カスタム検索

「夫婦でハワイ旅行」(3)
(2007年度 年賀状1等当選賞品 番号158877 2/1000000の確率)
ハワイ第1日目    ハワイ第1日目-2
ハワイ第2日目    ハワイ第2日目-2
ハワイ第3日目
    ハワイ第3日目-2
ハワイ第4日目    ハワイ第4日目-2
日 程  2007年5月29日〜6月2日(日本時間)
行 程  出発 5月29日(火・日本) 成田空港・NW022・20時55分発
              ⇒ホノルル着8時45分(5/29)
 帰着 6月1日(金・ハワイ) ホノルル空港・NW021・15時30分発
              (ハワイ時⇒成田・18時25分(日本時・6/2)
滞在ホテル  「オハナ ワイキキ マリア」 2211 kuhio avenue honoruru
観光 行動

 (ハワイ時間=日本時間マイナス19時間=+5H−1日) 
 (日本時間=ハワイ時間プラス5時間=−5H+1日
 

第1日
(5月29日)

★カルチャークルーズ(ウクレレ、フラダンスレッスン、
               魚、イルカ:11時30分〜13時30分)
★ワイキキ散策

第2日(30日)

★パールハーバー記念館見学 
★モアナルア植物園(日立の木 モンキーポッド) 
★カメカメハ王宮殿
  (以上観光ツアー 6時45〜11時30)
★ダイヤモンド・ヘッド登山(トロリーバス 15時15〜17時)
★散策、夕食・和食海鮮居酒屋「踊り子」

第3日(31日)

★海水浴(ワイキキビーチ、8時半〜11時)
★ハナウマ湾、サンデービーチ、シーライフパーク 
★ハイウェイ:ヌアヌパリ展望所 
(以上、オリオリバス周遊東海岸ツアー:12時40分〜16時)
★アロハタワー、アラモアナSPC、DFSギャラリー(お土産、夕食)

第4日(1日)

★ワイキキショッピングプラザ MAC朝食 DFC散歩
★ホノルル空港発

第5日(2日)  成田着

ハワイ紀行第3日:Part1(フォート・デ・ルッシー・ビーチ、ハナウマ湾、サンディビーチ)     
 ハワイ紀行第3日:Part2(シーライフパーク、ヌアヌパリ展望所、アラモアナ・ショッピングセンター)
  日本一周記    マイ・ホームページ   マイ・ブログ(日本周遊)    国内世界遺産・鎌倉・湘南

【本文関連情報



                     第V日(5月31日・木、inハワイ)


     【初めてハワイの海へ浸かる・・!!】

  今朝は時間に追われることも無く、ユックリと起床した。 
 本日の取り敢えずの予定は、ハワイに来たからには一度海に浸かろうということで午前中は海水浴と決めていた。

  ハワイは「常夏の島」と言われるとおり、Tシャツに短パンで一年中過ごせるのである。
 気候に関して先ず気温であるが、夏の間6月から8月くらいまでは最高気温が29〜31℃、最低気温が21〜23℃くらいといわれる。

  ホノルルの位置は北緯21度19分、西経157度55分。
 太平洋の真ん中にあって年間をとおして貿易風(偏西風)が吹き抜ける温暖な気候なのである。この風とハワイ諸島の周囲を取り巻く海の状態が天気を左右するという。
 ハワイでは日本のようなはっきりとした四季はないかわりに、大きく分けて乾季と雨季に分けられている。
 今の時期は乾季に当たるので、傘が必要なことは殆どないという。

  しかし、ハワイ各島は小さな島とはいえ、場所によってずいぶん天気が違うようでワイキキからダウンタウンにかけては晴天率が高めですが、アラモアナビーチから見える山の上にはいつも雲がかかっている。 
 島によっても多少違いがありますが、だいたい島の北東地域は雨が多く、南西地域は天気がいい傾向にあるという。これは北東から吹いている貿易風が運んでくる雲が、島の中央にある山地にぶつかって雨を降らせるからで、オアフ島では、カネオヘやマノアが雨の多いエリアであるという。

  ハワイで最も気温が低いのはハワイ島マウナケアの山頂で、月間平均最低気温はなんと−3.8度、最高でも5.8度で、10月〜3月はハワイでただ一カ所スキーが出来るところとして知られている。


  気になるビーチでの体感温度であるが、ワイキキやアラモアナビーチは冬でも泳げるという。 
 曇っていたり風が強かったりすると結構寒いようではあるが。
 海へ入るならワイキキは人が多いしビーチも狭いのでお勧めはアラモアナビーチがいいともいう。
  ハナウマ湾も通年で泳げるが、夏でも水は冷たく風も強いので、朝から出かけて午後は早めに引き上げるのが得策とか。
 そして、年間を通して空気が澄んでいるため日射しは思っている以上に強く、冬でも日焼け止めを忘れず紫外線対策もお忘れなくということ。

  一般にハワイ旅行に出掛けるには、服装は長袖を一枚持って出ること、これは飛行機の中も冷えるので夏でもお忘れなくと。
 ワイキキやアラモアナのビーチは一年中泳げるが、水温はやや低め。
 また冬は雨季になってシャワーが多くなるので折り畳み傘があると安心である。

  ハワイは太平洋に浮かぶ小さな島、ちょっとした気圧の変化や雲の動き、あるいは海のうねり具合で天気は簡単に崩れてしまう。
 それでも2〜3日すれば「いつもの良い天気」が戻ってくるのが常夏の島、ハワイの良いところ。
 1週間程度の滞在中、ず〜っと雨に降られっぱなしなんてことは、まずないらしい。
  抜けるような青空と眩しく輝く青い海、風にそよぐ椰子の木、そしてカラッとした爽やかな気候。

  レッツ・エンジョイ・ビューティフル・デイズ・イン・ハワイである



    【フォート・デ・ルッシー・ビーチ(Fort De Russy Beach)】

 ・・と言うわけで、今朝のオアフ島の天候は今までと違ってやや雲の多い空模様であるが、雨の心配は全く無い。
 われ等は水着姿でワイキキの浜辺へ向った。

  JTBのオリオリビーチステーションが有るというので探したが見当たらず、シェラトン・Hの西方の公園が隣接する「フォート・デ・ルッシー・ビーチ」へ出掛けた。
 芝生にやしの木が茂る海岸で、この林の中に陣をとり早速ワイキキビーチの海へ飛び込んだ、・・とは言ってもやはり海水はやや冷たく、ソロリソロリと入水するのであったが。

  しばし遊泳を楽しんだ後、チョット沖合いにある浅瀬の岩礁でフィッシュウオッチングを暫しの間楽しんだ。

  数種類の色も賑やかな魚が岩だなに戯れていて一時を楽しんだ。 
 沖合いから眺めるワイキキのホテル群と、あのダイヤモンドヘッドの山並みが一服の絵のように見渡せるのである。
 ワイキキの西部海岸・フォート・デ・ルッシー・ビーチは、人も少なく日本人は皆無に等しい、まさに穴場的存在である。
 ワイキキビーチから西へ、アウトリガー・ワイキキとヒルトン・ハワイアン・ビレッジホテルとの中間に位置し、芝生とビーチが隣接した場所で、波打ちは小石があるが3〜40m先には膝位の浅瀬の磯があって、各色鮮やかな魚が確認できる。

  一時のハワイの海の感触を楽しんだ。
 

フォート・デ・ルッシー・ビーチ公園 フォート・デ・ルッシー・ビーチ


     【オアフ島周遊へ・・、】

  2時間も経たないうちに海水浴を切り上げ、ホテルへ戻って身体をサッパリ洗い落とし、軽い昼食を摂る。

  午後の部は再びJTBの「オリオリエンジョイクーポン」でバスツアーに出掛ける。
 到着直後、アロハタワーのJTBプラザで頂戴したクーポン券を利用しての無料のバス旅行である。

  既にDFSのJTBプラザで予約してあり、同所の待合より12時40分、バスはスタートした。
 ドライバー兼ガイドをかねた軽妙な語り口でわれ等を導く。 
 ダイヤモンドヘッドの北側からマウナウラ湾へ出る、更に、ポートロック、ハワイカイはオアフ島の東端に位置していて、地図で言うと右下ということろである。

  ワイキキからは約20キロの距離のところ、「ハワイカイ」は一種別荘という雰囲気で、荷住居する人は「快適さ」を求める傾向が強いといえる。
 一戸建て、コンドミニアムをはじめ、ここの特色として「タウンハウス」が多いという。 
 入江のような大きな池があり、ここでは昔(戦前)魚の養殖などが行われていたそうで、ハワイカイは、水辺あり平地ありといろいろな地形に富んでいる景勝地である。

  後方に突き出た山はボタ山のようでココクレーターといい、なだらかな丘はココヘッドという。

【本文関連情報




  そして「ハナウマ湾」へ着いた。 
 小高い丘の上から眺める感じであり、大きく湾曲した入江のエメラルドグリーンの浜辺で浴客が戯れていた。
 チョット磯の方は珊瑚の岩礁帯になっていて、大小の魚が泳いでいるのが判る。
 アクアメガネ、シュノーケルで魚群の鑑賞を楽しんでいる人も多数いて、じつに長閑で風光明媚なところである。



    【ハナウマ湾】」

  ハワイを訪れる人の多くがたずねる代表的な観光スポットである。
 もともとクレーター(火口)であったものが、片側が沈降して見事な入り江となったといわれる。 

  湾内にはサンゴ礁が広がり、カラフルな熱帯魚がすぐ近くまで寄ってくる最高のシュノーケル・ポイントである。
 波が穏やかなので、初心者でも充分に楽しめる。 

  魚介類保護地区に指定されており、美しいビーチと海を守るためにも、魚に余計なエサは与えず、ゴミは持ち帰り、サンオイルはシャワーで流してから海に入るようにしたいと地元のひとは言っている。 

  ハナウマのハナはハワイ語で湾を、ウマはコップなどを握るときの手の形を意味する。
 上から見るとまさにこの形をしている。


  ハナウマ湾から更に東へ向うとサンディビーチである。

ハワイカイの入江 自然保護地区のハナウマ湾

    「サンディビーチ」

   ワイキキからハナウマ方向を目指し更に海岸沿いの道を進むと 潮吹き岩の先にある。
 ボディボーダー天国のサンディーズは、非常に浅く夏のシーズンはビックリするような大きい波でチャレンジャー・ライディングが見物でき、ビーチから近いところで波が立つので見ているだけでも楽しい。

  次に訪れたのは、オアフとの東端から北部の位置に「シーライフパーク」へ立ち寄った。
 我々は園内には入れなかったが、多少の時間内でのんびりする事ができた。

  乗客の中に同郷・福島の須賀川から見えていたグループがいた。大勢の兄弟連で何方かの子供の結婚式に出席するためであったとか・・。

ボデイボードのメッカ、サンデービーチ 潮吹き岩

【本文関連情報



 

 ハワイ紀行第3日:Part2(シーライフパーク、ヌアヌパリ展望所、アラモアナ・ショッピングセンター)
  日本一周記    マイ・ホームページ   マイ・ブログ(日本周遊)    国内世界遺産・鎌倉・湘南
【小生の旅のリンク集】
旅の紀行・記録集
山の紀行・記録集 山のエッセイ
「旅行リスト」

日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (別URLです)

【日本の世界遺産紀行】 
北海道・知床  
白神山地 
紀伊山地の霊場と参詣道 
安芸の宮島・厳島神社  
石見銀山遺跡とその文化的景観 

ハワイ旅行2007
沖縄旅行2008
北海道道北旅行
北海道旅行2005
南紀旅行2002

「山行リスト」 

立山、剣(天の記)(1971年)
白馬連峰登頂記(2004・8月)
八ヶ岳(1966年)
南ア・北岳(1969年)
北ア・槍−穂高(1968年)
谷川岳(1967年)
丹沢山(1969年)
西丹沢・大室山(1969年)
八ヶ岳越年登山(1969年)
西丹沢・檜洞丸(1970年)
丹沢、山迷記(1970年)
上高地・明神(2008年)

「上高地雑感」
「上越国境・谷川岳」
「丹沢山塊」
「大菩薩峠」
 


スキーの記録  
「スキー履歴」