北海道旅行2005 第6日


北海道旅行・第6日(留寿都、洞爺湖)   top   北海道旅行・第7日(有珠山、昭和新山、伊達)へ  
小生の旅と山旅   日本周遊紀行   世界遺産と鎌倉・湘南   日本周遊ブログ   日本周遊写真集T

【本文関連情報



    【第6日】


温泉入浴の心得・・?、


光々と射す窓の明かりで目が覚めた。 

若者(息子夫婦)は未だ夢の中のようで、先ずは朝湯で洗顔といこう。


小生、温泉地で投宿する時は基本的に三回湯浴みをする事にしている。
到着したらその日の垢落としに一回、次に就寝前にリラックスの二回目、そして次の朝、洗顔と凝り解しに三回目といった具合に。

朝食は今流行りのバイキング方式で賑やかに食す。
今日も晴れがましい天気だ。


ホテルの前を通るとすぐに「月見橋」があり、その横にカッパの夫婦像と洒落た案内板がある。 
月見橋は凝った装飾の橋だ、川の中心で両側に半円のテラスを張り出し、そこに各一つの河童の像がある。 

河童は定山渓温泉のシンボルである。
ここで記念の写真を撮る。この先は「見返り坂」という坂道が国道へ延びている。
朝飯前にここに散歩に来たが確かに見返りたくなるような情景が広がっている、橋から坂に取り付く曲がり角に、「湯の滝」という温泉を流した滝があり、滝の水を受ける位置に、湯に入ってくつろぐ河童の像がある、これがまたいい・・!。 

橋から眺める露岩の渓谷には、川床に温泉水を引くパイプがはりめぐらされ、あちこちから湯気が上がる様が見える。


周囲の山は未だ残雪が豊富で白く輝いている・・、


整えて、今日一日の出発である。
先ず中山峠から留寿都へ向かう。
定山渓PAから、すぐ左へ行くと豊平峡谷と豊平湖があり秋は紅葉の名所だそうだ。 

中山峠までは山中深い登りで積雪もかなり多くなる。
この国道は定山渓国道といい札幌〜函館の最短距離だとか。
峠には道の駅「望羊中山」があったが、さすがに山深い駅で今はひっそりとしている、望羊の名が付くとおり西方に羊蹄山が遠望できるはずであるが、モヤに遮ぎられてるのは残念だ。 

峠の左方に「中山峠スキー場」があり若者数人が興じていた。
この峠までが札幌市の市域で札幌市は意外と広い。

峠を下る、一時して視界が広がった、喜茂別の広大な畑の向こうに蝦夷富士と称される「羊蹄山」が姿を現した、それがだんだん近付いてくる、喜茂別川から眺める羊蹄山は実に絵のようだ。



5月の羊蹄山




息子と写真撮影に興ずる。

また真近に望める「尻別岳」もいい姿を見せている。


尻別岳、喜茂別は道路(国道)や河川が縦横に走っていて、雰囲気の良いところ

【本文関連情報




ルスツリゾートへ来た。 

この地は思い出というか懐かしい地だ、今年1月23日から26日までの4日間家族・知人とでスキー旅行に来た地だ。 現在でも山地はタップリの雪の量で、当然まだまだスキーは楽しめるはずだが・・??、しかし、4月10日でWinterSportsは終了している。

そして、いまは遊園地が開園し、大型連休の半ばとあってホテル内外は物凄い人出である・・!。 

我々は過日の親しみと懐かしさをこめて北海道の土産等を下見しようかと中へ入ろうと思ったが、これが又有料入場になっていた、些か呆れながら事情を話すと快く応じてくれた。 

正面通路に在るメリーゴーランド等懐かしく見受けたが、やはり余りにも広くて小生などは今もって、何処がどうなんだか判らずじまいだ。
人の多さに半ば呆れながら結局ソフトアイスを一個買ったのみで引揚げることにした・・。

留寿都村などはアイヌ人も住まない荒涼とした地柄であったとか・・、
今はこうして巨大リゾートが出来、様変わりして地元民を潤している。 
これはこれで結構なことと思われる。 

因みに、このリゾートは冬季はむろん、春夏秋時期は既存の施設の他に、あらゆる分野の野外活動的レジャーが満載のようである・・。

R230は羊蹄山をバックに洞爺湖へと進める、湖畔へ下りて間もなく細長く突き出た岬の先端に赤い洒落た造りの建物に気が付いた、その後方青く光る湖面に中島が浮かんでいる。まるで一服の絵の様だ・・!

風景画を一枚撮る。

ここは北海道百景に指定されている「浮見堂」とその風景であった。



洞爺湖西側の「浮見堂」
正面は有珠山


正面は中島


次頁、  北海道旅行・第7日(有珠山、昭和新山、伊達)へ



        
北海道旅行・第6日(留寿都、洞爺湖)   top   北海道旅行・第7日(有珠山、昭和新山、伊達)へ  
小生の旅と山旅   日本周遊紀行   世界遺産と鎌倉・湘南   日本周遊ブログ   日本周遊写真集T

【本文関連情報

【小生の旅のリンク集】
旅の紀行・記録集
山の紀行・記録集 山のエッセイ
「旅行リスト」
日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (別URLです)

【日本の世界遺産紀行】 
北海道・知床  
白神山地 
紀伊山地の霊場と参詣道 
安芸の宮島・厳島神社  
石見銀山遺跡とその文化的景観 

ハワイ旅行2007
九州旅行2008
沖縄旅行2008
北海道道北旅行
北海道旅行2005
南紀旅行2002



「山行リスト」 

立山、剣(天の記)(1971年)
白馬連峰登頂記(2004・8月)
北ア・槍−穂高(1968年)
上高地・明神(2008年)
南ア・北岳(1969年)
八ヶ岳(1966年)
八ヶ岳越年登山(1969年)
谷川岳(1967年)
丹沢山(1969年)
西丹沢・大室山(1969年)
西丹沢・檜洞丸(1970年)
丹沢、山迷記(1970年)
奥秩父・金峰山(1972年)
「上高地雑感」
「上越国境・谷川岳」
「丹沢山塊」
「大菩薩峠」
 


スキーの記録  
「スキー履歴」