ナイフの豆知識

主なベーシックナイフ
シースナイフ
SHEATH KNIFE
ハンドル(柄)とブレードが固定されて頑丈。 片手でシース(ケース)から取り出してすぐに使えるのも魅力!! アウトドアマンならまずは1本用意したいナイフ。 
フォールディングナイフ
FOLDING KNIFE
折りたたみ式なので携帯性がよく、シースやポケットに入れると外から見えなくなるこのナイフは、日本のナイフ事情を考えるとシースナイフよりも使いやすいかも・・・。また、片手で開く事の出来る製品も増えている。
主なクッキングナイフ
出刃
魚をさばいたり、鶏の骨を切ったりと本格的な調理向き。片刃のブレードはしっかりと肉厚で、大物もさばきやすい。和包丁の代表格。
牛刀
洋包丁のこと。刃が長く、大きな肉の塊を引いて切るのに向いている。また刃先を支点にして刻む切り方など、野菜にも向いている。
三徳
家庭で一般的に使われているタイプ。どんな食材を切るにも適している。原型は洋包丁の牛刀がモデル。
フィレナイフ
釣った中型の魚をその場でおろすのに便利な魚専用ナイフ。背骨ギリギリまで肉をそげるように、ブレードは適度なしなりをもっている。
ペティナイフ
野菜や果物の皮むきなどに適した、刃長120mm前後の小型ナイフ。
セレーテッドナイフ
波形の刃をもつナイフ。肉、魚、野菜からチーズ、冷凍ものまで、幅広く対応。ブレードが薄いので、特にパンやチーズを切るのに向いている。