北海道・道北部旅行 写真集-Part1
北海道写真・1;道北部地域、宗谷岬、利尻島
photo・1  photo・2  photo・3  photo・4       本文top   part・1  part・2  part・3  part・4 

【本文関連情報


浜頓別・クッチャロ湖と白鳥公園  
白鳥は未だ来ていない、10月半ば以降シベリヤより飛来するという。 クッチャロ湖は、日本で3番目に登録湿地指定を受けている。


白鳥がやってきた
正式名は「コハクチョウ」、その数一万数千羽、
勿論日本最大の飛来地であるらしい。
 三月の暖気、ここを中継してオホーツクをこえて、元のシベリヤへ帰って行き繁殖する。


さるふつ公園内に立つインディギルカ号遭難碑」

1939年(昭和14年)、猿払沖でソ連輸送船が大破遭難、
村民上げて救出活動に当たったが、
700人以上の遭難者を出した。
宗谷岬6枚  北緯45度31分14秒の表示店 北極星をモチーフにとい最北端の碑 「最北端食堂」で最北端ラーメンを食す
「宗谷丘陵の周氷河地形」(稚内市)
宗谷岬展望台のからは岬一帯が一望できる  内陸部は緑が波を打った様な広大な「宗谷丘陵」が広がる  遠方には発電用の「風車」が林立していて、一つの風物を演出している

稚内空港  
稚内―千歳間(7月現在1往復)、稚内―東京間(7月現在2往復)にボーイング737型機(126人乗り)、
関西直行便(7月現在1往復)のA320型機(166人乗り)が就航している。
又、道央圏及び利尻・礼文を結ぶ北海道北部の輸送拠点空港であったが、
2003年に利尻空港、礼文空港線は廃止になっている。


北海道・道北部地域、宗谷岬、利尻島
photo・1  photo・2  photo・3  photo・4       本文top   part・1  part・2  part・3  part・4 

【本文関連情報



稚内公園より稚内港

フェリー入港

利尻・鷲泊港到着、 船内よりペシ岬と泊り宿・「P・みさき
宿の食事は海鮮主体で、生ウニ、刺身(イカ、エビ、ヒラメ)、
ズワイガニ、サケ、イクラ、昆布など新鮮な海の幸が勢揃いしとても美味

ペシ岬より利尻・鷲泊港
港より徒歩10〜15分で頂上へ、見晴らし絶佳

ペシ岬灯台

フェr−入港と利尻岳(利尻富士)

ペシ岬より鷲泊の町(左が港)

利尻唯一の温泉・「利尻富士温泉

北海道・道北部地域、利尻島
photo・1  photo・2  photo・3  photo・4       本文top   part・1  part・2  part・3  part・4 
小生の旅と山旅   日本周遊紀行   世界遺産と鎌倉・湘南   日本周遊ブログ   日本周遊写真集T

【本文関連情報


【小生の旅のリンク集】
旅の紀行・記録集
山の紀行・記録集 山のエッセイ
「旅行リスト」
日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (別URLです)

【日本の世界遺産紀行】 
北海道・知床  
白神山地 
紀伊山地の霊場と参詣道 
安芸の宮島・厳島神社  
石見銀山遺跡とその文化的景観 

ハワイ旅行2007
九州旅行2008
沖縄旅行2008
北海道道北旅行
北海道旅行2005
南紀旅行2002



「山行リスト」 

立山、剣(天の記)(1971年)
白馬連峰登頂記(2004・8月)
北ア・槍−穂高(1968年)
上高地・明神(2008年)
南ア・北岳(1969年)
八ヶ岳(1966年)
八ヶ岳越年登山(1969年)
谷川岳(1967年)
丹沢山(1969年)
西丹沢・大室山(1969年)
西丹沢・檜洞丸(1970年)
丹沢、山迷記(1970年)
奥秩父・金峰山(1972年)
「上高地雑感」
「上越国境・谷川岳」
「丹沢山塊」
「大菩薩峠」
 


スキーの記録  
「スキー履歴」