カスタム検索

「夫婦でハワイ旅行」(1)
(2007年度 年賀状1等当選賞品 番号158877 2/1000000の確率)
ハワイ第1日目    ハワイ第1日目-2
ハワイ第2日目    ハワイ第2日目-2
ハワイ第3日目
    ハワイ第3日目-2
ハワイ第4日目    ハワイ第4日目-2
日 程  2007年5月29日〜6月2日(日本時間)
行 程  出発 5月29日(火・日本) 成田空港・NW022・20時55分発
              ⇒ホノルル着8時45分(5/29)
 帰着 6月1日(金・ハワイ) ホノルル空港・NW021・15時30分発
              (ハワイ時⇒成田・18時25分(日本時・6/2)
滞在ホテル  「オハナ ワイキキ マリア」 2211 kuhio avenue honoruru
観光 行動

 (ハワイ時間=日本時間マイナス19時間=+5H−1日) 
 (日本時間=ハワイ時間プラス5時間=−5H+1日
 

第1日
(5月29日)

★カルチャークルーズ(ウクレレ、フラダンスレッスン、
               魚、イルカ:11時30分〜13時30分)
★ワイキキ散策

第2日(30日)

★パールハーバー記念館見学 
★モアナルア植物園(日立の木 モンキーポッド) 
★カメカメハ王宮殿
  (以上観光ツアー 6時45〜11時30)
★ダイヤモンド・ヘッド登山(トロリーバス 15時15〜17時)
★散策、夕食・和食海鮮居酒屋「踊り子」

第3日(31日)

★海水浴(ワイキキビーチ、8時半〜11時)
★ハナウマ湾、サンデービーチ、シーライフパーク 
★ハイウェイ:ヌアヌパリ展望所 
(以上、オリオリバス周遊東海岸ツアー:12時40分〜16時)
★アロハタワー、アラモアナSPC、DFSギャラリー(お土産、夕食)

第4日(1日)

★ワイキキショッピングプラザ MAC朝食 DFC散歩
★ホノルル空港発

第5日(2日)  成田着

ハワイ紀行第1日:Part1(出発からホテルへ)      ハワイ紀行第1日:Part2(DFSギャラリア、ワイキキ
日本一周記    マイ・ホームページ   マイ・ブログ(日本周遊)    国内世界遺産・鎌倉・湘南

【本文関連情報

第T日(5月29日・火、inハワイ)

  本年、年始早々「年賀はがき」を見てビックリ仰天してぎまった。 

  人生の喩えで、徳川家康の名言に「人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し、急ぐべからず」と言った。 
 加えて、「人生上り坂有り、下り坂有り」、更に「真坂:まさか」の坂があった。
 その「まさか」に当たってしまったのであり、その1等賞品でハワイへ行く事になったのである。
 
  お上さんは一度ハワイを訪れているが、無論小生は海外そのものが始めてである。
 正直、余り気乗りはしなかったが上さんの強力な説得により「JTBの主唱によるホノルル5日間」の旅を実行する運びとなった。

  当日午後、マイカー(タウンエース・ノア)で成田へ出向き、ハッピー・Pの空港駐車場へ預けて(4泊5日・3360円)いざ・・!   成田空港へ。

 未だ早い時間であるが搭乗手続きをし、手荷物を預ける。身軽になり空港内のレストランで時間調整をしながらビールと軽い食事を摂り出発口へ。

  パスポート、搭乗券にて出国手続きを終えて、ノースウェストのボーイング747のジャンボは、一路ハワイへ向った。



  「ホノルル国際空港と日本路線」

  機内食など、まったく期待しなかったのだが、まずまず旨い・・!。
 食後は早速就寝に入るが、どっこいなかなか寝付かれるものではない。 小生にとって国内での2時間以内の飛行のみで、機内7時間はやはり長かった。

  寝付かれぬまま、どうやら他国のアメリカ・ハワイ州へ第一歩を印した。 
 入国審査、通関を終え左に歩くと、1階のはずれにある日本人団体客のお出迎え広場だった。
 荷物はそのままホテルへ直行らしい、さすが日本のJTBである。あとはJTB専用のオリオリエクスプレスバスで空港を離れる。
 あきらかな睡眠不足であったが、初の外国で緊張のせいもあり頭はしっかりと冴えているようだ。


  「ホノルル空港」

  空港は、アメリカ合衆国ハワイ州にある国際空港。
 ハワイの空の玄関口であり、隣接する島へのハブ空港にもなっている。 また、隣接地にアメリカ空軍のヒッカム空軍基地があり、滑走路をホノルル国際空港と共有していて、アメリカ軍の世界戦略にとっても重要な飛行場であるらしい。 

  ハワイを訪れる日本人観光客は多くは、成田国際空港(JALウェイズ/ノースウエスト航空/ユナイテッド航空/チャイナエアライン/エアージャパン等など)、関西国際空港、中部国際空港との間にそれぞれ1日数便の定期直行便があるらしい。
この為、日本との間の発着便が集中する早朝から午後3時頃にかけては、JALやエアージャパンの大型機がターミナルに数機連なり、さながら日本国内の空港のような様相を醸し出す。


  「アロハタワー」

  オリオリエクスプレスの専用バスは、先ずアロハタワーへ到着した。
 マーケット・プレイスでJTBの歓迎を受け、今後の行動について説明や案内書、オリオリカードなどを渡せれ、早速初日の観光である。
 この港に立つアロハタワーはハワイのシンボルでもあった。 古き良き時代のハワイのランドマークとも言うべきか。
まだ船旅が主流だった頃、ハワイの玄関口はホノル港であったという。

  当時は高層ビルなどは無く、このシンボルタワーが一種目印になり、外国船が入港すると、ロイヤル・ハワイアン・バンドによる「アロハ・オエ」で迎えられたという。タワー10階の展望台からの夕焼けは息を飲むほどの美しいという。 
 近年アロハタワー・マーケットプレイスがオープンし、JTBオフィスをはじめ70店以上のバラエティに富んだショップやレストランが並び、買い物を楽しめる。
レストランも充実しており、特に夕暮れの港を眺めながらの食事はムードたっぷり。ダウンタウンも近く、人気が高いらしい。

ホノルル空港出口側 アロハタワー

【本文関連情報



     「ハワイアン・カルチャー・クルーズ」・スター・オブ・ホノルル号

  到着後の早速のハワイ観光は、豪華クルーズ船「スターオブホノルル号」でハワイアン・カルチャーとハワイの美しさを一緒に堪能できるという、カルチャー・クルーズに参加した。
 アロハタワーを出発し、ワイキキからダイヤモンドヘッド沖をゆっくりとクルーズしながら、「ブルーハワイ」の景観を楽しむ。

  船内では、ハワイの伝統的な“レイ”メイキングやウクレレ・レッスン、フラダンス、それに魚の餌付けなどを楽しむ。
又、ステージでは地元舞踊団によるワイキキ・フラショーなども楽しめる。
 小生はかって手にした「ウクレレ」の手ほどきをし、「聖者の行進」や「ダイアナ」でレッスンを受ける。

  南国特有の真っ青な海上からワイキキの浜辺や高層ホテル群、ダイヤモンドヘッド眺めながらの沖をゆっくりとクルーズする。
 豪華船スターオブホノルルは、揺れを押さえるスタピライザー、景色を見るのに最適な高さ60フィート、視界360°の展望サンデッキと各階の外部デッキスペースを完備している。

  一年を通してイルカや海亀、トビウオなどを見かけるチャンスもあるといい、上さんはイルカの群れとドルヒィンを確認したらしい。
 内容充実で約2時間のクルーズは大満喫であり楽しさ満載であった。

  美しいハワイの自然とアロハスピリットに納得である・・!。
 上陸後、マーケット・プレイスを散策して、再びオリオリエクスプレスバスで、憧れのワイキキへ向った。バスはホテル正面に横付けし「オハナ ワイキキ マリア」へ入館した。

クルーズよりダイヤモンドヘッド クルーズよりワイキキ


          ホテル「オハナ ワイキキ マリア」

  フロントでオリオリカードを提示し、チェックインの際にルームナンバー、ルームキーをもらう。 
 ルームナンバーは「818号室」で、眼下のクヒオ通りやオアフ島特有の山合いの住宅が遠望できる。

 ワイキキのほとんどのホテルがカードキーになっているのだろう、上から下へすり抜けるタイプでエレベーターの乗降も同様である。 さすがにアメリカはセキュリティー万全であり、日本も見習ったら。
 
  ホテルの立地条件はDFG(免税店)の裏になり、ホテルの入り口は、ビーチ沿いのカラカウア道路から一本奥に入ったクヒオ通りに面し、夜でも賑やかな通りである。 
 近くに大きなABCストアもあり重宝する場所である。
 ワイキキビーチまでシェラトンを通って徒歩5分もかからないのでは・・?。


 次頁、  Part2(DFSギャラリア、ワイキキ)

【本文関連情報



ハワイ紀行第1日:Part1(出発からホテルへ)      ハワイ紀行第1日:Part2(DFSギャラリア、ワイキキ
日本一周記    マイ・ホームページ   マイ・ブログ(日本周遊)    国内世界遺産・鎌倉・湘南
【小生の旅のリンク集】
旅の紀行・記録集
山の紀行・記録集 山のエッセイ
「旅行リスト」

日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (別URLです)

【日本の世界遺産紀行】 
北海道・知床  
白神山地 
紀伊山地の霊場と参詣道 
安芸の宮島・厳島神社  
石見銀山遺跡とその文化的景観 

ハワイ旅行2007
沖縄旅行2008
北海道道北旅行
北海道旅行2005
南紀旅行2002

「山行リスト」 

立山、剣(天の記)(1971年)
白馬連峰登頂記(2004・8月)
八ヶ岳(1966年)
南ア・北岳(1969年)
北ア・槍−穂高(1968年)
谷川岳(1967年)
丹沢山(1969年)
西丹沢・大室山(1969年)
八ヶ岳越年登山(1969年)
西丹沢・檜洞丸(1970年)
丹沢、山迷記(1970年)
上高地・明神(2008年)

「上高地雑感」
「上越国境・谷川岳」
「丹沢山塊」
「大菩薩峠」
 


スキーの記録  
「スキー履歴」