籾殻堆肥

 

ホームに戻る

 

籾殻堆肥は、栽培期間中に分解しないので水はけ、酸素の保持に優れた素材です。

 

生でも使いますが、生では水持ちが悪いので、発酵させ水持ちをある程度良くします。

 

上の理由で完熟は必要なく、下の方法で必要な材料が出来ます。

 

準備

 

米ぬか10リットルにバイムフード100ミリリットルの割合で混ぜておく

モミガラに100倍の砂糖水をかけ、ブルーシートで覆っておく。


 

積み込み

 

左官用の船に50リットルの籾殻を入れ、

100倍の砂糖水が、握るとにじむぐらいに調整し、

発酵剤入り米ぬかを2.5リットル入れ、

満遍なく切り返す。

この作業を繰り返します。

籾殻の総量、435リットル。

堆肥枠の底に、熱湯入りの2リットルのペットボトルを

2本入れる。

 

 

切り返し

 

 

堆肥の温度が40度より下がったので、1回目の切り返しをする。



前回同様、水分を補給し、

 

籾殻10リットルに発酵剤入り米糠0.5リットルの割合で混ぜ合わせ満遍なく切り返す。



以上の作業を4回繰り返す

 

4回目は米ぬかを混ぜないで水分補給のみ

 

1週間で完成

 

 

  

完成

 

 

 

日陰で乾かして土嚢袋で保管する