奈良公園から二月堂〜春日大社へノルディックウオーキング
       東大寺・開山堂の糊こぼし椿(良弁椿)
          二月堂お水取りの行事を彩る「のりこぼし」}
ほとんど散りかけていたが、少し残っていた椿(
良弁椿)を垣間見ることができた。
東大寺二月堂の南西にある国宝のお堂、開山堂は庭が非公開なのですが脇道から垣間見ることが出来ます。「お水取り」に先立って、練行衆は行に使う造花の椿を作ります、誤って紙の上に糊をこぼしてしまい、のりの斑点に庭の椿が似ていたことから名づけられた。
今日は風が強く時折小雨がぱらついたが、何とか最後まで歩くことができた。そのあとかなりのにわか雨が奈良市内に降ったようだ。


まんなおしの地蔵 奈良市雑司町
 二月堂の北側を東へ百メートルほどのぼると、小さな石地蔵がある。まんなおしの地蔵と呼ばれている。この地蔵におまいりすると、商売が繁盛するといわれている。この地蔵におまいりする商人は、必ず、地蔵さんの付近の土中に銭を埋め、前にだれかが埋めた銭を探して持って帰ると、げんがよいという。

(おまけ)・・・・・台湾の美女が撮影をしていたよ!