北海道・道北部旅行   Part1
道北旅行(出発)
道北旅行(top)     道北旅行:part1-2(士別・名寄・音威子府・浜頓別)     part1・写真集へ
小生の旅と山旅   日本周遊紀行   世界遺産と鎌倉・湘南   日本周遊ブログ   日本周遊写真集T

【本文関連情報

日 程 本文リンク 主要(観光)コース 宿泊地
第1日 リンク1  厚木自宅⇒羽田⇒⇒⇒新千歳空港(12:00⇒13:35)⇒
札幌・岩見沢(レンタカー)⇒旭川(親戚 泊)
旭川
第2日 リンク1
リンク2


写真リンク

 旭川⇒士別・名寄・音威子府⇒浜頓別(クッチャロ湖)⇒猿払(  )⇒宗谷岬⇒
稚内→→利尻 連絡船 (稚内発15:30〜17:10利尻・鴛泊着:泊) 
 宿泊地:利尻「ペンションみさき」  0163-82-1659

利尻
第3 リンク1
リンク2
リンク3

写真リンク

 利尻めぐり(利尻観光バス) 8:20発(4時間コース)
(鴛泊FT〜姫沼〜野塚展望台(車窓)〜鬼脇資料館〜オタドマリ沼〜仙法志御崎公園〜人面岩.寝熊の岩(車窓)〜沓形・海底探勝船遊覧)
 連絡船 利尻・沓形→→礼文・香深(沓形発12:35〜13:15香深着)

 礼文島めぐり(レンタカー) 13:30発(約4時間コース)
(香深⇒金田岬:礼文空港(廃)⇒スコトン岬⇒澄海岬(すかい)⇒元地展望地⇒地蔵岩
⇒桃岩・猫岩展望地⇒知床港⇒香深(泊))
   宿泊地:礼文「旅館光陽」  0163-86-1610 

礼文
第4日 リンク1
リンク2

写真リンク
連絡船 礼文→→稚内 (香深発08:45〜10:40稚内着)
 稚内公園⇒ノシャップ岬⇒サロベツ原野(こうほねの家:兜沼:サロベツビジターセンター)⇒手塩⇒遠別⇒初山別⇒羽幌(泊)
 宿泊地 羽幌:「はぼろ温泉サンセットプラザ」0164-62-3800
羽幌
第5日 リンク1

写真リンク

 羽幌⇒苫前・小平番屋⇒留萌⇒増毛⇒雄冬岬(日本海オロロンライン)⇒浜益・石狩⇒
札幌(泊)  宿泊 「H・ブルーウェイブインサッポロ」 011−511−7531
札幌
第6日 リンク1

写真リンク
 札幌⇒千歳空港⇒夕張⇒日高⇒占冠⇒富良野(ファーム富田ほか)
⇒美瑛⇒旭川⇒層雲峡温泉(泊)
  宿泊「朝陽リゾート・ホテル」 016585391
層雲峡
第7日 リンク1

写真リンク
 層雲峡(黒岳ロープウェイ・リフト→→ハイキング、流星・銀河の滝)⇒
石北峠⇒留辺蕊(るべしべ・温根湯温泉)⇒遠軽⇒丸瀬布・白滝⇒上川・旭川(親戚 泊)
旭川
第8日 リンク1

写真リンク
 旭川⇒美瑛(四季の塔、四季の丘)⇒天人峡(羽衣の滝)⇒旭川⇒岩見沢⇒
新千歳空港19:25⇒⇒⇒21:00羽田⇒厚木自宅
.

【本文関連情報


   【 第一日 】

  旅行や旅好きの人の行き方として、同じ場所を何度も尋ねて行き、その地を極める所謂、「一色多彩」タイプと他方一辺コッキリの「多色一彩」のタイプとが有る様である。
小生の場合はどちらかと言うと後の多色一彩の方かも知れない。

 北海道訪問については、スキーツアーも含めてチョッと数えるのに難儀する程の回数を訪ねているが、気が付くと未だ道北方面へは、上さん同伴としては未知の地域であった。


今回は特に季節柄も考えて道北の島、利尻富士で有名な「利尻島」、花の楽園と言われる「礼文島」の両対照的な島々を中心に訪ねることにした。
 
  羽田空港を昼の時間とゆっくりの出発である。
 と言うのも息子の嫁さんが北海道・旭川出身であり、孫の顔見せの里帰りも兼ねていたのである。


定刻に羽田を出発したANA機は、定刻に新千歳空港に到着し、旭川の両親の笑顔の歓迎を受けた。
レンタカーを手配した後は真っ直ぐ旭川の息子の嫁宅へ向かった。 そして、心配りのレストランへ招待されて鋭気を養ったのである。


    出発ロビー(2階)
東京国際空港ロビー
  羽田空港(東京国際空港)は、日本最大規模で国内線主体にも関わらず
利用者数は1日平均17万人という世界でも有数の規模を誇る。 
特に、深夜から未明の時間帯にかけては国際線チャーター便や貨物便(ヤマト運輸の
「超速宅急便」などの高速宅配サービスが行われている)が離発着していることは余り知られていない。
因に、道北部において当日の夜遅く荷出しをしても、
関東地方には翌々日の午前中には指定便で自宅に到着している、これは驚異的である。



半円形の特異な形をした北海道の玄関・「新千歳空港」(資料)

道外から北海道に入るには、現在のところ空路がもっとも効率的な交通手段であり、
北海道人気も相まって年間利用者約1,800万人という多さである。 
季節運航も含め30路線以上の国内線ネットワークを持ち、北海道の空の玄関となっている。 
とりわけ東京国際空港(千歳 - 羽田)便は現在4社が競合し、
本空港発着国内線乗降客数の半数以上を占め、
近年では単一路線としては世界で初めて年間乗降客が1,000万人を突破した世界一の巨大幹線でもある。 
特に日本航空(JAL)と全日空(ANA)は大型機を中心に1時間に1〜2便運航しているという頻度の多さである。 
尚、羽田空港から新千歳間の飛行時間は概ね1時間である。



        
道北旅行     道北旅行:part1-2(道北)     part1・写真集へ    
小生の旅と山旅   日本周遊紀行   世界遺産と鎌倉・湘南   日本周遊ブログ   日本周遊写真集T

【本文関連情報

【小生の旅のリンク集】
旅の紀行・記録集
山の紀行・記録集 山のエッセイ
「旅行リスト」
日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (別URLです)

【日本の世界遺産紀行】 
北海道・知床  
白神山地 
紀伊山地の霊場と参詣道 
安芸の宮島・厳島神社  
石見銀山遺跡とその文化的景観 

ハワイ旅行2007
九州旅行2008
沖縄旅行2008
北海道道北旅行
北海道旅行2005
南紀旅行2002



「山行リスト」 

立山、剣(天の記)(1971年)
白馬連峰登頂記(2004・8月)
北ア・槍−穂高(1968年)
上高地・明神(2008年)
南ア・北岳(1969年)
八ヶ岳(1966年)
八ヶ岳越年登山(1969年)
谷川岳(1967年)
丹沢山(1969年)
西丹沢・大室山(1969年)
西丹沢・檜洞丸(1970年)
丹沢、山迷記(1970年)
奥秩父・金峰山(1972年)
「上高地雑感」
「上越国境・谷川岳」
「丹沢山塊」
「大菩薩峠」
 


スキーの記録  
「スキー履歴」