ダッチオーブンを使おう!

今、巷で流行している調理器具と言えばダッチオーブン。 ダッチオーブンと言えば、「魔法の鍋」とか「ブラックポット」と呼ばれることもしばしば!! 型に流し込んで作る鋳物が、なぜそんなにスゴイのか? ダッチオーブンの秘密を教えちゃいます!!


ダッチオーブンはココがスゴイ!!

*鍋もフタも鋳鉄製なので、熱の保持力が高く、熱の偏りが無い熱配分である。

*鉄鍋の厚さ、重さ(12インチの物は8kg)

煮る、焼く、蒸す、揚げる、燻す、炊くはもちろんオーブンとしても使える。

*フタの重さとフタと鍋の噛み合わせの良さから異常に高い密閉性を誇る。

水分を逃がさないだけでなく、ほとんどの料理を無水で作ることが出来る。

*普通なら難しい料理も、ほんの少しの下ごしらえで簡単に豪華に作れる。

ダッチオーブンの種類と選び方

 大別して「キャンプタイプ」「キッチンタイプ」の2種類があります。 サイズも5インチから14インチまであり、鍋本体の深いディープタイプもあります。 アルミ製の軽いダッチもありますが、空焚きすると溶けたり、軽いので密封性が低くなったりするので、重くても鋳鉄製を選びましょう! しかもダッチと言えばアメリカのLODGE社製でキマリ! 最近は格安なコールマン社製、ロゴス社製もありますが、作りも伝統もやっぱり違います!

キャンプタイプ
フタの表にエッジがあり、オキをのせることができる。 フタは裏がえすとフライパンとして使える。 鍋の底には3本脚があり、オキ火にかけられる。 ダブルデッカーといって2つ重ねて使うことが出来る。
キッチンタイプ
文字通り家庭で使えるタイプ。 フタの表にエッジは無いが、裏に突起があり蒸発した水分を、再び料理に戻しうまみを逃がさない。 鍋の底には脚がない。

メンテナンス&オススメグッズ
メンテナンス
購入後の初仕事
シーズニング
詳しいやり方は
をクリック!!
 ダッチオーブンは買ったままの状態では使えません。 最初だけはシーズニングという下準備が必要です。 シーズニングとは新品は錆止めに塗ってある機械油を取って、植物性の油(オリーブオイルがベスト)を鋳物部分に染みこませることです。 使えば使うほどに油が染みこんで黒光りしてきます。 この黒光りした物を通称”ブラックポット”と呼んでいます。 90団の物も早く”ブラックポット”と呼ばれるほど使い込みたいものです。 これに限りませんがシーズニングの方法を説明します。
使い終わったら
 美味しい物を食べ終わったら、ダッチに感謝して愛情を注ごう! ダッチオーブンは絶対洗剤を使わないこと! 洗剤で洗ってしまうとせっかくシーズニングを行って凸凹に染みこんだオイルをすべて洗い流してしまう。 悪い意味で新品(シーズニング前)に戻ってしまう。 だから洗剤を使わずタワシで汚れを洗い流し、火にかけて乾燥させる。 次にオリーブオイルふりかけ、ペーパータオルで塗り込む。 縁も底も丁寧に塗り込み、火にかけ熱する。 鍋本体の縁に割り箸を置き、フタをその上に置く。 こうすることで鍋の中の熱も水分も早く逃げる。 ダッチオーブンが冷めてきたら買ったときの箱に入っていたとおり入れてしまおう。 最近では専用のソフトケースも売っています。 僕はもちろんソフトケースを使ってます。
焦げ付いた時は?
特にご飯物などはこびりつきやすい。 自然の中では出来るだけゴミを出さないのが鉄則なので、火で焼き切って炭化させる。 体積は比較にならないほど小さくなるし、栄養物が無くなっているので腐敗しない。 つまり生ゴミでなくなる。 焼いて焦がしカラカラに乾燥させる。 それをヘラで引っかいて鍋底からはがし、はがした焦げはかまどにくべて更に燃やしてしまう。 その後は普通に使い終わった時の処理をする。
オススメグッズ
ロッジ キャンプオーブン12インチ ディープ

 個人で使うなら普通の12インチで十分ですが、スカウト活動で使うなら断然ディープ! 3cm深くなるので七面鳥までスッポリ入る。 これであなたも野外料理の鉄人!

ロッジ ダッチオーブン用グローブ

 ロッジ ダッチオーブン用グローブ ダッチオーブン用耐熱グローブです。スエード調牛革グローブで、熱に強く手首まで覆うので安全に作業ができます。

ロッジ リッドスタンド

 ロッジ リッドスタンド ロッジ・キッチンオーブンにかかせない アイテム!!オーブンのリット(フタ)置きとしては もちろんのこと、キッチンオーブンのスタンドとして使用できます!!これを使えば キッチンオーブンも 脚付...

ロッジ LODGEリッド・リフター

 ロッジ LODGEリッド・リフター ダッチオーブンのフタを開ける為の専用グッズです。

ロッジ トライポッド

ロッジ トライポッド ダッチオーブンの調理や焚き火用に最適な三脚。本格派の貴方ならこれが絶対オススメ。