○○の日記 本文へジャンプ
山行報告_2018
2017 2016 2015 2014 2013 2012

スケジュールは コチラ

2018.12.29-31 南ア塩見岳  【年末山行】

島田しらびそ山の会の年末山行は「塩見岳」に、12/29〜31の二泊三日で登って来ました。寒空でしたが、雪も比較的少なく、無事登頂することができました。
 塩見岳の手前の天狗山のトラバースはトレースがなく少し緊張しましたがロープ30mを使用して安全確保しながらクリアしました。
 2018年も無事定例山行を終えられたことに感謝します。会員の皆様ありがとうございました。
 2019年もよろしくお願い致します。


2018.12.15-16 富士山吉田口  【雪山トレーニング】

快晴の土日、富士山吉田口5合目〜6合目で雪上トレーニングを行いました。
 雪面は程よく硬く、滑落停止訓練はよく滑りました。富士山は時期、天候により表情が全く変わりますが、この2日間は穏やかで、ゆっくりとトレーニングをすることができました。
 吉田口の馬返し1合目から5合目までは、点在する合目毎の廃屋に、往時の登山の賑わいを感じました。



2018.12.07 沢口山  【忘年山行】

山頂からは、目の前に朝日岳と大無間、風イラズなど、会員が大好きな深南部が一望でき、いろいろなルートを語り合いました。
 温かいおでんは、寒い1日だった昨日には最高に美味しかったです。
 また、ツエルト設置、搬送訓練なども実施し、充実した1日でした。
 遠方の賛助会員など珍しい顔もあり、懐かしくもありました。



2018.11.18 恵那山  【準山行】

島田しらびそ山の会の準山行で「恵那山」へ行ってきました。(広河原ルート)
「天照大神がここで降誕され、その胞衣(えな)がこの山に埋められた」という神の山です。
 笹原と苔の森は南ア深南部のようなとても良い雰囲気。
 カラマツ、シラカバ、ダケカンバ、ツガへと木々が移ろい、笹原の隙間からは南アルプス、中央アルプス、御嶽山、槍ヶ岳方面も望むことができました。
 秋晴れのとても気持ち良い日帰り登山でした。
 たまたま、田中陽希さんが山頂で休んでいらして、お話しすることができました。
 また、撮影で同行されていた、以前しらびその講演会をお願いした平出和也さんとも再会しいろいろとお話しさせていただきました。運の良い山行となりました。



2018.11.3-4 南ア深南部 中ノ尾根山~朝日山周回  【定例山行】

島田しらびそ山の会の秋の深南部山行は、 白倉川西俣沢右俣から中ノ尾根山へ直登し、深南部を一部周回してきました。  白倉川の紅葉は素晴らしく、赤や黄色は滝や山の緑に映え、色とりどりの景色を見せてくれました。  西俣上部は一部凍りついている箇所もあり、慎重に遡行。1,750M付近が二俣となり、右俣へ。右俣では、2,000Mから中ノ尾根山直登尾根に取付き、笹薮を掴みながら中ノ尾根山に到達しました。  三又山から朝日山も多少の藪はありますが、笹枯れしており、思っていたより快適で、静かなクロベやコメツガの森と笹の原を交互に楽しみました。  朝日山の下山口がわかりにくかったです



2018.10.21 戸隠山P1尾根  【定例山行】

雪の土曜から一転、快晴の日曜。
 鏡池〜P1尾根〜第1岩峰〜西岳〜戸隠山を縦走しました。谷から尾根へは紅葉の真っ盛り、岩場の急な登りも紅葉を見ながら楽しめました。
 日本らしい岩場の山容は八海山にも、妙義山にも似ているなあとも感じ、また魅了される景色でした。
 岩場にはしっかりと鎖が付いており、慎重に登り下りしましましたが、怖い箇所もかなりあります。藪ルートのところも、この時期はかなり踏み跡しっかりしていて、このような難ルートを整備される方には頭が下がります。



2018.10.06 南ア深南部 池口岳 【定例山行】

台風の影響で天気もはっきっりとせず、3連休「光岳〜風イラズ」を計画していましたが、やむなく中止し、本州唯一の原生自然環境保全地域に指定されている「池口岳」をピストンしてきました。  深南部らしい静かなコケや笹のルートをゆっくりと楽しむことができました。  途中雨にも降られましたが、後半は天気も回復し、紅葉もちらほら。  「もっと深南部の奥地へ行きたい。」  そう思わせてくれる魅力たっぷりの池口岳でした。



2018.09.22-24 剱岳別山尾根  【定例山行】

島田しらびそ山の会の定例山行で、剱岳に行ってきました。  当初は、一般ルートである別山尾根とバリエーションルートの予定でしたが、直前まで天気が悪い予報でしたので、1パーティで別山尾根へ。  思いがけない快晴に恵まれ、人も少なく、気持ちよく岩稜帯を歩くことができました。  剱岳初めての会員も、岩場慣れしてきたようで、次のステップが楽しみです。



2018.8.25 湯檜曽川東黒沢〜宝川ウツボギ沢 大烏帽子岳〜笠ヶ岳〜白毛門  【定例山行】

谷川連峰の沢 東黒沢とウツボギ沢で1泊2日の会山行です。
 東黒沢を登って峠を越し、沢を下降して、翌日ウツボギ沢を登り大烏帽子岳1934mの山頂に立ちました。
 綺麗な沢の目白押しで最後は、笹などの藪漕ぎ。稜線にやっと出ると、秋を迎えた種を作ったニッコウキスゲの草原。爽やかな風がメンバーを迎えてくれました。 
 初級コースとはいえ、荷物を持っての1泊の遡行は、それなりに堪えます。新しいメンバーたちも、会長も、軽快なステップで水流を登り、頼もしい限りです。
 タープ泊のため、ブヨなどにやられました。



2018.08.04-05 乗鞍岳 千町尾根  【定例山行】

8月4日~5日は、「乗鞍岳」の千町尾根を歩いてきました。 この尾根は20kmにも及ぶ長大な尾根で、 乗鞍の剣ヶ峰を過ぎると、静かな山道となります。 途中は楽しいハイマツの海! 信仰の道で沢山の石仏を拝みなからの古の道でした。 千町避難小屋の夜は素晴らしく、山の会の仲間と楽しい一夜でした。




2018.07.14 穂高岳キャンプ 明神主稜、東稜  【定例山行】

夏山行は、明神主稜、明神東稜の2パーティに別れ、明神主峰で合流し、前穂高、奥穂高、西穂高を縦走しました。 東稜では、ニッコウキスゲの群落、クマ、八重のハクサンイチゲ、岩登りなど、穂高岳上の涸沢岳ではブロッケン現象、ジャンダルムでは天使に会えるなど、盛りだくさんの晴天の3日間でした。 メンバーも、立岩で練習した懸垂下降を実践したり、互いにサポートしながら、成長を感じさせる充実の山行となりました。 ただただ暑く、熱中症になりやすい陽気でしたが、綺麗な穂高の景色を楽しみました。


2018.06.30 平標山・仙ノ倉山・大源太山  【準山行】

しらびそも若い新メンバーが加わり、交流花のキャンプとして、谷川連峰、新潟と群馬の県境となる、平標山、仙ノ倉山、大源太山へ行ってきました。  高原に出ると笹原を吹き抜ける風は、とても爽やかで、たくさんの花々に出会うことができました。  特に、オノエラン、サワランなど珍しい花々も咲いていました。



2018.06.17 多摩川水系 滑瀞谷「小常木谷」  【準山行】

東京都の水源の森丹波山の谷「小常木沢」を遡行しました。
小常木沢は、縞々の特徴的な地層を持った沢で滝だけでなく、岩の美しさにも魅了されます。東京都の水源林として、綺麗に管理されたブナやスギ林は、東京都の財源でしっかり整備されている印象でした。
前回の初級沢トレのステップアップとして、中級の沢4級程度の登攀がある沢を選択。 兆子ノ滝は3級程度、14+4は、残置を利用して登り、ねじれの滝は手がかり少なく高巻きで突破。
登りがいのある滝の連続で行動時間9時間半と充実した会の山行となりました。


2018.06.03 富士山青木ヶ原樹海 大室山  【準山行】

会の親睦山行、地図読みトレーニング山行として、富士の青木ヶ原樹海にある台形の山、大室山を周回してきました。  ルートは、本栖風穴〜石塚山〜ブナ広場〜大室山北峰、南峰、火口を周り、神座風穴〜大室風穴〜富士風穴を周回するコースです。
 このコース、風穴などの名所はもちろん、1200年前の噴火溶岩流に被害に遭わなかった大室山のブナ等広葉樹の自然林が見事に残っている素晴らしいルートです。
 ただし、ルート難しい箇所たくさんありますので、的確なルート判断ができないと樹海だけに迷いますので、ご注意を。  富士風穴のヒカリゴケ、イチヨウラン、ヤマウツボなどの珍しい植物、鹿、猿、リス、毒蛇のヤマカガシなどにも会うことができ、充実の新緑歩きができました。



2018.05.27 安倍奥 北沢  【準山行】

初級沢登りトレーニングの沢登りです。
北ん沢は、淵、大岩、滝の登攀、ヘツリ、ナメなどバリエーションに富んだルートで静岡ならではのわさび田の横を通り過ぎたりと飽きない楽しい沢です。
今回は、モノラックで終了。安倍奥土産のヒルを持ち帰りました。
小さい淵をヘツリながら小滝に取付きます。小滝の登りは流心に弱点あり。
トラバース気味に登る箇所を通過。
モノラック下の二俣のしだれた滝です。
このあたりで休憩しました。
モノラック上の20m滝の前で記念撮影。
本日は此処にて撤収。
下山は、モノラック道をわさび田まで降り、わさび田下に林道に続くそま道を通ります。所々木の橋を架けられています。



2018.05.04-06 北ア 霞沢岳  【定例山行】

GWの定例山行は、北ア霞沢岳でした。  ルートは、上高地〜徳本峠〜霞沢岳〜徳本峠〜島々に降りるルートです。 5月4日  寒気で小雪降る中入山ジャンクションピークで幕営。 5月5日  K1までの急登は、雪面にアイゼンの前爪をしっかり効かせて登ります。 K1から頂上までは強風でところどころ膝ラッセルもありました。頂上からは雲の晴れ間に見事な景色を見ることができました。 K1〜の下山は、急斜面をロープを出して下りました。 5月6日  徳本峠からの古道には、ニリンソウなどの春の花を楽しみました。




2018.4.07-08 角田山 弥彦山 花の山 【定例山行】

島田しらびそ山の会4月の定例山行は、花の山旅、新潟の角田山、弥彦山でした。 「SEA TO SUMIT」海から山へ周回する景色の良いコースでした。  オオミスミソウやカタクリの雪割草は終わり頃とはいえ、カタクリの群落は見事でした。  季節外れの寒波のため、花ハイキングが弥彦山ではスノートレッキングに変わり驚きましたが、雪の中のカタクリも風情がありました。  30代〜70代の9名で賑やかな花とグルメの旅でした。 出会った花々 カタクリ、シロバナカタクリ、オオミスミソウ、キクザキイチゲ、ショウジョウバカマ、ネコノメソウ、エチゴエンゴサク、シュンラン、トキワイカリソウ、エンレイソウ、ニリンソウ、サンカヨウ、ヤブツバキ、ナニワズ、アマドコロ



2018.3.24-25 中央ア 越百山 【準山行】

島田しらびそ山の会の3月の準山行に中央アルプス越百山へ入って行きました。  あいにく、25日は、朝から西風が強く目的の仙がい嶺までは行けませんでしたが、真っ青な青空の中、強風の中越百山までは登頂ができ中央アルプスの景色を楽しみました。  気温はわりと低く、引き締まった雪でしたので、それほどのラッセルもなくアイゼンで行動ができました。  24日の夜も雪が降り、余計に25日は新雪が美しくルートを覆っていました。  越百小屋は単独行の方が一人いらっしゃいましたが、我々はテントを張り暖かく過ごせました。




2018.03.10 上越国境 布引尾根スキー【定例山行】

島田しらびそ山の会の3月の定例山行は、上越スノーキャンプでした。  谷川の白毛門、朝日岳、大烏帽子山の横にある布引山の尾根を宝川温泉から登りました。  ゆったりとした尾根からは、尾瀬の山々、谷川周辺の山々が一望できます。  ブナの樹間をスキー、スノーシューで気持ちよく楽しみました。




2018.02.10 妙高前山・根子岳山スキー【定例山行】

2月の定例は、妙高と根子岳で山スキー。  2日目は、妙高周辺は降雪で入山は難しいとの判断で、長野県菅平高原の根子岳に行きました。  頂上付近は強風で厳しかったですが、時折薄日もありました。  ブナ林や広々とした牧場でいいパウダースキーが出来ました。  宿は、野尻湖畔のLAMPさんで、美味しいディナーを堪能しました。 1日目 赤倉観光スキー場から妙高前山山頂手前 2日目 根子岳




2018.01.28 三つ峠・金ヶ窪沢アイスクライミング 【準山行】

1月のフィールドワークとして、三つ峠の初級の沢にアイスクライミングに行ってきました。 アプローチも近く、楽しく良い練習になりました。 上部の滝は、ちょうど40mくらいで、凍り具合もバッチリでした。 5パーティほどが、下、中、上段の滝を入れ替わりで賑わっていました




2018.01.14 八ヶ岳キャンプ 赤岳/阿弥陀北陵 【定例山行】

島田しらびそ山の会の1月の定例山行は、八ヶ岳キャンプでした。 2パーティに別れ、赤岳、阿弥陀北陵を登ってきました。  1日目は、ビーコン、ロープ、ラッセル訓練をし、2日目は、真っ青な空の八ヶ岳を堪能できました。  阿弥陀北陵は、快晴でしたが風が強く、マイナス10℃程度。風が寒い。  第1岩峰から3ピッチで頂上へ。我々は、2パーティ目でストレスなく通過することができました。  第1岩峰の登りは、3級程度の岩場ですが、強風のため慎重に。  1時間後には、たくさんのパーティが渋滞を作っていました。  赤岳組も笑顔の登頂です。充実したキャンプとなりました。