぁ、傑作なビデオでしたねえぇ、みな美さん、また、おいでんよ」

今日は、昨日のんびりしたおかげで、元気いっぱいで目覚め、日々のルーティーンをこなし「さあぁ、行くかな」で、真っ暗な中、出掛けたんですが、如何も「腰」に違和感が有り、「あれえぇ、逝っちゃうかやあぁ」と、何をするにも及び腰で、心配しながら・・・・・・。
で、ポイントを西浦の端の沖合いに決め、10.9℃の海水を「イケス」に汲みスタート、「風が無い」予定でしたが、何が何が、そこそこ吹いており、しかも西っ気の風で「うねり」混じりで、厄介でしたねえぇ。で、朝日が昇って来て「西浦温泉」を照らし、はい、パシャ。ただ、この頃から、次第に風が吹き上がり始め「こんな予定では・・・・」と、「腰」をかばいながら曳いていたんですが・・・・・、携帯電話の電池が少なくなって来て、「やえやえ、如何せるかなあぁ」と。
こうなって来ると「大した風じゃあぁ、ねえじゃん、曳けよぉ」と言う自分と「明日、明後日と遊漁が連荘だで、今無理しちゃあぁアカンじゃないぃ」と言うもうひとりの自分が戦ってまして・・・・・・・、で、5回曳いた9時に「ギブアップ」して、帰って来ました。「ワタリガニ」は、オールサイズの30匹、落ちカレイは、大、中、8匹で、他は、「エイ、エビ、赤貝」が、ちょろっと。
で、10時半には、全てを終了して、「腰」のケアに。先ずは、ゆっくりお風呂に入り、暫し休んで「整形外科」の開くのを待って一番で診て頂きました。「はい、何時ものです、プスッと注射をお願いします」で、違和感は、既に無くなりつつ有り、良好です。
で、CBCテレビの「イッポウ」に間に合う様に帰って、テレビの番をしてました。で、「夏目みな美さん」が、映って、当方も・・・・、杉田さんも、結構長く、良いビデオでしたねえぇ。(みな美さん、やっぱり「いい女」でしたね、素敵です。)
で、早速、来年の予約の問い合わせが有り「決まっているなら、請けますよ」と。お友達の皆さんからも電話を頂きました、ありがとさんね。
明日の「遊漁」は、ヨット「はやぶさ」の柴田さん、6時集合です、たくさん獲って来ますかね。(明日は、クルーが居ますので、ちったあぁ吹いても大丈夫です)
2013年11月28日 (木)
「今日もよく吹きましたねえぇ、でも、明日は、良さそうですので行きますかね、ワタリガニ、落ちカレイを狙ってね」

今日は、はなから諦めていましたが・・・・・「やっぱりな」の吹きに納得してしまい残念。で、暗い内からゴソゴソとして8時前には家を出て、予定の行動。はい、豊川へ行って来ました。帰りに海陽店へ寄って、用足しをして形原の組合へ行って、「辰己丸の漁業許可書」を置いて来ました。(許可の載せ替えの為にね)
で、それから桟橋へ行って、「まんが」の総チェック「網の破れ、ボルトナットの緩み、シャックルの緩み」をチェックして「イケス」に活かし籠を吊るして帰って来て、「はて、明日は・・・・・・・」で、お天気チェックして、風は無さそうですので、勿論、行きますかね。「ワタリガニ、落ちカレイ」を狙ってね。
2013年11月27日 (水)
「来た、来た、来たあぁ、海水温は、10.9℃まで低下しており、待望の落ちカレイが、毎回2〜4匹獲れる様になりました、ワタリガニも、型、質の良いものが獲れています」

今日の乗船客は、豊田市の勝田さん、毎回のストームに付いたアダ名が「雨風男」でしたが・・・・・、「今日は、お天気が良かった」と。本人から出た言葉は、「心掛けが違うがね」でしてねえぇ、ただ、荒天でも懲りないのは、毎回の漁獲は、しっかりでしてねえぇ、はい、今回も「しっかり大漁」でした。
6時集合でしたが、当方の着いた5時半には、既に1台着いており、直に、全員揃って、真っ暗な中、航海灯を点けて出港、乗船は、4名なんですが総勢10名(出資者6名)。で、ポイントは、西浦の端の沖、イベント癸韻里舛腓ぜ蠢阿らのスタート。30分曳いて引き揚げて見ると「ワタリガニ、大4、小4(今年の春先に生まれたもの)」で、他に狙った「落ちカレイ、50cmオーバー」が、1匹獲れ、「やっぱり時期だなあぁ」と。海水温は「10.9℃」と、この時期最も低く、今週末の寒波を考えると、「バンバン来るぜよ」ですね。
その後、南へ出てみましたが「ワタリガニ」は、オールサイズの10匹前後で「落ちカレイ」は、「35cm〜50cmオーバー」までが、毎回2〜4匹獲れ、「こやあぁ、唐揚げだな」って言っていた木っ端カレイは、一回り大きくなって居ますが、「落ちカレイ」が獲れ始めては、陰が薄いですね。ただ、たくさん獲れています。他に「シャコ、エビ」は、網目5節角目ですので、僅かです。(甲イカは、泥場ですので、獲れていません)座布団級の「エイ」は、毎回の様に獲れ、大きい物だけ持ち帰って来ました。ただ、これが、11匹で、帰ってから中村さんが、「4匹、切り身」にしましたが、残りは、「鼻紐」の付いたまま「お持ち帰り」になりました。
で、11時半には「まんが」を収納し、帰港の途に。港で、氷を仕入れ、桟橋へ到着し、トロ箱10個を並べ、分配開始。「でっかい落ちカレイが、目立ちますなあぁ」で、それを前に、はい、パシャ「今季1番の落ちカレイ」でした。「まんだ、やっとるだかあぁ」、「今からだよ、おいでんよ」、「よしっ、電話するでな」と、元気いっぱい、たくさんの「お土産」を持ってお帰り頂きました。ありがとう様でした。来月、お会い出来るのを楽しみにしております。
明日は、また「ドン吹き」ですねえぇ、お休み模様です。(「まんが」等、整備します)

「今からのまんが漁は、ワタリガニの♀、落ちカレイが狙い目です、ただ、これも風次第でねえぇ、吹かない様願っています」

今日、豊田の勝田さんの漁獲です。やっぱり、海水温は、「10.9℃」まで低下しており、来ました、来ましたよおぉ、でっかい「落ちカレイ」がね。この時期、浅場へ産卵に来る「カレイ」を「落ちカレイ」と呼びます。サイズは「35〜50cmオーバー」まで、様々ですが、「卵」を抱えており、産卵前でもあり、肉厚も充分で、「浜」でも「高値」で、取引されております。
この「落ちカレイ」は、海水温が、「15℃」を切った頃から、浅場へ来始め、「10℃」程の時にピークを迎え、暮れから年明けに産卵を済ませ、また、沖合いへ移動します。で、「今が旬の落ちカレイ」は、年明けまでは、楽しませてくれます。ただ、産卵後は、「ただ大きいだけのタダのカレイ」になってしまい、「卵は、無いし、痩せこけて・・・・」、はい、獲れても、リリースしてますね。
「ワタリガニ」の大きなものは、早い時期から、沖合いに居ますが、今年の春先に生まれた「小カニ」は、海水温の低下に伴い、一気に沖合いの泥場に出て来ます。この「小カニ」も、冬を向かえ、質は、良くなり「身は、パンパン」です。数は、我々が、毎日獲っていますので、減って来ていますね。ただ、今からの楽しみは「♀」で、「15℃」を切った頃から「卵」が、少しづつ成長し、来年の春先までに充実して行き、「甲羅は、卵でパンパン」なものが、狙い目ですね。
で、海水温が低下して来た今から年明け10日過ぎまでは、「ワタリガニの♀、落ちカレイ」が狙い目です。
まだまだ、これからです、しっかり着込んで「遊びに、お出でんよ」(コンビニの合羽じゃあぁアカンにぃ、ちゃんとした合羽でないとね)

今週の金曜日「29日のCBCテレビ、イッポウ」をご覧下さい。先日の「夏目みな美」さんの取材「お宝ざっくざく、まんが漁」が放映される予定です。
2013年11月26日 (火)
「明日は、出掛けまっせえぇ、ドン吹きのヤリでしたが遊漁にね、ワタリガニ、落ちカレイ狙いですね、たくさん獲れます様に」

今日も何時も通りに起きて、お天気チェック、「明日は、やっと落ちるか、勝田さんのジンクスが・・・・・・」と思いながら、ホッとしました。で、5時半に桟橋へ行って・・・・・・「やえ、こんなもんが、ひっくり返るかあぁ」と。で、パシャは、桟橋に置いて有った「まんが」が、反対側に返って「牙」が剝き出しになっており、「やっぱり、よう吹いただなあぁ」と。
で、三谷の三忠さんに寄って用事を済ませ、予定の行動。帰ってから、お店をちょっと手伝って、三谷の組合へ寄って、形原の組合へも寄って、山本組合長と歓談して、信用部の宮田支店長を訪ねましたが、留守でしたので「宜しく伝えて下さい」と、帰って来ました。
で、お昼ちょい前に、毎月の「健康チェック」で医院へ行って、諸々の検査をして「ああ、良いですねえぇ、良くなってるねえぇ、問題なしだねえぇ」「はい、色々制限してますのでね」、「落花生は、ヤメたかね、果物もアカンな、食べ過ぎはね」、「はい、殆ど食べていません」、「よし、その調子だね」と。(まあ、ホントに制限してますからね、改善されてなくちゃあぁねえぇ、只今5kg減してます)で、後は、のんびりしてました。
で、明日の「遊漁」は、豊田の勝田さん「雨、風」に恵まれ過ぎていますが、やっと明日は、・・・・・・・・、「明日は、良いら、風は無いにいぃ」で、6時に集合して「ワタリガニ、落ちカレイ」狙いですね。
2013年11月25日 (月)
「おえぇ、こなんに吹いたり、降ったりしちゃあぁアカンじゃん、海に出れんがね、まあ、明日も・・・・・・・ですね」

また今日は、ド強風で何ともならない日になってしまいましたねえぇ、まあ、ここまで「雨、風」とは、思っていませんでしたがね。
5時半、まだ真っ暗な中、桟橋へ行って、給油船のおじさんに「おはようさん」とご挨拶。「さすがに、今日は、行かんだらのおぉ」、「ああ、行きゃあぁへんでえぇ」と言いながら、乾してあった網を下ろし、風の影響を避ける様にしました。(今、思うと正解でしたね、ここまで酷いとはねえぇ)
で、「豊川のコロナ」経由で、海陽店へ行って、用足しをして、お昼前に帰って来ました。それからは、ゴロゴロで、「生産性の無い日」でしたねえぇ。とりあえず「やる事」は、済んでおりましたのでね。
で、パシャ「この手は、長老コユキの様ですなあぁ、中で何匹寝ていますかねえぇ」と。
明日は、まだ風の様で、全く何も無い日ですなあぁ、また「コロナ」ですかねえぇ。
2013年11月24日 (日)
「漁師になる前から乗っていた船で、朽ち果てても愛着が有りますね、お疲れ様でした、ありがとう様」

長い間乗船していた「はまゆう丸」老朽化に伴い限界を感じており、遂に「廃船」の運びとなり、今日移動しました。「清宝丸」に「はまゆう丸」を横抱きにし、衣浦の新川港までの航海です。
6時15分 形原港を出港し、機関回転数1,200ちょいで、7.8ノッ             
       トをキープし、風無く、穏やかな海面にホッとしてます。
7時02分 梶島の青ブイ、マグ0°通過確認。
7時16分 佐久島の黄ブイ、マグ180°通過確認。
7時47分 一色ブイ(赤)、マグ90°通過確認。
8時18分 衣浦大外堤防、赤、白燈台通過。
8時46分 衣浦海底トンネルの上を通過。
8時58分 新川港入港。
2時間46分に及ぶ航海でしたが、トラブルは無く、無事に到着しました。途中「黒いモンスター」の引き波で、1度だけ「ガシャアァーン」と大きな音を立てましたが、何とかね。
で、岸壁に到着すると、「東海港湾」の方々5名が、出迎えサポートして下さり、スムーズに接岸出来ました。で、舫いを解いて「はまゆう丸」を放した時は、何か途轍もない寂しさが湧き揚がり、泣けちゃいましたねえぇ。思い出いっぱいの船でしたねえぇ。ご苦労様でした。(心臓部のエンジンは、また別の船に載る予定です、異国かな、判りませんがね)
で、9時18分に新川港を出港して帰路に。
で、大外の堤防まで出て来たんですが、何かこのまま帰るのは・・・・・、お天気は良いし、知多湾は、波も無く穏やかで、直ぐ外で「まんが」を曳いている漁船も居り「曳きながら帰るかな」で「まんが漁」のスタート。以前曳きまくった覚えが有りますが最近は、こちらまで来ておらず、三河湾止まりでしたからね。佐久島の西口まで曳いて、漁獲は「今時の五目獲り」でしたねえぇ。驚いたのは「トリ貝の大、4個」で、夏を乗り越え生きて居たんですねえぇ。
で、佐久島の西を一気に南下し、ドンポケからリスタートし、県漁礁の沖からド真ん中と曳いて、3時に終了して帰って来ました。「ワタリガニ」の居場所が、移り変わっていますね、やっぱり同じ所には居ませんね。で、しっかり航跡を残して来ました。
明日は、「風と雨」ですかねえぇ、何にしても、ちょいお休みします。
2013年11月23日 (土)
「とょっとビックリする程の人出で、賑やかでしたねえぇ、出店もいっぱいで、楽しいばっかりでした」

今日は、家族総出でセッセして来ました。三谷の漁港で開催された「ギョギョウランド」に、「三河三島周遊クルーズ」で、1回40分程で5回、お客さんを乗せクルージング、2時からの「セリ市」には、当方の獲って来た「ワタリガニ、カレイ」が出品され、結構高値で競り落とされていましたねえぇ。かみさんの出店「コーヒー、ケーキ」なんですが、打ち止め一歩手前で終了し、ニコニコでしたね。お天気も良く、ビックリする程の人出でしたねえぇ。「また、来年もやるかな」と。
で、4時前には、三谷を後にし、形原に帰港し、明日の準備。明日は、長年お世話になった「はまゆう丸」、もう限界でボロボロですので「廃船」する事になり、衣浦の新川港へ。曳航の仕方を検討した結果「横抱き」で行く事にし、セット完了。
明日は、夜明けを待って出港予定です。
2013年11月22日 (金)
「これ、22日の日誌です、酔い潰れて、朝書いてます、元気いっぱい、出掛けます」

今日は、早朝から動きまくりで・・・・・・、先ずは、コーヒー豆の焙煎をして、23日の「ギョギヨウランド」の準備で、「清宝丸」を三谷へ回航し、午後からは、組合の役員会で、西浦、形原と回り、5時過ぎから「忘年会(ちょい早いかな)」で、義兄の「魚伝」で、大好きなビールをしっかりよばれて、帰って来ました。気が付けば朝で、連れが「ごはん」って言わんけど「如何しただやあぁ」と思っていたら、「ごはんの入れ物」が廊下に有り、好きなだけ喰ってグゥースカの様で・・・・。
車は、組合に有り、カメラはその中で、既に出発の時間が来ており、時間が足りませんなあぁ。
とりあえず、今日は、三谷でイベントで「三河三島周遊クルーズ」をします。(当日、乗船できます、昨年は、超人気でしたねえぇ、南から、見た事りますかあぁ、船でないと見れませんからね)
「セリ市」の「ワタリガニ、カレイ」を提供しており、一般の方、お買い得ですね。
かみさんは「コーヒー、ケーキ」のお店を出して、天寧とセッセです。家族4人揃うのは、何時以来かなぁ、誰かが居ませんからねえぇ。
お天気は、良い様です、ご来場をお待ちしております。10時半〜2時半までの開催です。
2013年11月21日 (木)
「やっと曳きまくって来ました、風が北西なだけに、ウネリは無く、曳き易かったですなあぁ、やっぱり西風は、アカンな」

今日は、ド疲れましたねえぇ、「出資の遊漁」を請けており、行きたくてもドンドン吹きで何ともならず、プレッシャー掛かりっぱなしでねえぇ「何時行きゃあぁ良いだなあぁ」と。
で、今日は、4度目の挑戦で、予報では「1、3、4、3」で、かなりきついって事で、「ちったあぁきつくても、やらんと間に合わん」と、気合充分で、航海灯を点けて出港。何時もと違ったのは、猿ケ島の沖と馬草の沖に2艘曳きの船団が、集結して操業中で、回転灯がいっぱいで、「ああ、ひとりじゃないな」と、ちょい安心したんですが、ポイントのイベントマーク癸韻愿着して、暫し、考えて動きませんでした。「やっぱり、吹き過ぎだなあぁ」と。で、夜明けを待って決断し「強行」に決定して、曳きまくり。ド真ん中でクルクルに曳いて来ました。「5節角目」でしたし、「そそう」が、起きるのは、決まって「まんが」の上げ下ろしですので、曳く時間を長くして、1回40分にして、回数を減らして、安全策に(おおちゃくなだけかな)
漁獲は、毎回「ワタリガニ」は、1回10匹前後で、少なくくて7匹、多い時は、16匹で、お昼前に100匹を越え納得出来ました。「落ちカレイ」は、海水温13.1℃で「やっぱりな」の毎回の様に獲れ、40cm前後が10数匹と、この時期最高でしたね。(これから、もっと増えますね)他は、大した事無かったですね、「大目」故に、これも納得ですね。
で、今日の遊漁、「アイシン」の四田さん、まあぁ、豆みたいなクーラー持って・・・・・「そんなんじゃあぁ、全然入らんにいぃ、ビニール袋なら有るけど・・・・・」で、ニコニコの笑顔でお帰り頂きました。ありがとさんね、又、お願いしますね。
それと今度の土曜日三谷の漁港で「ギョギョウランド」が開催され、この企画にドップリ浸かってます。「ケーキコーヒーのお店」を出店し、「セリ」の獲物を提供し、「大島、小島、仏島の3島周遊」のチャーター漁船で、あれして、これしてで、ちょい大変な日になりますね、ただ、今日操業出来て、漁獲を確保出来、ホッとしています。
明日は、組合の役員会で、その後、「忘年会」なんですが、まだまだ終われませんなあぁ、そんなんで、陸勤ですね、コーヒー豆も焙煎しないとね。
で、パシャは、4時過ぎ、全て終了の一枚でした。
ちょいパシャがアップ出来ませんねえぇ、はて・・・・・・・。
(家のパソコン、夜中は、調子が出ない様で・・・・・、はい、朝は、ちゃんと仕事しています。で、アップ出来ました。)
2013年11月20日 (水)
「今日は、3連荘のドン吹きでしたが、意地で朝のうち曳いて来ましたが、やっぱり、アカンで」と。

毎日、毎日、よく吹きますなあぁ、3連荘のドン吹きで、何ともなりませんなあぁ。「出資の遊漁」を頼まれているのに、如何したら良いんですかねえぇ。そんな事を考えながら、勿論今日も出掛けて行きました。で、1回曳いて「ギブアップ」したんですが、お天道様がしっかり昇って来たら、若干風が落ち「よし、チャンス」とばかり、曳いたんですが、「海苔網に大ヒット」してしまい、「大スカ」を引いて、超ガッカリ、ただ、風上に上ったので、風下へ曳いていく事にし、3回目を曳いていたんですが、ドンドン、ドンドン吹き始め、海上は、白波がバンバンで、「まあ、アカンな」で帰り仕度を始めたんですが、西風を真横に受けてしまい、「どうせ上るなら曳いて行くかな」で、上まで曳いて、帰りは、「まんが」を、艫まで引き揚げて「シーアンカー代わり」にして、地先まで帰って来ました。「ワタリガニ、25、落ちカレイ2匹」でしたが、意外な場所に居る事が判りました。で、今日の操業は、終了しました。で、パシャは、「猿ケ島沖に停泊している帆船」でした。
明日も、風次第ですが、行く予定です。

お昼からは、「仲買組合の役員会」が、組合で開催され「出て来る様に」との事でしたので出席して、「今後の組合運営と仲買の自由化」に付いて、話しをして来ました。風当たりは、「今日以上の風」で、打ちのめされましたが、今後、必要になって来る事柄ですので「気長に・・・・」ですね。

名古屋の「まんが漁」の営業マン(ヨットの先輩、長谷川さん)から「収穫物の季節ごとの一覧表は、無いのか」と言われ、電話でやり取りしていたら、先日ファックスが届き、「これで、いいか」と。そんな時に「ホテル竹島」の戸田さんからも、「ねえぇ、何時も何が獲れるうぅ」と電話が有り、「はい、一覧表を・・・・・」で、中村さんに、お願いして、「日誌」にアップしてもらいました。(最初のページに「三河湾季節別の収穫物の一覧表」としてね)で、「はい、参考にして下さい」と。
2013年11月19日 (火)
「毎日、毎日、ドン吹きで、何ともなりませんなあぁ、また、ワタリガニが笑っていますなあぁ、落ちカレイも一緒に・・・・・・・」

今日は、「ちったあぁ風が強くても・・・・・」の気持ちで出掛けましたが、余りの強さにギブアップでした。とりあえず曳くつもりでイベントマークの癸韻泙嚢圓辰燭鵑任垢、「アカンなあぁ、止めんとな」で、引き返して来ました。
先ず、「まんが」が、回転して牙を向き出しにしており、左サイドに搭載していたバラストは、センターまで移動して、棚に置いて有った「CRC、スプレーグリス、スプレーオイル」は、全て落下して、下の棚のヤカンも落下し、操舵室の中も、小物は全て移動し、落下して「エライコッチャなあぁ」と。明るくなって「ちったあぁ、落ちるか」と思っていましたが、全く気配は無く・・・・・・、そんな中、豪い勢いでブッ飛んでいるモーターボートを、パシャしたんですが、船体が見えませんね、で「アカンじゃねえぇ」と思っていたら、数分後にUターンして戻って来ました。やっぱりこんな日は、アカンね。
で、船を舫ってから、西浦の端まで「浜のリムジン」で行って見たんですが、地先の海は、全く波が無く、時折「風道」が出来るだけなんですが、端を回った途端、「何だあぁ、この白波は・・・・・」の状態に「アカン、アカン、こんな日に出て行っちゃあぁアカンてえぇ」と納得して帰って来ました。
で、今日は「オール出資の遊漁」、岡崎在住の仰木さんでしたが・・・・、はい、こんな事も有ろうかと、活かし籠でキープしておいて「良かったなあぁ」と。海水温は、15℃を切って来ており、「ワタリガニ、100ちょい」で、抜け殻になってしまったのは、僅かに1匹でした。ありがとう様でした。
明日も、まだ吹きそうですなあぁ、とりあえず出掛ける体制ですが、お昼から「仲買組合の役員会」に出席しますので、行っても午前中ですね。
2013年11月18日 (月)
「これからは、行きたくても風が強く中々出れませんね、出れる日は、行かないとね、ただ、パシャの様な吹流しでは・・・・・・はい、無理ですね」

今日は、お休みするつもりでしたが・・・・・・、昨夜と言うより、夕方かな、お疲れモードに突入していたので、倒れる様に寝てしまい、3時間程時間がズレてしまい、2時過ぎには、パッチリ目覚めてしまい、セッセ、セッセとデスクワーク、まあ、溜まっていたにしても2時間もすればソコソコ出来てしまい「世間は、未だ寝ているし、暇になっちゃったなあぁ」で、操業へ行くつもりで「浜」へ。で、吹流しを見れば、「今日は、アカンぜよ」の状態で、吹き上がっており、パシャして・・・・・・、で、豊川のコロナへ行って「朝風呂」して帰って来ました。
帰りに海岸線を見てみると、渥美は、ガスっており、然程風も無く、行く気で桟橋へ。先ずは、活かしてあった特大の籠を引き揚げてみるも、重過ぎて、重過ぎてねえぇ、まあ、「ワタリガニ」が100匹以上入っており、「無理があるなアァ」で、3個の籠に分けて活かして出掛けました。
地先の海は、穏やかなんですが、西浦の端に近付くと、遥かかなたに白いものが見え、「漁船かやあぁ」と、思っていたら「白波」で、驚きましたねえぇ、西っ気の風で「うねり」が入って真っ白になっており「今日は、出番じゃないな」で、帰って来ました。
で、組合へ行って「倉庫が、いっぱいになって、何ともならんで・・・・」で、新たに借りる事にして帰って来ました。
夕方からは、お店のお手伝いで「ニギスの団子」をセッセしてました。で、明日は、予約も頂いており、行きたいばっかりですが、風が残りそうですねえぇ、まあ、風次第ですね。
2013年11月17日 (日)
「海水温は15℃を切って来て、カレイ達が、まあ、冬が近くなって来たで上って行くぞ、おお、そおせめえぇ、って言っている様ですね、時期ですねえぇ」

今日は、昨日のポイントを活かしてのひとり操業で、「まんが」を5節角目のものに変更して、狙いは「ワタリガニ」一本。一発目は、「ネコの瀬」の先端から南へ曳いて、東へ・・・・・の時に、またまた「フグの延縄漁船」に声を掛けられ、已む無く、旋回して西へ。(先日より今日は、隻数が多く、何ともなりませんなあぁ)で、ド真ん中で四方へ曳いて、他漁船も同様で避けたり避けられたりでしたねえぇ。漁獲は、「スカ」を引くと「4、5匹」で、良い時は「13、14匹」で、大きく差がありましたねえぇ。「5節」の網目でもあり、他のものは期待できず、その分長く曳いて・・・・・、海水温は、既に15℃(日中は17℃を越えています)を切って来ており、「落ちカレイの襲来」に期待したいばっかりで、毎回、期待をして「ワタリガニは、何匹かな、カレイは、入っとるかな」でして、「エイ」の白い腹と「落ちカレイ」を、間違えてはねえぇ。まあ、それでも時期ですねえぇ、今日は、40cm前後のものが4匹獲れました。で、パシャがこれ。「甲イカ」も、そこそこに大きくなって居り、産卵期の春先になったら大きなもんに・・・・・・・。まあ、そんな事を考えながら、繰り返し曳いて来ました。
今週は「オール出資の遊漁」が、3件入っており、日にちは、決まっているものの、その日に出漁出来るかが、風次第の時期になって来ており、漁獲を活かし籠でキープする事に。
で、今日は、2時過ぎまで曳いて、帰って来ました。
今週の土曜日には、「ギョキョウランド」のイベントが三谷漁港で有り、昨年もやりましたが「三河3島(大島、小島、仏島)」の周遊貸切を受けており、「一般参加のセリ」の漁獲物の注文も受け、おまけに「クルーズイン海陽店の出店(コーヒー、ケーキ)」もあり、なかり忙しい週になり、大変そうです。で、日々の事をこなしていかないと、大変ですので、明日は、お休みして諸々の事をして行きます。
2013年11月16日 (土)
「先日の気持ちの萎えてしまったひとり操業よりも、遥かに獲って帰って来ました、はい、大漁でしたねえぇ、あと落ちカレイがヒットすれば、超最高でしたがね、はい、持ち越しに・・・・・」

今日の乗船客は、刈谷市の川上さん、何時ものお友達を誘って「まんが漁」総勢4名で、ちょい寒くなった三河湾へ「ワタリガニ」を獲りに出掛けました。薄明るくなって来た6時に出港し、目指すポイントは、ド真中より南で、先ずは西へ曳いて「3匹」にガッカリして、南へ曳いて「14匹」その東へ曳いて「13匹」と、順調な滑り出しで、それに「7節角目」が活躍し「シャコ、各種エビ、木っ端カレイ」が、デッキで跳ねまくり、甲イカ、赤貝、本コチ、座布団級の「エイ、はい、持ち帰りました」と、何時も通りの五目獲りで、セッセに精を出し頑張って来ました。
で、獲れたての「甲イカ、本コチ」は、早々に「刺身」になって「肴」と化して、皆さんのお腹の中に。「美味しい、旨い」でしたねえぇ。
で、海水温13.7℃と、遂に15℃を下回って来ており、「いよいよ落ちカレイのシーズン到来かと」期待して、曳きまくりましたが、今日は、引き当てる事が出来ず、残念でした。
風は、気になる程吹かず、そこそこで収まり、日中は、ポカポカして、寒くも無く、最高のお天気でしたねえぇ。で、11時過ぎまで曳いて、狙った「ワタリガニ」は、60を越え納得の数になり、帰港の途に。ただ、帰りは、全速で帰って来ました。氷購入の「コイン」が無くなって、組合のお昼休みになる前に買いたくて・・・・・・・・、はい、間に合いました。(平野さんが、岸壁で待っていてくれました、ありがとさんね)
で、桟橋に到着して、トロ箱を5個並べて、分配して、「はい、ジャンケンポン」で、大笑い、楽しいばっかりで、気の合うお友達でした。「ところで、何時まで、出来るの」、「まんだ、当分良いに、ただ、ちょい寒いだけでね」、「じゃあぁ、来月でも・・・・・」、「勿論、今からは、落ちカレイ狙いだね」と。では、来月、船上でお会いしましょう、ありがとう様でした。
午後からは、中村さんに奮闘してもらって「はまゆう丸」の解体準備で、搭載してあった諸々を降ろし、業者の方に査定をお願いして、「おえ、まけとかっせ」で、商談成立し、来週、衣浦へ曳航予定です。
明日は、ひとりでゴソゴソ曳いて来ます。
2013年11月15日 (金)
「ちょいちょいの修理の予定でしたが、何が何が、故障箇所に辿り着くまでに時間が掛かってしまい・・・・・、でも、明日の遊漁には、間に合いました」

今日は、「さあぁ、仕事するかな」って時から雨が降り出し、しかも、ソコソコの強さには、驚きましたねえぇ。で、暫し、ジッとしていたんですが、何時、止むかも判らず、お昼過ぎに「浜」へ行って、後部のポンプを元からチェックしても「故障箇所」が判らず、中村さんに電話して「配線を替えると作動するけど、今までのままだと、動かん」と、「まあぁ、雨が止んでからだな」で、4時過ぎに「浜」へ行って、修理開始。「あれえぇ、おかしいなあぁ、電気は、来とるのになあぁ、何でだなあぁ」と。で、あれこれして出た結論は、「テスターで計測すると、通電しとるけど、スタートスイッチに問題があるな」と。で、スイッチを新品に交換することになり、カインズヘ行って購入し、修理開始。既に日没を向かえてしまい、お月夜とはいえ、真っ暗で、オレンジ灯と懐中電灯を頼りに、セッセして、「はい、ちゃんと動く様になりました」で、パシャは、「奮闘してくれました、中村さんでした」と。これで、明日の「遊漁」に間に合いました。ありがとさんね。
明日の「遊漁」は、刈谷市の川上さん、6時に集合して「ワタリガニ」をいっぱい獲って来ますかね。「まんが」は、「7節角目」を搭載しておりますので、「エビ、シャコ」も獲れますね。
2013年11月14日 (木)
「今日は、お天気が良くて最高でしたが、諸々で気持ちが萎えてしまって、早帰りして帰って来ました、立て直しです、気持ちのね」

今日は、久々のひとり操業で、それに「まんが」を「7節角目」のものを搭載し「ちょいエヒ゛、シャコ」も狙って・・・・・・って欲張りな気持ちで、出掛けました。当然、航海灯を点けて出港して、レーダーサーチして「なんだあぁ、この船団は・・・・・・」と、丁度ポイントのド真中に、20数隻が、固まって操業中で、とても通る事が出来ず、東へ回って、泉港の沖へ。で、ここから西へ曳いて、「アオサ」の洗礼を受けましたが、漁獲は、「ワタリガニ、シャコ、エビ、カレイ、赤貝、甲イカ」等、何時もの五目獲りで、まずまずのスタートでした。この時点で、ド真ん中は、2艘曳きが、依然として集結しており、曳きたくても曳けず、已む無く、岸寄りを曳き、戻して3回目の途中に、「落水防止用フェンス(なごが、高い)」の取り付けられた漁船が、近付いて来て「この先に、フグが入れてあるで、頼むわ」と言われ、こちらも「フグの延縄を引いてはねえぇ」で、右手を上げて「了解、回るわ」で、急旋回して西へ。結果、県漁礁の千本杭の沖しか空いておらず、「まんが漁の漁船」が、集結して・・・・・・・、今日の三河湾は、漁船だらけでした。で、パシャは「曳いてはならぬオレンジ旗」でした。
10時過ぎ頃から2艘曳き船団が移動し、沖合いを曳く事が出来ましたが、モヤモヤして、気持ちが、萎えてしまって・・・・・・、お天気が良いのに、早帰りに。1時には、最終回を引き上げて、網を洗って、帰港の途に。この最終回に「落ちカレイ45cm1匹、サメ80cm1匹」に、気分転換出来ました。で、久々に三谷へ寄って、荷揚げして、帰って来ました。
で、形原へ帰って、掃除して、本日終了。
明日は、雨模様ですので、お休みして、船の整備をします。(後部ポンプのスイッチ不調等)
2013年11月13日 (水)
「今日は、あのイモトさん、登山に成功したイモトさん、グラチャンバレーのサポーターのイモトさん、ほんとにイモトさんかあぁ、はい、ホンモノでした」

今日は、「待機状態」が、ズッと夕方まで続きましたが、5時過ぎに「今時のビックゲスト」が、来港されました。
先日、中京テレビの澤谷ディレクターから電話が有り「アカエイの事に付いて、お話を伺えないか」と。(水曜日で、組合がお休みで、こちらに回って来ました)で、「ロケにはイモトさんが、伺います」と言われ「あのぉ、イモトさんって、あのイモトさん、イッテQで登山して、グラチャンバレーのサポーターしてるイモトさんですかあぁ」、「はい、そのイモトさんです」、「ホントにぃ、会わせてもらえるなら、何時でもОKですよ」と。
で、今日9時の約束をしていたんですが、昨日の夕方電話が有り「済みませんが、夕方5時に変更を・・・・」で、「イモトさんが来てくれるなら良いですよ」、「勿論、行きます」で、今日の夕方のロケになりました。
ここに来る前に「三谷水産高校」へ寄って「エイの食べ方、色々」を試食し、美味しかったそうで、「エイは、美味しい魚ですよ、ヌメリをちゃんと取り除けば臭みも無く、色々な食べ方が有りますよ」と。まあ、そんな「エイ」のお話を色々して、5時半過ぎにロケは終了しました。
で、パシャは、「記念のお宝の一枚」でした。
(ところで、グラチャンバレーに間に合うんですかねえぇ、やっぱりな、ヘリでも待機させておかないと無理ですよねえぇ。で、クイズは、2セット終了後って事ですね)
あああ、楽しい一日でした。やっぱり「風」が、変わっていますね。
明日は、ひとり操業ですが、搭載「まんが」を、「7節角目」に変更しました。如何ですかねえぇ、まぁ・・・・・・・・。
2013年11月12日 (火)
「組合に於きまして、恵比寿講の神事が有り、お参りして来ました」

今日は、組合で「恵比寿講」の神事が有り、「海」は、お休みでした。(風の無い良い日でしたねえぇ)
10時前に形原神社の宮司さんが来所し、「大漁満足」を、お祈りして、お神酒を頂き、果物の御下がりを頂いて帰って来ました。
で、その後、繰り延べになっていた「車庫の整理」に取り掛かり、不要なものは「粗大ゴミ」として、クリーンセンターで処理して頂きました。
その後は、連れとのんびりデレ坊してました。
明日は、風ですかねえぇ、他の用事も有り、「浜」は、お休みします。
(明日の「日誌」でアップ出来ると良いんですが、「うそっ、凄いじゃん、ホントにぃ」って言う程の方が、来港予定でして・・・・・・、突然のお話ににも、直ぐに「ОKです、お待ちしております」と。)
2013年11月11日 (月)
「やあぁ、感動しました、まんが漁にではなく、夏目アナの美しさにね、これからも活躍されるでしょうね、期待していますよ」

今日は、CBCテレビ「イッポウ」の「お宝ざっくざく"まんが漁"」11月29日(金)放送予定のロケがあり、ド強風の中「まんが」を曳いて来ました。
5時前に来港され、先日、お会いした宇佐美ディレクターが、「こちらでいいですか」と。夏目みな美アナ、カメラクルー2名で、総勢4名にて乗船。当方にもマイクをセットして「はい、じゃあぁ、いきますよ」の宇佐美Dの合図で、夏目アナにお会いして開口一番「わあぁ、凄げえ美形、物凄げえ美人じゃん、すっげえぇ綺麗ないい女」と、全く関係無い個人的感想をベラベラベラで、「まんが漁」なんか如何でもいい程、感激しましたねえぇ。久々に「目が点」に。
まあぁ、それでもロケで、「まんが漁」へ出掛けました。真っ暗な中の出港で、当然航海灯を点けて出港。目指すポイントは、昨日の実績の有る県漁礁、千本杭、泉港の沖で、高速での航行で、直に到着して風上を見ると、「アカンじゃん、そんなに吹いちゃあぁ」の風がブンブンで、佐久島の陰へ行くか迷いましたが、西っ気が強く、このポイントで上下曳きに。ただ、夏目アナは、既に「シブキを浴びて、水も滴る・・・・・・」の状態で、また、ひとり感動してましたがね。
で、「まんが」を投入して西へ曳いての1回目、「ドボン、ドボン」の中を曳いたんですが、漁獲は、しっかりで「ワタリガニ、シャコ、エビ、甲イカ、カレイ、赤貝」等、五目獲りで、特に狙った「ワタリガニ、9匹」には納得で、移動するのを止めて、このポイントで、続けて2回曳いて「8、10匹」で、大きな「エイ」も獲れ、西浦の端まで帰ってセッセの開始。ここでも風は強く、「蒸して食べる」のロケは、港へ帰ってからに。
で、「はい、並んで下さい」の記念の一枚を撮って、海陽店へ行って、いろいろ作って、撮影して頂きました。「エイの煮付け、肝刺し、甲イカの天ぷら、舌ヒラメの煮付け、唐揚げ、ナマコの酢の物」を、テーブルに並べ、「エイ」を中心に食べて頂き、感動して頂きました。(「エイ」は、ちゃんと料理すれば、かなり美味しい魚です、問題は、大き過ぎる点ですね)
で、2時過ぎに全ての撮影を終了して、クーラーいっぱいの漁獲物と共に、お帰り頂きました。「やあぁ、非常に楽しい、ロケでした、それにしても、素敵な女性でしたねえぇ」、後は、放送日を楽しみに。お疲れ様でした。
明日は、「恵比寿講」の神事が、組合で有りますので「海」は、お休みです。
2013年11月10日 (日)
「こんな落ちカレイが、・・・・・・・・・・、まんが漁は、まだまだ、これからです」

はい、パシャは、「11月10日の勝田さんの遊漁でヒットしたもの」です。体長は、50cmをオーバーしており、産卵時期ちょい前で、お腹は、未だ、張っていませんが、卵巣がくっきり。
このカレイは、海水温が15℃を切る頃から、産卵の為「タカ」へ上って来ます。例年、12月の初め頃からポチポチで、クリスマス前後がピークになり(海水温次第です)、潮が当たった時は、バタバタに獲れますねえぇ。
で、型、質の良い「ワタリガニ」は、まだまだ獲れますし、こんな「落ちカレイ」は、これからですし、「まんが漁は、まだまだ、これから」です。
で、防寒対策をしっかりして、11月の後半の日曜日、17日、24日と2日間、空いておりますので、是非、参戦して下さい、お待ちしております。
2013年11月10日 (日)
「今日で雨風男を返上して・・・・、はい、朝、ちょい降られただけで、風は無く、漁獲も、型、質の良いワタリガニ、獲ったどおぉー」

今日の乗船客は、先日の荒天の日に「遊漁」を決行し、乗船して頂いた豊田市の勝田さん、ほぼ同じメンバーで総勢6名での参戦、昨日からお天気の心配をしていた古沢さん「今日は、こないだと違って、風が真逆の南東だで、大丈夫だにぃ」と。で、昨日の真木さん達とは、お友達で情報交換も済んでおり、「今日は、獲るぞおぉ」と。
で、気合充分で出港し、昨日の好ポイントのど真中で1回目を曳き始め、20分ちょいで速度アップし、「あ、何かが掛かった」で、引き揚げしたら、しあぁけた「カニ籠」がヒットしており・・・・・、ただ、もっとガッカリしたのは「ワタリガニ、0匹」に言葉が出ませんでしたねえぇ。ただ、ただ唖然とするばっかりでね。で、沖合いをすんなり諦めて、曳きながら南下して「9匹」県漁礁、千本杭、泉港前を曳いて「15匹」で、ポイント決定して、「タカ」で曳く事に。で、千本杭と泉港の間を「行ったり来たり」の繰り返し。で、今日はこのポイントで「数」を稼ぎましたねえぇ、(最初の0匹を消す事が出来て良かったです)他には、昨日に続いて「大タコ(最近にない大きさ)」で、「甲イカ」も、まずまずの大きさのものが獲れ、木っ端カレイもしっかり、エビ、シャコは、搭載まんがの目間「5節の角目」では、抜ける方が多いかな。それと何故か「座布団級のエイ」は、持ち帰り予定でしたが、全くのノーヒットでした。海水温17℃台で「ぼちぼち時期だな」の「落ちカレイ」、はい、最終回に50cmオーバーがヒットしました。「船長、こんなんが獲れるんかあぁ、凄いなあぁ」、「はい、海水温が15℃を切って来るとね」と。
で、12時過ぎに最終回を引き揚げて、帰港の途に。今日は、朝のうち雨が、パラパラしましたが、途中から晴れ間も出て、風は無くなってしまい「スナメリ発見」の声も。お天気を心配していましたが、「雨風男」を返上できるお天気で良かったです。
で、帰港後は、トロ箱を11個並べて、1、2、3・・、6、7」でした。最後に男を賭けたジャンケンバトル「落ちカレイと大タコ」は、盛り上がりましたねえぇ「船長、ジャンケンせんでいい様に、獲ってやぁ」、「はい、来月、海水温が下がったら連絡するで、また、おいでん」と。
では、来月「落ちカレイ狙いのまんが漁」に参戦されます様、お待ちしております、ありがとう様でした。
明日は、CBCテレビ「イッポウ」の取材で、5時集合です。お天気は、良い様ですね、風が吹き上がらずに、漁獲がしっかり有ります様に・・・・。
お昼からは、海陽店で「ワタリガニ他の料理色々」をする予定です。
2013年11月9日 (土)
「集合は、6時の予定でしたが、やっぱりな、で、航海灯を点けての出港で、三河湾を反時計回りにグルッと曳いて帰って来ました」

今日は、9時過ぎから全くの無風のベタ凪で、穏やかな日になりました。そんな中、「まんが漁」を繰り返し、繰り返し曳いて帰って来ました。
今日の乗船客は、豊田の真木さん、お仲間6名と出資者4名総勢10名での参戦で「何とか、ひとり5匹は確保したいなあぁ」と要望が有り「何とかするだね」で、真っ暗な三河湾へ出港しました。当然航海灯を点けての航行でして、操業レベルの「遊漁」でした。集合は、6時でしたが「やっぱりな」の5時半には、全員集合しており、名簿を記入して、ライフジャケットを着用して「いざ、まんが漁へ」と出掛けました。
西浦の端のイベントマーク癸韻謀着する頃には、「朝陽」も昇り始め、1回目の開始。マーク癸韻ら「ネコの瀬」の先端沖へ曳いて、「ワタリガニ、3匹」には、参りましたねえぇ、余りにも少なくてね。続いて、佐久島へ寄せて、やっとの「9匹」に、とりあえずホッと。で、入ケ浦から、ドンポケ、すぐ沖の瀬を曳いて、アベ7匹に「少しづつ、少なくなって来たなあぁ」と。(先週は、アベ10匹でした)因みに海水温は、16.6℃でした。で、県漁礁千本杭、泉港沖と曳いて、「ネコの瀬」の東沖へ戻って来て、お昼前に「これが最終回ねえ」でしたが、この最終回に、見た事の無い様な太いロープが複雑に「まんが」に絡み、がっかりの「大スカ」で「ちょいこのままじゃ止めれんらぁ」で、移動して曳き直しして、アベレージの「7匹」獲って帰って来ました。他に、「落ちカレイ」は、「まだまだこれからの1匹」で、珍しく「大タコ」が獲れました。それに「瀬の上」を曳けば、そこそこの「甲イカ」が獲れますね。仏壇前の座布団級の「エイ」は、2匹だけ持ち帰りました。(クーラーに入らず、難儀してました)獲れた「ワタリガニ」は、「69匹」と、この時期まずまずの漁獲でしたが、先回が、100数10匹でしたので、少ない気がしますが「1山いくらと1匹いくら」の違いで、勿論「今のワタリガニの方が、間違いなく良いですね」と。(数だけ比べられたらガッカリですよねえぇ)
で、漁協で、氷を仕入れて、桟橋へ帰って、トロ箱を並べて、1、2、3と、分配開始。出資者の皆さんの分もちゃんと分けて、クーラーへ入れて、氷を入れて、お帰り頂きました。何時もありがとさんね、真木さんが乗船してくれると「船が、とっても綺麗になり・・・・・」、掃除ありがとさんね。来月は「落ちカレイ」においでんね。
明日は、豊田の勝田さん、この間の「野暮な風雨の遊漁」に参戦した古沢さんから電話で「明日は、行けそうかぁ、如何、船長」、「あんな日の遊漁を経験しちゃやあぁ、どんな日でも行けるがね、明日は、行く予定してますよ」と。(風が、真逆ですので、よっぽど吹いても大丈夫です、ただ、誰かが「台風男」だでなあぁ)
2013年11月8日 (金)
「今日は、刈谷の井村オーナーのヨット「ユキ」、舵社の取材のお手伝いで、強風の中セーリングして来ました、やっぱりヨットは、いいですね」

今日は、先月に葉山マリーナから回航したヨット「ユキ(アーシャンボー27)」、オーナーは、刈谷市の井村さんでして、今回は、ヨット雑誌「舵社」の取材を受け、お手伝いする事になり、10時にラグナマリーナへ。オーナーは、体調不良で「欠場」との連絡が有り、ひとりでの参戦、ヨットジャーナリストの西村さんとは以前から面識が有り、緊張する事も無く「おはようございます、元気してるぅ」と、挨拶して・・・・・、他の3人さんとは初対面で名刺の交換、「何に乗っていますぅ」、「はい、ヤマハの52ワンオフです」、「大っきい船ですねぇ」、「いえ、普通ですね、で、ワタリガニを獲っています、この三河湾でね」、「じゃあぁ、漁師してるんですかあぁ」、「はい、観光の漁業もしていますので、舵社で取材してよね」で、大笑い。
で、早々に取材に入ったんですが、ヨットには、「1、2、3人」で、西村艇長に「手が足らんらぁ」、「吹いていますし、トラブッたら大変ですね(回航で私が乗っただけで、お2人は、今日が初)」で「まあ、とりあえず出てから・・・・・」でしたが、風が強過ぎて、「コンマ1トン」近い私がハイクアウトしても、逆さまに転げ落ちる程「ヒール」してしまい、「手数だけじゃなく、ウエイトが足りませんね」と。で、「新艇、オーナー不在、手数足りず、ウエイトも足りず・・・・・」で、ド強風での「ジェネカー」を揚げてのカッ飛びセーリングは、「おあずけ」になりました。で、モーターボートで「前後左右」からパシャ、パシャ、パシャして、2時間ちょいでセーリングシーンの撮影は終了して、帰港しました。
帰港してからは、内外装、艤装の撮影と始まりましたが、当方は「お役御免」となり帰って来ました。
久々にヨットに乗って、スプレーを浴びて、ハイクアウトして、熱い時間を共有出来、最高の気分でした。(ただ、何時もと違う筋肉が、ブルブルしていますがね)井村オーナーに感謝ですね「ありがとさんね」と。
では、次回「三河湾の観光漁船」の船上で、お会いしましょう、お待ちしております、楽しみに。
明日は、豊田の真木さんの「遊漁」です。「ワタリガニ」をしっかり獲らないと帰って来れませんね、風は大丈夫そうですし、頑張りますかね。集合は、6時なんですが・・・・・・・。
2013年11月7日 (木)
「細々した事を・・・・・・・、で、今回も中村さんに登場して頂きました、で、何時もありがとさんね」と。

今日は「細々したヤル事」で、お休みしたんですが、雨が、しぶとく降り続き、「車庫の整理」は出来ず、持ち越しになりました。
最近、「落ちカレイ」の姿も1匹、2匹見掛ける様になり、当方もぼちぼち冬の準備。で、合羽は、夏用の半袖物をしまって、今は、夏用の長袖物と冬用の物を併用しており、ライフジャケットもベストタイプの物に変更しようと、膨張式の物をお風呂場でセッセと洗濯していたら「ブシュー」と大きな音を立てて膨らみ「ああ、ちゃんと膨らむじゃん」と・・・・・・、ただ、この膨張式の物に対しては「本当にちゃんと膨らむかしゃん」と、かなり疑っていましたが、こんな風呂場で膨らみました。(後で判ったんですが、当方の使用していた物は、手動式、自然感知の両方を備えており、ロープを引かなくても「濡れると膨らむ物」だった様で、水を掛けて、ゴシゴシ洗っては、ポンと膨らむ訳でねえぇ、大失敗でしたが、信頼関係は、築くことが出来ました。皆さんも、中々膨らませた経験は少ないのでは・・・・・。色々な種類が有り、交換するボンベも多種類で、「暫く使用したら、新品に交換」が良い様ですね、まあ、使用頻度の問題ですね)
で、先日「イギリスのムストー社のライフジャケット」をお願いして、着用してみましたが、体型が「規格外」の様で、「XL」で、着る事は出来ましたが、動けませんでした。「桜印」のライフベストにする予定です。(長年使用しているムストー社のエアバック式は、皆さんから「そんなんで浮く訳ねえじゃん」と言われていますので、ヤメます。ただ、今でも「浮く」って信じていますがね、何回も助けられていますからね、ディンギーヨット時代にね)
で、豊橋の年金機構へ行ったり、海陽店へも行って、形原漁協へも行って、日産マリーナへもね。で、桟橋の修理を中村さんにお願いして、はい、パシャ、「スムーズに動く様になりました」と。
明日は、ヨット雑誌「舵」の新艇取材で「ラグーナマリーナ」へ。先日、葉山マリーナから回航したヨット「ユキ」、刈谷の井村オーナーからの誘いで乗船する事になりました。ちょいモードの切り替えが必要ですね。まあ、楽しみですね、風もソコソコ吹きそうですしね。
2013年11月6日 (水)
「今日は、オール出資の遊漁でセッセして来ました、依頼者は、水竹町の織田さん、今年、何回も乗船して頂いております、平日の遊漁は、ありがたいですなあぁ」

今日は、「オール出資の遊漁」で、出掛けました。4時半、真っ暗な中の出港で、航海灯を点けての航行、西浦の端を出たところで「減速」、物凄い勢いで航行している船が、一直線にこちらに向って来ており、「何だ、何だ、この船は・・・・・」で、遂に停船して確認すると「2艘曳き」のアンテナ船で、魚群を探しているんでしょうが、そうも走らんでも・・・・・とブツブツブツ。
で、今日のポイントは、イベントマークの癸韻らのスタートで、魚マークに沿って南下して、引き揚げて「ワタリガニ、9匹」に、まずまずの出だしに納得して、続いて「瀬」に沿って・・・・・、ここでも「11匹」で、潮の関係で戻して曳いて、結果、ド真ん中でクルクル曳いていました。「ワタリガニ」は、多い時で「16匹」で、最も少ない時は「4匹」でした。アベレージで「10匹程度」ですね。他には、「瀬の上」を曳くと「ワタリガニ」は、牙に刺さってショックなんですが「甲イカ」が獲れますね、それも、そこそこの大きいものがね。「落ちカレイ」は、38cmが1匹だけで、まだ、時期が早い様ですね、海水温は、17.6℃でした。
で、秋晴れで気持ちの良いお天気の中、1時半まで曳いて、帰って来ました。で、織田さんに電話して「2時半には、港に着くでね」と。で、到着した時には、既に待ってみえ「獲れたぁ」、「はい、115匹かな、他に、イカ、コチ、カレイ、エビかな」と。「わあぁ、凄いじゃん、物凄いカニじゃん」と驚いてましたねえぇ、特大の籠にいっぱいですからね、それに「型、質、良好です」と。で、5個のクーラーに分配して「また、頼んじゃうけど良い」、「はい、勿論です」と。では、次回、「遊漁か、出資の遊漁か、まぁ、どちらでも請けますから、どうぞ」と、ありがとう様でした。
明日は、細々した「ヤル事」が有り、お休みします。
2013年11月5日 (火)
「こんな良いお天気の日に、お休みして・・・・・・・、で、やっと11月になりました、コーヒー豆も焙煎したしね、気兼ね無く行きますっせえぇ、大好きな海へね」

今日は、早朝からセッセ、セッセして、あっち、こっちへ行って、「クラフトフェア」で、すっかり無くなってしまった「コーヒー豆」も焙煎して、やっとカレンダー通りの11月になりました。ここ4、5日時間に追いまくられてましたからねえぇ、まあ、忙しい事は、良い事ですがね。
で、午後から、やっと「漁業の時間」になり、「浜」へ行って、整理整頓をして「明日は、行くぜよ」で、ひとり操業専用の「まんが」に載せ替えして、「牙」の修正、ボルト、ナットの確認をして、籠も吊るして、スタンバイОKに。で、パシャがこれ。
で、明日に備え、家でゴロゴロしていたら、水竹の織田さんから「オール出資の遊漁」の電話が有り、「これから先、風が吹くと、出漁出来んで、行ける時で良いぃ」で、即明日になりました。で、明日は、「遊漁」になりました。しっかり獲って来ますかねえぇ、カンカチの「ワタリガニ」をね。
(特大、大、中のオールサイズ、20匹で、10,000円です。端数、小、その他の漁獲は、プレゼントですね、お買い得ですよねえぇ、この値段は、「遊漁」に来て頂いている方だけです、はい、限定です)

(11月の予約状況)
11月は、雑誌の取材(8日)、テレビの取材(11日)、お魚祭り(23日)等有りますが、後半の日曜日(17日、24日)は空いています。30日の土曜日も「空き」です。この先、風も強くなって来て、マニア向けの「まんが漁」になりますが、サイズ、質の良い「ワタリガニ」が獲れますし、キングサイズの「落ちカレイ」は、12月に入ってからです。まだまだ、これからです、「お待ちしております、はい」と。
2013年11月4日 (月)
「何度か台風の影響で中止になりましたが、やっと今日、まんが漁に出掛けました、ただ風と波の歓迎を受けましたが、漁獲は、しっかり有り、お土産は、いっぱいでした」

空白の4日間のおかげで「お疲れモード」、久々に今朝は、目覚まし時計のお世話になりました。4時半に起きて、お天気チェック「雨のち風かあぁ」と。ズッと雨のほうが風が、吹き上がらず良いんですがね。
6時過ぎに「浜」へ行って、準備開始。先ずは「まんが」を「角目7節」のものに載せ替えて、「ワタリガニ」だけじゃなく、「エビ、シャコ」も狙える様にし、「イケス」に籠を吊るして、スタンバイОKに。で、暫し中村さんと雑談していると居酒家「辰」のマイクロバスで到着、「沖は、吹いているし、これからもっと・・・・・」と言うも、「行こう、行こう、合羽も有るし、大丈夫」と、行く気満々で「はい、名簿を記入して、ライジャケ着たら出港ね」と。
で、7時過ぎに小雨のぱらつく中を出港、「風向、風力」からして、佐久島のドンポケしか無く、曳きながら向う事にし「ネコの瀬」の東からのスタート1回目、途中から曳く速度が上がり「何か掛かったな」で引き揚げてみると「台風のお土産、草の長い束」が掛かっており、引き揚げ時、バランスを崩し「まんが」は、逆さまになって揚がって来ており「ゴスタン」して、修正して2回目に。佐久島の入ケ浦を目指し曳いていると、段々風が吹き出し、白波がバンバンになって来て、時折大波が押し寄せ「安全第一」を確保する為、島陰へ。で、この島陰の範囲内で「上って、下って」の繰り返しでしたが「ワタリガニ」は、ドテッカイものが獲れており、木っ端カレイも大きくなって「掌サイズ」も混じり、それに「やっぱり時期ですなあぁ」の特大カレイ45cmが獲れ、これが今年初の「落ちカレイ1号」で、これからが楽しみですなあぁ。他には、通称「ワニ」と呼ばれている「本コチ65cm」が獲れ、さすがに大きいですなあぁ、海水温17.7℃とかなり下がっており「シャコ、エビ」は、少づつ減っています。(荒天、睡眠不足で、マグロも少し獲れてしまいましたねえぇ)
で、11時過ぎに最終回の「まんが」を引き揚げて、西浦の陰へ一直線、「シブキ」を浴びながらの航行で、一番きつかったですねえぇ。で、陰に入れば、波が全く無くてねえぇ、最後のセッセをして、帰港しました。
で、大きなクーラーに、お土産をいっぱい入れて、特大の「エイ」は、3匹切り身での「お持ち帰り」に。「ワタリガニ」は、「立派」の一言ですね。
で、全員集合して、はい、パシャは、居酒家「辰」の皆さんでした。
(昨年から、ズッとエントリーしていたんですが、台風で中々乗船出来ず、やっと今日の「まんが漁」になりましたが、ちょい吹き過ぎましたね)
では、次回の乗船を楽しみに、お待ちしております、ありがとう様でした。
明日は、カレンダーが、10月のまま止まっていますので、とりあえず11月5日にします。で、海は、お休みの予定です。
2013年11月3日 (日)
「漁に行くよりも早くからセッセ、セッセしてました、過去最高の人出で、賑やかさも最高で、勿論、当出店も過去最高の・・・・・・・」

今日も「クラフトフェア」のお手伝いで海陽店へ行って、早朝(夜中)からセッセのヤリでしてねえぇ、さすがに疲れましたねえぇ。で、かみさんと「無事に済んで良かったなあぁ」と。
今年のフェアは、お天気に恵まれ、心配した雨に降られずに出来ホッとしています。会場の賑わいも過去最高で、勿論当出店も記録的な数字が計上され、かみさんもヤレヤレでホッとしています。で、お疲れさんの後に言われたのが「あんたぁ、まあいいで早く海へ行っといでん」ではねえぇ、あまりに可愛そうですねえぇ。
で、明日は、雨模様ですが「遊漁」が入っております。美濃加茂の居酒屋「辰」の佐合さん、昨年は、2回とも天候不良(台風)中止で、今年、3回目のエントリーで、やっと・・・・・・。情報では「ピチピチの女子大生」をいっぱい連れて参戦との事で、気合が入りますなあぁ。まあ、楽しみにお待ちしております、集合は、6時半です。
2013年11月2日 (土)
「今日は、クラフトフェアのお手伝いで、出店でセッセ、色々な方に来店して頂き、楽しい時間でしたが、ちょいお疲れモードに入っていますね」

今日は、「クラフトフェアで海陽店のお手伝い。お弁当の予約を受けており、夜中の2時に立ち上げてセッセの開始、で、今日の分を作って、明日の仕込みと、ヤル事ばっかりで、全員がピリピリ。(特にかみさんが、聴牌状態でねえぇ、まあ、出店とお店の両方じゃ無理でしょう、怒ってましたねえぇ)
ただ、それでも過去最高の人出で、当出店も、しっかりお客さんに来て頂き、今日ばっかりは「海が良いな」とは言えず、ジッと・・・・・。
で、7時過ぎに開放され、帰って来ましたが、当然、明日が有り、予約も明日の方が多く、夜中の立ち上げになりますなあ。そんな訳で、即寝ます。
明日は、お天気が持ちます様に願っています。で、パシャは、天寧も奮闘してました。
2013年11月1日 (金)
「今日は、朝から海陽店でセッセと仕込み、クラフトフェアは、明日から開催です、是非、会場へ来て下さいね、お待ちしております」

今日から11月ですねえぇ、そんな事を考えながら海陽店へ行って、仕込みでセッセしていました。海陽ヨットハーバーでは、「全日本ОP級ヨット選手権大会」が、今日から開催され、全国各地から予選を勝ち抜いた選手150名が集結して、チャンピョンの座を争います。選手は「小、中学生」で、傍から見ていると、親の方が真剣そのもので、泣き出す子供も居て、大変です。で、連休の間、ズッと賑やかです。
ハーバーの向かい側の多目的広場では、明日から「クラフトフェア」が2日間開催され、これまた年々大きくなって来て、参加制限、出店制限が出来るまでに賑やかになりました。(1回目は、頼まれて出店したんですが、今は、出店料、イス、テーブルのレンタル料と、有料になりましたねえぇ)で、当海陽店では、どんなイベントより、一番忙しい日になりました。
で、今日は、酒屋の敏君、ハーバーの若い衆、丁度良い時に来た酒井君に手伝って貰って、会場にショーケースを運びました。(これから、終ったら1階に置いとく様にしましょう)で、かみさん達は、まだ仕込みをしていましたが、当方は、お役御免に。明日は、ランダムスタートで、当方が太耀と2時で、かみさん達が4時で、続いて、6時、7時・・・・となり、9時には、全員集合して「セッセ、セッセのヤリ」になります。
明日は、良いものの日曜日のお天気が心配ですねえぇ、雨が降ったら「エライコッチャ」です。