カスタム検索

「夫婦でハワイ旅行」(2-2)
(2007年度 年賀状1等当選賞品 番号158877 2/1000000の確率)
ハワイ第1日目    ハワイ第1日目-2
ハワイ第2日目    ハワイ第2日目-2
ハワイ第3日目
    ハワイ第3日目-2
ハワイ第4日目    ハワイ第4日目-2
日 程  2007年5月29日〜6月2日(日本時間)
行 程  出発 5月29日(火・日本) 成田空港・NW022・20時55分発
              ⇒ホノルル着8時45分(5/29)
 帰着 6月1日(金・ハワイ) ホノルル空港・NW021・15時30分発
              (ハワイ時⇒成田・18時25分(日本時・6/2)
滞在ホテル  「オハナ ワイキキ マリア」 2211 kuhio avenue honoruru
観光 行動

 (ハワイ時間=日本時間マイナス19時間=+5H−1日) 
 (日本時間=ハワイ時間プラス5時間=−5H+1日
 

第1日
(5月29日)

★カルチャークルーズ(ウクレレ、フラダンスレッスン、
               魚、イルカ:11時30分〜13時30分)
★ワイキキ散策

第2日(30日)

★パールハーバー記念館見学 
★モアナルア植物園(日立の木 モンキーポッド) 
★カメカメハ王宮殿
  (以上観光ツアー 6時45〜11時30)
★ダイヤモンド・ヘッド登山(トロリーバス 15時15〜17時)
★散策、夕食・和食海鮮居酒屋「踊り子」

第3日(31日)

★海水浴(ワイキキビーチ、8時半〜11時)
★ハナウマ湾、サンデービーチ、シーライフパーク 
★ハイウェイ:ヌアヌパリ展望所 
(以上、オリオリバス周遊東海岸ツアー:12時40分〜16時)
★アロハタワー、アラモアナSPC、DFSギャラリー(お土産、夕食)

第4日(1日)

★ワイキキショッピングプラザ MAC朝食 DFC散歩
★ホノルル空港発

第5日(2日)  成田着

ハワイ紀行第2日:Part2(イオラニ宮殿、ダイヤモンドヘッド登山、キングス・ビレッジ)     
 ハワイ紀行第3日:Part1(フォート・デ・ルッシー・ビーチ、ハナウマ湾、サンディビーチ)
  日本一周記    マイ・ホームページ   マイ・ブログ(日本周遊)    国内世界遺産・鎌倉・湘南

【本文関連情報】




    「イオラニ宮殿」

 イオラニ宮殿、キング・ストリートを挟んで南側の宮殿にはカメハメハ大王の銅像も建つ(左)


  ハワイのシンボル、カメハメハ大王像の正面に建つ「イオラニ宮殿」は、アメリカに存在する唯一の宮殿であるという。
 この宮殿、我等は内部には入らないがハワイの歴史が詰まっている由緒ある宮殿である。

  1882年 ハワイ王朝7代目の王「カラカウア」によって建設され、1893年 白人が起こしたクーデターにより、八代目となる女王「リリウオカラニ」(カラカウアの妹)の王位が剥奪され、王朝が崩壊するまでの11年間、公邸として使用された。

  カラカウア王の時代には、閣僚のほとんどが白人によって構成され、ハワイ王朝も既に末期を迎えていた。 
 1891年に王が病死し、その妹・リリウオカラニに王位が移ると、女王は王権を回復する為に新憲法の発布を計画する。 しかし、1893年1月、これを阻止しようと白人が起こしたクーデターで新政府を設立する。この事が、ハワイ王朝崩壊の引き金になり、リリウオカラニ女王は8ヶ月もの間、2階の寝室に幽閉されることになる、そこは、ベッドと最低限の家具だけという殺風景な部屋であったという。

  その後、王朝の栄華を象徴する「王座の間」で裁判にかけられ、王位は剥奪され一般市民として余生を送ることに・・。
 カメハメハ大王がハワイ諸島を統一してから約100年間続いたハワイ王朝最後の舞台となったのが、このイオラニ宮殿である。


  ハワイ王国(Kingdom of Hawai)は1810年から1893年まで、ハワイ諸島にあった王国であり、1893年の革命で共和制となりアメリカ合衆国に併合され消滅した。


  「ハワイの歴史は、カメハメハ1世から始まる」

  カメハメハ領主は、イギリスから武器を購入し、新式兵器でマウイ島などのハワイ島周辺の島々を征服し、1810年にハワイ国家統一を成し遂げた。
 このハワイ島内の政敵は、火山の噴火で壊滅状態になったことも統一に幸いしたという。 

  カメハメハは、優れた外交手腕で西洋諸国との友好関係を維持してハワイの独立を守り、伝統的なハワイの文化の保護と繁栄に貢献したとされる。御存じ、NHK・みんなのうたに採用された童謡「南の島のハメハメハ大王」の題材となるなど有名である。

  統一国家ハワイが、後にアメリカの属国になり、やがてハワイ州のなる。
 サトウキビ栽培のためアメリカ合衆国からの入植者が増え、次第に経済的にも力をつけはじめた白人は、アメリカ寄りの政治を求めるようになる。
 その声は特に経済界から強くなりつつあったという。

  1887年、遂に白人によるクーデターが勃発し、王国の滅亡はこれによって始まる。 
 1898年、時の米大統領ウィリアム・マッキンリーはハワイの米国領への編入を宣言、この日、イオラニ宮殿に掲げられていたハワイ王国国旗が降ろされ、星条旗が揚げられた。古来のハワイ住民らは、この時悲しみの声をあげたという。

  そしてこの瞬間、ハワイは米国の準州となり、1959年、50番目の州としてハワイ州が成立したのある。
 日本との関連について、1881年、世界一周旅行で、来日したハワイ王のカラカウアは、ハワイ王国の安泰を図るため、姪のカイウラニ王女と日本の宮様・山階宮(やましなのみや)との縁談を日本政府に持ち出した。

  しかし日本政府はアメリカとの対立を避けるために、この縁談を丁重に断っている。
 もし、この縁談が実っていたら、ハワイ王国は、もっと長く存続していたであろうし、日本の最友好国か、沖縄と同様、日本の一県になっていたかも知れないといわれる。

  その一方、太平洋戦争が早まった可能性や日露戦争におけるアメリカの好意的中立を得ることもできず、ハワイとともに日本も列強の植民地にされた可能性も指摘されている。


【本文関連情報




   「ダイヤモンドヘッド登山」

  概ね、予定の昼頃にはワイキキへ戻ってきた。 
 ホテルへ戻って軽い昼食後小生は昼寝を決め込んだ。

  就寝の最中に上さんが急にダイヤモンドヘッドへ登山に行くと言い出したので、眠い目を擦りながら同意した。
 隣のDFSからチンチン・バス(トロリー・バスと称しているが、路面電車宜しく、出発の合図に紐を引っ張ってチンチンと鳴らすのでチンチン・バスと勝手に呼ぶ)がダイヤモンドヘッドへ向けて進む。

  バスは一端カラカウア通りへ出るが直ぐにキングスビレッジの横を通り、更にパシフィックビーチホテルの横からホノルル動物園からダイヤモンドヘッドの山麓を大きく回りこんで東側よりクレーターのトンネルを抜けて登山口へ達する、凡そ20分ほどであろうか・・?。

  1ドルの入山料を払っていよいよ登山開始である。
 周辺は茶褐色の枯れた草が茫々としている、何でも今年のオアフ島は雨量が少なく下草は枯れているという、一般にワイキキを含むホノルル地区の晴天率は年間平均で70%程度だとか。 

  周囲は山並みに囲まれているが、これは火山の火口の縁に相当する山並みなのである。 
 もともとハワイは火山の噴火でできた島々で、ダイヤモンドヘッドも死火山の外輪山なのである。

  未だに火山活動が続いているハワイ島の有名なキラウエア火山などもあるが、ダイヤモンドヘッドの噴火は30万年前に起こった死火山である。
 火山というだけに中心部分のクレーターは窪んでいるが、外側の外輪山は結構高さがある。
 その外輪山の一番高い部分が標高232mのダイヤモンドヘッド・トレイルの山頂である。


  登山コースは始め、なだらかなコンクリートの道で、やがて自然道のクネクネの道となる。
 中腹には第1の難関「76段の階段」があり、この辺りまではまだ上さんも余裕の表情であったが。

  そして階段を登りきると次には「70mのトンネル」でこのトンネルが狭い上に折れ曲がっていて、すれ違いなどスムーズに進まない所もある。
 トンネルを脱出すると、すぐに第2の難関「99段の階段」が立ちはだかる。

  この辺りへ来ると、さすがにお上さんも普段運動不足が祟り、かなりハードになってきたようで、粗息で顔は紅潮しだした。
 階段を登りきると、そこには「2つ目のトンネル」、これが又狭くて急なうえ、螺旋状の階段を3階分も登らなければなず、下山する人ともすれ違いながら1段1段慎重に登る。そして、ついに登頂へ到達した・・!!

  圧巻のワイキキ・パノラマビューが一面に望めた・・!!

  それにしてもイメージした山頂とはかなり異なって、コンクリートで造作した展望台があるのみで、定員も2〜30人程度であろうか・・?。 
 だが、展望はさすがで、まさに360°のパノラマビュー! エメラルドグリーンからまっ青に変わっていく海、ワイキキの街並み、さわやかな風と澄み切った空。 

  ここの景色は本当に最高であり、「あー来てよかったー!」と心から実感できる。 
 上さんも紅潮した顔から笑みを浮かべて納得の様子である。

  小生もそうだが、みんな思い思いに笑顔で写真を撮っている。
 この登山ルートは、小学生以上ならお子さま連れでも大丈夫、ファミリーやカップル、女性のグループなど、どんな人でも楽しめる。ダイヤモンドヘッド・トレイルは実に満足であった。スタート地点に戻り、上さんお好みのカキ氷を頬ばる、美味である。

頂上が近ずくと急な階段やトンネルが続く 山頂よりワイキキの眺め・・、絶景であった



    「キングス・ビレッジ」

  チンチン・バスで一端ワイキキまで戻り、ホテルで一服した後ワイキキタウンをぶらつきながら、昨夜下見をしておいた「キングス・ビレッジ」の「踊り子」へ向う。 日本料理の居酒屋風レストランである。 

  ワイキキのほぼ中心、カラカウアとクヒオの通りの間に、ノスタルジーで緑色のシックなショッピングモール「キングスビレッジ」がある。
 この一角は、無味な高層ホテルが立ち並ぶ間にあって、ヨーロッパを思わせる外観では一際異彩を放ち、 ハワイの中では異色な建築様式で辺りからは目を引くところである。
 毎日18時頃からカラカウア王朝時代に行われていたという衛兵交代式があり、かつてのイギリスとの交流を思わせる。

  中央に時計台があり、それを取り囲むように回廊が続いているユニークな造りで、階段を使わずに3階まで行けるようになっていて、ぶらぶら歩きながらショッピングを楽しめる仕掛けであろう。
 ブランドショップもあるが、ここでは個性的な小物やアクセサリーを手に入れるのも良い。
 又、飲食店も7〜8軒在って、日本人好みのラーメン店やバーガー、KFCや甘味喫茶、居酒屋などが揃っていて、その一角にその「踊り子」があった。

  店内は殆どが日本人で溢れ、ほぼ満席の様相であった。 
 各種料理を戴き、ビールに冷酒と、日本にいるような居酒屋料理をすっかり堪能した。

【本文関連情報



キングス・ビレッジタウン、和風居酒屋「踊り子」は通り角にある 
カラカウア通り」マーケット街の異様なガジュマルの木 ホテル8F(オハナワイキキマリア)より「クヒオ通り」の眺め

 ハワイ紀行第3日:Part1(フォート・デ・ルッシー・ビーチ、ハナウマ湾、サンディビーチ)
  日本一周記    マイ・ホームページ   マイ・ブログ(日本周遊)    国内世界遺産・鎌倉・湘南
【小生の旅のリンク集】
旅の紀行・記録集
山の紀行・記録集 山のエッセイ
「旅行リスト」

日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (別URLです)

【日本の世界遺産紀行】 
北海道・知床  
白神山地 
紀伊山地の霊場と参詣道 
安芸の宮島・厳島神社  
石見銀山遺跡とその文化的景観 

ハワイ旅行2007
沖縄旅行2008
北海道道北旅行
北海道旅行2005
南紀旅行2002

「山行リスト」 

立山、剣(天の記)(1971年)
白馬連峰登頂記(2004・8月)
八ヶ岳(1966年)
南ア・北岳(1969年)
北ア・槍−穂高(1968年)
谷川岳(1967年)
丹沢山(1969年)
西丹沢・大室山(1969年)
八ヶ岳越年登山(1969年)
西丹沢・檜洞丸(1970年)
丹沢、山迷記(1970年)
上高地・明神(2008年)

「上高地雑感」
「上越国境・谷川岳」
「丹沢山塊」
「大菩薩峠」
 


スキーの記録  
「スキー履歴」