○○の日記 本文へジャンプ
山行報告_2016
2017 2016 2015 2014 2013 2012

スケジュールは コチラ


2016.12.30 南アルプス 農鳥岳 【定例山行】

強風の稜線でしたが3日間日間天気は快晴。
笹山から農鳥岳まで白根南嶺をたのしみました。
⇒写真をもっと見る

2016.12.30 八ヶ岳 天狗岳 【雪山訓練】

毎年の雪山訓練。今年は天狗岳を登頂しました。
⇒写真をもっと見る

2016.12.11 奥秩父 鶏冠尾根 【定例山行】

岩と藪のルートを楽しみました。
⇒写真をもっと見る

2016.11.12 中央アルプス 木曽駒ケ岳 【定例山行】

木曽福島のコガラ高原から、裏木曽駒ケ岳を周回。
雪の付いた青と白の世界に満月が照りつけ素敵な光景でした。
初冬のアルプスの始まりです。

⇒写真をもっと見る

2016.10.31 台湾  玉山 【40周年記念山行】

40周年記念登山として海外登山「玉山」を計画。
3952mの日本では味わえない高峰からの日の出は忘れられない最高の気分でした。

⇒写真をもっと見る

2016.10.23 南アルプス深南部「鶏冠山」「池口岳」 【定例山行】

池口橋からシャクナゲルートをとおり犬切尾根へ。
鶏冠山の北峰・南峰。そして笹ノ平へ。
池口岳の北峰・南峰を周回しました。
人の少ない静かな南アルプスを鹿の鳴き声の中楽しみました。
2016.10.09 八海山 【定例山行】

越後三山の一つ、霊山「八海山」は、あいにくの天気でしたが、紅葉と岩のコントラストが素敵でした。
鎖場のルートは初心者は難しいルートかと思います。

⇒写真をもっと見る

2016.08.12 槍ヶ岳 北鎌尾根 【定例山行】

気持ちの良いクラシカルルートを稜線どおしに楽しみました。
1日目 9時間
 槍沢ー水俣乗越ー北鎌沢出合
2日目 11時間
北鎌沢出合ー北鎌のコルー独標ー北鎌平ー槍ヶ岳ー殺生ヒュッテ
3日目 6時間
槍沢下山

⇒写真をもっと見る

2016.08.07 伊吹山 【準山行】

会の準山行で伊吹山の夏の花を観察してきました。北・南アルプスの高山とは違いますが、たくさんの花が迎えてくれました。関西で一番登りやすい百名山のためすごいハイカー・観光客の数に圧倒されましたが、花の数も多く楽しめました。

⇒写真をもっと見る
2016.07.17 中央アルプス 檜尾岳・空木岳 【定例山行】

梅雨明けの素晴らしい稜線歩きを青空の中楽しみました。
一日目
檜尾登山口から檜尾尾根~檜尾避難小屋
二日目
檜尾避難小屋~檜尾岳~熊沢岳~東川岳~空木岳~迷尾根~池山小屋分岐~林道終点

⇒写真をもっと見る

2016.07.10 家山川小谷 【準山行】

島田しらびそ山の会のホームグラウンド、家山川小谷を遡行しました。
今年度は、丹沢、栃木沢、家山川とステップアップした沢登り練習ができ、とても充実した1日でした。
前日の雨で水量が多く滝の遡行は、水圧が強く大変でしたが、うまくロープで確保しながらずぶ濡れで登り切ることができました。
全て登攀しましたが、一部、2パーティに分かれ、高巻き懸垂下降の練習をしたりとバリエーションに富んだルートを楽しみました。

⇒写真をもっと見る

2016.06.26 奥三河栃ノ木沢 【準山行】

奥三河のナメの美渓です。
たくさんのナメ、小滝の登攀、高巻き、大滝のトラバースなど、様々な顔を見せる栃木沢は、静岡から1時間ほどでアクセスが良く、素晴らしい沢ですね。
大滝は、左をトラバース巻き、その他は数カ所を除きほとんど登れます。
今回もロープを出して皆でチャレンジしてみました。
シャワークライミングには、冷んやりした沢でしたが、涼しい沢登りを楽しみました。
明神山からの景色は南アルプスも一望でき、最高でした。

⇒写真をもっと見る


2016.06.12 しらびそトレッキング 【準山行】

井川自然の家から渡船・ビジターセンター・井川大仏・吊り橋と廃線小径を歩くしらびそ山の会のトレッキング。一般参加者32名しらびそ会員17名計49名で晴天の中、新緑、花、鳥の囀りを満喫しました。

⇒写真をもっと見る

2016.05.29 世附川土沢一ノ沢 【準山行】

西丹沢の初級の沢で沢はじめです。
滝もすくない、新緑の沢歩きを楽しみました。


2016.05.03-05 佐渡 【定例山行】

佐渡の花便りです。
佐渡は、海の幸、山の幸に加え、すばらしい自然が残されています。
アオネバ渓谷~ドンデン山~金北山を縦走しました。


2016.05.03-05 北穂東稜 【定例山行】

北穂高東稜、奥穂高岳に別れ、残雪の穂高を堪能しました。


2016.04.23-24 尾瀬 至仏山・景鶴山 【準山行】

尾瀬は、雪が少なく、至仏山からの山スキーと、藪山の景鶴山は、ギリギリの季節となりました。まさかの、尾瀬ケ原は、雪なしです。
「至仏山」は、尾瀬ケ原方面は滑走禁止、悪沢ルート、鳩待峠方面は滑走がなんとかできる程度でしたが、山頂からは、平ヶ岳、会津駒ケ岳、武尊山や遠くは後立山連峰まで見ることができ、気持ちよい山頂でした。
また、「景鶴山」は、取り付きには雪がなく、藪漕ぎを強いられましたが、なんとか1800m付近より雪山となり、雪と岩と藪のミックスの山頂を楽しみました。
手前の与作岳からの「景鶴山」はカッコ良い三角形をしています。
尾瀬の花、ミズバショウは咲き始めたばかりです

⇒写真をもっと見る

2016.04.10 立岩トレーニング 【岩トレ】

今日も曇りながらも暖かく穏やかな日でしたが、しらびそは岩場トレーニングで汗を流しました。
新人会員も増え、山登りの最低限の知識と技術を習得できるよう、立岩トレーニングはできるだけ参加してもらうようにしています。
懸垂下降、支点の構築、リードとフォロー、確保など、一通りのメニューはこなせたのかと思います。
皆、時に真剣に、時に笑顔で楽しいトレーニングとなりました。
GWは穂高に登ります。
参加者には良い練習になったでしょうか??

⇒写真をもっと見る

2016.04.03 藤原岳 【準山行】

雪解けと共に、お花の便りが届いています。
島田しらびそ4月の準山行は、花の百名山であり、300名山の「藤原岳」でした。
あいにく、7合目くらいから霧雨となり、太陽が顔を見せてくれることはありませでしたが、8合目上からは福寿草がたくさん咲いていました。
雨に濡れる福寿草もみずみずしく綺麗でした。
その他、ミヤマカタバミ、ヤマネコノウメソウ、ニシキゴロモ、セリバオウレンなど、花の数は多くはありませんでしたが、山の花が咲き始めています。
夏に向け、徐々に体力を上げていきたいところですね。
下りの、聖宝寺道コースは、トラバース道が多く、滑るところもあり、危険箇所もありました。慎重に下るようにしたいところです。ただ、ニリンソウの群落が花はまだですが、たくさんありました。あと1か月後にはニリンソウ一面に咲くのでしょうか?
コース:
登り:大貝戸道3時間
下り:聖宝寺道2時間

⇒写真をもっと見る


2016.03.27 伊久美ハイキング 【ボランティア】

春*里山はく」のプログラム島田市伊久美里山ハイキングのガイドのお手伝いをしました。
島田しらびそ山の会の活動の中で、地域貢献の一環として平成22年から伊久美ハイキングコースの整備などのお手伝いをしています。
普段歩かれない方も、里山ハイキングと伊久美地域の方々の温かいおもてなし、イノシシ汁や天ぷら、お汁粉などをいただいて、心も体もハッピーになり帰っていただいたようです。
里山では、ヤブツバキのトンネンルや、ミヤマシキミ、シバノキなどの花が春を告げていました。里山はまた高山にない温かさがありました。

⇒写真をもっと見る


2016.03.05 白馬乗鞍岳 【定例山行】

2月の鍋倉山に続き、山スキー企画第2弾は「白馬乗鞍岳山スキー」です。
栂池スキー場の栂の森駅より2時間ほどで、雪の別天地「天狗原」です。
天狗原から山頂までは、最高の雪質。
スノーシュー組とスキー組で別れて、ヒップソリ、スノーボード、スキーを楽しみました。
暖かく穏やかな1日と、最高の雪に、皆笑顔が絶えませんでした。
お昼に頂いた生姜焼き丼で、元気いっぱい下山することができました。
オーストラリアガイドツアーの方もおり、一緒に集合写真をパシャり。
毎年、定例にしたい山スキーグラウンドです。

⇒写真をもっと見る

2016.02.22 蓼科山 【準山行】

2月の準山行は、日帰りスノーシューでした。
前日の雨のためか樹林帯は、氷の道となっていましたが、2200m辺りからは、柔らかい雪道となりスノーシューを装着。
将軍平からの登りは急ですが、皆思い思いにノートレースの道を選んでラッセルを楽しみました。山頂は、すずらん峠から来た登山者で賑わっていました。
我々しらびそメンバーは、人が少ない国際スキー場から、竜源橋へのマイナールートを交差縦走したため、静かな山旅を楽しめました。
それにしても雪が少ないですね。

⇒写真をもっと見る

2016.02.13 北信 【定例山行】

2月定例山行、1泊2日の上越山スキーは天候不順のため、土曜日帰りの鍋倉山に変更しました。読み通り雨は降らず、スキー7名、スノーシュー3名は、北信濃の鍋倉山を楽しんできました。山頂では日本海、妙高山が見えました。パウダーのはずが、暖かい日が続き4日ほど前に降った雪は重く腐っていました。山スキー初デビュー3名は悪戦苦闘しながら、転ぶ回数の多さを楽しんでいた?ようです。
⇒写真をもっと見る
2016.01.10 八ヶ岳 赤岳主稜 【定例山行】

定例山行 赤岳集中として県界尾根と、赤岳主稜でした。
3連休の行者小屋は、たくさんの人で賑わっていました。
赤岳主稜は、4パーティほどが取り付き、多少渋滞しましたが、気持ちよい主稜線を快適に登ることができました。
雪が少ない分、いくらか登りやすかったかもしれません。
核心のチョックストーンも下からくぐっているパーティもいましたが、練習のためトライしました。
ビレイ点も4か所ほどきっちり打たれており、ガイド登山される方のためにしっかりしたルートであると思います。
⇒写真をもっと見る

2016.01.10 八ヶ岳 県界尾根 【定例山行】

1月10日11日、7名で県界尾根に行って来ました。巻き上げる風は強かったですが、雪が少なく初日で赤岳山頂へ立ちました。2日目は標高2600m付近で雪上訓練。ロープワーク、雪稜登坂、少々のアイス、ラッセルと程よい斜面で充実した時間を過ごしてきました。別班2名は赤岳主稜へ。
⇒写真をもっと見る