○○の日記 本文へジャンプ
山行報告_2013

2013.12.1 長者ヶ岳・天子ヶ岳 【忘年山行】

島田しらびそ山の会の12月の忘年山行は、長者ヶ岳・天子ヶ岳でした。
新東名の富士宮インターを過ぎ、139号に入ると毛無山塊の山々が目に入ります。
主峰の毛無山を目印に南下すると、三角形に尖った山が天子ヶ岳でその北側が長者ヶ岳。
名前を聞いて由来を調べてみると、炭焼き長者と都の皇女の伝説があったようですね。
伝説にもあるように、春にはサクラ、スミレやカタクリ、キキザキイチゲ、シロヤシオ、ツツジなどが咲く木漏れ日の良く入る素晴らしい林層で、今回のような初冬の小春日和には終始林の間から立派な富士山を見ることができおすすめの山です。

今回は、忘年山行らしく15名参加という大所帯ならではの会話の耐えない楽しい山行となりました。
登山道は、東海自然遊歩道に指定され、綺麗に整備されていて足にも負荷の少ないゆったりとしてハイキングコースとなっています。

是非、花の時期にもう一度訪れたい山です。

★記録★
8:00  田貫湖(休暇村富士駐車場)
9:50  長者ヶ岳 10:05
10:50 天子ヶ岳 11:20
13:30 田貫湖

⇒写真をもっと見る

2013.11.17 秀麗富岳十二景 滝子山 【準山行】

島田しらびそ山の会の11月の準山行は、大月の秀麗富嶽十二景「滝子山」でした。
秀麗富嶽十二景の富士山を見るには、もってこいの晴天に恵まれ、青々とした外輪山の上には、雪をまとった富士山が厳かに聳えていました。
富士山を見るには良い季節になったと実感し、秀麗富嶽十二景の景色のすばらしさにも触れる事が出来ました。
今回も年齢層がばらばらの7名での楽しい登山となり、山頂付近で豚汁を皆で食べながら富士山をながめての昼食となりました。

寂しょう尾根も、ミズナラ、コナラの林が素晴らしい紅葉をつくり、気持ちよい尾根歩きをする事が出来ました。
下山路の沢のルートも、沢沿いのため光が降り注ぎ、紅葉の絨毯をよりいっそう赤く染めていました。

滝子山は、紅葉ハイクに最適の山です。

★記録★
8:00  桜公園駐車場
9:00  大鹿林道 寂しょう尾根 
11:45 滝子山 山頂 12:45
12:55  鎮西ヶ池
15:00 桜公園駐車場

⇒写真をもっと見る

2013.11.03 笊ヶ岳〜布引山 −ランカン尾根− 【定例山行】

島田しらびそ山の会の11月の定例山行は、「笊ヶ岳」でした。
戸屋林道から急登のランカン尾根を登り、小笊、笊ヶ岳へ登頂!!
帰りは、布引山経由で老平におりました。

カラマツや、もみじの紅葉の盛りの山域の登山でしたが、ランカン尾根の急な登りは、倒木あり、岩あり、やせ尾根あり、薮漕ぎありと飽きのこないながらも、ハードな登りとなりました。
今回は、20代〜70代までの総勢12名での山行でしたが、メンバーで協力しての12名全員登頂ととなり、なんだか感動ものでした。(涙)

小笊の薮漕ぎを越えると、富士山が顔をだし、周りの紅葉の山とのコントラストが素敵でした。
この景色が見たかった。というメンバーの顔は達成感で活き活きとして見えました。

2日目はあいにくの雨の出発でしたが、布引山からの下山も、ザ・南アルプスという苔むしたシラビソ林が続き、南アルプス好きにはたまらない雰囲気。

下山時の沢の渡渉も皆で協力し濡れずにすみました。
今年の会の山行を代表する、山行になった事でしょう。

★記録★
1日目
5:15  戸屋林道途中P 駐車
6:30  林道終点 
7:20  大金山 分岐
7:35  ランカン尾根 取り付き
9:50  1827m
10:50  1848m
12:00  2125m
13:30  2261m
16:00 小笊
16:35 笊ヶ岳

2日目
7:00  笊ヶ岳
8:00  布引岳
10:10 桧横手山
13:00 広河原
15:30 老平
⇒写真をもっと見る


2013.10.27 愛鷹山山塊(越前岳〜鋸岳〜位牌岳) 【準山行】

島田しらびそ山の会10月の準山行は、愛鷹山山塊周回でした。
前日の雨も問題なく、登山道は、ぬかるみも少なく快適な出発。
黒岳では、富士山が青い空に映え、私達を迎えてくれました。
越前岳までの登山道では、コミネカエデが真っ赤に染まり、ウリハダカエデ、ホソエカエデの黄色い落ち葉が登山道を色とりどりに染めていました。
また、クリタケ、スッポンダケや、キクラゲに似たキノコや、サルナシの実も秋の深まりを感じさせてくれました。

今回のメインは、鋸岳の通過。
急な落石が多いガレ場の下降、外岩の鎖場のトラバース、外岩の登りで計4回ロープワークの練習としてプルージック等で通過しました。
空につきたった、鋸のピナクルは、槍のように伸び、メンバーの気持ちを奮い立たせたようです。

10時間超の行動時間も、10人のメンバーで楽しく乗り切りました。

★記録★
山神社(7:15)ー黒岳(8:15)ー越前岳(10:15)ー呼子岳(11:15)ー割石峠(11:45)ー鋸岳(13:15)ー位牌岳(15:30)ー山神社(17:30)(行動時間10時間)

⇒写真をもっと見る

2013.9.29 鞍掛山 【準山行】

島田しらびそ山の会の9月の準山行は、「鞍掛山」でした。
鞍掛山は全国各地にたくさんありますが、甲斐駒ケ岳の信仰の地、日向山の奥にひっそりと佇む鞍掛山です。
日向山の白砂の頂上を通過し、さらに奥へと進みます。
錦滝のコースの下りはかなり急だったようですが、甲斐駒ケ岳の眺望はすばらしかったようです。
このような渋い山の日帰り山行を準山行として取り入れ、毎月企画をしていますので、お楽しみを。

⇒写真をもっと見る

2013.9.14 魚野川水系 登川 米子沢 【定例山行】

島田しらびそ山の会9月の定例山行は、魚野川水系米子沢でした。
台風に少しでも影響がない場所を選定し、当初の計画の南アルプス大井川水系信濃俣の代案となりました。
今年は水が少ないせいか、入渓点では水が伏流し長いゴーロ歩きを強いられました。
そのうちに、ナメを含んだ小滝が連続するようになり、快適に越えていきます。
中盤から上には、細いゴルジュに滝がかかっていたりとまた景色を変えます。

最後のナメの回廊は、永遠に続きそうに空に向かって伸びています。
一度すべったら滑り台となり、振り出しに戻りそうでしたので、慎重に登りました。
渓が狭まるにつれ、草原が現れ、周りには、ブルーベリーの様な味の「クロウスゴ」や、たくさんの「キイチゴ」がたくさん迎えてくれます。
また、こちらでは6月に咲く、ギボウシが今の季節に咲いているんです。
雪渓が遅くまで残っていた事を想像しました。
オニシオガマや、チョウジギクも綺麗に咲いていました。

ツメは、草原のツメへ、5分です。
最後も楽をしてしまいました。

初級の沢ということですが、贅沢にも百名山の巻機山に詰める事が出来、これだけの感動を味わえる沢に感謝です。

★記録★
6:10 桜坂駐車場
6:30 入渓(伏流)
7:15 3段40m大滝(右岸高巻き)
8:14 17m大滝出合い
8:44 ゴルジュ入口
9:00 ゴルジュ出口
9:05 15m2段滝
10:21 二俣
10:45 遡行終了
10:50 詰め終了
11:17 巻機山
11:35 巻機山奥のケルン
14:10 桜坂駐車場

⇒写真をもっと見る

2013.8.25 奥秩父笛吹川水系 東沢 鶏冠谷右俣 【準山行】

8月の準山行は「奥秩父 笛吹川水系 鶏冠谷右俣」
今回も、あいにくの雨でしたが、秩父のナメ床の沢を存分に味わってきました。
ロープワークの練習もかね、はじめの10m滝や、各所の6m滝等でロープでの登攀、ビレイ、懸垂下降の練習を行いながらの沢登りとなりました。
登りにくくすべる滝も多くありましたが、スムーズに進むことができ、25m滝では左岸の高まきを慎重に行いました。
登山道へでる石楠花の藪漕ぎとルートファインディングなどさまざまな要素のトレーニングになりました。


記録
6:10 西沢渓谷入り口
6:55 鶏冠谷入渓
7:05 10m滝
8:10 逆くの字滝
8:50 25m滝 左岸を巻く
11:00 2000m地点40m大滝が見えた時点で左岸の枝沢から徳ちゃん新道を目指します。


⇒写真をもっと見る

2013.8.10 穂高岳キャンプ 【定例山行】

8月の定例山行は、、槍/大キレットでした。
穂高も3日間晴天。
1日目
槍沢から槍ヶ岳へ。(殺生ヒュッテ幕営)
2日目
雲海の槍ヶ岳でブロッケン現象を見る事が出来ました。
そして大キレットへ!!
長谷川ピーク、飛騨泣きと難所を超えて行きます。
カナビナやロープを使用しながら大キレットを通過します。
一番神経を使うのが落石を落とさない事。
北穂高岳へ登頂した、メンバーから笑みに達成感が感じられました。
北穂高岳南稜の下りも鎖場が多く慎重な行動が必要ですね。
北穂高南稜を下り涸沢へ。
涸沢にて後半組と合流し、大キレットと穂高の話に肴がつきません。
後半組は、ザイテングラードから奥穂高、前穂高の予定。
3日目
涸沢ー上高地
---------------------------------------------
8月の定例山行(後半組)
1日目
上高地〜涸沢
涸沢は、まだまだ雪渓が残り寒かったのが印象的でした。
2日目
涸沢〜奥穂高岳〜前穂高岳〜岳沢〜上高地
朝一番でザイテングラードより穂高岳山荘を目指します。
奥穂、前穂高からの景色は抜群だったようです。
今年のお盆は、人が多く穂高岳山荘のはしごや、岳沢の下りで渋滞がかなり発生。
おかげで、行動時間は12時間を超えての下山となりました。
お疲れさまでした。
前半組との少しばかりの宴は楽しかったですね。

後半組の食事のタコライスと抹茶プリンは絶品でした。


⇒写真をもっと見る

2013.7.14 南アルプス 大井川 奥西河内 【定例山行】

7月の定例山行は、去年の南アルプス沢シリーズ「魚無沢」に引き続き、大聖平へと突き上げる奥西河内を遡上しました。沢詰めのこの景色は最高に美しいです。また、最後の60mの滝は、沢山行のフィナーレを飾るすばらしい大滝を見ることができました。


⇒写真をもっと見る

2013.6.23 三ツ峠 マルチピッチクライミング練習 【岩トレ】

6月の準山行という形で、三ツ峠にてマルチピッチクライミングの練習を行ってきました。
夏に向けてたくさんのパーティーや、講習会も開かれており、中央カンテの一部をなんとか確保し、順番待ちでしたが、2回、中央カンテで練習することができました。
壁が高くなるほど危険度が増します。基本は忠実に、パーティーの意識も統一し、普段の立岩のトレーニングもしっかり行うことが改めて大事であることを再確認。
曇り、晴れを繰り返す変な天気でしたが、有意義なロープワーク練習がとなりました。


⇒写真をもっと見る

2013.6.9 花と鳥のしらびそトレッキング 甲武信ヶ岳、十文字峠 【定例山行】

梅雨の間の晴れ間の中、2013しらびそトレッキングを開催。
一般参加者32名、会員17名が参加し、 Aコースは、毛木平~甲武信ヶ岳山頂。Bコースは、シャクナゲの十文字峠の2コースで行われました。
花を見ながら、鳥の声を聞き分けて、参加者の皆さんも、少しは花と鳥に興味を持っていただけたでしょうか。

Bコースはシャクナゲが見事ですね。
鳥を見ながらのゆったりとしたBコースでは、いろいろな鳥を観察出来たようですね。

また、Aコースの千曲川信濃川源流の水は本当に美味しかったですし、頂上の集合写真が皆、達成感のためか笑顔がハツラツとしています。
皆様、御参加ありがとうございました。
花:シャクナゲ、ベニバナイチヤクソウ、レンゲツツジ、シロバナノヘビイチゴ、コミヤマカタバミ、バイカオウレン、マイズルソウ、キバナノコマノツメ。

鳥:ヒガラ、ミソサザイ、ルリビタキ、オオルリ、エゾムシクイ、トラツグミ、センダイムシクイ、メボソムシクイ、ホシガラス、コマドリなどなど。


⇒写真をもっと見る

2013.5.19 丹沢 葛葉川本谷 沢登り 【準山行】

島田しらびそ山の会5月の準山行は、「丹沢 葛葉川本谷」の沢登りでした。
沢初心者を連れての沢登りとなりましたが、皆さんしっかり岩を掴んでシャワークライミングを楽しんでいました。
何より新緑の中の沢は素敵ですね。今回は、ロープワーク講習も出来、沢遡行の後は、三ノ塔まで登り、花や鳥の声を楽しみました。
GWは雪の劔岳、次の週には沢登りと、ジャンルにとんだ活動を楽しんでいます。


2013.5.12 前黒法師岳 【準山行】

島田しらびそ山の会、5月の準山行は、南アルプス深南部寸俣三山のひとつ「前黒法師岳」
標高差1400mの急登をメンバーよく歩きました。(往復約8時間)

深南部の樹林帯は杉林、ヒメシャラ、ブナ、コメツガと樹林の層が少しずつ変わり目も体も楽しめる山です。

花々が咲き、アオダイショウや、ヤマヒルなど、動植物も活発に動き出している事に、山の季節が始まったという感じを味わえ、楽しい山歩きが出来ました。

そして、恒例のヤマヒルにも数匹出会いました。

*出会った鳥*
オオルリ、ジュウイチ、センダイムシクイ、ヒガラ、ルリビタキ 等
*出会った花*
ヒメウツギ、ベニバナタニウツギ、バイカオウレン、コイワカガミ、ヤマイワカガミ(白)、アカヤシオ



2013.5.3-6 劔岳・立山 【定例山行】

島田しらびそ山の会 5月GW の定例山行は「雪の劔岳・立山」でした。
スキーの得意なメンバーを中心に、山スキーをかねての山行となりました。
1日目には、雷鳥平にテント設営。
2日目には、トレースのない道をトップで入山。
劔山荘から前劔、カニの横ばいをとおり劔岳頂上へ。
当日は、かなり視界も悪く強風の中の登頂となりました。
3日目は、奥大日岳登頂
4日目には、一ノ越より黒四ダムへ。

雪多き立山のすばらしい景色に、おのおの自由にシュプールを描き、すばらしい山行を終えました。


2013.4.29 甲武信ヶ岳 【準山行】

6月9日に行いますしらびそトレッキングの下見に行って来ました。
Aコース 甲武信ヶ岳 毛木平は、しらかば林が美しく、沢沿いのAコースはビックリするくらい美しい登山道。沢のさわやかな風にのり、ルリビタキ、エゾムシクイなどが綺麗な声で鳴いていました。
まだ、残雪が多いですが、1ヶ月すればかなり溶けてなくなるでしょう。
千曲川源流からの登りを越えると、シャクナゲと岩肌の奥にきりっとたった甲武信ヶ岳が見応えがあります。 頂上からは、金峰山をはじめ近隣の盟主の山々の眺望がすばらしかったです。

Bコース しゃくなげの十文字峠 十文字小屋の周りでは、たくさんのシャクナゲが、たっぷり真ん丸したツボミをつけていました。 今年も当たり年となるといいですね。 少し行った乙女の森でも青々とした葉を宿したシャクナゲの群落が見事でした。

6月9日は、満開でしょう。 また、毛木平のベニバナイチヤクソウもシラカバ林の下でしっかり葉っぱをつけておりました。 楽しみです。 まだまだ、人数募集しておりますので、是非この機会に、一緒に山に登りませんか? お願いします。 ※今回の下見は、A、Bコースを周遊してきました。当日のコースで危ない所はありません。  しっかり、しらびそ会員がサポートしますので、御安心下さい。



2013.4.20-21 中央アルプス 空木岳《残雪期》 【定例山行】

島田しらびそ山の会4月の定例山行は、中央アルプスの盟主「空木岳」でした。あいにくの雪となり、2日目は、かなりの行動時間となりましたが、無事登頂を果たしました。
1日目
コースは、池山小屋の美しいダケカンバの林を抜け、マセナギ、を直登。
その後、大地獄の凍結した鎖場を慎重に渡り、小地獄を直登しました。
当然、ロープワークが必要とされ、ピッケル、を慎重に斜面に刺してのルートとなりました。
2日目
あいにくの雪と風に、時折ホワイトアウトし、視界は10mくらい。
なかなか厳しい山行でしたが、無事登頂、下山となりました。

下りの小地獄のロープワークに少々手間取りましたが、メンバーの良い経験となりました。



2013.4.7 丹沢 【準山行】

雨上がりの強風の中、気持ちよい山行が出来ました。



2013.3.31 岩場トレーニング 【準山行】

夏に向けて特訓です。
恒例の立岩トレーニングに行って参りました。 島田しらびそ山の会に入会すると、はじめに立岩のロープトレーニングを必ず行います。 本日は、新人さん2人は、初めての立岩にもかかわらず、笑顔で懸垂下降&クライミングを楽しんでいました。 夏の岩峰に行くためには、ロープワークは必須ですね。■本日のメニュー■懸垂下降、トップ、ビレイ練習、マルチピッチ練習、カム、ハーケンの実演、鐙、自己脱出。



2013.3.16-17 乗鞍岳スノーキャンプ 【定例山行】

定例山行で乗鞍岳に行ってきました。休暇村乗鞍高原前に駐車しリフトを3本乗り継ぎ位ヶ原下部にBCを設置し、翌日快晴の中、乗鞍岳山頂を参加13名全員が登頂できました。



2013.2.17 車山スノーシュー 【定例山行】

定例の雪上スノーシューハイキング。晴天の下、たまに雪にうもりながらでしたが、楽しいスノーシュー遊びができました。また、スキー派の会員も、スキーをはいて雪上ハイクに同行。さまざまな種類の雪山ハイキングとなりました。
北アルプス、南アルプス、御岳、浅間山、もちろん八ヶ岳も、最高の眺望に山座同定が楽しかったです。



2013.1.13‐14 八ヶ岳キャンプ 赤岳 【定例山行】

1月13~14日にかけ、八ケ岳赤岳に行ってきました。A班は地蔵尾根~赤岳~文三郎尾根、B班は赤岳主稜~赤岳~地蔵尾根でした。14日の天候悪化を予想し、入山日にそれぞれ赤岳に登頂しました。まずは、A班の写真を見てください。