カスタム検索
日本周遊紀行



写真集
西日本編   9日目:PartUa(岡山、和気)   PartUb(宇野、児島、)へ
小生の旅と山旅   日本周遊紀行   日本周遊ブログ  写真集T
日本周遊紀行:詳細目次
詳細目次(東日本)  信越・東北西沿岸 北海道T、世界遺産:知床 北海道U 東北・東沿岸 関東沿岸
詳細目次(西日本)  鎌倉・湘南 東海 近畿 四国 山陽 九州(北、西) 九州(南) 九州(東)  沖縄  
               山陰・北近畿  
北陸  世界遺産:紀伊熊野 宮島 石見銀山

【本文関連情報



日本周遊紀行(92)岡山 「吉備国と岡山城」



古代の中国地方は「吉備国」といわれ、その中心は岡山であった・・、

西大寺から凡そ西に10km程度で、備前・岡山の中心都市「岡山」である。

古代、つまり弥生時代から古墳、飛鳥時代の頃は、岡山は「吉備国」であり、筑紫(九州地方)、出雲、ヤマト(飛鳥地方)、毛野国(けのくに、けぬくに:北関東の栃木、群馬あたり)などと並んで、日本列島を代表する一大豪族政権として繁栄し、ヤマトと連合して列島の統一・治世に貢献したとされる。

吉備や吉備の国と聞いて、先ず思うことは桃太郎であり、幼少の頃より桃太郎の吉備ダンゴ(:きびダンゴ)などでもお馴染みであった。 
桃太郎の物語は犬、サル、雉を従えて鬼が島に鬼退治に出かけ、桃太郎が鬼を征服する話である。 

この桃太郎伝承では歴史上では古代、吉備国と出雲国において、鉄を巡る争いとも言われる。 
中国山脈では特に出雲地方を中心に砂鉄を産し、百済の国の製鉄技術を導入して、鉄器である武器、農具が多くつくられた。 
一般には、桃太郎は天皇の皇子で吉備津彦命であり、鬼は出雲族の王(百済の王子温羅:うら)ともいわれる。 
現在でも三備地方(備前、備中、備後)には一の宮として吉備津神社が存在し、其々、同一の吉備津彦命を祀っている。

その後、奈良期の律令制の制定において吉備国は備前国、備中国、備後国、美作国の4カ国に分割され、その備前国の国府が現在の岡山市域内に置かれた。


備前国の岡山と言えば岡山城であり戦国期、宇喜多氏や小早川氏が思い起こされる。

戦国時代に、岡山の地の交通の便と土地の広さに目を付けた宇喜多直家であった。 
直家が始めた城下町・岡山の振興は、嫡男の秀家の代にも続けられ、これ以後、岡山は主に備前国の政治・経済の中心地となった。 
だが、宇喜多秀家が関ヶ原の戦いで西軍の大将に祭上げられ敗戦と同時に没落すると、1601年(慶長6年)に小早川秀秋が岡山城に入った。


ここで、関が原合戦の際の勝敗の一因として、小早川氏が挙げられるが・・、

小早川氏は、毛利氏の三首脳(本家・毛利隆元、吉川元春、小早川隆景の三兄弟)の一人で、小生の居住地・相模の国の出実であることは余り知られていない。

小早川氏の祖は鎌倉期の創世記、相模国土肥郷(神奈川県湯河原町土肥)を本拠地とした頼朝の第一の忠臣・「土肥実平」の子とされる。 
その子の遠平が小田原の早川の地を与えられ、小早川を名乗ったことに始まるという。 
源頼朝が守護・地頭を置いた時に、遠平は旧平家氏領の安芸国沼田庄(広島県三原市周辺)の地頭職に任じられる。

戦国時代に入ると中国を支配した大内家傘下の国人領主となるが、その後、大内氏が毛利に亡ぼされると、1544年に毛利元就の三男・隆景が小早川家の養子に迎えられる。
小早川隆景は、兄の吉川元春とともに毛利家を支える「両川」と呼ばれる筆頭家老になる。(毛利両川体制、所謂、毛利・「三本の矢」:本家、吉川、小早川家の三強体制のこと)

本能寺の変後、羽柴秀吉が織田信長の後継者としての地位を確立すると、毛利家は豊臣政権下では五大老にまでなる。 
この頃、隆景には子供がいなかったため、家督は豊臣秀吉の甥・羽柴秀俊(後の小早川秀秋)が養子として継ぎ、小早川本家は毛利一門と併せて、豊臣一門にもなった。

小早川秀秋は関ヶ原の戦いで、秀吉の正妻・北の政所の影響で西軍から東軍に寝返ったとされ、その結果、戦局は大きく東軍(徳川方)に傾き、勝敗を決したとされる。 
その功績により備前51万石に加増移封されたが、若き秀秋には嗣子が無く早々に病没し、小早川家は名実ともに断絶したというのが定説であった。(享年・21歳)

ただし、近年の2007年10月、秀秋には側室の子・土肥秀行がおり、足守木下家に仕えて存続したとする家伝が、隆景像とともに子孫である足守藩士(備中岡山)の家から発見されたという。 
この家系が他の秀秋の兄弟による跡目の継承によって復活したものでない秀秋の血統であるとすると、豊臣姓・小早川(土肥)氏は現在も存続していることになるともいわれる。

岡山城には秀秋の死後は池田忠継が入り、以後江戸時代を通じて岡山は池田氏の城下町となった。 城下町としての岡山は発展を続け、池田氏第四代の綱政の代である1707年(宝永4年)には町方人口が3万人(武家・寺社方を含めた総人口は推定4万〜5万人)に達し、国内でも十指に入る経済力を持つ城下町となった。 

この時期、日本三名園の一つである「後楽園」が造成されている。

次回は、和気の「和気清麻呂」

【本文関連情報


日本周遊紀行(93)和気 「和気清麻呂」



和気出身の「和気清麻呂」は「天皇継承」に関して多大な貢献をした・・、 

この西大寺に沿う「吉井川」の上流地域に「和気町」がある。
和気は、古代より官道に沿う要衝の地であり、一帯は、「吉備の国」と称して(山陽地方の古代国名、大化改新後備前、備中、備後、美作に分かれる)筑紫、出雲、飛鳥などの四大古代日本文化の発祥地ともいわれている。

そして名称の如く和気氏の祖、古代史上馴染みの和気清麻呂(わけのきよまろ・733〜799)の出生地と伝えられている。 当地の豪族・和気氏と大和王朝との係わりが深く、その後の奈良・平安の両時期にわたり大いに栄えたという。 

中でも和気清麻呂は奈良期から平安期の転換期、朝廷にて桓武天皇の信任厚く活躍した人物で、この時期「道鏡事件」という天皇継承事件が発生し、これを取り纏めた人物として後世にその名を留めた。 更に清麻呂は、「平安遷都」の立案者であったことも史上有名である。


道鏡事件とは・・・、

淳仁天皇が即位したのは奈良後期(758年頃)であった。
この時、平城京(奈良)を改造する間、仮の宿として保良宮(ほらのみや:滋賀県大津)を造営し、推進したのは天皇の後見人といわれる藤原仲麻呂だった。
近江出身だった仲麻呂は、保良宮をいずれは本格的な都にするはずだった。

【保良宮の追記】
現在、近江大津に保良宮の痕跡なるものは残ってないが、2006年に京をつなぐ幅18mもの「田原道」という古道が発見されたというニュースがあった。


天皇の位を譲った孝謙女帝は早速、保良宮に移り住む。
ここで法僧・道鏡(弓削道鏡・ゆげのどうきょう)と知り合うことになる。
奈良期は仏教を中心とした政治が行われていたため、法僧の地位は比較的高く、道鏡は女帝の看病役として寵愛を受け、その後太政大臣にまで出世する。
女帝は奈良の都に戻って淳仁天皇を廃し、自らが称徳天皇と名乗って、再び即位する。(道鏡の意もあったとされる)
この時、あわてた仲麻呂は、これを阻止しようと反乱を企てるが、途中で発覚し女帝軍に捕らえられ斬首されてしまう。
女帝の下で権力を欲しいままにした道鏡は、遂に、天皇の位まで狙うことになる。 
ここで登場するのが「和気清麻呂」である。

こんな時期、豊前国の宇佐八幡宮の宮司が朝廷に、「道鏡を天皇の位につければ天下は太平となる」というお告げ(神託)をもたらしたという(これは道鏡の工作による)。 
天皇は驚き、神意を確かめるために勅使として清麻呂が選ばれた。 
九州に下った清麻呂は豊後の宇佐八幡宮に篭り、正規のご神託を得ることになる。
「皇位は、神武天皇からその皇孫(皇男子)が受け継ぐべきものである。 皇孫でないものが皇位が継ぐことはならない。」とした。 
この万世一系の思想(継承権は永遠に同一の系統が続くこと、多くは皇統について言われる)は、和気清麻呂が起こしたものと思われ、現代にまで受け継がれている。 
昭和憲法下でも「皇位継承は世襲のものであって、皇室典範によって細かく定められている。皇室典範第1条では皇位は皇統に属する男系の男子がこれを継承する」と記され、清麻呂の思想以上に具体的になっている。

このことに天皇から反感をかい大隅国に遠島されていた清麻呂は、桓武天皇即位と同時に赦免され京に戻る。後に、天皇の側近として各種、事業を行い、如いては平安京遷都に尽力する。京都・神護寺は平安京遷都を祝って清麻呂が建立したものという。
明治期に、清麻呂は「皇位を守った」として護王神社に祀られる。 
前日の項にも記したが、京都・護王神社(京都市上京区烏丸通・さざれ石・君が代で有名)の主祭神でもある。  又、東京の皇居に「銅像」が建てられている。


序いでながら先にも記したが・・、

平安遷都を進言した官人・和気清麻呂を祭る護王神社(京都市上京区)は京都御所の西側、蛤御門の向かいに鎮座し、併せて清麻呂公の像も立つ。 
又、像のすぐ後ろには、「君が代」に象徴される・通称「さざれ石」というのが座置されている。 
この石は、小粒な石が堆積して自然に大きくなった巌とされ、国内でも最大級(高さ2.3m幅3m重さ約7トン)で、まさに大きな巌で静かに時代の推移を見守ってきた。

この「さざれ石」は、国歌「君が代」に詠まれた由緒ある石だという。


『 わがきみは 千代にましませ さざれ石の 
                     巌となりて 苔のむすまで
 』  (古今和歌集 よみ人しらず)

(あなたは、千年も万年もおすこやかに長生をお保ちください。細かい石が大きな岩となって、苔が生える、さきざしまでも)  新潮日本古典集


「わが君」が「君が代に」に、「千代にましませ」は「千代に八千代に」に変わったのは、平安期の藤原公任(きんとう・966〜1041)が編纂した「和漢朗詠集」の流布本(るふぼん:広く世に知られている本)によるといわれる。

明治憲法は「万世一系の天皇はこれを統治す」として、「君が代」は天皇自身を指すとされていたが近年の国文学者などによると、古来の歌詞の意味で、『「わがきみは」の「わが」は親しみをこめて添えた接頭語、「きみ・君」は天皇を指すのではなく、本心から敬う人物を対象に広い意味の人民として使われる。 親しい相手の長寿を祝うこの歌は、古い民謡の面影を伝え、思いやりに溢れている』と解説している。

明治期には、歌の解釈が当時の「富国強兵」に解釈利用され翻弄された一方で、護王神社の宮司は「国民が、末永く平和で繁栄を願う精神を表している」というふうに、天皇賛美を超えてこの歌が親しまれていることには間違いないという。 


「日本国国歌」

(歌)
君が代は
千代に八千代に
さざれ石の
いわおとなりて
こけのむすまで

(読み)
きみがよは
ちよにやちよに
さざれいしの
いわおとなりて
こけのむすまで

(現代語訳)
君が代は
千年も八千年も(末永く・・)
細石が
大きな岩になって
それに



尚、戦後(特に1980年代以降)国内では、各方面から国家「君が代」に対する肯定的或いは批判的意見が主張されるようになり、アジア地域等を含めて物議をかもした。
そして、様々な思惑が交叉する中の平成8年(1996年)、当時の文部省の指導で、教育現場においては「日章旗」(日の丸)の掲揚と同時に「君が代」の斉唱の通達が強化されることになった。

次回、瀬戸内・「直島」   partUb

【本文関連情報




小生の旅と山旅  日本周遊紀行  日本周遊ブログ  写真集T
日本周遊紀行:詳細目次
詳細目次(東日本)  信越・東北西沿岸 北海道T、世界遺産:知床 北海道U 東北・東沿岸 関東沿岸
詳細目次(西日本)  鎌倉・湘南 東海 近畿 四国 山陽 九州(北、西) 九州(南) 九州(東)  沖縄  
               山陰・北近畿  
北陸  世界遺産:紀伊熊野 宮島 石見銀山
【小生の旅のリンク集】
旅の紀行・記録集
山の紀行・記録集 山のエッセイ
「旅行リスト」
日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (別URLです)

【日本の世界遺産紀行】 
北海道・知床  
白神山地 
紀伊山地の霊場と参詣道 
安芸の宮島・厳島神社  
石見銀山遺跡とその文化的景観 

ハワイ旅行2007
九州旅行2008
東北紀行2010
沖縄旅行2008
北海道道北旅行
北海道旅行2005
南紀旅行2002

古都鎌倉紀行
「山行リスト」 

立山、剣(天の記)(1971年)
白馬連峰登頂記(2004・8月)
北ア・槍−穂高(1968年)
上高地・明神(2008年)
南ア・北岳(1969年)
南アルプス・仙丈ヶ岳(1976年)
八ヶ岳(1966年)
八ヶ岳越年登山(1969年)
谷川岳(1967年)
尾瀬・燧ケ岳紀行(1973年)
丹沢山(1969年)
西丹沢・大室山(1969年)
西丹沢・檜洞丸(1970年)
丹沢、山迷記(1970年)
奥秩父・金峰山(1972年)
「上高地雑感」
「上越国境・谷川岳」
「丹沢山塊」
「大菩薩峠」
 


スキーの記録  
「スキー履歴」