北海道旅行2005 第2日


北海道旅行・第2日(東北道、八戸)  北海道旅行(top)  北海道旅行:第3日(上陸、日高、襟裳、大樹町)へ    
小生の旅と山旅   日本周遊紀行   世界遺産と鎌倉・湘南   日本周遊ブログ   日本周遊写真集T

【本文関連情報

日 程

目 的

人 員

手 段

G・W

法事、観光

家族

マイカー
平成17年4月28日〜5月 6日 (9日間)

 北海道・大樹町、旭川 その他

家族5人(女2人・男2人・幼児)

マイカー(トヨタタウンエース・ノア)

第一日

第二日

第三日


第四日

第五日

第六日

第七日

第八日

第九日
車中泊り

船中泊り

十勝川温泉


旭川

定山渓温泉

船中泊り

白馬

白馬
出発(車中泊)

東名高速⇒首都高⇒東北道⇒八戸F・T

苫小牧F・T⇒苫小牧⇒静内⇒襟裳岬⇒大樹町⇒十勝川温泉


大樹町⇒帯広⇒道東道⇒新得町⇒狩勝峠⇒富良野⇒旭川

旭川⇒札幌⇒定山渓温泉

定山渓⇒中山峠⇒留寿都⇒洞爺湖⇒伊達⇒道央道⇒苫小牧⇒苫小牧東F・T

秋田F・T⇒秋田⇒本荘⇒酒田⇒温海⇒穂波⇒新潟⇒北陸道⇒糸魚川⇒白馬

白馬

白馬⇒大町⇒豊科⇒長野・中央道⇒相模湖⇒自宅


   第二日

東北道をひたすら北上・・、


深夜の大東京は連休前夜もあってか、さすがに車の数は多い、首都高の江戸橋IC等は渋滞しているほどだ。
東北道へ入って「蓮田SA」で仮眠を取るべく停車したが,息子が眠気を覚えず運転を代わって更に走行することにした。 
白河の北、「鏡石PA」でようやく休憩に入った頃は大気が明け始まった頃であった。 


一時の仮眠を取って、後は東北道をひたすら北上する。 
仙台辺りは今が桜の見ごろらしい、が当地の「楽天チーム」は一体どうなっているのか、6勝25敗の最下位は小生の当初の予測より悪い・・!

今後を期待したい。




【本文関連情報




好天に恵まれて道は更に北へ、岩手の背骨ともいえる県央地域を通り「岩手山」のすぐ横の「岩手山SA」にて大休止を入れる。 

紺碧の天空に映える岩手山は未だ白の山容であった。

北奥羽の最高峰2038mの岩手山は盛岡市内からも眺められ、南部富士の呼称で地元の人に親しまれている。
古くから、神の住む山として人々の信仰を受けてきたが、過去10回以上も噴火を繰り返し恐れられた山でもある。



滝沢村付近からの岩手山



小一時間の休憩の後、安代JCTより、いよいよ八戸道へ入った。

最後の一服を、こじんまりした「折爪SA」にて行い、後は一気に「八戸IC」を走り抜けた。
時に14時30分。東名厚木ICから高速道にのってから,実に14時間以上の高速路上であった。


八戸で・・・、


今夜遅く利用する八戸F・Tを下見して、立ち寄り温泉でもある「ウエルサンピア八戸」にて旅道中の疲れを流した。 
ここは住宅地の高台に在り、あまりに立派過ぎて唖然とするぐらいだ。
ホテル、婚礼がメインらしいが・・、9種類の湯船の泉質はナトリウム塩化物泉の循環式であり,和室の大広間で充分くつろげて、入浴料600円は超安、しかしここも今問題視されている社会保険庁・年金事業団の施設とかで、いずれ無くなるらしいが。


仮眠と軽い夕食を摂って八戸F・Tへ向かった。

出航は22:00で苫小牧へは翌朝6:30の予定である。
21時には船上の人となる。

二等船室のコーナーにて北海道への夢路を辿った。





川崎近海汽船 八戸から出航は22:00で苫小牧へは翌朝6:30の予定である。

では又、明日あさ・・、  

次頁へ  第3日(上陸、日高、襟裳、大樹町) 


 
        
北海道旅行、第2日   北海道旅行(top)     北海道旅行:第3日(上陸、日高、襟裳、大樹町)    
小生の旅と山旅   日本周遊紀行   世界遺産と鎌倉・湘南   日本周遊ブログ   日本周遊写真集T

【本文関連情報

【小生の旅のリンク集】
旅の紀行・記録集
山の紀行・記録集 山のエッセイ
「旅行リスト」
日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (別URLです)

【日本の世界遺産紀行】 
北海道・知床  
白神山地 
紀伊山地の霊場と参詣道 
安芸の宮島・厳島神社  
石見銀山遺跡とその文化的景観 

ハワイ旅行2007
九州旅行2008
沖縄旅行2008
北海道道北旅行
北海道旅行2005
南紀旅行2002



「山行リスト」 

立山、剣(天の記)(1971年)
白馬連峰登頂記(2004・8月)
北ア・槍−穂高(1968年)
上高地・明神(2008年)
南ア・北岳(1969年)
八ヶ岳(1966年)
八ヶ岳越年登山(1969年)
谷川岳(1967年)
丹沢山(1969年)
西丹沢・大室山(1969年)
西丹沢・檜洞丸(1970年)
丹沢、山迷記(1970年)
奥秩父・金峰山(1972年)
「上高地雑感」
「上越国境・谷川岳」
「丹沢山塊」
「大菩薩峠」
 


スキーの記録  
「スキー履歴」