カスタム検索

「夫婦でハワイ旅行」(3-2)
(2007年度 年賀状1等当選賞品 番号158877 2/1000000の確率)
ハワイ第1日目    ハワイ第1日目-2
ハワイ第2日目    ハワイ第2日目-2
ハワイ第3日目
    ハワイ第3日目-2
ハワイ第4日目    ハワイ第4日目-2
日 程  2007年5月29日〜6月2日(日本時間)
行 程  出発 5月29日(火・日本) 成田空港・NW022・20時55分発
              ⇒ホノルル着8時45分(5/29)
 帰着 6月1日(金・ハワイ) ホノルル空港・NW021・15時30分発
              (ハワイ時⇒成田・18時25分(日本時・6/2)
滞在ホテル  「オハナ ワイキキ マリア」 2211 kuhio avenue honoruru
観光 行動

 (ハワイ時間=日本時間マイナス19時間=+5H−1日) 
 (日本時間=ハワイ時間プラス5時間=−5H+1日
 

第1日
(5月29日)

★カルチャークルーズ(ウクレレ、フラダンスレッスン、
               魚、イルカ:11時30分〜13時30分)
★ワイキキ散策

第2日(30日)

★パールハーバー記念館見学 
★モアナルア植物園(日立の木 モンキーポッド) 
★カメカメハ王宮殿
  (以上観光ツアー 6時45〜11時30)
★ダイヤモンド・ヘッド登山(トロリーバス 15時15〜17時)
★散策、夕食・和食海鮮居酒屋「踊り子」

第3日(31日)

★海水浴(ワイキキビーチ、8時半〜11時)
★ハナウマ湾、サンデービーチ、シーライフパーク 
★ハイウェイ:ヌアヌパリ展望所 
(以上、オリオリバス周遊東海岸ツアー:12時40分〜16時)
★アロハタワー、アラモアナSPC、DFSギャラリー(お土産、夕食)

第4日(1日)

★ワイキキショッピングプラザ MAC朝食 DFC散歩
★ホノルル空港発

第5日(2日)  成田着

ハワイ紀行第3日:Part2(シーライフパーク、ヌアヌパリ展望所、アラモアナ・ショッピングセンター
 ハワイ紀行第4日:Part1(ハワイ・オアフ島、帰路)
  日本一周記    マイ・ホームページ   マイ・ブログ(日本周遊)    国内世界遺産・鎌倉・湘南

【本文関連情報



    「シーライフパーク

  オアフ島の豊かな大自然、多様な生き物や植物、山と美しいマカプウ・ビーチを望むのがシーライフパークである。
 イルカと一緒に泳いだり、アシカと思いっきり遊んだり、可愛いペンギンたちと一緒にはしゃいで、珍しいエイにも触れられるという。 

  ワイキキから15マイル(24km、1マイル=1.6km)の地域である。

  因みに、マイルには、所謂 海里と陸里?が存在し、海や船に関するもの(宇宙船、飛行機なども)は海里で表示することになっている。 
 1海里(マイル)=約1.8km。 
  1ノット=1海里/時、 約1.8Km/h。 
 陸上に関しては 単に「マイル」と表示し、1マイル=約1.6Km。 1mi/h=1.6Km/hである。


  バスは、美しい海岸道を行く。
 右手の洋上にバナナ島に非ず「マナナ島」の姿が見て取れる。 

  何でも、人気タレント「松浦亜弥」(通称・アヤヤ・・?)がTVコマーシャルのロケで有名になり、日本名で「アヤヤ島」とも呼ばれるようになったとか・・(笑)。 

  実際はマナナ島(Manana Island)、通称ウサギ島(Rabbit Island)と呼ばれているらしい。  ウサギが水面から顔を出して泳いでいるように見えることからそう名づけられたとか。

  更に遠方には、隣島「モロカイ島」の山並みが見て取れる。
 この島は、手付かずの自然や、昔ながらのハワイらしい生活がそのまま残っており、人々はフレンドリーでアロハ・スピリットいっぱいだという。ニックネームが「友情の島」ともいうらしい。
 そしてこのモロカイはフラ発祥の地でもあるとか。
 島の地形は、東側が標高1500メートルを越える山岳地帯で緑も豊かであるが、一方西側は、なだらかな丘陵地で雨も少なく、レッド・サンドの荒涼とした大地が続くという。

  更に進むと左手を主体に、ハワイの原住民の住宅が並ぶ、やはり普通の住宅というより低所得層の住宅といった感じであろうか・・?。
 このワイマナロ地域は、日本ではお馴染みの元横綱「 」の出身地としても知られている。
 この先の右手に「ワイマナロ・ショッピングセンター」というこの辺りでは大きな商店であるが、この経営者は横綱 曙の実母であったという。
 ショッピングセンター正面には曙の銅像が「得意だったツッパリの姿・・」で建っていた。

  因みに、直後の2007年6月9日(土)〜10日(日)の両日、大相撲ハワイ巡業が行はれる。
 相撲にゆかりのあるハワイで、参加するのは先場所で活躍した朝青龍、白鵬、琴欧洲、千代大海、魁皇など現役の人気力士が40名ほどが揃うという。

  東関親方、小錦、曙、武蔵丸など、相撲チャンピオンを多数輩出したハワイには相撲ファンも多く、1993年以来14年ぶりの相撲イベントに期待がふくらんでいると。
 特に、ハワイ場所においては、今まで、朝青龍、の単独横綱であったのが、5月の夏場所において新規に誕生した横綱・「白鵬」の土俵入り、取り組みが日本国内より先駆けて行はれるのが興味深い。

  両日ともハーフタイムには、新潟高橋竹山会による津軽三味線の演奏が披露され、今回の巡業では、残念ながらハワイ出身の力士は出場しないが、1993年当時に活躍した元横綱の武蔵丸関(現・武蔵丸親方)や元関脇の高見山関(現・東関親方)らが支援してこの巡業を盛り上げるという。
 武蔵丸親方は、チケット600枚を地元オアフの高校や小学校に寄付したとか。
 会場はホノルルのアラモアナ・キングStにある「ニールブレイズデル・センター」で開催される。

シーライフパーク ワイマナロ地区の「ツッパリ曙像」



  ワイマナロ地区から61号線のパリ・ハイウェイを山岳地へ向うと、間もなく「ヌアヌパリ」という公園展望地に着いた。   高度は310mで大した高度ではないが、展望台からの眺めは素晴らしく、目の前にはゴルフ場、カイルアの町やマカプウ半島、ワイナマロ湾が視野180度にわたって広がっている。 
 ここはコウラウ山脈の切れ目に当たり、一年中強い風が吹いているらしく、時折、吹き飛ばされそうになるほどの猛烈な風もふくとか。
 特に、女性の方はスカートや帽子は要注意で、現に若い女性・・?が歩くのに、さかんにスカートに手を当てているチョット悩ましい姿も見受けられた。



【本文関連情報




    【ヌアヌパリ展望所、実は歴史的な場所であった・・!!】

  ホノルルから東海岸のカイルア方面へ伸びる道路・61号線の「パリハイウエイ」の最高所は、断崖上の突風が吹いている名物の展望台であるが、この地は克っての1795年、カメハメハ大王の軍とオアフ軍との戦いの場でもあった歴史的な地点であった。 
 大砲など近代的な兵器の前に敗走したオアフ軍の兵士が、この丘に追い詰められ全員崖からつき落されたという、些か残酷な説明パネルも展示してある。

  カメハメハ大王はハワイ全島を統一しハワイ王朝を樹立した偉大な王と称えらているが、以外にも残酷なことをしているものだと思った。
 この地には妙な言い伝えがあるらしく、車でここを通る時は、くれぐれも豚肉は積むなといわれる!?。
 豚肉を持ってパリ越えをすると、「飢えたオアフ軍戦士の霊が、豚肉を求めて車を止める」と信じられているようである。

  ところで、ハワイの最初の住民はポリネシアという民族で、人々は文字を持たなかったため、ハワイの昔の歴史を知ることは困難であるといわれる。 

  従って、口頭伝承が多く残っており、また歴史家の研究により、ある程度のことは解ってきたいう。(このあたりアイヌ民族に共通する)

  紀元前700年頃(縄文期)にハワイに彼らが住み着き、魚を主食とし、タロイモを栽培して食べていた。 

  18世紀、ジェームズ・クックが太平洋で三回の航海を行い、ヨーロッパ人として最初にオーストラリア東海岸に到達、その後、ハワイ諸島を発見している。
 1779年にはイギリスの大航海者ジェームズ・クックがハワイ島を訪れ、カメハメハ王はクックに対面している。 
 王はこの時、西洋の武器の優秀さと、貿易について学ぶところがあったようであるが、クックはその後、ハワイ島民との争いで島民に殺されたという。

  カメハメハは、1790年にはマウイ島、モロカイ島、ラナイ島の支配者と戦って破り、これらの島を支配下に置いている。 オアフ島へは1795年に上陸し、ヌアヌ・パリの谷で決戦し勝利した。

  このとき相手側の兵士凡そ400名は絶望して約300mのこの断崖から身を投げて死んだと伝えられている。

  近年では、ここから飛び降り自殺を図った男が、飛び降りたのはよかったけど、下からの風に吹き戻されて、足の骨折だけで助かった、というマンガみたいな話もあった。

ヌアヌパリ展望所からの大展望 展望台にある案内板(ヌアヌパリはカメハメハ大王の軍と
オアフ軍との戦いの場でもあり、この丘に追い詰められ
全員崖からつき落されたという)



    
 【アラモアナ・ショッピングセンター】

  パリハイウエイを南に向って下りながら走る。 
 この付近には日系人が多く、いろいろの宗派のお寺や日本人墓地が見られる。

  現在ハワイの人口は121万人で、白人系が38%、日系が22%、フィリピン系が15%、ポリネシアの混血が12%で、純粋なハワイ人は少ないという。
 途中、運転手にアロハタワーへ行くかどうか問うたが行かないらしく、そのままワイキキのDFSで解散となった。


  時間は16時30分、ホテルで一服した後、今度はアロハタワーからアラモアナSPCへ向う。

  チンチンバスに揺られて、お土産類を見るのにアロハタワーマーケットプレスへ立ち寄ったが、特に目ぼしいものが無いらしく、同様のチンチンバスでアラモアナショッピングセンターを訪ねた。


  プリンスH、ヨットハーバーの近く、アラモアナ大通りに面した場所で、ハワイ最大のショッピングモール「アラモアナ・センター」である。 
 広大なアラモアナビーチ、アラモアナ公園の北側に面した20万平方メートルの敷地に、230店を超えるショップやレストランなどがこれでもかと言うくらい揃っている。
 オープンエアのモールでは、日本ばかりでなく世界各地からハワイを訪れる旅行者にも人気のショッピングスポットとして知られ何と年間約5600万人もの人々が訪れているという。 

  ルイ・ヴィトン、エルメス、シャネル、ティファニー、フェラガモ、グッチ、カルティエ、プラダなど世界に名だたる一流ブランドの直営ブティックや各種専門店、多彩なショップがずらり軒を並んでいる。
 また、カジュアルレストラン、居心地の良いカフェやバー、世界の味が楽しめる巨大フードコートのマカイ・マーケットなど、グルメスポットも充実、日本料理はもちろんのこと、イタリア料理、中華料理など、各国のレストランが揃っている。
 マカイ・マーケットや各デパート内、ドリンクやデザート類の店も合わせると、実に65店以上の飲食店が入っている。

  我等も、しばしブラブラ見物しながら、身内家族・孫共に、今流行のハワイアンジュエリーといわれるアクセサリー類や現地ハワイ生産のクッキーなどを買い求めた。
 そして、日本食コーナーで丼物のうな丼、カツ丼とお馴染みのものを戴いた。

 手に荷物一杯ぶる下げて、DFSまで戻り今度はこちらで更に、追加の土産を見繕った。

 深夜も0時を回り、慌てて明日の帰国の為の荷繕いをし、浴あびして冷たいビールを流し込み、長かった1日の終止符とした。

【本文関連情報



アラモアナ・ショッピングセンター中央モール ワイキキ DFSギャラリア、右にチンチンバスも見える

 ハワイ紀行第4日:Part1(ハワイ・オアフ島、帰路)
  日本一周記    マイ・ホームページ   マイ・ブログ(日本周遊)    国内世界遺産・鎌倉・湘南
【小生の旅のリンク集】
旅の紀行・記録集
山の紀行・記録集 山のエッセイ
「旅行リスト」

日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (別URLです)

【日本の世界遺産紀行】 
北海道・知床  
白神山地 
紀伊山地の霊場と参詣道 
安芸の宮島・厳島神社  
石見銀山遺跡とその文化的景観 

ハワイ旅行2007
沖縄旅行2008
北海道道北旅行
北海道旅行2005
南紀旅行2002

「山行リスト」 

立山、剣(天の記)(1971年)
白馬連峰登頂記(2004・8月)
八ヶ岳(1966年)
南ア・北岳(1969年)
北ア・槍−穂高(1968年)
谷川岳(1967年)
丹沢山(1969年)
西丹沢・大室山(1969年)
八ヶ岳越年登山(1969年)
西丹沢・檜洞丸(1970年)
丹沢、山迷記(1970年)
上高地・明神(2008年)

「上高地雑感」
「上越国境・谷川岳」
「丹沢山塊」
「大菩薩峠」
 


スキーの記録  
「スキー履歴」