morokosi
もろこし畑2期作目ははっきり言って失敗だった。
で、どういったことで失敗したかというと日程ズラシ


で試験的に閉鎖空間である温室とその外と植えてみた。病害虫の影響における生育の違いを見てみたかった。
先ずは薬だがBT剤を3回ほどかけてみたしかし芯食い虫の被害は止まらなかった。
実際に路地物はどれ位の防除が必要なのか?一寸悩んでしまった。虫全てが同じように作物に付くわけでは無い。
健全な植物には付きにくい事も知ってはいるが、ここまでしつこくやられると。今後も温室の中で
無農薬で生育させたほうが体には良い気がする。






温室の方が薬もかけずに綺麗に育っている。やはり安全な野菜なら網の中で作りなさいということだ
後はアブラムシを何とかするのが一番だがやはりニームオイルぐらいが適当かもしれない。

ところで今回夏季であることを忘れて一回で全て植えてしまった。こういうことをやると雄穂とメス穂の時期における
時間差を埋められず。



不稔となってしまったこれを防ぐには栄養素の制御と1週ほどずらして数本を別に用意することが必要である。これを行えば
雄穂とズレテ出て来やすいメス穂の時期をこれで何とかできる。
次回3回目をやるかどうか一寸迷っている。