登山レポート 犬ヶ岳(いぬがたけ) 2013年7月30日 曇り 

豊前市側駐車場から登る

犬ヶ岳登山ルート

駐車場⇒恐ヶ渕コース⇒オオキツネノカミソリ群生⇒経読林道⇒大竿峠⇒

犬ヶ岳山頂⇒笈吊峠⇒経読林道⇒ウグイス谷コース⇒駐車場

 

《 登山口へのアクセスMap 》

 

 

《 登山Map 》 *赤いラインが徒歩登山の足跡です。

 

 

毎日暑い日が続いていますが、この暑い時期にしか咲かない綺麗な花が

あります。オオキツネノカミソリと言うヒガンバナ科の多年草です。この花が

犬ヶ岳に群生しているのを、前回の犬ヶ岳登山時に見つけました。まだ見た

事の無いオオキツネノカミソリを見に、犬ヶ岳に行って来ました。

九州百名山リストNo7 犬ヶ岳(1131m)の登山レポートです。

 

 

 

ここが犬ヶ岳の登山者用駐車場で、立派な水洗式のトイレが完備されています。

こんなに立派な施設なのに無料です。豊前市の方は太っ腹です。

8:50 登山を開始しました。

 

 

 

今回は恐ヶ渕コースから登ります。駐車場を出てすぐの橋を真っ直ぐ行くと、

川魚料理の店が両脇に建っていますが、登山道はその間を通っています。

 

 

 

最初のうちは舗装された登山道を登って行きます。

 

 

 

所々で、カラス天狗と書かれたキャラクターが道案内してくれます。

 

 

 

犬ヶ岳は恐ヶ渕コースもウグイス谷コースも川沿いに登山道があります。

最初の渡渉点にやって来ました。

 

 

 

ここら辺は杉の植林帯を登って行きます。

 

 

 

登山道には距離が書かれた標識が立っていて親切です。

 

 

 

この辺り一帯には、登山道の左右に目当てのオオキツネノカミソリが咲き

乱れています。

 

 

 

夜半の雨が花びらを濡らしています。オオキツネノカミソリは花が狐色で、

葉がカミソリみたいに尖っているのでこの名前で呼ばれているそうです。

他にキツネノカミソリと言う花がありますが、オシベとメシベの長さが長い

のがオオキツネノカミソリです。

 

 

 

あまり日の当たらない山の斜面に、健気に力強く咲いていました。

 

 

 

枯れ始めた株も少しありましたが、ほぼ満開の状態でした。

 

 

 

オオキツネノカミソリを見るのは今回が初めてで、他の場所の咲き方がどんな

具合か分かりませんが、こんなに見事に咲いているのでしょうか。

 

 

 

山に向かって沢山の橙色の花が咲いています。

山に 

 

 

苔の緑と、薄い橙色がナイスコラボレーションでした。

 

 

 

川に向かって下方向にも咲き乱れています。

 

 

 

犬ヶ岳はツクシシャクナゲもオオキツネノカミソリも、九州一の山なのでは無い

でしょうか。

 

 

 

気が付くと、30分も写真を撮っていました。

 

 

 

登山再開です。この恐ヶ渕コースは滝も見所になっています。沢山の滝があり

ますが、今回は滝目当てでは無いので写真はありません。

 

 

 

川に橋が架けられていました。

 

 

 

滑落多発の注意書きが至る所に掲示されていましたが、岩が濡れていると

ツルツル滑り、とても危険な状態でした。

 

 

 

このコースは鎖場が多く滑落の危険箇所が多いので、注意深く登って下さい。

 

 

 

大竿峠(おおさおとうげ)まで 0.6km、犬ヶ岳まで 1.4kmになりました。

 

 

 

ここで一度経読林道に出ます。

 

 

 

少し経読林道を歩いて来ました。ここから左に登って行きます。

 

 

 

大竿峠にやって来ました。大分側はかなり濃霧が出ています。

 

 

 

犬ヶ岳へ尾根道を登って行きます。

 

 

 

11:17 犬ヶ岳の頂上に着きました。頂上は樹木に囲まれ、非難小屋の上に

上っても景色は殆ど見れません。

 

 

 

笈吊峠(おいづるとうげ)に向かっています。結構急な岩場でした。

 

 

 

ツクシシャクナゲが顔を出しだします。

 

 

 

登山道にはツクシシャクナゲが張出していて、葉っぱに付いた雨粒が衣服や

カメラを濡らし困りました。この隙間を潜って行かないといけません。

 

 

 

このツクシシャクナゲは、国の天然記念物に指定されているようです。

 

 

 

犬ヶ岳で一番の難所の笈吊岩(おいずるいわ)にやって来ました。わざわざここを

通らなくても迂回ルートの案内標識がありますので、危険を避けたい方は、そちら

をお通り下さい。

 

 

 

降りて来た笈吊岩を撮りました。

 

 

 

笈吊峠にやって来ました。右に降りれば大分の耶馬溪に降りれるようです。

 

 

 

笈吊峠を少し下ると、規模はたいした事はありませんが、オオキツネノカミソリ

が咲いています。

 

 

 

苔の緑に映えるオオキツネノカミソリです。

 

 

 

アップで撮ってみました。

 

 

 

また経読林道に出ます。

 

 

 

経読林道を少し歩くと、登山口への案内板が設置してあります。

 

 

 

杉の植林帯を下って行きます。涸れた川に橙色の花が一株咲いていました。

 

 

 

ウグイス谷コースは砂防ダムの建設時の作業道をかなり歩きますので楽です。

オオキツネノカミソリも恐ヶ渕コースのように群生はしていませんが、ポツポツと

至る所に咲いていました。

 

 

犬ヶ岳にオオキツネノカミソリを見に登りましたが、ほぼ満開の花を堪能しま

した。春のツクシシャクナゲも見事で、秋の紅葉も期待できそうです。夏に登り

たい山はあまりありませんが、ここはお勧めです。是非この時期に登って見て

下さい。

 

 

home