戻る - 参加 

「辰己丸」の漁師体験日誌コーナーにようこそ

 

 

 

2013年1月6日 (日)
「正月の海陽店勤務も今日で終わり、明日から、漁師に戻ります」

今日は、正月最終のお勤めに出掛けました。で、4時過ぎに無事終了し、かみさんから「これからは、風が強くなるし、おいでんよ、何時でも使ってあげるで」と。ちょい肩身が狭いですなあぁ、自分が、好き勝手している手前、嫌とも言えず「おお、そうだな」と。(「好きな物、好きなだけ食べて良いでね、但し、日当は無しだでね」と。)だで海陽店の陸勤はアカンじゃんね、「太り過ぎ」って、ずっと医者に言われており「勘弁してよなあぁ」です。
で、終ってから、平岩動物病院へ「ビバリ」のお見舞いに、既に栄養補給用の管が付いており、「ブドウ糖」を注入してました。顔の汚れを取って貰って綺麗になってました。呼ぶと、尻尾を振ってねえぇ、「参りました」で
す。ネコの家の「レオ」は、未だに帰って来ません。
で、明日は、お天気も良い様ですので、とりあえず出掛けますが、「はて、何狙いですかねえぇ、まぁ、曳いてからですね、ポイントもね」です。
2013年1月5日 (土)
「今日は、海陽店でセッセして来ましたが・・・・・、ビバリが、心配だし、レオも心配だしね、大変です」

今日は、海陽店でセッセの日、行きがけに出屋敷の奥の院を見ると、山本船長が岸壁で何やらセッセしてましたが・・・・、予定では、2月いっぱいお休みなんですがね。(僚船は、例年「エビ桁」の使用不可の1、2月は、お休み)まあぁ、急いでいましたので、そのまま来てしまいましたがね。桟橋の「清宝丸」も橋の上からチェック、「吹流し」が、緩く靡いてました。
正月と言っても、以前程ではなく、何とか出来ちゃいますね。で、夕方までしっかりセッセして、帰って来ました。その前にパシャ、「今年は、期待してまっせえぇ」の「姫島周り」でした。
帰りしな、かみさんと一緒に平岩動物病院へ「ビバリ」の様態を見に行きました。相変わらず調子悪く、何も食べず、点滴だけで寝てましたが、「ビーちゃん、ビーちゃん」と、かみさんが呼ぶと、尻尾を振るんですねえぇ、まあ、これで決まりました。明日から、流動食を入れる為の管を入れる為の手術をして、それから、諸々の検査、治療の予定。とても触れない程、凶暴で、撫で撫でなんてした事有りませんが、今は、弱ってまして・・・・・。
まあ、先生にお任せするしか有りませんなあぁ。
ネコの家の「レオ」は、未だに帰って来ません、きっと凍えているでしょうなあぁ。帰ってからは、「レオ、レオ」と寝るまでに何度も外へ出て呼ぶんですがねえぇ、元気だと良いんですがね。待つしか有りませんなあぁ。
明日は、海陽店のお手伝いの最終日、気合を入れて、頑張って来ますかね。
月曜日からは、「浜」です。風が無ければ、出ますし、風なら「まんが」を造る予定です。どっちにしても「浜」です。
2013年1月4日 (金)
「今日は、龍宮祭りで、形原漁業組合所属の船主、乗員と仲買の皆さんが参列して、船上安全、大漁満足の祈願をしました」

正月三が日は、組合もトーゼンお休みで、今日から初仕事。で、毎年4日に「龍宮祭」が有り、「深海、外海、内湾」の漁船の皆さんと、仲買の皆さんも参列して10時より始まりました。神主さんの御祓いから始まり、「船上安全、大漁満足」を祈願して、山本組合長の年頭の挨拶があり、お神酒を頂いて終了しました。お札も頂きましたので、早速船へ。「辰己丸」の「国旗、大漁旗」を収納し、お札を上げて出屋敷の奥の院を後にし、「清宝丸」の舫ってある桟橋へ行って、お札を上げ、始動してあった機関を停止して終了。
それにしても寒かったですなあぁ、風も強くて参りましたね。
で、暫く体調不良の連れを、平岩動物病院へ。ネコの家から「ハチ」をネットに入れ、かみさんの家に居る「ビバリ」もネットに入れ、ダッシュ。
「ハチ」は、お尻の具合が悪い様で「痔」と思っていたら、そうではない様で、注射を2本、飲み薬を貰って大丈夫でしたが、年末から、食欲が無く、元気も無く、衰弱しきって居り、点滴をして入院しました。大丈夫か心配ですなあぁ。
ネコの家は、昨日から異変が起きておりまして、私が夕方帰ったら、ご飯がいっぱい入れられており、「誰が餌をやったかなあぁ」と。後で、電話して探すも判らず、判ったのは「誰かが来て、上に上がって、ネコに餌をやった」って事でねえぇ、気持ち悪いですなあぁ。おまけに「ヤマト、ガーフィールド」の2匹が不明で、探していたら夜9時過ぎに帰還しました。その間に「レオ」が出て行きましたが・・・・、「毎日、ホットカーペットの上で、ストーブの前で寝ているネコが、外で大丈夫なんですかねえぇ」、未だに帰ってきませんなあぁ。
で、今までは「ぱなし状態」でしたが、全てカギをして出掛ける様にしました。明日からまた、海陽店でセッセです。
2013年1月3日 (木)
「今日は、ちょい期待はずれの日でしたねえぇ、まぁ、こんな日も有りますね」

今日も海陽店でセッセの為、7時半にネコの家を出発、行きがけにレインボーブリッジの上から、奥の院と桟橋をチェックし「異常なし」と。
今日は、時間が早いのか道は、スイスイに空いており、楽に走って到着。で、早々に仕込みを始め、準備万端「待つばっかり」でしたが、今日は、期待していた割に、来店客が少なかったですなあぁ。まぁ、こんな日も有るでしょうね。で、5時前に開放されて帰って来ました。
今日は、夕日が綺麗でしたねえぇ、で、パシャ、海陽店のテラスから。
明日は、「龍宮祭」が10時より形原漁協で有り、太耀と一緒に行って来ます。お参りして、「お札」を頂いて、船の神棚に上げて、正月も終わり、「操業モード」に切り替え、「国旗、大漁旗」を収納して、スタンバイです。ただ、出掛けるのは、7日の風次第ですね。5、6日は、また海陽店で、セッセしてます。
2013年1月2日 (水)
「お休みでも生活パターンは、ほぼ同じで、4時過ぎには起きて朝ごはん、私じゃなくて連れがね、何も変わらんなアァ」

今日も8時前から海陽店でセッセ。その前に、出屋敷の奥の院を覗いて、「国旗、大漁旗」の具合を確認、何の問題も無く靡いてました。続いて、桟橋へ行って「清宝丸」を確認、こちらも問題は有りませんなあぁ。この時間、ほぼ無風で、元気なく「吹流し」との緩衝も心配無用。
で、海陽店へ行って、セッセセッセのヤリでして、「ああだ、こうだ」の暇も無く、あっと言う間に夕方で、本日終了。
箱根駅伝は、毎年見て居り、今年も・・・・、でしたが、見れませんでした。
で、帰りしな「清宝丸」へ行って、暫く動かしていない機関をスタート、800回転で、1時間半動かし、停止。これをしておかないと「行くぞぉ」の時、気持ち良く「一発始動」とは中々ねえぇ。まあぁ、これをしておけば大丈夫ですね。次回は、4日の日ですね「龍宮祭」も有り、この日は、海陽店への出勤も無く、お休みですので、「国旗、大漁旗」を収納し、操業準備ですね、まあ、ほぼスタンバイОKですがね。
明日も、海陽店でセッセです。

今年は、年賀状を814通出したんですが、7通が、不明で帰って来ました。何処かに引越しされたんですかねえぇ、判りませんが・・・・。
2013年1月1日 (火)
「今年も海上安全第一をモットーに、しっかり走り回り、大漁満足といきますかね」

謹賀新年。明けましておめでとう様、今年も宜しくお願いします。
で、今年も海陽店で、「初日の出」で、パシャ。
今年の正月イベントは、「ニギスのつみれ汁」の振る舞いでして、暗い内からたくさんの方々に来所頂き、寒い中での「つみれ汁」には、たくさんの歓声を頂き、嬉しい限りです。
今年は、お天気も良く、7時過ぎに「初日の出」のご来光を拝む事が出来ました。何時も海上から見ていますが、やっぱり年はじめは、ちょい違いますなアァ。
で、今年も「海上安全第一」で、走り回りたいと思っています。とりあえずの予定は、4日に形原漁協の「龍宮祭」に出席しまして、でも、未だお休みで、来週の月曜日7日から、風次第で出掛けます。勿論「まんが」は、「貝桁4.5m」です。海水温5〜6℃ですので、今までの様に「ワタリガニ」がいっぱいなんて事は無いでしょうなあぁ。ただ「無い高の値段」で、ビックリする様な高値が付きますがね。
「今年は、春が早い」の予想が出ていますので、頑張りますかね。
では、皆様の乗船を心よりお待ちしています。
(遊漁は、一年中やってます、ただ、寒いのでお客さんが来ないだけですがね。)
2012年12月31日 (月)
「今年一年、安全第一をモットーに、操業、遊漁と無事に出来ました。皆様に感謝すると共にお礼申し上げます。有難う様でした」

今日は、昨日の雨で延期した「正月準備」に、太耀と一緒に7時過ぎに、先ずは、出屋敷の奥の院へ行って、最近動いていない「辰己丸」に、お神酒を揚げ、柱に「国旗、大漁旗」を揚げ、ОKに。青竹を毎年用意してくれているのは、「穴子の神様」の万吉君(これは、通称で、敏彦さん)に会いましたので、「おえ、何時もありがとの」と、お礼と挨拶。
続いて、桟橋へ行って「清宝丸」の準備。青竹の先端の笹の部分が、はじけて折れてしまい、切り取って「国旗、大漁旗」を揚げて「吹流し」も調整しておきましたが、如何も絡みそうですなあぁ。(気になって、夕方見に行きましたが、強風で絡む余裕も無く、舞い上がってました)
で、港の「正月準備」は終了し、海陽店へ行って、セッセの開始。ケーキ、弁当の配達から皿洗いまでこなし、お昼からは、コーヒー豆の焙煎をして、正月準備完了。
明日は「初日の出」の来所者に「ニギスのつみれ汁」の振る舞いをします。で、5時半から準備で、お店に。お天気も良さそうですので、「初日の出」は、拝めそうですね、是非、おいで下さい。

今年一年、「安全第一」をモットーに、「操業、遊漁」と無事に出来ました事に、皆様に感謝すると共に、お礼申し上げます、有難う様でした。
新年は、皆様が健康で元気に笑顔で、船上で、お会い出来ることを祈念しております。では、良い年をお迎え下さい。
2012年12月30日 (日)
「思いがけないズッとの雨で、正月準備は、明日の早朝に変更しました」

今日から海陽店でセッセしてまして、慣れない仕事(以前はズッとしていた)で、疲れますなあぁ、これは「体重」のせいも有りますね。
お天気は、珍しくズッと雨で、3時からの予定でした正月準備は、明日の早朝に変更し、今日は、中止。
で、明日からお休みになり、一年間お世話になった「ユトリーナ」へ行って、ご挨拶、「一年間、ありがとね、来年もお願いします」と。
で、とりあえず今日の予定は、終了で、連れと一緒にのんびりしてます。
で、明日は、船に「国旗、大漁旗」を揚げて、そのまま海陽店の予定です。
で、パシャは、連れの癸院屮魯繊廚任靴拭
2012年12月29日 (土)
「満潮に合わせて、まんがの載せ替え、廃業の修さんのところから、たくさん頂いて来ました」

何故か判りませんが、「日誌」が消えてしまい、日曜日の朝書き直しています。
今日は、満潮に合わせて「まんが」の載せ替え作業。「エビ桁5.5m」の使用許可は、3月〜12月までで、「貝桁4.5m」は、1月〜6月までと、漁業許可書で決められており、新年からは、当然「貝桁」でないと操業出来ず、載せ替えになりました。「テスト、入試、課外」で、ズッとお休みしていた太耀なんですが、やっと冬休みでお手伝い(バイト)に。やっぱり2人でやると、サッサッサッとできますなあぁ。
続いて、年内いっぱいで廃業される修さんの船へ行って、「廃船しちゃうで、何でも要る物を持って行かっせ」の言葉に甘えて、浮き活かし籠、丸籠、ボートフック、たも、まんが(エビ桁、貝桁)、曳航ロープ、5、6、7の目合いの網袋等、頂いて来ました。「ありがとさんね」と。まあ、それにしても寂しくなりますなあぁ、10年前は、奥の院へ係留するのに、気を使ってねえぇ、今は、金田さん、山本さんの2隻だけになってしまい、「好きな処へ止めておけや」で、済んでしまいますなあぁ。形原漁協所属の「まんが漁漁船」は、私を含め3隻になってしまいますなあぁ。まあぁ、流れ(高齢)ですね、「今から始める」って人も、居ないし、やれんし・・・・。
家の太耀は、大学へ行って、如何変わるかですね、今は、ヤルって言ってますがね、まあぁ、好きでないと出来ないですね。
明日は、正月準備、「国旗、大漁旗」を揚げて、正月ですなあぁ。
ただ、明日から明けの6日まで、海陽店でセッセしてます。(奴隷扱いです)
2012年12月28日 (金)
「今日が年内最終日で、タカを攻めて、色々なものが獲れました、天然ウナギは初めてかな」

今日は、「年内最後かな」の思いも有り、5時前に桟橋へ。丁度給油の最中で、早めに完了し、5時には出港。何時もと違い、西浦の端を出ても静かなもんで、毎日こうありたいもんですなあぁ。で、県漁礁黄ブイの沖を目指して航行中、やたら速い船と遭遇し「警備船かあぁ」と。何にしてもブッ飛ばしてましたねえぇ。
で、到着し直ぐにイケスに海水を汲み、操業のスタート、昨日思った事は、ラインによって漁獲が全然違い、昨日「魚マーク」のラインをGPSに記録しており、それに沿って曳いて、「やっぱりな」の正解でした。外れた時の「スカ」は、ショックでねえぇ、2回程仕切り直しをしましたがね。ただ、今日は、「タカ」が正解で、「平場」でウロチョロしてませんね。やっぱり漁礁にやつかる位の傍を曳いた時は、「ワタリガニ」の大、「大タコ」、「天然ウナギ」等、「へぇ、すげえじゃん」ってものが獲れますね。ただ、ちょいミスで、「ガシャン」ですがね。
お昼近くになって、全くの無風から、北東の風が吹き始め、暫くして、雨が降り出し、「帰るかなあぁ」とも思いましたが、「暫く来れんしなあぁ」で、2時までキッチリ曳いて、三谷へ。荷揚げをして、三忠の柴田さん、大久保さん達に「一年間ありがとさんね、今日が年内最終日だでね」と、ご挨拶し、「来年も宜しく」と。
で、帰って、船の大掃除、ゴムマットを全て上げて水洗いし、活かし籠も洗って、一段落。
明日は、太耀に手伝ってもらって、「まんが」の入れ替え、正月準備を早朝からする予定です。なんせ「満潮時」が、早いもんでね。
今日のパシャ、全くの無風、漁場から西浦半島を望む。
2012年12月27日 (木)
「朝は、ウネリが大きく、一旦は帰りましたが、リスタートして、しっかり2時まで曳いて、皆さんの待つ桟橋へ」

今日は、延び延びになっていた「オール出資の遊漁」、豊田の柴田さん、(ヨット、はやぶさの柴田さん)、強風で延びており、「今日は、落ちるでしょう」と、ドン吹きも収まる予定でしたが・・・・・。
5時前にスタンバイОK、ホッカイロをしっかり貼っての出港。パターン通りで、西浦の端を出た途端に、「やあぁ、風は落ちとるけど、波じゃなく、ウネリがすっげえじゃん、如何せえしゃん」と、思案しながらも、どんどんポイントへ向かっており、「まぁ、やってみるかな」で、大揺れの中を航行し、県漁礁黄ブイに到着、それにしても「ウネリ」が大きく、ヤリづらい中の1回目、引き揚げて見ると、網の中に「ワタリガニ、カレイ、本コチ」が確認出来、「まだまだ獲れるな」と思いながらも、選別セッセの出来る状態になく、「アカン、帰る」で、一路西浦の端の陰を目指して航行。この頃、お日様がしっかり昇りはじめ、「ネコの瀬」の南東まで来た所で「あれえぇ、風が落ちとる」と。で、停船して確認すると、「やっぱり、落ちとる」で、Uターンして、リスタート。
で、リスタートの1回目に「今年の春は早いかな」と、思わせるものが獲れ、ビックリ。はい、「トリ貝」がヒットしてねえぇ、しかも、今まで獲れた事の無い場所で、「このまま春になったら、豪いこっちゃなあぁ」と。で、スタート地点に戻っての1回目、揺れは収まり、漁獲もそこそこ有り、「戻って良かったなああ」と。佐久島方向に「艫揚げ漁船」が、3隻曳いており、「あっちかなあぁ」で、1回曳いてガッカリして、元へ戻ったら、前船集まって来て7隻でのバトルに。
11時の潮変わりに、また吹き始めましたが、朝程の「ウネリ」は無く、慣れも有り、2時まで曳いて、急いで帰港。桟橋では、皆さんがお待ちかねで、舫いを取って貰って「ありがとさんね」と。
で、直ぐに荷揚げして、はい、パシャ「オール出資の遊漁」でした。
明日は、出掛ける予定ですが・・・・・、まぁ、朝次第ですね。
2012年12月26日 (水)
「参りましたって言う程、吹きましたねえぇ、海陽ヨットハーバー前でも、白波ブンブンでした」

今日は、「オール出資の遊漁」でしたが、風強く操業休みにし、豊田の柴田さんに電話して、お断りしましたが、「明日なら、よっぽどまで出ますよ」で、明日に変更となりました。まあ、風次第ですがね。
で、今日は、クリスマス明けの帳面の整理、色々遣る事が有り、セッセと消化して行きました。お昼からは、海陽店に来客があり、ハーバーへ行ったんですが、余りの「ドンドン吹き」に、驚きました。で、パシャ、ここまで吹くってあまり有りませんなああ。明日の朝までに収まると良いんですがね、きっと、収まるでしょう。
2012年12月25日 (火)
「やっぱりな、西浦の端を出ると、船首が跳ね上がり、シブキをブンブンに被り、とても操業は無理と判断し、帰港しました」

一昨日から、「ケーキのベスタ」のお手伝いをしていましたが、やっと昨日(今日)の真夜中過ぎに「作る事」が終わり、後は、「配送」だけとなり、開放されましたので、お天気チェック、「0、1、3、4」に「何とかなるかな」と思って出港、「やっぱり海へ出て何ぼ」ですからね。
で、西浦の端を出て・・・・・・、「やっぱりアカンがやえぇ」の状態。出た途端に船首は、波で跳ね上がり、「シブキ」を浴び、旋回窓を旋回しての航行で、「ちょっと無理かな」で、操業を断念し、帰って来ました。
で、パシャ、「お天気が良過ぎますなあぁ」、それにしても、港の中は、静かですがねえぇ。今日は、諸々、整理しますかねえぇ。
明日は、「オール出資の遊漁」、豊田の柴田さんが入っているんですが、ちょい風が吹きそうですねえぇ、まぁ、明日の朝、如何するか決めますかね。
2012年12月24日 (月)
「やっぱりクリスマスですねえぇ、工房は、パンク寸前で、当方も、配送のお手伝い」

今日は、「クリスマスイブ」って事で、ケーキ屋の「ケーキのベスタ」は、昨日から徹夜状態で、かなり慎重にやっているんですが、どこかで「ポカ」があり、焦って・・・・・。
で、当方は、8時から配送のお手伝いをしたりして、バタバタバタ。で、ホッとしたのは、5時過ぎで、「お疲れモード」、ただ工房は、未だ作り続けており・・・・・、例年に無く「25日の注文」が多く、火曜日定休を変更し、水曜日に。まあぁ、年に一度の事ですからねえぇ、頑張りますかねえぇ。
最近の連れ、「食っちゃ寝ぇ、食っちゃ寝ぇ」の連続で、丸々に。ストーブの前から動きませんなあぁ。
2012年12月23日 (日)
「年内で修栄丸の修さんが廃業されるとの事で、ご挨拶、聞けば、私の生まれる前から乗っていたそうで、ビックリ」

今日は、太耀が形原のネコの家に来るのを待って、8時半にスタート。「ケーキのベスタ」が、クリスマスケーキの注文をしっかり受けており、「何か起きた時に対応する為」、クリスマス明けまでは、操業をお休みにして、「待機」の体制を取っており、「今出来る事を今」で、「浜仕事」に。
先ずは、出屋敷の奥の院へ行って、皆さんにご挨拶。僚船3隻の内の1隻が、年内で「廃業」されるとの事で・・・・・、「修さん、ふんとにヤメちゃうだかん」、「ああ、まあ61年乗ったでのおぉ、まあいいがん」、「ほだかん、俺の生まれる前から乗っ取っただのおぉ」と。修さんは、ずっと形原の「まんが漁漁船」のトップを走り続けており、関心しますなあぁ。
以前、「晩市」に荷を出した時、並べられた「魚介類」を見て、「こやあぁ、何隻分の荷だん」と聞いた時、「修さん、ひとり分だぞおぉ」って聞き、ショックでしたねえぇ、「こんなに獲れるもんかな」ってね。
で、「お疲れさんでした」の挨拶、そしたら「やあぁ、ケーキ屋、何でもやるで、持って行ってくれ、正月明けに廃船しちゃうでな」で、「まんが」をはじめ、ワイヤー、籠等諸々を頂く話がまとまりました。「ゴッチャン」です。
形原には他に2隻「金田さん、山本さん」が居ますが、「廃業」を視野に入れており、「貰っても使い切れんがやあ、全部、おしのもんだがやあぁ」と。何か、よだりい気がしますなあぁ、何処の組合も減るばっかりですなあぁ。
で、今日は、「まんが」の整備、網目を角目の5節に変更し、調整。正月明けから使う、「貝桁」も整備し、「何時でもいらっしゃい」の状態に。
で、2時過ぎに「浜上がり」し、パシャ、冬休みで帰って来て、お手伝いの太耀でした。
明日は、ケーキの配達をして、後は「待機」です。
2012年12月22日 (土)
「オール出資の遊漁、今日は、デンソーの近藤さんたちでした」

今日は、「オール出資の遊漁」の予約を、デンソーの近藤さんから頂いており、昨日の漁獲物を活かし、今日の3時に来て頂いて、8個のクーラーに分配して、氷〆にして、お持ち帰り頂きました。漁獲は、「ワタリガニ、カレイ、本コチ」でした。で、パシャ、デンソーの3人衆でした。
有難う様でした。又、気候の良い時に乗船して下さい。
2012年12月21日 (金)
「明日のオール出資の遊漁、天気予報からして操業出来そうに無く、今日行って、活かしておきました」

22日の「オール出資の遊漁」、近藤さんなんですが、如何にもお天気が悪そうで、操業出来そうに無く、了解を頂いて、「今日行って、活かしておく事に」で、「凪予報」に気を良くして、5時に出港、何時もの県漁礁へ直行、海水を汲み、「さあぁ・・・・・・・」で、曳き始めたんですが、他船が殆ど居らず、「はて、何処へ・・・・・」で、探すと、4〜5隻は確認出来るものの、他には居ませんなあぁ。
で、曳き始めの1回目、「まあぁ、こんなもんか」の滑り出しで、クルクル回りにし、グルグルに回って曳いて来ました。
「落ちカレイ」は、既に産卵を済ませたものから、「まんだこれから」のカレイまで、サイズも特大〜木っ端カレイまで様々ですなあぁ。
「本コチ」も大きいもの(ワニクラス)から「ああ、本コチね」まで、色々ですね。「ワタリガニ」は、特大は、獲り尽くしてしまったのか、あまり獲れず、大、中、小の大きさで、一番多いのは、悲しいかな「小」です。「紫カニ」は、珍しい位に、少なくなりました。
市場は、「無い高」の様相で、大きな「ワタリガニ」は、「ホントだかやえぇ」と、聞き直す程の高値に。(今、一番の高値は、「シャコ」ですかねえぇ、ビックリしますよおぉ)
で、2時までしっかり曳いて、帰って来ました。で、全部の漁獲を船側へ吊るし活かして、本日終了です。
パシャは、本日の「日の出」でした。
2012年12月20日 (木)
「まんがは、シャックル、中、1個を加えただけで、全て順調で、漁獲は、まずまずでしたねえぇ」

今日は、目覚めもスッキリで、「まんが3DF改」のテスト曳きがしたくてねえぇ、不具合があった時の事を考え、早めの5時前に出港。風予報は、「1」でしたが、西浦の端を出た途端に「ドボン」の波が立ったおり、予報がちょい違いますなあぁ。ただ、今の時期を考えれば、「しょうがねえやなあぁ」で、そのまま県漁礁へ直行。
で、一発目のテストは、良好で「獲れ過ぎて揚がらん予定」でしたが、目合いが5節角目で抜けは良く、スウウウゥゥゥっと揚がって来ました。その中に、「本コチ」の良型が入って来て「まんがのせいじゃねえやなあぁ」と。
この後も、「本コチ」が獲れ、段々「タカ」へ入って行き、「もう、入っちゃダメ」と、言い聞かせて沖回りに変更、「ワタリガニ」を狙ってね。
ただ、風がしっかり吹き上がって来て、波も高く、思う様に曳き回れませんなあぁ。今日、操業していた漁船は、僅かに4隻で、全く出会わず、好き放題でしたが、天候に邪魔されましたねえぇ。
で、我慢、我慢で2時まで曳いて、帰って来ました。三谷へ寄って荷揚げして、本日終了。で、パシャは、「本コチの大きいのが獲れました」
明日は、「凪状態」で、土曜日の「オール出資の遊漁」が、悪天候の予報に、「明日の漁獲を、活かしておくね」と、了解を頂きました。
で、明日は、気合を入れて、獲って来ます。
「まんが」は、殆ど良好でしたが、吊り上げワイヤーのセンターに「シャックル、中、1個」を加え、全てイーブンになりました。
2012年12月19日 (水)
「このパーティが済むと、クリスマス、年末、正月と忙しい日々が続きすなあぁ」

今日は、みんなして「ホテル竹島クリスマスパーティ」に行って楽しんできました。料理も美味しく、ステージも「美川憲二」で、とても楽しく面白かったです。
帰りにお風呂に入って、ゆっくりして帰って来ました。
これが終わると、「クリスマス、年末、正月」と、目まぐるしく移って行き、忙しい日々が続きます。
明日は、出掛ける予定です。
で、パシャは、「何時もの仲間」でした。
2012年12月19日 (水)
「寒い中、日の出と共にセッセの開始、何とか4時間半で、スタンバイОKになりました」

今日は、後が押しており、早くに目覚めましたが、「浜仕事」で、明るくならない事には何ともならず、ジッとしてました。で、6時過ぎに桟橋へ行って、「まんが」に「網」をセットする事から始めました。手先が冷たく、思う様には、中々出来ませんが、これが「始めの一歩」で、遣らない事には、先へ行けず、「我慢、我慢」でした。
8時過ぎに山三商会さんが、給油に来てくれ、「風が、豪いで、行けんのおぉ」と、「風もそうだけど、まんがを作らん事には、何ともならんなあぁ」と。
で、「網」をセットして、ガッチャンの襷も替え、結紐のエンドも替えて、こないだ無くした「浮き」をセットし、後は、「牙」を110本、「まんが」にセットすれば、出来上がり、後は、微調整だけに。で、セットしていると「かみさん」から電話で、「何時、コーヒー豆、焼く(焙煎)」と、「おお、お昼前にそっちへ行けそうだで、今日ヤルわ」と。で、セッセして、11時に、出来上がり、籠も「イケス」へ吊るし、操業スタンバイОKに。で、パシャ、「牙」は全部新品に取替え、付加の掛かる所は、新素材のロープを使い、セットの間隔も狭くし、仕上げました。「如何よ、獲れ過ぎになりそうで、心配ですなあぁ、後は、曳いてからの微調整だけ」に。
で、お昼前に海陽店入りし、「コーヒー豆の焙煎」を済ませ、帰って来て、年賀状セッセしてます。
5時半から、ホテル竹島のクリスマスパーティに出掛けます。「お酒を、浴びて来ますかねえぇ」と。
明日は、例年ですと「お休み」なんですが、「風が、吹かない」予報に、「3DF改」のテストに出掛ける予定です。(朝の目覚め次第ですね)
2012年12月18日 (火)
「日没でしたが、オレンジ色の外灯が明るくて、何とかここまで出来ました」

で、手際良くやって、なんとかここまで出来ました、で、パシャ。
これで明日は、網のセットから始め、牙を取り付けて、後は、調整なんですがね。体中が、筋肉痛ですなあぁ、「風」の状況をみてやりますかねえぇ。
明日は、ホテル竹島のクリスマスパーティで、みんなして行きます。楽しみですなあぁ。
2012年12月18日 (火)
「気合を入れて行ったんですが、僅かなミスで、掛かり物にヒットしてしまい、万事休す」

今日は、お休みの予定でしたが「風が、1、1、2、3」でしたので、変更して出掛けました。5時過ぎに出港し、真っ暗な中、航海灯を灯しての航行で、GPS、レーダー頼りで、レンジ1.5マイルでワッチ、それにしても本船の往来が激しい日でしたねえぇ、5隻擦れ違いました。まあ、そんな中、無難に回避しポイントに到着し、海水をイケスに汲み入れ、「まんが漁」のスタート、1回目、「まあ、こんなもんか」の漁獲に、ちょい曳く場所を変更して、「アカンがやえ」になってしまい、「あっち、こっち」探して、「なんだあぁ、こんな隅に居ったのかあぁ」で、クルクルに。で、ほぼ同じコースを曳いたつもりだったんですが、掛かり物にヒットしてしまい、已む無く、引き揚げで大ショック、フロントバーが、下方向へ曲がってしまい、牙の付いたバーは、右3分の1の処で、折れてしまい、万事休す。
まあ、これ以上は無い程のダメージで、10時半に帰港、僅かばかりの漁獲を三谷へ荷揚げして、帰ってお昼、「さあぁ、始めるかな」で、「まんが」の解体、しっかり締めてあり外すのに難儀して、やっと本体だけになり、パシャ、「よおぉ、曲がったもんだ」で、3時過ぎに小笠原鉄工さんへ持ち込み、「溶接、修理、修正」を1時間程でやってもらい、持ち帰って組み立てなんですが、重くて重くて、さがらん程で、体が辛らかったですなあぁ。
2012年12月17日 (月)
「オール出資の遊漁は、名古屋の仰木さん、昨年に続いて今年も来て頂きました」

今日の「オール出資の遊漁」は、名古屋の仰木さん、昨日の夕方電話が有り、「風が、無い様だで行きますよおぉ、じゃあぁ、3時に桟橋で」で、話しはまとまり、気合を入れて行く事に。
5時丁度に離岸し、出港、風は、全く無く「凪状態」で、航行は楽なもんで、西浦の端を越えても揺れる事無く、スイスイ。0.5マイル後方に僚船3隻が、着いており、「直に抜かれるだらあな」と、思いながら航行していたんですが、途中でレーダー画面レンジ1.5マイルから消えてしまい、帰っちゃう訳ないし・・・・、レンジ3マイルにして確認すると、西へ向かっており、4連荘目の「軽いスカ」が、応えて「佐久島の西へ移動かな」と。
で、県漁礁黄ブイの到着は、1番で、他に誰も居らず、不安がいっぱい。
で、1回目を曳いて、引き揚げ、「ワタリガニ、タコ、カレイ」と、順調に獲れ始め、「移動する事なんかねえな」で、1隻でクルクル回りしていたんですが、暫くして、僚船と合流、佐久島の南東から曳いて来た様で、先週の金曜日の私と同じスタートでしたね。で、こちらへ寄せて来たって事は、「ダメだった」って事でね、その後は、みんなして「バトル開始」でして、好き勝手には曳けませんでしたね。まあぁ、それでも、今日は、全部で6隻程で、空いており、そこそこ勝手に曳けましたがね。
この「オール出資の遊漁」は、船上に居ないだけに、言い訳も出来ず「獲るしかない」状態に、焦りもあり、プレッシャーが掛かりますなああ。
まあ、それでも何時も通りに、「ワタリガニ、紫ガニ、落ちカレイ、大タコ、本コチ、シャコ、エビ、ナマコ、エイ、黒鯛」と、五目で獲れ、2時にまんがを収納し、「ドンベタ」の中、気持ち良く航行して帰って来ました。
で、約束の3時に到着し、同時に仰木さんも到着し、即荷揚げ。「ナマコ、エイ」は、リリースとなりました。で、パシャは、仰木ファミリーでした。
「また、来て下さい、ずっとやってますからね」と。ありがとう様でした。
今日は、「凪」でしたが、もう明日は「風」の様で、ガッカリ、明日は、コーヒー豆を焙煎して、年賀状の準備をする予定です。
2012年12月16日 (日)
「今日も、しっかりの吹きで、何ともなりませんなあぁ、明日は、オール出資の遊漁に行って来ます」

今日も早朝から活動的に動き回りましたが、大して生産性は有りませんでしたねえぇ。久しぶりに太耀が、ネコの家に来て、「ああだ、こうだ」の報告を受け、「何だぁ、要は、バイトがしたいって事かあぁ」と。毎週、土、日曜日が風で、出港しておらず、干からびて、泣きが入り、「ほいじゃぁぁ、そうじ、かたずけでもするか」で、桟橋へいったんですが、しっかり吹いてまして、「やあぁ、ヤメめえぇ、こんな日にせんでもいいや」で、中止。
乾してある網が風を受けて、船が大きく揺れており、収納しておきました。
で、パシャは、「短かくなった吹流し」でした。
それから、諸々の話をして、「気を抜かず、しっかりやれよ」と。「おお、冬休みは、乗るでな」と。
で、本日、お昼で終了。
明日は、「オール出資の遊魚」が、突然入りましたので、5時前に出港し、行って来ます。帰港は、3時の予定です。
2012年12月15日 (土)
「雨、風で、暇してまして・・・・・・、今から、忘年会をするけど来れるう、で、直ぐに行きます」

今日は、4連荘で海に出ていたんですが、「雨、風」で、お休みに。お天気チェックしてみると、明日も「風」の様で、「やっぱりアカンなあぁ」と。太耀が、試験も済んで、「おとうぅ、バイト有るうぅ」と、先週から海に出たがっているんですが、「来ると風、来ると風」で、ガッカリしてますなあぁ。
今日も何時も通り、4時には起きて、「ああ、駄目な日だなあぁ」で、連れにご飯をやって、ゴロゴロしてたんですが、5時半に活動開始。先ずは、大掃除からで、「汚すばっかりの連れ」で、大変ですあぁ。で、8時を待って床屋さんへ行って、海陽店へ行って、とりあえずの「今日のヤル事」は、終了で、「10時かあぁ、風呂へ行ってから、ボチボチだな」で、ユトリーナの朝風呂へ。「空いていて気持ちが良いですなあぁ」で、出て来たら。「絹風の総料理長杉田さん」からの電話で、「今日、これから、忘年会するけど如何、来れるうぅ」と、「行く、行く、お天気が悪く、暇しとったで、行くねえぇ」と。
今日の料理は、「赤辛3のキムチ鍋」で、クラブハウスで、ワイワイと。で、ヨットの大先輩の小林組合長にも来てもらい、リスタート。皆さんとは、私が、高校生の頃から面倒を掛けていましたので、まあぁ、ずっとそれが延長している状態ですね。
で、8時「あああ、楽しかった」で、パシャ、「もう、出来上がり」でした。(手嶋さんは、既にヨットで寝てました)
明日は、やっぱり「風」でお休みで、まあ、選挙だけ行けば、○かな。
2012年12月14日 (金)
「3連荘までで、4連荘は、ダメでした、気合は充分だったんですがねえぇ、良いのは、お天気だけでした」

今日は、「久々の凪」の予報にニンマリしながら、超早いスタート。ちょっとだけ「気掛かり」な事が有り、真っ暗な中、ブッ飛ばして佐久島のドンポケへ直行。海水温の急激な低下に伴い、大タコが、岩場で耐え切れず、深みへ出て来ており、まんがにヒットするんですがねえぇ、中々こんな事はありませんなあぁ。で、「ドンポケ」は、「タコだらけ」なんて想像して、行って曳く事にしチャレンジしました。結果は、「大スカ」で、「ヒトデ」のど山で、ガッカリですなあぁ。まあ、気が済みましたがね。
で、直ぐにポイントを変更して、県漁礁黄ブイの沖からリスタート、ところが、昨日までとは、全然違い、寂しい漁獲に、「風が吹かんとアカンかあぁ」と。
10時頃から風は落ち始め、お昼前には、「ドンベタの凪」に。「まんが漁」の漁船、今日は8隻でしたが、バラバラに飛び散って、ポイントを探すものの、最終的には、「始めの一歩」でした。
当方も、気持ちが萎えてしまい、気合が入らず、「こんな時、事故を・・」と、思い、今日は、早上がりと決め、1時半には、収納して、しっかり掃除し、網を洗いながら帰港の途に。三谷へ寄っても「ヤイ気」が無く、荷も少なく、「パッ」で終わってしまいました。
仕切り直しですね、明日の雨で、風が、南東から吹き出しますので、多少は、変わるでしょう。期待して、待ちますかね。
明日は、やりたい事もあり、お休みします。
パシャは、「凪の黄ブイ」でした。
2012年12月13日 (木)
「3連荘の凍てつく朝でしたが、漁獲も3連荘の大漁に、笑顔でお帰り頂ました。明日は、4連荘狙いに行きますかね」

今日の乗船客は、みよし市在住の伊藤さん、会社の皆さんと一緒に「まんが漁」、以前にも乗船して頂いており、今回は、昨日の忘年会を一泊で西浦温泉で開催し、今朝の乗船となりました。集合は、7時で、お弁当を持参し、3日続きの凍てつく朝で、きつかったですねえぇ。
当方は、「まんがの牙」の修正もあり、6時過ぎに桟橋へ来たんですが、丁度その頃、僚船3隻が、出掛けて行きました。セッセしているうちに三後さんも来て、一緒にスタンバイ。後部のデッキは、完全に凍結しており、滑りやすく気をつけないと怪我の元ですね。
で、7時に防寒対策をしっかりした皆さんがライフジャケットを着て、乗船し、「では、行きますか」で、出港。今の所、風は僅かでしたが、今日は、「1、1、3、3」で、吹き上がりが、予測され、「午前中で吹きだな」と。で、何時もの県漁礁黄ブイの沖に到着して、既に操業中の僚船、他港船総数13隻に混じっての操業で、気の抜けない「曳き」になりました。
そんな時、旋回窓から前部席を見ると、女性2名が、ガタガタ震えており、三後さんに言って「後ろに来る様に」と。で、操舵室の中へ入って、「ああ、ここは暖かいわ、良いなアァ」で「じゃあぁ、こん中におりん、暖かいでね」と。で、漁の方は、1回、2回と進んで行き、昨日と同じレベルで獲れており、「大タコがちょい少なく、特大カレイが多い」の傾向。時間と共に段々風が強くなって来て、1回40分を5回曳いて、お昼前に、「まんが」を収納し、一気に西浦の端の内へ・・・・だったんですが、やっぱり、風が強すぎ、風上へ上ってからのダウンウインドウ。やっぱり、陰は、穏やかで、「まんが」をホールドして選別セッセ、「やっぱり、凪が良いなあぁ」と。
で、1時丁度に、桟橋へ帰って、荷揚げして、特大のカレイを持って、はい、パシャは、記念の一枚でした。「大タコ」は、2匹かな、「ワタリガニ」は、「数え切れない程」で、特大カレイも、たくさんでした。3日連荘の大漁で、帰りは、ニコニコ笑顔の皆さんでした。寒い中の乗船、有難う様でした。次回の乗船をお待ちしております。
明日は、「凪」の予測です。で、当然ですが、「行きまっせえぇ」と。
2012年12月12日 (水)
「お昼からは、ドン吹きになってしまい、早帰りしましたが、漁獲は、昨日に続いて、しっかりでした」

今日は、昨日の注射「プスッ」が効いた様で、違和感は有るものの痛みは無く、充分に行ける状態に回復しました。昨晩は、6時半には全員就寝し、爆睡していたら、夜中の2時半に「バシャアァァン」と大きな物音に、びっくりして飛び起き「何だ何だ、うん・・・・・何だあぁ、お前かあぁ」は、「小鉄」で「ニヤアァ」と。飾り棚の上に置いて有った、30cm程のアイヌの彫り物が、落下し、下に有った人形ケースを直撃し、バリバリに。
連れと暮らしていて、こんな事は日常茶飯事で、「ああ、そんなとこに、置いておいた俺が悪いな、はい、はい、ゴメンナサイ」と。
で、バッチリ目覚めてしまい、テレビを見ていましたが、昨日、「ぱなし」で帰って来た為、出港準備をしないと出れない状態で、風は、吹きそうですが゛「それまで曳くかな」で、4時過ぎに桟橋へ行ってスタンバイ。で、5時前に出港し、西浦の端を出た途端に、何時もの様に「ドボンドボン」で、「まぁ、とりあえず行って、明るくなってから決めるかな」で、航行していると、後方に3隻の船影が、レーダーに映し出され、「僚船だな」と、思っていたら、西浦の端の先で、画面から消えてしまいました。「ああぁ、帰っちゃったなあぁ」と、思いながら到着すると、他港船が、5隻確認出来、「よっしゃぁ、始めるかな」で、1回目、漁獲は、順調で、まだ、吹き上がっておらず、「この調子なら・・・・」で、2回目、「ワタリガニ、32匹、特大カレイ、3匹、大タコ、3匹、年無しの黒鯛、1匹」が獲れ、気を良くして、「ちったあぁ、吹いたって曳くぞおぉ」になってしまい、曳きっぱなしに。ところが、お昼過ぎから、「ドンドン吹き」に、なってしまい「アカン、これまで」で、1時過ぎに引き揚げて、西浦の端へ一直線。ところが、風が強過ぎて、横波が大き過ぎ、梶島へ上ってから、一気に。で、陰で選別セッセ、海水温も低く、「シブキ」をブンブンに浴びており、漁獲物は、全部生きてますなあぁ。で、三谷へ寄って、荷揚げして、帰って来ました。今日も、しっかりでした。
明日は、三好の伊藤さん、ちょい寒いですが、漁獲は、しっかりです。では、7時にお待ちしています。
今日のパシャは、「相変わらず飛ばしとるなあぁ、何か有ったかやあ」なんて言いながら見ていたら、突然停止して、こちらへ、「俺、何かしたかあぁ」と思っても、何も無く、この吹きで「臨検は、ねえら」と、思っていたら、西浦方向へ一気に走り去って、ホッと。(何も、悪い事はしていませんが、何故かホッとするんですねえぇ、海保さん)
2012年12月11日 (火)
「久々のひとり操業、笑っていた、ワタリガニ、カレイ、タコをしっかり獲って、大漁でした」

今日は、昨日の夜のお天気情報では、「1、1、3、3」でしたので、考えていたんですが、今朝の情報では「平穏、1、3、3」に変わってましたので、とりあえず一週間振りに行く事にし、5時過ぎに桟橋へ。
使い捨てカイロは、5個使用し、先ずは、長靴の中の両足先、両肩口、腰と、貼って、出港前に合羽の上下を着て(ライフジャケットは中に着ている)、ネックウォーマー、耳当て帽子を被って、腕には、袖宛を付け、手袋は、「検品用の薄手袋」をして、その上から、ゴム手を掛けて、準備完了。
今の時期、大事な事は、「指先を濡らさない工夫」ですね、これが出来れば、全く寒くは有りません。今日も、ストーブは、7時半にカットしました。
で、パシャは、操業中の操舵室の中、扉を開けっ放しにすることにより、ホカホカです。(ちょい煩いですが、慣れですね)海水温は、桟橋で、6.8℃で、県漁礁沖は、7.2℃と、今季一番の冷え込み。で、計って見ると、1時間に0.5℃上昇し、当方の帰りには、沖、10.2℃で、桟橋でも、3℃上昇してました。
1週間風で、だれも曳いて居らず、「さぞのんびりしとるだらあな」と、気合を入れて沖合いを曳き1回目、「ワタリガニ」は、大〜小が、丸籠に1杯で、「落ちカレイ」は、特大が2匹、「大タコ」は、2匹で、「やえやえ、ぼけっとしとると、皆、餌食だぞおぉ」で、曳きっぱなし。誰も曳いておらず、「我、ひとり」で、好き勝手に曳いて来ました。「ワタリガニ」は、普段の倍近くで、「落ちカレイ」は、特大が10数匹、「大タコ」は、10匹と、最高の一日になりました。他には、本コチ、掌サイズのカレイ、エビは、ポチだけ。それにしても、大漁で、風が途中吹き上がって、「白波、いっぱい」になりましたが、やつかる船も居らず、ゆっくり慎重に操船し、2時まで曳いて、帰って来ました。勿論、三谷へ寄って荷揚げしてね。
そういえば、「座布団級のエイ」が、2匹獲れました。
ただ、背中の肩甲骨の下が、痛くて、痛くて、大声を出しながら、曳いてました。帰って直ぐに、整形外科へ行って「先生、あの注射をお願いします」で、「プスッ、明日には、ピンシャンだな、冷やさない、動かさない」と。
で、明日も風次第で、行く予定です。
2012年12月10日 (月)
「久々に忙しい陸勤でしたねえぇ、で、充実した一日でした」

今日は、ドッ寒い一日でしたねえぇ。私が出掛けた5時には、未だ雪は、降り出して居らず「よぅ冷えとるなあぁ」と、思いながら海陽店へ行ったんですが、お店に入る手前で「あれえぇ、雪かあぁ」と。で、準備をしていたら、かみさんが、「ねえぇ、吹雪だよ、メチャだよ」と、言いながら入って来て、「ところで、この天気で、グランドゴルフは出来るのかあぁ」と。「まあ、中止になっても弁当は、食べるら」で、準備開始。
明るくなって来て、外を見てビックリ、「おあぁ、雪で真っ白だぞ」で、パシャがこれ。
で、心配しながら「グランドゴルフ場」へ行ったら、はい、プレーしてましたよおぉ、「お年寄りは、元気がいいのかあぁ」と。ただし、お弁当は、ホテルの方へ配達しましたがね。
で、桟橋へ寄って、「機関始動」し、800回転で、アイドリングすること2時間で、停止し、調子は良いですなあぁ。ついでに、ステンレスのポールに吹流しを取り付けて、靡かせて来ました。
お昼からは、天寧の参観日で、学校へ行って来ましたが、「問題あり」ですなあぁ、「只今中2」でして、踏ん張り時ですね。
今日は、三忠の小田社長から電話をもらい、色々な事、暮れ、正月明け、春先の諸々な話をしました。「風が無きゃああ行きたいばっかり」と。
明日は、「1、1、3、3」で、限界の数字ですなあぁ、ちょい上がっただけでアウトですなあぁ。まあ、起きてから決めますかね。
2012年12月9日 (日)
「毎日のぐうたら生活、今日は、一歩も出ずに、部屋に篭もってました」

今日は、特別にヤル事も無く、朝からテレ坊してましたねえぇ、まあ、それにしても連日よく吹きますなアァ、行きたくても西浦の端で、「アカン、アカン」になってしまってねえぇ、また、「ワタリガニ、落ちカレイ」が、笑ってますかねえぇ、「今に見とれよオォ」と、思っているんですがねえぇ。
で、ぐうたらな生活に馴染んでしまった様で、連れと一緒で、一歩も外へ出ずに、部屋でジッとしてました。で、パシャ、「連れは、寝るのが仕事」の様です。
(全くの余談)
ここ最近、連れが「行動パターン」を読んで居る様でねえぇ。ご飯を食べるのは、連れが何時も先で、キャットフードを「ほれよ、しっかり食べよよ」と、言って与えているんですが、一番賢い「シッポナ」は、「カリカリカリ」と食べて、直ぐに台所のテーブルの上に陣取って、「ニヤオォ、お前だけ、旨いもの食うのかああ」と、付き纏ってます。なんせ、私が食べるものが欲しい様でねえぇ、特に「カニ」が大好きで、とても一緒には食べれませんなあぁ。「シャコ、魚」も同じです。
まあ、確かに、「これらにご飯をやって、ゆっくり」と思ってるんですが、まったくダメですね。ただ、長老の「コユキ」は、魚を食べません、キャットフードしか食べませんなアァ、で、一番落ち着いてます。
明日は、まだ吹きですなあぁ。でも明日は、海陽店のお手伝いで、早朝出勤です。かみさんが「6時スタートだで、遅れちゃあ、アカンにいぃ」って、「そのお言葉、そっくりお返しします」と。3時過ぎには、目覚めるがね。
2012年12月8日 (土)
「今日も、何ともならん吹きで、それにしても吹きましたねえぇ、はい、参りました」

今日は、待ちに待った「ニギス」が手に入り、4時過ぎに形原の市場へ行って、受け取って来ましたが、まだまだ真っ暗で、とても海陽へ行って仕込みする気になれず、先ずは、ネコの家へ帰って、掃除からスタート、「汚すばっかり」の連れがたくさん居まして、大変です。つい9ヵ月前に生まれて、「ほんの10cm程」だった子猫が、親猫より大きくなって、ホント大変ですがね。
で、テレビをゆっくり見て、海陽店へ行って、大トロ箱一杯の「ニギス」を「フライ用」に下ろし、セッセセッセと頑張っても、2時間ちょい掛かりますね。で、お昼過ぎには、終了して、開放されました。
帰りに、「カインズ」へ寄って、吹流しを取り付けるポールを買って、桟橋へ行ったんですが、「半端ねえぇ程のドン吹き」に驚きました。橋の下が狭くなっており、風が加速して抜けていく為、下だけ波立っていて、今日の風が、如何にドンドン吹きか判りますなあぁ。で、トーゼンですが、「吹流し」は、揚げずに帰って来ました。(今回は、ステンレスのポールです)
で、明日、揚げる予定ですが、まだ、揚げない方が良いみたいですね。
明日も「吹き」で、「何するかなアァ」です。
2012年12月7日 (金)
「ぐうたらな生活には、飽きましたねえぇ、はい、元が勤勉なもんでねえぇ」

今日は、「ニギス」と格闘する予定でしたが、連日の強風で、「荷」が少なく、買えず終いになってしまい、ガッカリ。そんな時、三忠の大久保さんから電話で、「出とるうぅ、如何しとるうぅ」と、「風が吹くもんで、出れんじゃんねえぇ、よわっちゃうなあぁ」と。それが丁度明るくなりかけており、ネコの家の周辺は、無風で、「中途半端でも良いで、行くかな」と、「浜」へ下がり、僚船の山本船長に会い、「おえ、行くかえぇ」、「ああ、行ってみるかん」、「ああ、直ぐに後を追うでの」で、スタンバイして、出港。その間に、内湾船のリーダー金田さんも出港しており、追いかけるんですが、皆さん「全開」の様で、離れるばつかり。
で、朝陽を浴びながら、気持ち良く、航行していたんですが、西浦の端に行く前から、「よう揺れるなアァ、何だしゃんなあぁ」と、思いながら前方を見ると、先に出た2隻の方角が変で、レーダーでチェックすると、「やっぱりな、戻っとるなあぁ」で、この時点で、私の「清宝丸」は、飛び跳ねてまして、「アカンじゃん、ダメダメ、やめて帰る」と。
で、3隻揃って帰って来ました。やっぱり今時の風は、大した事なくても、風自体が重く、「なめたらアカンぜよ」と、言っている様ですなあぁ。
「あああ、また、ネコと一緒に、ぐうたらな生活になっちゃうなあぁ」と。
(ネコとの違いは、「風呂に入る事かな」、まぁ、「コユキとハチ」は、入りますがね)
で、ずっと一緒の部屋で、ぐうたらでした。
明日は、「ニギス」を買わんとなあぁ。
2012年12月6日 (木)
「かなりの吹きで、新調した吹流しが・・・・・・・」

今日は、ドン吹きで、お休みの予定でしたので、「ニギスを買って、開き・・・・」と、予定をしていたんですが、荷が少なく、明日に延期しました。で、4時過ぎから暇になってしまい、さて・・・・・・。
あまりに強い風に心配になり、桟橋へ。「あぁあ、やっぱりな」なんて事が起きていました。はい、パシャがこれ。新調した「6mの吹流し」は、連日のど強風の影響で、竹ざおが折れてしまい、何処かへ飛んで行ってしまい紛失・・・・・、と思っていたら、「おおおい、引き揚げてくれぇ」と、言わんばかりに「清宝丸」の船体の直ぐ横に浮いており、回収しました。で、付け替えたんですが、「また、折れるな」と思い、今日は、揚げませんでした。少し、風が、落ち着いたら、又、揚げますね。
「まんが」の襷、ワイヤーで3本取りしているんですが、「リング」と、「シャックル」で、連結しているんですが、絡まることがあり、全部取り外し、小笠原鉄工さんで、「リング」をカットし、組み込み、溶接してもらって来ました。これで「直取り」になりましたので、ОKに。
それと、スペアが無くなっていましたので、文男さんとこへ行って、「直付け」の襷ワイヤーをお願いして来ました。今度作る「3Dまんが」に装着する予定です。
後は、ネコの家で、のんびりしていました。
明日は、「ニギス」と格闘の予定です。
2012年12月5日 (水)
「暗い内にネコの瀬の先端まで行ったんですが、アカンの一言で、帰って来ました」

「今日は、風が落ちる」の予報に、5時前に桟橋へ行って、サッと準備をして、真っ暗な中出港。西浦の端の手前で、フワフワ揺れ始め、出た途端に大揺れに変わり、「何だやえ、昨日の残りかあぁ」と。風は、大した吹きではないものの、波は、横波で、最悪で、それにしても悪過ぎますなあぁ。
で、「明るくなれば収まるら」と、思いながら辛抱の航行、何とか「ネコの瀬」の先端まで行きましたが、「アカン、やれやへんし、夜明けまで待てんなあぁ」と、ブツブツ。風上に船首を立てると、「ドオォォォーン」と、大きな音をたて、「シブキいっぱい」で、迷わず帰路に。昨日と同じで、直線では帰れず、猿ケ島方向へ上ってからの針路変更。
夜も明けてきて、振り返ると、「風なんか吹いてへんにぃ」と、言わんばかりの平穏に、船首を回したんですが、船首は、「ドオォォーン」と叩かれ、「やっぱりな」と、納得し帰って来ました。
で、7時に桟橋へ到着し、船を舫って、本日終了。続いて、「出来るうちの浜仕事」で、「3Dのまんがの製作準備」で、今までの「まんが(岸壁に置いてある物)」の「牙」を全部外し(外れずに難儀しました、パイレンで外す)、ボルト、ナットを外し、分解(自分の体が分解しそうでした)。「浜のリムジン」は、廃車しましたので、今の車に「キャリア風の物(中村さん作)」を取り付け、その上に載せて、小笠原鉄工さんへ持ち込み置いて来ました。作製は、年明けの予定です。
で、パシャは、先週の「吹き」で、ぶっ飛んでしまい紛失しました「吹流し」を新品に取り替えました。現在6mですが、船の柱に直ぐ絡まり、カットする事になると思いますが、今の内は・・・・・・・。
明日は、「2、5、6、6」じゃあぁ、出番は、有りませんね。
2012年12月4日 (火)
「出港時は、雨ザアーザアーで、到着して、雨は上がり、風も無く4.5回曳いて、ドンドン吹きの中、帰って来ました」

今日の乗船客は、豊田市の勝田さん、昨日のひとり操業時に電話が有り「明日、行くで頼むね」、「明日、明日は、風だに、アカンら、予約は・・」なんて言っていたんですが、当方のミスで、予約を頂いてました、「済みませんでした」と。(手帳に記載は有るものの、頭の中に無い状態でした)
それにしても大変な日でしたねえぇ、「風が吹くで、早くおいでんよ」とは言ったものの、5時半は、雨がジャージャーの降りで、「豪い日だなあぁ」と。そしたら6時集合でしたが、直に到着され、天幕を張って、即出港、雨降りで、真っ暗でねえぇ「まぁ、他に航行している船舶は無く、レーダーは、綺麗なもの」で、航行しやすかったですなアァ。
で、6時40分1回目のスタート、ポイントは、県漁礁千本杭の西沖で、何時ものポイント。この頃には、雨は上がり、後は、「吹き出しが何時になるかなあぁ」と心配しながら曳いてましたねえぇ。漁獲は、そこそこには獲れており、「まあぁ、こんなもんかな」と。(海水温は、10.8℃と、今季一番低く、紫ガニが、何時もより少なかったですなあぁ)
で、「吹き出し」を、心配はしても何ともならず、予測としては、「気温の上がって来た頃で、潮目の10時過ぎ」と予測し、「それまでにどれだけ曳くか」が、ポイントで、1回40分を4回曳いたところで10時10分前で、「もう1回曳けるかな」で、曳いて居たんですが(この時点では、風無く、当然波も無くの状態)佐久島方向から少しづつ、ザワザワし始め、「まあ、アカンだらあなあぁ、何分もつかな」でしたが、最初の吹き出しまでに、20分は持ちませんでしたねえぇ、「まんがを引き揚げて、直ぐに帰るでね、みんな後部席においでんよ」で、選別は、帰ってからにし、安全確保。まああ、それにしても一気でしたねえぇ、充分予測はしてましたので、慌てる事も無く、帰港の途に。ただ、波が横波で非常に悪く、梶島方向へ先ずは上って、「ネコの瀬」の中程で、西浦の端まで下して帰って来ました。
桟橋に到着して、「まんが」の網の中を見ると、「ワタリガニ」が、数匹、「落ちカレイ」が、2匹、「中タコ」が、1匹と、途中で揚げた割には、獲れてましたね。で、クーラーに分配して、はい、パシャ、「乗船は、6名で、1名は、車待機でした」
かえりしな、勝田さんが「船長、年内に、もう1回来るでな」と嬉しい言葉、「懲りちゃったかやあ」と、心配してました。ありがとさんね、待ってますね。
明日は、風も落ちそうですので、「行く」予定です。
2012年12月3日 (月)
「今日は、風が落ち、暖かくて最高の日和でしたが、欲張って失敗しました、反省しっかり」

今日は、昨日とは豪い違いの日でしたねえぇ、5時前に出港を予定していましたが、丁度、給油船がそこまで来てり、少し待って、給油を済ませてからの出港。5時20分で、真っ暗な中、航海灯を点けて航行、到着は、一番ではなかった様ですなあぁ。暫くすると、「まんが漁」の漁船が、集結して、皆さん、スタートは、県漁礁の沖からの様ですなあぁ。また、この頃は、気温は低く、冷たかったですなアァ。
ところが、1回、2回と曳く内に、風は落ちて、気温は、上がって、汗をかく始末、機関室の扉を閉め、操舵室の窓を開けて、耳当て帽子、ネックウォーマーを取り、やっと「丁度良いな」に。なんせ出掛けに、しっかり防寒対策をしてましたのでね。
漁獲は、「ワタリガニ、紫カニ」は、そこそこに獲れ、「落ちカレイ」が、しっかり獲れましたねえぇ、多い時は、1回に7匹、で、パシャがこれ。
10時過ぎ頃から、漁船は、バラバラに分散し始め、当方も、久しく曳いていない泉港の沖へ移動し、11時にリスタート、これが「ヤメヤメヤメ、今日はヤメ」の始まり。ここから東へ泉港前、馬草沖、起点癸亜△豹臣罎硲寛鷄箸い董◆屮錺織螢ニ6匹、落ちカレイ2匹、特大エイ1匹」だけでねえぇ、でも網の中は、「ヒトデ、アオサ」がいっぱいで、桁に詰まってしまって出ない様な状態に、戦意喪失してしまい、今更県漁礁へは、戻れんし(残り時間が少ない)「網をしっかり洗って、早帰り」に。1時過ぎに帰り仕度をし、帰って来ました。欲張った結果、大失敗でしたねえぇ、ガッカリ。
今日は、お天気が良くて、暖かだったなあぁ。
明日は、豊田の勝田さん、「遊漁」の予約を頂いていたんですが、失礼しました。ただ、お天気が心配ですね。集合は、6時です。
2012年12月2日 (日)
「寒くなって来ましたが、しっかり漁獲が有る以上、行きまっせえぇ」

今日は、最悪の条件の中の「まんが漁」でしたが、「ワタリガニ、紫カニ」が、120数匹、「大タコ」は、3匹、「落ちカレイ」は、6匹と、まずまずの大漁、で、パシャ。
まあ、寒くなって来ましたが、しっかり漁が有る以上は、セッセ、セッセと行きまっせえぇ、「落ちカレイ」は、まだまだ、これからですからね。
では、予約をお待ちしてます。
2012年12月2日 (日)
「風吹き、波悪く、おまけにド寒くて最悪の条件のまんが漁、漁獲がしっかり有り、やってられますが、まあぁ・・・・・・」

今日の乗船客は、岡崎の菅野さん、仕事仲間の皆さんと「まんが漁」、今年何度も来て頂いており、「ありがとさんね」と。
集合は、6時、6時半に出港の予定でしたが「やっぱりな」で、6時前に全員揃っており、真っ暗な中での名簿記入、ライフジャケットを着て、6時15分には出港、何時も通り航海灯を点けての航行、「風は、落ちる」と予測していたんですが、昨日からの風(北寄り)と波が残っており、おまけに冷え込んでおり、条件は、最悪ですなあぁ。出港と同時にビールが空きましたが、「美味しそう」より「寒そう」で、この時期「ウイスキー、ウオッカ」ですかねえぇ、「熱燗」は、飲みすぎちゃうでアカンな。
で、今日のポイントは、県漁礁千本杭の西沖なんですが、風上へ曳いて、ターンして戻って来ると、殆どの船が同じポイントへ戻って来てしまい、「あっちも、こっちも」の船だらけ状態で、波悪くゴロンゴロンになりながらの引き揚げ、まあ、漁獲が、ソコソコ有るのでやってられますが、最近に無い悪条件でした。
1回目から「ワタリガニ、紫カニ」は、20匹を越え、コンスタントに20数匹獲れましたが、特大の「ワタリガニ♂」が、少なくなり、今年の春先の子カニが、そこそこの大きさになり、「1匹」と、数えられるまでになりましたねえぇ。「特大のカレイ」は、6匹止まりで、ちょいガッカリしましたが、「大タコ」は、「タカを曳かないと・・・・」と、思っていましたが、予想外の3匹で、1匹を茹でて食べたんですが、大き過ぎ食べ切れずお土産に。今日は、7時過ぎから曳き始め、1回45〜50分とし、トータル6回曳いて、お昼過ぎに「まんが」を収納し、風の落ちた中帰って来ました。
途中、霧雨に遭いましたが大した事なくホッとしました。
帰ってからは、トロ箱を並べて、分配し、ジャンケンに。強運の持ち主は、吉橋さん、3連荘の1番で、ちょい残念なのが菅野さん、如何もジャンケンがヘボイ様でねえぇ。で、パシャは、大漁の漁獲物を前に、記念の一枚でした。では、またの乗船を楽しみにお待ちしています、有難う様でした。
2012年12月1日 (土)
「おばさんの四十九日、お参りして来ました」

今日は、おばさんの四十九日で、お参りして来ました。お会いする度に、段々若い人達の「ルーツ」が、判って来て、「あぁ、あんたが、ラグーナで、働いている人かん」と。(やっと判りました)
終わった後は、のんびりしながら、連れと一緒にテレ坊してました。

久々の3連荘ひとり操業で、見えない疲れがある様で、両足が、ヘラヘラ笑ってます。
明日は、「遊魚」、岡崎の菅野さん、何回も乗船して頂いてますねえぇ。集合は、6時、6時半出港予定です。気になる風予報は、「2、2、2、3」で、出掛けから多少吹いているって事ですね。大漁続きですので、漁獲は、期待出来そうですね。
パシャは、海陽ヨットハーバーで、瀕死のところを「かみさん」に助けられ、「一匹位増えても、どおって事無いら」で、形原のネコの家へ。この頃は、「ハチ」の子供、「ガーフィールド」の子供も、生まれて間が無く、小さくて、何とも思いませんでしたが、皆さん、親よりも大きくなって、「誤算だったなあぁ」と。近い将来、この「乱丸」が、仕切る様になるでしょうなあぁ。(目は、1回の注射で完治しました)
2012年11月30日 (金)
「毎日、毎日、大漁です。獲っても、獲っても、大漁です。12月2日以降の予約待ちしてます」

たまに、こんな「文字化け」の様な事が有り、ガッカリ。
風は、吹き上がらず、上天気でした。
毎日、獲っても、獲っても、「ワタリガニ、紫カニ」は、獲れ、毎日大漁です。加えて、「特大のカレイ」が増えて来ております。
明日は、「おばさんの四十九日」で、お参りして来ます。
2012定11埖30晩 (署)
仝・っても・っても、ワタリガニ、從カニは、いっぱい肖ますなあぁ、紗えて蒙寄のカレイが沿えて栖ており、寄抂、寄抂の嚠ニ婀・Oです々

書晩は、11埖恷瘁の晩で、爺圈r艷鵑蓮◆牽院■押■粥■粥垢抜気貧ぁ誡艷鵑任靴燭・▲謄譽咾任蓮△・腓・・劼蠖佞飯艷鵑・个蝓◆碁・チて栖れば、患かんら々と、徭蛍・i屬篇苞yをたて、仝まぁ、患き貧がったら、「って栖るかな々と、3珞避ひとり荷露へ竃呈「韻泙靴拭5曳察・罎丹気如⊇o嗟を徃ませてから、砂今菊を泣けて、竃雇。仝ネコの栫々の枠で、羨て・けに云巻と竃氏い、仝またかよおぉ々と、房っていたら、寄きく閲けてくれ、ビックリ、兜めてですなあぁ、云巻が、閲けてくれたのはね。(よっぽど裡蜻な巻に刪えたんですかねえぇ)、2・朕は、2マイル參貧・れて肖り、唹・なしでした。
で、匯桑―りで、仝まんが々を匏き兵めたんですが、媽栽いの釣壱&採瓶もは、栫弸から匏いてるんですがね)を冥る槫C裡瓜慊拭◆犬△,◆・靴・砲秡爾・辰燭鵑諭垢痢献劵肇如垢隆麌修縫劵奪箸靴董◆献錺織螢・法垢蓮■菊イ里澆如▲・奪・蠅靴討い燭蕁◆献劵肇如垢琳个・蕁鹸鵐織魁垢・・・得瓦董§櫃鯀爾・靴泙靴燭・諭・如⊇馮孀使奸・煕・蓮・靴ませんでした,br>で、恍晩匏いた壱ノを富しズレて匏いたんですぁΒ仝ワタリァλ οァλ々は Αλ寄ヒットで、20 Τ0謄@れ、仝蒙寄のカレイ々も嚠ケ悗離劵奪箸如・垢瓩蕕譴泙擦鵑覆△ まbr>余嶄、韲は、患きあがらず、寔剃のドンベタになり、差を髭いて、セッセしてました。
で、書晩も、哈き・き仝寄抂々でした。で、眉紅へ篠って、塞撤げして、「って栖ました。
苧晩は、仝おばさんの膨噴湘晩々で、お歌りして栖ます。
2012年11月29日 (木)
「まんが、ワイヤー、網がグルグルに絡まり、メチャメチャになってしまいましたが、まだまだ、ツキが有りますなアァ」

「如何するかなあぁ」と、迷うところですが、「まんが」が許容範囲にまで修正出来ましたので曳いてみる事にし、5時過ぎに出掛けました。当然、航海灯を点けての航行で、またもや「動いている本船」に出会い、「ちょろちょろ動くなやあ、大き過ぎて動きが判らんがあぁ」と。
で、今日のポイントは、昨日と同じで、ただ「タカ」へ入るのを封印し、沖合いで曳く予定。日の出と共に漁船が集結し、今日は、14隻で、「清宝丸」を入れて15隻に。この隻数だと、ウロウロ、ちょろちょろも出来ず、ビシイィと針路を決め、曳くばっかりで、如何しても長くなりますなあぁ。
漁獲は、「ワタリガニ、紫ガニ」は、好調そのもので、「爪切り」が相変わらず忙しく、セッセのヤリでした。「特大のカレイ」は、ぼちぼちシーズンインですかねえぇ、獲れており、1回で多い時は4匹獲れました。で、風も無く、気分良く曳いて居たんですが・・・・・。10時過ぎの1回目、回転しながら「まんが」を投入したんですが、フットブレーキが、衝撃で外れてしまい、そのままワイヤーを出して、ロックしたんですが、変な衝撃があり、速度は、4.6ノット出ており、「アカンなあぁ、如何かなったな」で、選別もせず、即引き揚げして、「カアアァァ、こんなんクチャクチャは、初めて」の状態で揚がって来ました。船を停船して、「カニ、カレイ」をイケスへ入れて、ここから回収作業開始。「牙」にワイヤーが絡み、網も簀巻きの様に絡み、おまけに逆さまで、もう、帰りたかったですなアァ。いずれにしても、「まんが」を正常にして、回収しない事には、帰れんしなあぁ。悪戦苦闘し40分、「まんが」を正常回収したものの、「あああ、やっちゃった」の事が起き、最悪の状態。「結紐」は、引き揚げの為に、「まんが」の本体中央に取り付けて有るんですが、「細引きロープ」が破断して、流れており、知らずに前進した途端にガラガラとペラに絡んだ音がして・・・・・。外れなければ「国際救助隊」へ連絡して、曳航してもらうしか無く、考え込んでしまいましたねえぇ。色々チェックした結果、網は絡んでおらず、「結紐」だけと判り、「エイヤア」の決断をして、フックを網に掛けて、ドラムウインチで巻き揚げ、網を回収し、「結紐」にフックを掛け・・・・・・、はい、外れました。「まんだツキが有るだなあぁ」と。
1時間程の格闘の末、復帰出来、「ツキに任せて曳くしかねえら」で、2時まで曳きまくって来ました。三谷へ寄って・・・・、「三忠の柴田さん」が、「昨日のマダカ、大きなイケスで泳いで居るよ、ダラ安で可哀相になってね」と。「良かった、まあ、逃がしてやりん、良い事が有るにいぃ」と。
で、途中、掃除をして、網を洗って帰って来ました。で、パシャは、三谷から乗って来ました、ガッタ君でした。
明日も風次第で行きまつせえぇ、毎日、大漁ですし、「ツキ」も有りそうですからね。
2012年11月28日 (水)
「調子こいて、タカのタカのタカを曳いて、漁礁にヒットしてしまい、ああぁあ、でしたが、何とか自力で修正出来ました」

今日は、「風が落ちる」と信じて、5時に出港、当然真っ暗で、航海灯を点けての航行、大きな本船が動いており、不気味ですなあぁ。ポイントは、4連荘の遊漁で、好調だった県漁礁千本杭と黄ブイ(三河湾の潮流ブイ、3個とも近々撤去の予定だそうです)で、当然、一番乗りで、海水をイケスに汲み(海水温何故か13℃と高め)「さあぁ、スタート」の頃には、1隻、2隻とドンドン増え、やっぱり10数隻に。こうなると、ちょろちょろして居れず、曳く時間を長くして、選別は、パッパツと済ませて、直ぐに操舵室で舵取りなんですが、長い時間曳いているので、毎回「ワタリガニ、紫カニ」が、丸籠1杯づつ獲れ、爪を切るのに難儀しました。中断して舵取りしたのが、何回か有りましたねえぇ。まあぁ、しっかり獲れているので、めげずに曳いてましたがね。4回目かな、「まんが」を引き揚げて、結紐を引き揚げたら、ドサドサドサッと大きな音をたてて、1m程のキラキラ光る魚が跳ね、びっくりですなあぁ、丸々太った「マダカ」で、直ぐイケスへ入れて、記念の一枚、はい、パシャ。はあぁ、感動しましたし、気を良くしましたねえぇ。
で、「特大カレイ、大タコ」が、獲りたくて、「タカのタカ」を曳いて、ポツポツ獲れていたんですが、またその「タカ」を魚探を見ながら曳いて、「あぁ、アカン、漁礁だ」で、大きく針路変更し交わせると思っていたんですが、「ガアガアガア」と、音を立てて、ドラムが緩み、即停船し、引き揚げ、「まんが」は、「くの字」に曲がってしまい、「ああぁあ・・・」、やっぱり転舵する前に、停船ですね、そして巻き揚げすれば、ヒットせずに済んだでしょうがね。(交わせると思ったのになあぁ、残念)
この時、お昼ちょい前で、「如何せ曲がっちゃったなら、曳いてみるかな」で、曳いてみたら、遜色無く漁獲が有り、「何だえなあぁ」と、思いながら、2時まで曳いて、帰って来ました。
三谷へ寄って、久々の荷揚げをして、「おえ、マダカてやあぁ、幾らするん」、「エイのが、価値が有るにぃ」と返事が返って来て、ガッカリ。大浜方面でメチャメチャ揚がっているらしく、ダラダラのダラ安らしく、大きさに興奮しただけでした。
帰りに、旧蒲郡ヨットハーバーへ寄って、中村さんのお手伝い、「丸太を吊り上げて、パイルに差し込む作業」なんですが、簡単に出来ましたねえぇ。
で、形原の桟橋へ帰って、「はて、如何するかなあぁ」で、暫し眺めて、思案して居たんですが、先ず自分で修理する事にし、「ジンクロ」で、修正し、大ハンマーでどぐらしてみたら、「まぁ、許容範囲だな」までに、修正できましたので、暫くは、この「まんが」を曳きますかね、で、明日も、風が無ければ「行きまっせえぇ」と。
この「3DF改」を修理するのは、大変な作業で、「牙」を全部外して、バーは、5.5m有り、さがらん程の重量が有り、「浜のリムジン」が無い今、如何やって運ぶだやあ、「稲生の港」まで、持って行ってリフトですかねえぇ、まあ、その時考えますかね。(この冬に、3Dのまんが、新調しますがね)
2012年11月27日 (火)
「本格的に冬支度、衣替え、配置替え、合わせて大掃除し、真冬に突入スタンバイОK」

「雨が上がれば風が吹く」、そのままの今日で、ドン吹きでしたねえぇ、網が乾してあったので、「風当たりが強い」と思って、下ろしに。予想通りで、風を受け、大きく風下へよっており、岸壁からしっかり離れて居り、海水が澄んで海底がしっかり見えました。この間落とした「赤貝入り各籠」を探しましたが、判りませんでしたが、太耀の乾しておいた合羽、翌日飛ばされて紛失していた物が、海底に沈んでいるのを発見しました。海水が綺麗に澄んでおり、色々な物が沈んでいるのが判り過ぎ、ちょい変ですね。
で、来年から年金を頂けるとの事で、聞きたい事も有り、「社保」へ行って来ました。ちょろっと頂ける様です。
お昼からは、昨日キャンセルになった「密談」に行って、大笑いして帰って来て、後は、来る冬に向けて、本格的衣替えと大掃除をしてました。連れがみんな寒がりで、居る時は、少しでも暖かい様にしているんですが、過保護の様ですなあぁ。昨日の雨の中、前の畑を闊歩している大猫を見た時は、「豪い違いだなあぁ」と、関心しました。おらがの連れは、全員爆睡しています。
明日は、風が落ちそうですので、「行きまっせえぇ」、狙いは、「ワタリガニ、特大カレイ、大タコ」ですかねえぇ、冷え込んで来てますので、落ちカレイに期待ですね。まあ、気負わず行って来ます。
2012年11月26日 (月)
「連休の4連荘遊漁、雨、強風と有りましたが、毎日が、大漁で終了しました、で、今日は、陸勤でした」

今日は、昨日とは打って変わって雨降りの日に、「やっぱりな、昨日が良すぎたもんな」と。でも、やっぱり起きたのは、3時過ぎなんですが、月曜日の早朝は、テレビがお休みの様で、やってませんなあぁ。
で、既に、昨日からお休みと決めてまして、やる事も決めてました。先ずは、帳面をして、後に、ネコの家を大掃除して、ゴミ捨てに行って、西尾、岡崎の法務局へ行って、2時に形原漁協で待ち合わせでしたが、直前で、キャンセルとなり、お昼からは、のんびりと「相棒」を見ていました。
5時前に「月1」の検診へ。そしたら超混雑しており一旦帰って来ました。
3カ月前に「健康診断」を受けたんですが。「尿蛋白」がプラスで、「以前から、疲れると出てました」、「正常じゃありませんね、他も・・・・、まあ、痩せれば全て解決しますがね」と、先生に。現状は、スレスレのセーフばっかりで、「このままだと・・・・・・」で、「月1」の検査に行ってます。超元気なんですがねえぇ、やっぱり痩せないとね、ただ、最近上半身に筋肉が付いて来て、スッとは痩せませんなあぁ。(救いは、暫く「シャコ」の選別が無い事ですかね)
で、今日は、陸勤で、やるべき事が、しっかり出来ました。
で、パシャは、ストーブの前で、ゴロゴロゴロの連れ。
明日は、ドンドン吹きですかねえぇ、「5〜7」じゃぁ、考える余地無しですなあぁ。
2012年11月25日 (日)
「やっぱりな、の真っ暗な港に集合し、船上宴会で大騒ぎ、それでもワタリガニ、大タコ、特大カレイと大漁でした」

今日の乗船客は、豊田の真木さん、お友達と一緒に「まんが漁」、「5時半、アカンてえぇ、真っ暗で名簿も書けんがん」で、こちらが折れて「ほいじゃあぁ、6時にしまい」でしたが・・・・・、「やっぱりな、早えじゃん、まあ・・・・・」と。私が5時半過ぎに桟橋へ行ったんですが、既に、全員が集まっており、港は、大騒ぎになっており、三後さんが弱り果ててました。(宴会が、ずっと続いている様で、上機嫌の皆さんにね)
で、早々に準備して、スタンバイОK、全員ライフジャケットを着て、航海灯を点けて出港、多少風は残っているものの、予報の「風は、落ちる」を信じて、昨日と同じ県漁礁千本杭と黄ブイの沖で、僚船、他港船もどんどん集結しており、バトルの始まり。
で、真木さんの要望は、「8人だけど、出資者が2人で、10人、だで、1人10匹で、100匹何とか・・・・」と。まあ、「ワタリガニ」は、今年の子も含め、ドンドン沖出しをしており、加え、海水温の低下に伴い、「台湾ガザミ(紫ガニ)」が、争う様に沖へ、沖へと出て来ており、今時の「100匹」は、クリアできる数で、それよりも、「大タコ、特大カレイ」を少しでも多くお土産にしたくて、かなり「タカ」を曳いて来ました。
乗船客の皆さんは、乗った瞬間から、大宴会の始まりで、燗の付いたワンカップが配られ、大騒ぎに。レッドカードは出ませんでしたが、イエローカードは、毎回の様に出ていましたねえぇ。選別作業で、船上を移動する時が最も危なそうで、「おえ、落ちんなん、もっと低い姿勢で・・・・、腰を落として」のヤリで、「まあ、小刻みに曳くのはヤメて、大曳きに」し、安全確保。で、お昼までに6回曳いて、「ワタリガニ」は、毎回の20匹オーバーで、目標は、クリアし、無理して「タカ」へ入って狙った「大タコ」は、4匹、「特大カレイ」は、9匹と大漁でした。他には、赤貝、甲イカがちょろっと。「今日は、シャコが居らんなあぁ」は、余分でしたねえぇ、今は、時期(シャコは、6〜9月が旬です)が違いますね。
で、お昼に「まんが」を収納し、帰港の途に。この頃、予報通り風は、落ち、暖かくなって、気持ち良かったですねえぇ、連休最後で良い天気になりました。
で、トロ箱10個を出し、「1、2・・・・」と、分配を始め、最後は、「アミダクジ」で、抽選し、はい、並んでえぇ、パシャ、大漁で大満足の皆さんでした。次回は、12月だそうですが、少しだけ、お酒を減らしましょうね。では、次回を楽しみに、お待ちしています、有難う様でした。
明日は、雨模様ですので、お休みの予定です。(雨だけなら休まんけど、風も、4、3じゃあぁアカンね)
2012年11月24日 (土)
「かなりキツイ強風の中のまんが漁でしたが、頑張った甲斐がありました。最終回には、話しだけじゃなく、大タコ、特大カレイの姿も・・・・・大漁でした」

今日の天気予報は、「4、5、5、8」で、「出来るかやあぁ」と、思いながら6時に桟橋へ。既にそこそこ吹いており、三後さんに「アカニャ河和、衣浦へ・・・・・、それに慣れている川上さんたちだで、何とかなるら」と。(川上さんには、トリ貝漁のお手伝いもして貰ってます)
で、6時半に集合し、直ぐに出発し、西浦の端を越え、心配しながらの航行、ポイントは、とりあえず昨日と同じ県漁礁、黄ブイと千本杭の沖合いで、すんなり到着し、先ずは、1回目、入れて風上へ曳き始めて見ると、白波がブンブンで、「やえやえ、アカンだかやえ」と思いながら曳いていましたが、慣れてくれば何て事はなく、多少は、揺れるもののコントロールは充分出来、「暫し、ここで」と決め、繰り返し。1回目は、「ガサガサ」がどれ位入るかテストしたんですが・・・・、「何だあぁ、ちょっとだけかあぁ、目標80匹は、遠いなあぁ」と、誰かさんがブツブツ。(この1回目は、結紐の取り付けが破断して、まんがに絡まり、正常展開出来ず、僅かな漁獲に)
で、「ガサガサ」が少なく、長く曳いても抜けに影響無い事が判り、1回、40〜45分にし、風下から風上へ曳き、旋回し風下へ戻って引き揚げの繰り返し、目標80匹に向かってばく進の始まり。
途中、「大タコ、特大カレイ」の話をするも、獲れて来るのは「ワタリガニ、紫ガニ、甲イカ、木っ端カレイ」で、「ワアアアアァ」と言うものは、獲れず、「話しだけかあぁ」になりそうでしたが、最終回に、大きな喜びが有りました。「まんが」を引き揚げると、「特大カレイ」が、網の中で泳ぎ回っており、引き揚げ途中には、「大タコ」の足が外網に絡んでおり、「早く揚げんと逃げちゃう」で、焦りましたねえぇ、足2本が網の中に有っただけでしたが頭が大き過ぎて抜けられませんでしたがね。
「でしょう、話しだけで終わらんで良かったやあぁ」と三後さん。「ワタリガニ」は、目標をクリアし100匹越えしました。曳いたのは、大きく4回でしたが、コンスタントに20数匹位は、獲れていました。中々、強風で、厳しい「まんが漁」でしたが、お土産しっかりの大漁に満足して頂けたかと。で、パシャ「大漁の漁獲に囲まれて」の記念の一枚。「来月、また来るでね」と、嬉しいお言葉、「はい、待ってますよおぉ」と。有難う様でした、では、12月に、お会いしましょう、船上でね。
明日は、豊田の真木さん、「何時に来ますかあぁ」、「4時半にこっちを出るで、5時半頃かな」、「アカンにいぃ、真っ暗で、名簿も書けんにいぃ」、「うううぅ・・・・・」、「まあ、6時にしまい、ほいでも、真っ暗だにいぃ」、「ひとり10匹、何とかならんかなあぁ」、「今なら、何とかなるら」で、6時集合ですが・・・・・、「三後さん、早めにの」と。
2012年11月23日 (金)
「今日の柴田さんたちの漁獲です」

最近の「まんが漁」、「ワタリガニ」は、相変わらずズッと獲れており、それに「台湾ガザミ(紫ガニ)」が混じり、1回15〜20数匹が獲れ、これからが本番の「落ちカレイ」は、海水温の低下に伴って、日に日に漁獲は、増えており、楽しみですね。反面「各種エビ」は、減っており、「車海老の大」が、時折獲れる程度です。特大の「タコ」は、出会い頭ですので、運が良ければ、「大当たり」が引けるかもね。で、今からの「まんが漁」は、「ワタリガニ、落ちカレイ」が、中心で、まだまだこれからです。
「カニは、カンカチ、カレイは、パンパン」が、年内続きます。
ただ、「風との相談になりますね、まあぁ、西行きも考えてますがね」
只今の予約は、12月2日が最終となってますが、まだまだ受けまっせえぇ、「日誌を見て、予約を」と。
では、船上でお会い出来る様、お待ちしております。
2012年11月23日 (金)
「雨は、全く関係ねえぇ、ワタリガニの蒸し上げをパクパクで、お酒もしっかりパコンでした」

今日は、「寒くなる、今季一番」の予報に、服装を変えました。昨日までは、半袖シャツでしたが、今日から長袖シャツに。(当方、ヒートテックなるものは、暑くて真冬でも、着ません。勿論、ズボン下、股引きなどは、一切穿きません)ネックウォーマー、耳当て付き帽子も今日からです。まあぁ、今日は、朝から雨でしたからね。
で、今日の乗船客は、「ヨットはやぶさ」の柴田さん、お仲間と一緒に、「まんが漁」、総勢4名、出資者1名。今季、何度目かなぁ、たくさん来て頂いてますなあぁ。
6時半に集合し、全員合羽を着ての乗船、全部席は、既に雨対策の天幕が張られており、準備万端「行きまっせえぇ」で、出港。直ぐに「酒盛り」が始まり、「雨なんか、関係ねえぇ」の兵揃い。ポイントは、昨日と同じ、県漁礁千本杭から黄ブイの沖と決めており、直行。ただ、この時が、一番「波」が悪く、よく揺れましたねえぇ。で、雨の中の1回目、「まんが」を投入し、曳く事30分、引き揚げの時には、雨は上がり、「ヤレヤレ」と。で、漁獲は、「ワタリガニ、10数匹、特大カレイ、2匹」に、柴田さん、「こんな大きいカレイは、初めて見たなあぁ、2匹じゃあぁジャンケンだなあぁ」と、「心配せんでも、まんだ獲れるで、良いてえぇ」と。
2回目以降は、「波、風」に逆らわず、曳ける様に曳いて、引き揚げて、繰り返す事5回(2回目以降は曳く事、40分)11時半に最終回を引き揚げて、帰港の途に。雨は、すっかり上がり、良いお天気になり、風も吹き上がることも無く、大漁での帰港。早速、トロ箱を用意して、「1、2・・・」と、分配し、最後は、やっぱりジャンケンに。その前に、パシャは、「大漁、記念の一枚」、「落ちカレイ」は、これからが、本番です。
帰りしな「船長、まんだ来るでねえぇ」と、嬉しい言葉を残して、お帰りになられました。「はい、お待ちしてますでね」と。有難う様でした。
明日は、西尾の川上さん、お友達と・・・・・。
2012年11月22日 (木)
「昨日とは、全くの大違いの三河湾、ずっと平穏で、最高のまんが漁でした」

今日の乗船客は、先月に続いての乗船、岡崎の永谷さん、仕事関係の皆さんと共に「まんが漁」、集合は、7時で、全員ピシッと揃い、無風の三河湾へ出港。ポイントは、県漁礁千本杭の沖で、到着して見ると、他港船が、既に曳いており、一番「タカ」へ入って、西へ曳き始め、レーダーレンジ1.5マイルの中に、8隻が、曳いており、バラバラの状態で、「まあぁ、何処でも獲れますよ」と、言っている様ですなあぁ。1回目は、千本杭から黄ブイまで曳いて、引き揚げ、「ワタリガニ、カレイ」が獲れ、早速「蒸し上げ」にして、「パクパク美味しい」でした。お土産よりも、食べる事が目的で、3回程、蒸しましたかねえぇ。後で獲れた、「甲イカ」は、刺身にして、超大きな「タコ」は、解体して茹でて食べたんですが、余りの大きさに、お土産もしっかり。それにしても風が無く、昨日とは、大違いで、好きに曳けましたねえぇ。沖合いは、やっぱり「アオサ、ヒトデ」が、ヒットしますね。
まあぁ、それでも、しっかり漁獲が有れば、気にもなりませんね。
途中から、他船は、バラバラになって、風もずっと無く、「平穏」な状況で、安気に曳いて来ました。
で、11時半に最終回を引き揚げて、帰港の途に。まあ、それにしても「平穏」で、全く揺れず、全部席は、爆睡中の皆さんでしたねえぇ。1時間程で、桟橋に到着し、大漁の漁獲は、上之園さんの手捌き良く、パッパッパッと皆さんのクーラーに収まり、「はい、写真を撮るにぃ」で、パシャがこれ。超美味しい「ワタリガニ」をしっかり食べ、満足して頂けたかと。
海水温は、12〜13℃程で、「ワタリガニ」は、脱皮をせず、現在は、殆どが「踏んでも、しゃあけん、カンカチばっかり」で、最高です。「落ちカレイ」は、日に日に漁獲が増えており、まだまだこれからですね。
で、今日、Aクルーの三後さんと相談し、「北西の風強し」の時は、一気に知多半島の河和、衣浦へ出掛けて行く事にしました。
これからの「まんが漁」は、「風」との戦いですね。
明日は、今年、何度も乗船して頂いている「ヨットはやぶさ」の柴田さんたちです。きっと「雨」ですが、南東の風ですので、渥美半島へ寄せて曳く予定です。吹き上がりません様に願ってます。集合は6時半です。
2012年11月21日 (水)
「実は俺、猫アレルギーじゃんね、かみさんも一緒、ただ、飼ってから突然の事で、何ともなりませんなあぁ」

(余談)
連れの事なんですが、ちょい前から、「乱丸」の左目が、調子悪い様で、今日の夕方、平岩動物病院へ行って来ました。(俺より医者にかかっとるなあぁ)
この「乱丸」は、「アカン」と止めたのにも拘らず、かみさんが、「可哀相じゃん、1匹位増えたって関係ないらぁ」と。海陽ヨットハーバーで、ヒクヒクしていた真っ黒の汚い仔猫で、「やえ、ネコだかクマだか何だあぁ、汚いなあぁ」が、始めの一歩で、食う事に一生懸命で、何とか生きながらえましたが、懐きませんなあぁ、寄って来るのは、「食の時」だけで、口で銜えて、両手で押さえて、「ウウウゥゥゥー」って唸ってます。まあ、「乱丸」には、他のネコも絡みませんなぁ。その内、仕切る様になるな。
で、「先生、強暴だで、噛まれるでね、気を付けてよ」、「じゃあぁ、奥の部屋へ」で、診察(観念したか大人しいかった)「眼球に傷はないでね、結膜炎だね」で、「先生、目薬、飲み薬は、捕まらんでダメだで、今、注射で治る様にしてよ」で、注射してもらって帰って来ましたが、また、何処かへ入り込んでしまった様で、姿が見えません。で、パシャは、「ガーフィールド」この猫も、捕まりませんなあぁ。産んだ仔猫「野バラ」は、懐いて来ましたがね。
日々、寒くなって来て、気が付くと、全員周りで寝てます。「実は、俺、ネコアレルギーなんですがねえぇ、かみさんも一緒です」で、ネコだらけの生活してます。まぁ、飼ってから、突途だもんなあぁ、しょうがねえなあぁ、「コユキ」は、天寧(中2)より、年上だもんな。
2012年11月21日 (水)
「アカンなあぁ、ひとりじゃあぁねえぇ、やつけてからじゃあぁ、遅っせえしなあぁ」

今日は、「風が落ちる1、2、2、2」の予報に、「やっと出れるなあぁ」で、5時前に出港したんですが、西浦の端を出て、ビックリ。昨日からの北西の風と波がしっかり残っており、「明るくなれば、落ちるら」と、思いながら、海水を「イケス」に汲み上げで、スタンバイОK。
ただ、この時点で、波が高く、思った方角へ曳けない状況で、状況合わせの1回目、「アオサのど山」で、大スカのゼロ。(吹きっぱなした風の影響で、アオサは、タカへ寄って、寄って、戻されて沖へ来た様ですなあぁ)
で、この時は、県漁礁の沖合いに居たんですが、「タカ」には、10隻以上の船が、入り乱れて曳いており、とても「ひとり操業」の当方では、入れる余地はなく、沖合いを曳いて、今度は「ヒトデ」にヒットし、まあ、それでも、そこそこは、獲れていましたが、舵をほって置いて選別の出来る状況では無く、「アカンがやえ」で、帰港を決断し、三谷の三忠の小田社長に電話して、「まあ、アカンでえぇ、吹かれちゃって、ひとりじゃ出来やへんで、ヤメて帰るのぉ、明日から遊漁だで、今度は、月曜日からお願いします」と。
で、選別もせず、「まんが」を取り入れ、帰港の途に。まあ、旋回窓を動かして走る様では、中々無理ですなあぁ。
それに「トラウマ」になっている事が有り、波の高いのは、苦手ですなあぁ。以前、波の高い時に、船を、回転させながら「まんが」を入れたんですが(何時も)、船首、船尾が波に呷られ、大きくバウンドし、その時、「まんが」だけは、重量も有り、船と同じ動きをせず、後端が、船底の下へ入り込み、次に跳ね上げて、金具が刺さって、船底に穴が開いてしまい、浸水してしまい、即、上架、修理になってしまい、「遊漁」を2組、キャンセルしており、明日からの「4連荘」を考えると、「無理しちゃあぁ、アカンら」と、もう一人の冷静な自分が、語り掛けてきて、「そうだな」で、決定しました。因みに風は、「4」まで吹き上がっていました。(まぁ、外れる事も有るわな)で、帰って来て、パシャが、1回の漁獲でした。
で、明日の準備をして、海陽店へ持って行き、「ワタリガニ」は、みそ汁と茹で上げにし、カレイは、大きいものは、唐揚げで、「舌ヒラメ、カレイ中」は、煮付けにして、「甲イカ、車海老」は、天ぷらにして、かみさんと食べましたが、やっぱり美味しかったですなあぁ。
で、長くお休みだった「ユトリーナ」も始まり、久々に行って来ました。
休養充分で、元気いっぱい、明日からの「遊漁」、しっかり頑張りますかね、風が吹き上がらない事を願ってますがね。(北西が、吹き上がったら、ちょい時間が掛かりますが、河和、衣浦沖まで、遠征しますかね、波が無く、よっぽどまで、曳けます)
明日は、岡崎の永谷さん、7時集合で、「行きまっせえぇ」と。
2012年11月20日 (火)
「今日も、吹きでお休みしていましたが、あっち、こっち、そっちで、忙しいばっかりでした」

明日は、落ちますかねえぇ、風の話しですがね。今日は、昨日の反動か、お昼前頃から吹き出しましたねえぇ、「4」でしたが、風が重くなって居り、中々の風ですね。
で、今日出来る事から、8時にスタート、「セイホウの丸山さん」を訪ね、ちょい吉良まで、ドライブして「お願い」をして帰って来て、西尾の法務局へ行って、ああだ、こうだで、岡崎へ行って、また、戻って終了して、郵便局へ行って、「なんだあぁ、へぇ、こんな時間かあぁ」で、4時に。大した事が出来ませんでしたねえぇ。
ただ、今日は、西幡豆の加藤さん(籠漁の親方)を訪ね、「カニ籠の良い物は、有るかん」と。親方は、5月に廃業しており、その際、全て「処分」してしまったそうで、何も無くなって居り、「まあぁ、作やへんだかん、作りんよ」と言ったら、「まあ、握力が無くなって、出来やへん」と。今日、「師崎の磯部さん(釣り船の主任者講習で、この間お会いした方)」から、電話が有り、「カニ籠」を探しており「無いかなあぁ」と。で、親方を頼りにしていたんですが、残念でした。(当方も250個位は、有るものの、現段階で、分けてしまう程無く、「ごめんなさい」と。)
明日は、落ちそうですので、行く準備をしに桟橋へ。で、スタンバイОK。
で、パシャは、この間の「座礁事故」で、水没してしまった「舵角指示器」、もう動きません。見積もりを取ったら、総額57万円だそうで、「只今、思案中」です。
2012年11月19日 (月)
「今日は、いいお天気でしたねえぇ、佐久島の家、庭木の選定をして、布団も乾して、綺麗に掃除して来ました」

今日は、予定通りに佐久島の家の掃除へ出掛けました。隊長は、中村さんで、三後さん、石原さん、鈴木さんが、お手伝いに来てくれました。他の方々は、月曜日でも有り、お仕事で参加出来ず。
で、8時に桟橋へ集合して、佐久島へ。それにしても、土、日曜日とは、打って変わって風は無く上天気で、気持ち良く航行できました。9時前には、到着し、玄関先の木々から選定し、入口の垣根も思いっ切り、切り刻んで、スッキリしました。
続いて、軽トラに布団を全部積んで、堤防へ運び、日乾しに。暫くこちらに来てなくて、ハッと気が付いたんですが、仔猫が、メチャ増えてますなあぁ、港にも家にも「ネコ、いっぱい」で、人懐っこいネコでねえぇ、可愛いんですが、ちょっとの隙に、台所の菓子パンを庭まで持って来て、かじってましたねえぇ。(ネコが悪いんじゃなくて、そんな所に置いておいた私が悪いんですがね)
で、午前中に終了し、ご飯を食べて、12時に出港し、お天気に誘われて、「まんが漁」のスタート、佐久島から県漁礁までは、ダメでしたが、黄ブイから千本杭の間には、「ワタリガニ、台湾ガザミ」が、そこそこ獲れ、特大の「カレイ」も獲れ、いよいよ「カレイシーズン到来近し」ですね。ただ、良く吹いた風のせいで、泉港の沖には、「アオサ」が、いっぱい。でも、「カニ」もいっぱいで、曳いて来ました。で、3時過ぎに帰港しました。
で、佐久島の家、綺麗になりました。布団も乾して、フワフワに。ただ、中々行けずに難儀してます。で、今、電話が有りました「絹風の鈴木さんです」、トイレの窓を閉め忘れたらしく「良いよ、来月の当番は、あんただで」と。まあぁ、もう直ぐ年末ですので、忘年会か、新年会を計画しますかね。幹事は、総料理長の杉田さんかな、「美味しいものを食べさせてちょうよ」ね。
明日は、また、お昼頃から「吹き」ですねえぇ、如何するか明日の朝、決めます。
2012年11月18日 (日)
「還暦の最後の行事で、1泊2日で鳥羽、伊勢神宮へ行って来ました」

17、18日と、還暦最後の行事として、1泊2日で、鳥羽へ旅行に出掛けました。17日は、豪いお天気で、雨、風にしっかりやられましたが、気心の知れた皆さんで、楽しいばっかりの旅となりました。
泊まりは、エクシブ鳥羽で、3時半には、チェックインし、ゆっくり「サウナ、お風呂」に入って、6時から宴会。まあああ、皆さんが、これ程「カラオケ」が好きだとは思いませんでしたねえぇ。素直に「参りました」と。
朝から、ビールを浴びっぱなしでしたので、早々にダウンし爆睡。
今日は、4時前に「朝かやあぁ」と目覚めましたが、「まんだ起きちゃあぁアカンら」で、二度寝に。5時に「やあぁ、誰かの携帯が鳴っとるぞおぉ」と、起こすと「何時も、5時から1時間位散歩して、それから会社へ・・」との事で、皆さん、健康管理が、しっかりしてますなあぁ。
で、ゆっくり朝食、朝風呂に入って、伊勢神宮へ。今日は、1万歩近く歩いて、足がダウンしてます。
帰りに、「ジャズドリームナガシマ」へ寄りましたが、日曜日でもあり、人の多さに、疲れ果てましたねえぇ。
で、予定通りの6時に帰って来ました。まああ、楽しいばっかりでしたが、女性の箍の外れ様には、参りましたねえぇ、この先、もっとでしょうね。
「ビール注いでよぉ。早よう歌いん、早く。飲みん、もっと、ほれ。」皆さんは、家で、どんな生活してるんですかねえぇ。
明日は、佐久島の家の掃除に出掛けます。
2012年11月16日 (金)
「風が落ちるのが遅っせえなあぁ、出掛ける機会を失ってしまい、陸で、ゴソゴソしてました」

今日は、「やっと風が、落ちるかなあぁ」の思いで、楽しみにしていたんですが・・・・・・、4時半、家を出る時、豪い冬の音をたてて、風が吹いており、「アカンだらあなあぁ」と、思いながら、桟橋へ。吹流しは、舞い上がっており、柱に吊るした網に、風が当たり、抵抗になっており、暫し、車の中で、ジッとしていたんですが、車が揺れ、考える余地は有りませんなあぁ。で、三忠の柴田さんに連絡して、中止としました。僚船は、お休みの様で、舫われたままで、「三谷の皆さんは、如何かなあぁ」と、思いながら、家に帰ってゴロゴロと。
8時過ぎに風は、予想通りに落ちましたが、「時、既に遅し」でして、出掛ける機会を失ってしまいました。そいでも、「毎日毎日、ゴロゴロじゃあぁ、アカンなあぁ」と、思って、活動開始。
先ずは、出屋敷の奥の院へ行って、修さん、山本さんと会話、金田さんは、出漁しており居ませんでした。その後、吉良の「竹の子山」を見に行って、帰りに、「馬勘」さんを訪ね、談笑し、帰って来ました。
明日から「還暦旅行1泊2日」で、鳥羽、伊勢へ行って来ます。これで、また、「ワタリガニ、カレイ」に休暇を与える事になってしまいました。
来週は、木曜日から日曜日まで、4連荘の「遊漁」なんですが、風が、如何吹くか心配ですなあぁ。