カスタム検索

「夫婦でハワイ旅行」(1-2)
(2007年度 年賀状1等当選賞品 番号158877 2/1000000の確率)
ハワイ第1日目   ハワイ第1日目-2
ハワイ第2日目   ハワイ第2日目-2
ハワイ第3日目
   ハワイ第3日目-2
ハワイ第4日目   ハワイ第4日目-2
日 程  2007年5月29日〜6月2日(日本時間)
行 程  出発 5月29日(火・日本) 成田空港・NW022・20時55分発
              ⇒ホノルル着8時45分(5/29)
 帰着 6月1日(金・ハワイ) ホノルル空港・NW021・15時30分発
              (ハワイ時⇒成田・18時25分(日本時・6/2)
滞在ホテル  「オハナ ワイキキ マリア」 2211 kuhio avenue honoruru
観光 行動

 (ハワイ時間=日本時間マイナス19時間=+5H−1日) 
 (日本時間=ハワイ時間プラス5時間=−5H+1日
 

第1日
(5月29日)

★カルチャークルーズ(ウクレレ、フラダンスレッスン、
               魚、イルカ:11時30分〜13時30分)
★ワイキキ散策

第2日(30日)

★パールハーバー記念館見学 
★モアナルア植物園(日立の木 モンキーポッド) 
★カメカメハ王宮殿
  (以上観光ツアー 6時45〜11時30)
★ダイヤモンド・ヘッド登山(トロリーバス 15時15〜17時)
★散策、夕食・和食海鮮居酒屋「踊り子」

第3日(31日)

★海水浴(ワイキキビーチ、8時半〜11時)
★ハナウマ湾、サンデービーチ、シーライフパーク 
★ハイウェイ:ヌアヌパリ展望所 
(以上、オリオリバス周遊東海岸ツアー:12時40分〜16時)
★アロハタワー、アラモアナSPC、DFSギャラリー(お土産、夕食)

第4日(1日)

★ワイキキショッピングプラザ MAC朝食 DFC散歩
★ホノルル空港発

第5日(2日)  成田着

ハワイ紀行第1日:Part2(DFSギャラリア・ワイキキ)      
ハワイ紀行第2日:Part1(パールハーバー・アリゾナ記念館、モアナルア・パーク
  日本一周記    マイ・ホームページ   マイ・ブログ(日本周遊)    国内世界遺産・鎌倉・湘南


【本文関連情報



  「DFSギャラリア・ワイキキ」

  すぐ隣がDFSギャラリア・ワイキキと言われるショッピングセンターである。 
 ワイキキの交通機関である各種バスやチンチンバス(トロリーバス)が主要ホテルを循環する中心でもある。
 DFSは、40年以上の歴史を持つハワイ唯一の公認免税店。 
 免税店(めんぜいてん)とは、外国人の旅行者に対して、商品にかかる税金(消費税や酒税、輸入品の関税など)を免除して販売する小売店をいう。 主に空港内や一部の繁華街に存在する。

  日本では高額の税金がかかるウイスキーなどの酒類(酒税)やタバコ(タバコ税)、香水(関税)などを、税金を一切含まない価格(日本の市価の半額以下)で購入することができるため、国際線の出国手続き後の空港内には必ず免税店が存在し、安い酒類などの購入者が多いという。

  世界のトップブランド・アイテムや人気ファッション・アイテムがお得な免税価格で購入でき、日本では手に入らない限定品、そしてユニークな地元特産品の数々や世界中から選び抜かれたアイテムが一堂に揃う。
 DFS(ディーエフエス、Duty Free Shoppers)の本来の「Duty-Free」は関税が無税であるという意味をもつ。DFSギャラリア・ワイキキは、アメリカ・サンフランシスコを拠点とするDFSグループ(DFS Group Limited)が運営する大規免税店チェーン。 
 アジア・太平洋を中心とする15ヶ国に、150店舗を展開している。創立以来の主たるターゲットは、どうも日本人旅行者のようである。

  1960年にアメリカ人のチャールズ・フィーニーとロバート・ミラーによって設立された。
 翌1961年、ハワイ・ホノルル空港における独占免税販売権を獲得。1968年には、ホノルル市内に日本人観光客を対象とする店舗を開業した。
 現在、アジア太平洋地区やアメリカ、ヨーロッパに多数の店舗を展開する。空港以外に所在する店舗、都市の中心地に立地する「ギャラリア」店を展開するなど、世界最大の免税店チェーンとなっている。

カラカウア通りのDFSギャラリア・ワイキキ

  ホテルで一息入れた後、早速このDFSを下見のつもりで覗いてみた。 
 あくまで観光客を相手にしているらしく、入場するのにオリオリカード等の身分証明が必要であった。
 内部はさすがに名店にふさわしく、中央にプロムナードを配し、店構えや陳列といい日本人好みの明るく上品な品飾りであろうか・・?。

  中央コンコースを通り抜けると、そこはシェラトン・Hの入り口であり、やがて海岸に沿うようになる、ホノルル一の主要道路・メインストリートのカラカウア通りである。人の流れも多く、周辺は多数のリゾートホテルやショッピングセンター、飲食店が建ち並び、多くの観光客が流れている。

  各人常夏の開放感溢れる服装で、片手にペットボトルのミネラル水をもっているのも特長であろう・・。シェラトン・Hから海岸に出てオーシャンブルーを見ながら、東へ向けて散策する。このあたりの海岸も素敵である。海岸に湧き水があるのも面白い、何でも湧き水のことを「ワイキキ」というらしいが。


  目の前にハイアット・リージェンシーという巨大ホテルが聳え立つ。
 この横を行くとクヒオ通りの中間地に「キングス・ビレッジ」といってヨーロッパの街並みを思わせるような洒落た建物群がある。
 回廊式の石畳の両側に、趣のある様々なギフトショップや専門店が軒が並べる。 

こちらの一角で、毎日午後6時15分から行われる近衛兵の交替セレモニーには多くの観光客が詰めかける。
 華麗なライフルさばきと機敏な動作はヨーロッパ・英国から伝わったものであろうが、ハワイ王朝の下で独自のスタイルに発展していったという。 

  「キングス・ビレッジ」とは、ハワイ王朝の名残を示す建築でも在る。 
 この一角に「踊り子レストラン」がある、純日本料理の老舗として毎朝5時半から深夜まで営業していて、朝食、贅沢な海鮮料理、手頃な定食、各種の鍋物、鉄板焼、うどんやラーメンまで1日中おいしい日本食を楽しめる。
 特に人気なのは、生け簀に入っているロブスターやカニ、はまぐりなど新鮮な海の幸を使った料理であり、カウンターで食べられる寿司、ワイキキ内なら出前OKのお弁当などにも人気があろという。
 気軽な一品料理が揃う味自慢「居酒屋風」でもあり、今日は下見であって明日夕刻に訪れる予定である。


  カラカウア通り、ロイヤルハワイアンショッピングセンターの向い側にインターナショナルマーケッテングプレイス・・?がある。 
 路地沿いに小物アクセサリーなどのショッピングゾーンが並ぶが、その通りの正面に巨大な変わった樹木が聳える。 幹が、大小・多種多様に複雑に絡み合って天を覆っているのである。 

 バニアン・ツリーという樹だそうで、 幹の部分は、なんなんだ、というような複雑な形状をしている。
 バニアンの樹の種類には、Chinese BanyansとIndian Banyanの2種類があって、前者は日本にもある「ガジュマル」だといわれる。クワ科イチジク属に属しているので、イチジクの仲間で、バニアンには「主幹」と呼ばれるような幹がないということらしい。

  ガジュマル(漢名:榕樹、Chinese Banyan)は、熱帯地方に分布する常緑高木で、日本では沖縄県や屋久島など南西諸島に、世界では台湾やインドからオーストラリアなどにかけて自生している。
 小笠原諸島では植栽がなされている。
 樹高は20m、幹は多数分岐して繁茂し、囲から褐色の気根を垂れる。垂れ下がった気根が自分の幹にからみつき、派手な姿になる。
 気根は当初はごく細いが、太くなれば幹のように樹皮が発達する。地面に達すれば幹と区別が付かなくなるという。
 この特異な樹木を見るにつけても、南国ハワイへ来たんだなーという実感がこみ上げる。
 


    
公園にある「ガジュマル」の木
マーケッテングプレイスにあるバニアン・ツリー(ガジュマル)


  ハワイのコンビニといえばABCマートといわれるが、さすがにここワイキキは特に多そうで100m歩けば「ABCマート」にぶつかるほどである。
 ホテル近くの「ABC・・」で今夜の夕食分を設えてホテルに戻った。
 ビールとささやかな簡単食事で、機中での寝不足や明日の早朝予定を考慮して、早々にベット・インとなった。



  ハワイ州は、太平洋の中間に位置するハワイ諸島にあるアメリカ合衆国の州であり、漢字では「布哇」と書くらしい。 ハワイ島、マウイ島、オアフ島、カウアイ島など主要な八つの島(内、ニイハウ島は個人所有)と100以上の小島からなる諸島が丸ごとハワイ州に属していて、州都はオアフ島のホノルル市である。
 ホノルルはハワイ州の政都であるが、観光の中心はやはりワイキキであろう。



   【ワイキキ (Waikiki)

  ワイキキはハワイ州・オアフ島のホノルルにあるハワイ観光の中心地で特にビーチが美しいので知られている。
 場所は、オアフ島南部に位置し、南のビーチ、西と北はアラ・ワイ運河に挟まれ東はダイヤモンドヘッドまでの地域を指している。 
 「ワイキキ」はハワイ語で「水が涌く」の意味で、元々、この辺り一帯は湿地帯であり、18世紀末まではハワイ王朝の保養地でもあったという。

  1898年にハワイがアメリカの自治領として併合された3年後、1901年に、モアナホテル(現シェラトンモアナサーフライダー)がワイキキ初のホテルとして開業以来、リゾート地として開発されることとなり現在の隆盛に至っている。 
なお、ワイキキ・ビーチはカリフォルニアから白砂を運んで作られた人工の砂浜であるという・・?。 

  近年は、メインストリートのカラカウア通り、クヒオ通りを中心に多数のリゾートホテルやショッピングセンター、飲食店が建ち並び、多くの観光客が訪れる。
 中でも日本人観光客が多く、新婚旅行や挙式をするカップルもいる、やはり若い人、特に女性が目立った。ワイキキ周辺での移動の便宜をはかるためワイキキ・トロリーという路面電車風(チンチン・バス)のバスが一帯を巡っている。


【本文関連情報


カラカウア通り ワイキキビーチとH・シェラトン
ワイキキとダイヤモンドヘッド
【本文関連情報

  
ハワイ紀行第2日:Part1(パールハーバー・アリゾナ記念館
  日本一周記    マイ・ホームページ   マイ・ブログ(日本周遊)    国内世界遺産・鎌倉・湘南
【小生の旅のリンク集】
旅の紀行・記録集
山の紀行・記録集 山のエッセイ
「旅行リスト」

日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (別URLです)

【日本の世界遺産紀行】 
北海道・知床  
白神山地 
紀伊山地の霊場と参詣道 
安芸の宮島・厳島神社  
石見銀山遺跡とその文化的景観 

ハワイ旅行2007
沖縄旅行2008
北海道道北旅行
北海道旅行2005
南紀旅行2002

「山行リスト」 

立山、剣(天の記)(1971年)
白馬連峰登頂記(2004・8月)
八ヶ岳(1966年)
南ア・北岳(1969年)
北ア・槍−穂高(1968年)
谷川岳(1967年)
丹沢山(1969年)
西丹沢・大室山(1969年)
八ヶ岳越年登山(1969年)
西丹沢・檜洞丸(1970年)
丹沢、山迷記(1970年)
上高地・明神(2008年)

「上高地雑感」
「上越国境・谷川岳」
「丹沢山塊」
「大菩薩峠」
 


スキーの記録  
「スキー履歴」