ダルマ作り

 

 ホームに戻る

 

 培養土、基本の配合割合

品種により肥料分等を加えます

 ポット  腐葉土 3 籾殻堆肥 1 スーパーミックスA 1 赤玉土(小)2       

パーライト 1 クンタン 1 ソフトシリカ 1

5号、7号鉢   腐葉土(クヌギ 2 カシ 2) 籾殻堆肥 1 ヤシガラ 1 

赤玉土(土こうじ) 2  クンタン 1 パーライト 1 

ソフトシリカ 0.2   リン酸こうじ 0.4

  

肥料

品種により変えていますが、標準の量です

乾燥肥料  中鉢   10〜15cc 

      定植時    30〜60cc

       厚物の追肥2回  15ccづつ

  管物   元肥のみ  30cc

 

 

液体肥料  厚物の基本は8月15日から9月10日まで3日に1回与えます

管物は8月15日頃ドブ漬け1回、あとは葉面散布だけです

消毒液にヨーゲン2号(1000倍)を混ぜて与えます

 

肥料調整

9月15日、20日の2回、ハイポネックスPK1000倍液を与えます。

1回目はドブ漬け(バケツに液を入れて10分ぐらい漬けておきます)

PK肥料を9月16日、10月1日10cc鉢上に置きます(肥料残りの無いようなものは1回だけ)

 

 親株の管理

冬至芽の1回目の摘芯を4月15日頃行い、伸びてきた芽、

切り花の挿し穂を取った後に伸びた芽を使います。

 1週間前にBナイン1000倍をかけ、冷蔵処理。

 

Bナイン

摘芯前後に1000倍

枝を誘引して支柱にとどく前に1000倍

支柱に誘引してから300〜500倍(8月31日まで)

蕾を1つにするとき250倍を脇蕾を取り切口に塗る

あとは250倍を首に筆で塗ります(花弁が垂れ始める頃まで)

 鉢底から天花の上まで65センチ以下の規定ですが、

オーバーしそうなときは9月末までBナイン300倍を全体(葉の裏、表まで)に散布します。

花首が伸びて間延びのしたものより大輪が咲きます。

 

挿し芽(参照)

6月1日頃から始め、品種によって変えています。

越山系、兼六系は、1日、5日頃、

泉郷富水は、5日頃、

品種により、10日〜25日にも行うものがあります。

 

ポット上げ(6月14日頃から)

6センチか9センチのポットに根の出方の良いものを植え替える。

   Bナインは芽が動き出したら1000倍で散布します。

ポットで1回、液肥を与える。

 

 中鉢(5号鉢)(6月24日頃から)

ポットで10日〜14日くらいで植え替える。

鉢ふちに乾燥肥料を15cc入れる。

 

摘芯

葉が新しく展開し、脇芽があるのを確認してから摘芯します。

Bナインは摘芯前に散布していない時は使います。

定植時の人の枝の高さは8センチが目安です。

摘芯は品種により日付を決めており、

遅れることはありますが、成長が早い時はBナインで抑えておき、

同じ日に行います。(品種により5日、差をつけて行う。)

 

摘芯後Bナイン(1000倍)散布

摘芯は脇芽を確認しますから、

先端に芽の無いものは大きく摘芯するものがあり、

脇芽の成長に差が出来ます。

 

摘芯5日後

小さく摘芯したもの

 

 

同じく5日後

大きく摘芯したもの

 

 

枝を根元から倒しておくと、誘引が楽です

 

定植(7号鉢)(7月25日頃から)

 

スリット鉢 を使用

 

鉢底は水苔、竹炭

 

定植後

 

枝が支柱にとどく前に誘引して、Bナインを散布します

8月1日頃、誘引が目安で、早いものはBナインで抑えておく

枝が太いもの、硬いものはビニールテープで誘引します

 

 

枝が支柱にとどいたのでビニール紐で誘引しておきます

 

 

9月9日  蕾が見えます

接木バサミで天地人の高さの確認

Bナインで調整していきます

 

9月30日

輪台を付けて開花を待ちます

肥料調整枝が1本あります

 

 

キッチンペーパーで花弁の保護をします

長距離の輸送があるときはリードを使いますが、

近距離なら薄いものでOK

 

開花中

 

国華聖者

 

 

国華金山

 

 

後日書きます。

 

 上に戻る