エムテック松本の讃岐の里山に登る。


讃 岐 の 里 山 に 登 る 。


日本一狭い我県ですが、讃岐の里山
だって捨てたものじゃない。山登りには其々色んな楽しみ方があるじゃないですか。
標高の高い山が無い負け惜しみに聞こえるかも知れませんが讃岐にも数多くの名前
が付いた山々があります。完全制覇には程遠いですが私頑張っています。
讃岐は四国の香川県の江戸時代の名称です

最近多くの里山で新しい登山道が出来ています。
私達人間の山歩きと言うわがままで動植物のテリトリーを侵害しない様
今までに在った道を通りましょう。




(スライドショウは2回りいたします。)

55歳にもなって讃岐の里山に登り始めて山歩きにはまっています。現在68歳になりました。
何時まで歩けるやら分かりませんが健康保持の為、出来るだけ頑張りたく思っております。

本ホームページを閲覧頂き感謝いたします

アクセスカウンター人目のお客様に幸せあれと祈っております。
 私が登った山々の記念にと思い撮影した画像を掲載いたしております。
唯、私は方向音痴でしてその点お許しを。また数年前の画像が当然あります。
現状とは合致しない場合も当然あります。これは致し方ありません。
何がなんでも三角点を目指す方、山頂の土を記念品にされる方、山野草の画像目当ての方、
景色を記念にされる方、私のように単に登るだけの者、色んな楽しみ方が有るようです。

尚、本HPで登山道としてある道は私が通って山頂まで達した道であり正規の登山道では無い
場合が多々あります。くれぐれもお間違いの無い様にお願いいたします。


また、私の様な者で宜しければ本HPに掲載している山は同行させて頂きます。
メールもしくはゲストブックにて連絡をお待ち致して居ります。

◆◆   教訓   そこに聳え立つ山は決して登山者から逃げて居なくなる事は有りません。悪天候時は無理をせず、次回に登頂する勇気を持ってこそ真の登山者です。 寒い季節に登りましょう。長い者がいません。  装備は充分すぎる方がいいです。  登山道入り口に簡単でもいいですから登山計画書を置きましょう。体調が良くない時は登山を中止しましょう。 何事が起きても全て自己責任です。  『エムテック松本』  ◆◆ 



リンクフリーです。適当に加工してお使い下さい。
メール又はゲストブックにてお知らせ頂ければ当HPにリンクをさせていただきます。



私の歩いたルートは完全に正確ではありません。
その地図は拡大縮小出来るものもあります。
歩行時間は完全に間違っています。


標高順 五十音順 トピックス リンク
メール 讃岐の里山 讃岐山脈の山 四国山地の山
ゲストブック 登山順 登山予定 その他
パソコンの調子が狂いだしました。何時UP不能になるやも知れません。
悪しからず。出来るだけ頑張ります。不調は継続中です。