カスタム検索

「夫婦でハワイ旅行」(4)
(2007年度 年賀状1等当選賞品 番号158877 2/1000000の確率)
ハワイ第1日目    ハワイ第1日目-2
ハワイ第2日目    ハワイ第2日目-2
ハワイ第3日目
    ハワイ第3日目-2
ハワイ第4日目    ハワイ第4日目-2
日 程  2007年5月29日〜6月2日(日本時間)
行 程  出発 5月29日(火・日本) 成田空港・NW022・20時55分発
              ⇒ホノルル着8時45分(5/29)
 帰着 6月1日(金・ハワイ) ホノルル空港・NW021・15時30分発
              (ハワイ時⇒成田・18時25分(日本時・6/2)
滞在ホテル  「オハナ ワイキキ マリア」 2211 kuhio avenue honoruru
観光 行動

 (ハワイ時間=日本時間マイナス19時間=+5H−1日) 
 (日本時間=ハワイ時間プラス5時間=−5H+1日
 

第1日
(5月29日)

★カルチャークルーズ(ウクレレ、フラダンスレッスン、
               魚、イルカ:11時30分〜13時30分)
★ワイキキ散策

第2日(30日)

★パールハーバー記念館見学 
★モアナルア植物園(日立の木 モンキーポッド) 
★カメカメハ王宮殿
  (以上観光ツアー 6時45〜11時30)
★ダイヤモンド・ヘッド登山(トロリーバス 15時15〜17時)
★散策、夕食・和食海鮮居酒屋「踊り子」

第3日(31日)

★海水浴(ワイキキビーチ、8時半〜11時)
★ハナウマ湾、サンデービーチ、シーライフパーク 
★ハイウェイ:ヌアヌパリ展望所 
(以上、オリオリバス周遊東海岸ツアー:12時40分〜16時)
★アロハタワー、アラモアナSPC、DFSギャラリー(お土産、夕食)

第4日(1日)

★ワイキキショッピングプラザ MAC朝食 DFC散歩
★ホノルル空港発

第5日(2日)  成田着

ハワイ紀行第4日:Part1(ハワイ・オアフ島、帰路    ハワイ紀行第4日:Part2(オアフ島の概要、最終日・帰路)
  日本一周記    マイ・ホームページ   マイ・ブログ(日本周遊)    国内世界遺産・鎌倉・湘南

【本文関連情報



                      第W日
(6月1〜2日・金、ハワイ⇒日本)



  
 【オアフ島の概要】

  遂に最終日が来た。

  その前に「ハワイ」の概略(オアフ島)について




  ハワイの代表的な本島・オアフ島は、主に八つの島からなる。
 ハワイ諸島の中で三番目に大きな島である。

  火山島であり、規模は縦71 km (44 mi) 及び横48 km (30 mi) で、海岸線の長さは一周で366 km (227 mi)である。
 観光で著名なダイヤモンドヘッドはコオラウ山脈の南端に接し、独立した火山であり、一番高い地点は海面上1,225 m (4019 ft)で、 Waianae(ワイアナエ)山脈にあるMt. Ka‘alaである。
 島の南部には内陸に深く食い込んでいるパールハーバー(真珠湾)がある。 ハワイへの入国は、ハワイの玄関口となるホノルル国際空港がメインになる。

  オアフ島は、ハワイ州の中で一番人口が多く、州全体の八割がこの島に住んでいるという。
 また州政府庁もこの島にあり、政治、経済、また観光の中心となっている。

  島の南岸東寄りのホノルルに主要施設は集中していて、ホノルル国際空港や港湾もここにあり、ハワイ島ほかの隣島への乗り継ぎの拠点となっている。  因みに、ハワイ島のコナ国際空港へは、米国本土、また日本からの直行便・JAL系も運航されている。 
 また空港の他に、島内にあるホノルル港と真珠湾の二大港湾は、太平洋航路における拠点として大きな役割を担っている。
 マウイ島のKahului(カフルイ)空港へも米国本土からの航空便がある。


  古くは世界各国から移民を迎え入れ、現在は世界中からの旅行者を迎え入れているオアフ島は、まさに"The Gathering Place (集いの場)"とも言えるという。
 そして、東洋と西洋の文化が混ざり合った独特の雰囲気は、オアフ島最大の魅力であり、南国パラダイスならではの自然の美しさと、アメリカ近代都市の洗練された混合文化が同時に味わえるのも「オアフ島」ならではであろう。

  市の東部のワイキキにはホテル・コンドミニアムやショッピングセンター等が林立し、世界有数のリゾート地帯となっている。
 東岸は、ワイキキに代表される風光明媚な海岸である。
 又、北岸はノースショアと呼ばれ、冬季には高波が打ちつけるサーフィンの名所となっており、世界各地からサーファーが訪れるとともに、大会等も開催される。

 島内の交通は主として自動車が使われ、鉄道系の交通は存在しない(敷設計画は存在する模様)。
 現地在住者は、原則として自家用車か乗合交通機関を利用する。 

  ツアー観光客は、ほとんどの場合チャーター式のバスで空港/観光ポイント/宿泊施設を巡回する形になる。 
 また、観光客が集中するワイキキ周辺には、観光会社や大型店舗等が出資しているオープン・デッキ型のトロリー・バス(チンチンバス、ただし内燃機関による通常の大型バス)が往来し、ショッピング・センターや観光スポットへの行程に使用されている。
 観光客が個人行動の際に利用する交通機関は主としてタクシーかレンタカーになる。


  「ハワイ」と聞いたら誰もが真っ先にイメージするものは・・? 

  それはやっぱり青い海とヤシの木がそよぐ美しいビーチの風景であろう。
 世界的に名高いワイキキビーチやサーファーの聖地ノースショア、アラモアナ、カイルア、ハナウマ湾、マカハ、コ・オリナ・・・などなど、それぞれ個性に溢れた素晴らしいビーチにグルリと囲まれたオアフ島である。

  有名無名を問わず、どのビーチも海の青さや透明度、砂浜の美しさは天下一品であるという。

  ワイキキビーチは、東はカピオラニパークから西のヒルトン・ハワイアンビレッジまで、約3kmにわたって続く三日月型の美しいビーチで、世界でもっとも有名なビーチと言ってもよい。
 一般的にこのビーチを総称してワイキキビーチと呼んでいるが、正確にいうとここには幾つかのビーチが連なっている。  
  ワイキキビーチの極めつけの場所はというと.、やはりデューク・カハナモク像や交番、フードスタンド、ビーチレンタル・ブースなどが集中するクヒオ・ビーチパークとその西にかけてオン・ザ・ビーチの最高級ホテルが立ち並ぶグレイズ・ビーチあたりだとか。

  オアフ島は年間を通して気温差の少ない温暖な気候に恵まれ、気温の高い8月と9月に32℃を超えることもあるが、大抵貿易風が吹いているので木陰など直射日光の当たらない場所ではとても爽やかに過ごすことができる。
 海水の温度は年間を通して23〜27度で、一年中オーシャン・スポーツを楽しむことができる。
   
 

ホノルル/ワイキキの平均気温

 

2月

4月

6月

8月

10月

12月

最高気温(℃)

27.2

28.3

30.5

31.6

30.5

27.8

最低気温(℃)

16.7

18.9

21.1

21.7

21.1

18.4

降水量 (cm)

6.4

3.3

1.0

1.0

5.6

8.1



【本文関連情報




    【最終日・帰路】

 
 さて、本日はいよいよ最終日である。 
 荷物は昨夜のうちに纏めておいたので先ずは安心で、このままルーム(部屋)に置いとくと、係りのものが空港まで黙って運んでくれるという、JTBならではの何とも有難いサービスである。

  軽い朝食を摂るのと、最後のワイキキビーチをカメラに収めるべく繰り出した。
 浜辺に面したカラカウア大通りは、朝だというのに既に人々で賑わっている、さすがにワイキキのメインStである。


  因みに、「カラカウア」とはハワイ王朝の名前である。
 カラカウアは、カメハメハ5世の跡を継いで国王に選出された。1881年にカラカウア王は移民問題について学び、 又、外交関係を改善するためハワイを発ち、サンフランシスコを経て日本、中国、シャム、ビルマ、インド、エジプト、イタリア、ベルギー、ドイツ、オーストリア、フランス、スペイン、ポルトガル、イギリスを歴訪し、アメリカを経由してハワイに戻っている。

  日本では明治天皇と会見しているほか、ローマ教皇やイギリスのヴィクトリア女王とも会っている。カラカウア王の留守のあいだは妹のリリウオカラニが摂政として統治にあたっていた。


  クヒオ通りは、カラカウア通りから一本山側に入った通りで、われ等のホテル(オハナワイキキマリア)もこの通りに在る。市バスの路線になっているので買い物や観光にでかけるのに便利なロケーションである。
 通り沿いには24時間営業のスーパー、フードパントリーや野菜などの生鮮食料品や日本食、日用雑貨など滞在中の必需品はたいていここでそろう。

  軽い朝食・・?はこの通りの「マックハンバーガー」で戴いた、パンの部分が日本のとは異なり、メリケン粉えを固めてような硬さがあって今一であったが・・。


   ホテルにもどって最後の身支度をし、ロビーにてチェックアウトを行った。 
 因みに今回の旅行費用は冒頭に記載したとおりで全くの無料であったが、ホテル費用としてTVのCS放送・・?の日本語放送が有料放送であったので、その分、数ドルの出費となった。

  DFS及び同じ店内にあるJTBプラザでネット・メールを楽しみ時間を消費する。


  後は午後一番シェラトン・Hよりオリオリエアポートエクスプレスでワイキキを後に一路ホノルル空港へ向った。 
 所定の場所で荷物を受け取り、そのまま搭乗手続き、出国手続き(通関)、手荷物を預けてロビー内で軽い昼食を摂る。

  そのガラス張りのレストランホールの正面に、白色に朱色のマークを施した2階建ての堂々とした「ボーイング747」の姿が横たわっている。  我々の乗る機体である。
 離陸1時間前になって搭乗ホールへ入場となるが、試しに、搭乗手続きの際発行された指定シートの変更が可能かどうか問うたところ、即刻、検索してくれて、はるか前方の方へ席替えしてもらった。
 おまけに2人で4席の予備シートまで確保する事が出来た・・!、

 話はするもんである。

  15時30分、NWA021の機内の人となり、定刻、今では懐かしのハワイ・ホノルルを飛び立った。



「憧れのハワイ航路」  石本美由紀作詞  江口夜詩作曲/昭和23年

晴れた空 そよぐ風
港 出船の ドラの音(ね)愉(たの)し
別れテープを 笑顔で切れば
希望はてない 遥(はる)かな潮路
ああ 憧(あこが)れの ハワイ航路

波の背を バラ色に
染めて真赤な 夕陽が沈む
一人デッキで ウクレレ弾けば
歌もなつかし あのアロハオエ
ああ 憧れの ハワイ航路

とこ夏の 黄金月(こがねづき)
夜のキャビンの 小窓を照らす
夢も通うよ あのホノルルの
椰子(やし)の並木路(なみきじ) ホワイトホテル
ああ 憧れの ハワイ航路



  次頁   ハワイ紀行第4日:Part2

【本文関連情報

 


次頁   ハワイ紀行第4日:Part2(帰路、所要地図概略)
  日本一周記    マイ・ホームページ   マイ・ブログ(日本周遊)    国内世界遺産・鎌倉・湘南
【小生の旅のリンク集】
旅の紀行・記録集
山の紀行・記録集 山のエッセイ
「旅行リスト」

日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (別URLです)

【日本の世界遺産紀行】 
北海道・知床  
白神山地 
紀伊山地の霊場と参詣道 
安芸の宮島・厳島神社  
石見銀山遺跡とその文化的景観 

ハワイ旅行2007
沖縄旅行2008
北海道道北旅行
北海道旅行2005
南紀旅行2002

「山行リスト」 

立山、剣(天の記)(1971年)
白馬連峰登頂記(2004・8月)
八ヶ岳(1966年)
南ア・北岳(1969年)
北ア・槍−穂高(1968年)
谷川岳(1967年)
丹沢山(1969年)
西丹沢・大室山(1969年)
八ヶ岳越年登山(1969年)
西丹沢・檜洞丸(1970年)
丹沢、山迷記(1970年)
上高地・明神(2008年)

「上高地雑感」
「上越国境・谷川岳」
「丹沢山塊」
「大菩薩峠」
 


スキーの記録  
「スキー履歴」