広瀬大社・河合大塚山古墳へ       ノルディックウオーキング快晴絶好のノルディックウオーキング日和総勢55名
初めての、馬見丘陵公園を離れて、河合町の史跡めぐり!心地よい汗をかきました。2.19(日)
広瀬大社種別 無形民俗文化財名称 廣瀬神社の砂かけ祭り(御田植祭)所在地 奈良県北葛城郡河合町川合
保持団体 廣瀬神社指定年月日 平成21年12月11日砂かけ祭りはオンダ(御田)とも称され、北葛城郡河合町川合の廣瀬神社の拝殿及び拝殿前で毎年2月11日(かつては2月12日)に行われる御田植祭(おたうえさい)です。祭りは二部に分かれており、午前11時から「殿上(でんじょう)の儀(ぎ)」、午後2時から「庭上(ていじょう)の儀」が営まれます。
大塚山古墳
5世紀後半築造の三段築成の前方後円境。墳丘全長は197m、同時期では奈良盆地内で最大級の古墳です。遺物は、円筒埴輪・朝顔形埴輪・家形埴輪の円柱部分に小型の盾を付けたもの・盾形埴輪・蓋形埴輪・須恵器模倣土師器など。(昭和31 年12 月28日、国指定史跡)
近鉄池部駅集合解散という初めての試み、またいずれの日か計画をしたいと思います。