なら楽々クラブ2011.1.28

春日の大とんど
※開催日は年によって変更有(雨天の時は翌日に順延)
 9時過ぎより祭典を執行、15時頃までお焚き上げを受付

小正月の伝統行事である「大とんど」を境内の飛火野で開催。飛火野に火炉(5m×2m、高さ2m)を設置し、正月に神社に持ち込まれた古いお札やお守り、注連縄飾りなどを焚き上げます。当日の会場への直接の持ち込みも可能。事前に市観光協会にて募集したボランティアにより、ダイオキシンが発生しないようお守りなどからビニールを除去する分別作業を行い、環境にも配慮した大とんどにしています。