とうもろこし
思えば園芸趣味の始まりはこれだった気がする。
もぎたてのトウモロコシをゆでて食べるこのおいしさを知らない人も多いとおもう。
私の実家は百姓だったので爺ちゃんが健在だったころはいろいろ食べさせてくれていた。
因みに(冷凍のコーンじゃ物足りないけど買うならグリーンジャイアントが美味しい)


最初はマジ100円均一のプランターでやっていた。これでも日照さえ確保できれば
結構なサイズのコーンが取れる。ただしプランターあたり2本が限界
コーンつくりの肝は日照にありといっても過言ではない。
家の各所に温室を造ってトウモロコシを植え散らかしてみたので先ず間違いない。
日照の時間によって実の大きさが違うのである。
上は昨年の状況日陰に作っているのでまったく実の入りが悪かった。同じスペースにスイカも育ててみたが
やはり実の生りが悪かった。



この温室に入れるとまっすぐ伸びるはずの植物が斜めに育つこれはやはり日照の影響と考えるのが順当である。
それと同じ苗で早めに植えた苗と遅く植えた苗ではたった5日で大きく差が出る。実が生るのは殆ど同じであるが
葉の枚数が2枚少ない状態で実がなるため養分が少なく実も小型のものになりやすい。
植える日にちを間違えないようにしないと老化した苗では大きく成長しにくいようである。



この植物は今まで失敗という失敗はない大抵の土で育つし吸肥力も強い、ただ葉面散布はかなり薄めにやらないと
これが原因で枯れることになる。トウモロコシは芯食い虫がつくので植える時期は早いほうがよい
ただし温室やドームの場合はまったく関係ない。
ただ早いとアブラムシの時期にあたるので実にたかる場合がある。花粉の時期に雄花の花粉が
咲くが温室で栽培すると風が通らないせいで葉っぱの上に積もってカビが生えて葉が枯れる場合がある。