カスタム検索
日本周遊紀行



写真集
西日本編   5日目:PartV(和歌山)   PartW(和歌山、岸和田)
小生の旅と山旅  日本周遊紀行  日本周遊ブログ   写真集T 
日本周遊紀行:詳細目次
詳細目次(東日本)  信越・東北西沿岸 北海道T、世界遺産:知床 北海道U 東北・東沿岸 関東沿岸
詳細目次(西日本)  鎌倉・湘南 東海 近畿 四国 山陽 九州(北、西) 九州(南) 九州(東)  沖縄  
               山陰・北近畿  
北陸  世界遺産:紀伊熊野 宮島 石見銀山

【本文関連情報



日本周遊紀行(51)和歌山 「和歌山城」



秀吉の舎弟・秀長築城の名城・「和歌山城」・・、

阪和道(海南・湯浅道路)から和歌山市内の和歌山城へ向うことにする。

I・Cから国道24を和歌山市街方面、和歌山駅を右に見ながら程なく和歌山城・天守閣が見渡せた。
入城口を見つけるため、そのままぐるりとお城の回りを走り駐車場を探すと市役所前のお城側に広い駐車場を見つけた・・、と思ったら観光バス専用である。 
観光バスが一度に、こんなに来ることがあるのかね・・?と疑念をもちながら、どうやらスペースの小さい城内の300円の有料駐車場に入れる事が出来た。 
有料にしては余り整備されてない駐車場であるが。 

石垣に沿って作られた石畳の階段を上り天守閣のすぐ下まであがった。 ここで又、入城料350円である。 金銭をケチるわけでないが、平日の観光客相手に、いかにも小銭を収受している感じで、何やら気分を損なわせる・・?。


城郭は、三層大天守と二層小天守、二基の隅櫓を多聞櫓で結んだ連立式天守式がいい。
付属する天守曲輪と、本丸御殿の曲輪の二つの独立した曲輪がある。 
又、岡口門が、国の重要文化財に指定されているのをはじめ、石垣、堀、門・・等の遺構が残る。 
表側にお堀端を構え、こんもりと緑茂る虎伏山(とらふすやま)に白亜の天守閣がそびえる威容は、さすがに御三家にふさわしい風格を醸し出してる。 
残念だったのは、一般の入場口が裏坂や新裏坂といった脇道にあたり、お城の顔とも言うべき「一の橋大手門」から入場、退出が出来ない仕組みに成っていた事であった。


No2の名補佐官・秀長の生涯・・、


和歌山城は、天正13年(1585)に紀州を平定した豊臣秀吉が弟の「豊臣秀長」に築城させたのが始まりである。 
豊臣秀長というと戦国時代としては表舞台に出ず、馴染みが薄いように思われるが、秀吉が天下を掌握した第一の功労者で天下の名補佐役といわれ、生涯ナンバー2を守り抜いた人物である。

戦国期、陽に陰に激しく抵抗した紀州一円を平定したのは、秀長の武力はもちろん才覚と人格によるところが多いという。 

彼が果たした功績は非常に大きく、握った権限は著しく強かった。
特に、後半生は眩いばかりの栄光に包まれている。 
116万石の大封を得、従二位権大納言の高位に至り、天下の政事の中枢に深くかかわり、百戦不敗の武功を誇り得た。
そして、生涯の絶頂期に永い病の末に生涯を終えて、自らの大封を養嫡子に譲ることが出来た。
つまり、この人は功績を積み、出世を重ね、至福のうちに天寿を全うしたのである。

戦国期、英雄人傑が輩出し一家一国を築いた数多(あまた)の中で、天下人と呼び、余りに著名な信長、秀吉、家康の三雄に次ぐ英傑であるとも言える。

このような豊臣秀長により築城された和歌山城ではあるが、本人は中央中枢で多忙を極めていたため、城代として桑山重晴(秀長家老から秀吉直参)が勤めていた。


徳川御三家の紀州・和歌山・・、


江戸期・徳川幕府が成立してからは、加藤清正の息女を正室とする家康十男・「徳川 頼宣」が紀伊国・和歌山55万5千石に転封され、紀州徳川家の家祖となって徳川御三家が成立している。 
第五代紀州藩主「吉宗」の時、徳川将軍家の血筋が途絶えたことが因で、江戸幕府八代将軍へと抜擢、就任している。
紀州・和歌山は、将軍・吉宗も出所した徳川御三家の一つとして知られる城下町である。 


和歌山城を中心にして、町は放射状に発展してきた。 
和歌山は、温暖な気候で海は万葉にも詠われた「和歌の浦」と川は「紀ノ川」であろう。 
そして、和歌山市内及びその隣接地域には、数多くの神社仏閣が存在する。 

数多くというが唯の数ではない、市域の地図を広げると数えるだけで60〜70位にもなり、小さめの地図だと名称を記載するだけで、その面が埋まってしまう程である。 

市内を数分歩くと何れかの神社・仏閣に行き当たる、こんな具合であろう。 

和歌山市は、多様な神の町なのである。

次回は、和歌山 「紀の国の三神」

【本文関連情報



日本周遊紀行(51)和歌山 「紀の国・三神」



紀の国は「木の国」から変じたもの、そして三神とは・・、

市域のほぼ中央を南海電鉄・貴志川線が走る。
路線の長さが僅か10キロ少々と短いが、駅の数が何と12を数える。 
元々、この鉄道の敷設は日前国懸神宮、竈山神社(かまやまじんじゃ:祭神・彦五瀬命で神武天皇の兄君)、伊太祁曽神社(いたきそじんじゃ)の三社詣でや他の神社の参詣が目的の一つになっているといわれる。

この沿線には岩橋(いわせ)、千塚古墳群、大池遊園近くには先史時代の土器や縄文土器をはじめ、おびただしい古代遺跡が発掘されているという。 
貴志川八幡宮や大国主神社が鎮座する終点の「貴志」は、紀州の飛鳥と呼ばれるほど多くの遺跡が残されてる。


日前国懸神宮と紀家・・、


和歌山駅の東南、秋月地区に和歌山三社の一つ、「日前国懸神宮」(ヒノクマ・クニカカスジングウ)がある。 呼び名が少々ややこしいが、元来、古代における国造(くにずくり)の神々の呼称は難解なものである。 
形式的に伊勢神宮は、内宮、下宮が一対になっているが、こちらも日前・国懸の各宮が対になっていて、地元の人は、この呼び名が煩わしいのか「にちせんぐう」と呼び、付近を通る貴志川線の駅名も日前宮駅(にちせんぐうえき)と呼んでいるという。

この神宮は、天の岩戸神話で天照大神を導き出すために作られた「神鏡」が祀られているという。
これらの鏡はいずれも伊勢神宮内蔵の神宝である八咫鏡と同等のものであり、八咫鏡は伊勢神宮で天照大神の神体とされていることから、日前宮・國懸宮の神はそれだけ重要な神とされ準皇祖神の扱いをうけていた。 
日神(天照大神)に対する日前神という名称からしても、特別な神であると考えられる。

又、朝廷遠征に際し、伊勢が大和への東の出口に対して西の出口であったため、伊勢神宮とほぼ同等の力を持っていたといわれる。
日前神宮の祭神である日前大神は天照大神の別名でもあり、朝廷は神格を贈らない別格の社として尊崇した。
神位を授けられることがなかったのは伊勢神宮をおいては日前・國懸両神宮しかなかった。

又、日前大神は、「紀」の國造りの祖として伊勢神宮に次ぐ大神として崇められてきたが、そして宮司は代々「紀家」である。 

紀氏の家系の祖は遥かに遠く、日本で最も古い家系の一つとされて天皇家と出雲大社の千家氏と、それと日前宮の紀氏であるとされている。
紀氏の遠祖は神武天皇東征の時期ともいわれ、神話の世界から歴史の上に足を踏み出してくるのは大和朝廷の時代から紀伊国造に任じられている。

紀の国(紀伊の国、紀州、俗名・木の国とも書き読む)は、神武・古代の時期から興ったものとされてる。尤も、紀の国は、元を正せば「木の国」から起こったとされる。


和歌山三社のもう一つ、その名も和歌山市伊太祁曽に鎮座する「伊太祁曽神社」(いたきそじんじゃ)のことは記したが、主祭神として五十猛命(イタケルノミコト:別名、大屋毘古神・オオヤビコノカミともいう)を祀っている。

記紀(古事記、日本書紀)では五十猛命は、父・神素戔鳴尊(スサノオノミコト)と共に木種を持って高天原から韓地(カラクニ:新羅国)に天降るが、その地には植えずに大八洲国(オオヤシマグニ=日本)に渡り、父神の命を受けて日本中に種をまき、木を植て廻り、最後に紀伊国の鎮まったとも記されている。
つまり木の神が鎮まった地、木の国であり後に「紀の国」になったともされる由縁である。

五十猛神は単なる木の神ではなく、この大地に生えている樹木のすべて、つまり木種を司る神であり、我々の周りの緑豊かな環境を作り出す植樹の神、あるいは人間がいろいろな形で生活に利用する木材の祖神でもある。
伊太祁曽神社は、紀伊国(木の国)の一ノ宮として崇敬を受け、昭和、平成の各年代、天皇陛下の参拝をも賜っている。

和歌山三社のもう一つ「竈山神社」は、五瀬命を祀る。 
五瀬命は神武天皇の長兄にあたり、この地で戦死したとされる。記紀には、「 天皇東征の際戦死したの兄五瀬命の墓が紀伊国の竃山にあると記されていて、当所に直ちに社を建てて斎祭したので竃山墓と竃山社とした 」とある。
相神に神武天皇をも祀る。

「和歌山」の地名は、日本の古代国家の誕生を語り継ぐ記紀神話(古事記、日本書紀)の中にも数多く見られるという。
和歌山は古代から伝説・伝承の時代を経て、今日まで営々と築いてきた精神や生活の文化の歴史の跡が色濃く残る地域である。

次回、紀州の「雑賀党と紀ノ川」

【本文関連情報



日本周遊紀行(51)和歌山 「紀ノ川」



紀の国の母なる川・「紀ノ川」・・、


和歌山は、神話の舞台としてよく登場することは先に述べたが、その理由には、大和盆地(奈良)に発生した古代の政権(大和朝廷)が全国を統一し、その後、国内外にまで進出する過程で大量の兵員・物資を輸送する際に、大和盆地の南に位置する「紀ノ川」の水運を利用したといわれる。 

見知らぬ国から国へ、異国からの不思議な話など、古代の和歌山は日本の窓口、世界への窓口の中心だったとも想像できるのである。

和歌山城を少し西へ行くと、紀の国の名河「紀ノ川」が広大に、 滔滔(とうとう:水の盛んに流れるさま)と流れる。
水源は、奈良県と三重県の県境をなす台高山脈の南部、大台ケ原にあり、標高1500m から1700mほどの高山地帯で、吉野熊野国立公園に属している。 
この地域は、わが国屈指の多雨地帯で一日の降水量300mmを数えることもあり、この多量の水は大自然を育み、文化の交流を支え、現実に日本有数の淡水魚群を生み出しながら和歌山湾に流れ込んでいる。


有吉佐和子の『紀ノ川』・・、


和歌山出身の代表的作家、有吉佐和子の作に『紀ノ川』がある。
この物語は「家と女」という、日本の伝統の流れに身を任せる母、激しく抵抗する娘、そして新世代の孫娘。この三代の血の流れを紀ノ川の流れに喩えて重ね合わせ、その情景の中で日本の女の物語が静かに編みこまれている。

小説『紀ノ川』は、花(はな)と呼ばれる主人公が、紀ノ川上流の九度山(紀の川中流域九度山町)から下流の六十谷(むそた:和歌山市北部の紀ノ川沿い・六十谷橋)に嫁ぐ朝の情景から始まる。 
九度山にある慈尊院で、花嫁と祖母は故郷の川をしみじみ眺めながら、その美しさを讃えている。 
物語はその後、花が明治の嫁として伝統に生きる姿、その母に反発する娘、花の思いを受けとめる外国育ちの孫娘などが絡む。 
和歌山の激しく、華やかな時の流れを、紀ノ川と代々連なる女性の営みに喩えたのかも知れない・・?。

又、小説『紀ノ川』は、川筋の風土とか人情が巧みに織り込まれている。
有吉佐和子は、和歌山には幼少の時分と疎開時と合わせても6〜7年くらいしか居なかったらしい。しかし、地名の使い方、土地にまつわる話や言葉使いは実にうまいと、地元の人も教えられるほど、文句の付けようがないと言いわれた。
小説「紀ノ川」は、昭和34年(1959年)に28才の若さで書いた出世作で、作家・有吉氏は惜しまれながら53歳の若さで急死している。
 


和歌山県の最北部、既に高野山の北側の登り口でもあり、大阪との府県境にもなっている地域に「橋本町」が在る。 
ここは「紀ノ川」の中流域といえるところで、川は南北に分けて流れる地帯でもある。
この地は、日本女性として、初の金メダリストになった人物の出生地であり、紀ノ川は天然プールで、その練習場でもあった。


『 がんばれ、がんばれ、・・・、前畑がんばれ!前畑がんばれ!・・・あと5m、あと5m、あと5m、・・・、勝った、勝った、勝った・・・前畑、勝った!勝った、勝った、前畑勝った!!・・ 

その時、NHK・河西三省アナウンサーがデッドヒートの模様を、何度も何度も連呼した実況中継が日本中を沸かせた。
なんと、このとき「頑張れ」を、38回も連呼放送したらしい。 

当時は、今の時代とは異なり、音声だけの「ラジオ」での実況だから、聞いている人達は、テレビのように、戦いの様子を眼で見ている訳ではない。
何か、よく状況は分からないが、ただ「頑張れ、頑張れ」とだけ・連呼する声を聞いて、兎に角、前畑が大したことをやってんだと想像したもんである。
そして、勝負が決まった後に、「勝った」 を15回も言ったそうである。

第11回ベルリン・オリンピック(1936年8月11日)での競泳女子200m平泳の前畑秀子の優勝の瞬間であった。  時代は、日本が国際連盟を脱退し、やがてドイツ・イタリアと手を結び第二次世界大戦へ突入する前夜でもあった。

前畑秀子の金メダルには、そのまま日本という国の勝敗がかかっているような勢いであったともいう。
前畑は、ベルリンオリンピックの想像を絶するプレッシャーの中で、自分の力のすべてを出しきり、プレッシャーをバネにするという強い精神力が、金メダルをもたらしたのだろう。

日本女子初の金メダリスト・前畑秀子、その後、日本女子水泳競技に金メダルをもたらすのは、昭和27年のヘルシンキオリンピックの青木まゆみ選手で、実に36年間待つことになる。
1990年、日本女子スポーツ界より初めて文化功労者に選ばれた。


『 前畑優勝熱闘譜 』

ベルリンオリンピック女子二百平水泳決勝実況放送」 NHK・河西三省アナウンス。

……切らないで下さい、スヰツチを切らないで下さい、もう予定時間ですが、切らないで待つて下さい、そのまゝ待つて下さい……強敵はスタートのよいドイツのゲネンゲルです。はじめ抜かせて、あとでぐんぐんつめるのがわが作戦です。大日章旗を揚げるか揚げないかの境目です。そのまゝ切らずに待つて下さい、スヰツチを切らないで下さい……ホイツスルが鳴りました、各選手は一斉にスタート台に並びました。たゞ今ピストルが鳴ります……跳びこみました、跳びこみました一斉に跳びこみました。これは我が前畑とゲネンゲルの競泳でございます、ゲネンゲルは未だ潜つて居ります、ゲネンゲルは未だ潜つて居ります、跳びこんだときは我が前畑嬢と同じ、我が前畑嬢と同じ、第二コース、第三コース、オランダのワールベルグは割合に出ましたが、前畑嬢僅かにリード、前畑嬢僅かにリード、オランダのワールベルグが大分出まして前畑嬢と列んで居ります、我が前畑嬢三五、三五米、ドイツのゲネンゲルと列んで居ります、ドイツのゲネンゲルと列んで居ります、第一コースのイギリスのストレー、イギリスのストレーも出て居ります、イギリスのストレーも出て居ります、大部分各選手は列んで居ります、非常に心配であります、非常に心配であります、イギリス、イギリスの、イギリスのストレーが先づ最初のターンをしました、我が前畑嬢つゞいて第二位、しかし我が前畑嬢悠々たるペースをもつてつゞいて居ります、ぐんぐんと、我が前畑嬢折返し四〇米、折返し四五、折返し四五、列んで居ります、前畑、ゲネンゲル二人が出ました、イギリスはおくれました、イギリスはおくれました、僅かに一と掻き、一と掻き我が前畑嬢はリードして居ります、ゲネンゲルよりは僅かに一と掻きリードして居ります、ゲネンゲルと前畑嬢の接戦となりました、他は大分おくれました、他の選手は大分おくれました、前畑嬢一と掻きリード、前畑嬢一と掻きリードして居ります、ゲネンゲルよりは一と掻きリードして居ります、一と掻きリード、あと五米で一〇〇のターン、あと五米で一〇〇のターン、あと二米、あと二米、たゞ今前畑ターン、前畑ターン、つゞいてゲネンゲルがつゞいて居ります、つゞいてゲネンゲルがつゞいて居ります、我が前畑一と掻きリード、一と掻きリード、まさに大接戦、火の出るやうな大接戦、まことに心配でございます、心配でございます、ゲネンゲルも強豪、つゞいて居ります、我が前畑僅かにリード、僅かにリード、一二五、一二五、一二五、僅かにリード、僅かにリード、ゲネンゲル、強豪ゲネンゲルがつゞいて居ります、地元ドイツの応援は旺んにゲネンゲルに声援をおくつて居ります、他の選手は大分おくれました、ゲネンゲルと前畑二人だけの競争でございます、他の選手は大分おくれました、前畑あと一〇米で一五〇、あと一〇米で一五〇、僅かに一と掻きリード、前畑かんばれ!前畑かんばれ!あと二米でターン、あと二米でターン、ターンしました、ターンしました、たゞ今ターンしました、一と掻き僅かにリード、前畑がんばれ!前畑がんばれ!がんばれ!がんばれ!あと四〇、あと四〇、あと四〇、あと四〇、前畑リード、前畑リード、ゲネンゲルも出て居ります、ほんの僅か、ほんの僅かにリード、前畑僅かにリード、かんばれ!前畑がんばれ!かんばれ!かんばれ!あと二五、あと二五、あと二五、僅かにリード、僅かにリード、僅かにリード、前畑!前畑がんばれ!がんばれ!がんばれ!ゲネンゲルも出て居ります、がんばれ!がんばれ!がんばれ!がんばれ!がんばれ!がんばれ!がんばれ!がんばれ!前畑、前畑リード、前畑リード、前畑リードして居ります、前畑リード、前畑がんばれ!前畑がんばれ、リード、リード、あと五米、あと五米、あと四米、三米、二米、あッ、前畑リード、勝つた!勝つた!勝つた、勝つた!勝つた!勝つた!前畑勝つた!勝つた!勝つた!勝つた!勝つた!勝つた!前畑勝つた!前畑勝つた!前畑勝つた!前畑勝ちました、前畑勝ちました、前畑勝ちました、前畑の優勝です、前畑の優勝です、ほんの僅か、ほんの僅かでありましたが、前畑優勝、前畑日章旗を揚げました、前畑さんありがたう!ありがたう!優勝しました、女子競泳で初めて大日章旗が揚がるのです。
 今、前畑さんはプールで二着になつたゲネンゲル嬢とニツコリ笑つて握手して居ります、笑つて喜んで居ます‥



この橋本町には、もう一人のオリンピック金メダリストがいた・・、

前畑氏から20年後の昭和31年(1956)、豪州のメルボルンで同じく200m平泳ぎで金をとった「古川 勝」選手である。 彼の異名は“人間潜水艦”といわれ、戦後初の水泳の金メダルをもたらした。

世間は、丁度テレビがお茶の間に普及しだした時代であり、小生にもあの時の感動の映像が、頭に残っている。 
スタート直後から45メートル潜り続け、ターンするとまた潜る。 
五輪前から驚異の世界新を連発した古川は、決勝でも潜水泳法で挑み、見事2分34秒7のタイムで圧勝した。

彼は、ベルリン五輪女子200メートル平泳ぎで、前畑秀子が女子初の金メダリストとなった、その橋本市古佐田地区にある前畑家の近所で誕生している。
前畑氏同様、紀ノ川で鍛えた体には平泳ぎの天才の血が受け継がれていたのであろう。

彼の潜水泳法は、短期間で身につけ、息継ぎなしで75メートルはもぐれたという。五輪後、国際水連は、潜水泳法を禁止にし、古川のあまりの強さが禁止を早めたという。

「紀ノ川」近くにある橋本市役所に前畑選手優勝70周年、古川選手優勝50周年の顕彰碑が建つ。


紀ノ川の源流学・・、


本流は、和歌山県内では紀ノ川、奈良県に遡ると吉野川と呼ばれる一級河川で全長136km。 
その源流域は、その名も「川上村」である。 
最初の一滴が生まれる源流の村で、吉野杉という有名な木材を産出する中心地として栄えた。
この水源の村に「森と水の源流館」があり、更に「源流学」というのがあるそうだ。 

水源地の森を含めた山々を守り、源流部の森を造り、下流には森の腐葉から出る富養の水、清い水を流す。
そのためには、流域一体となった取り組みが必要であり、それも上流から叫ぶだけでなく下流域が積極的に取り組んでくれることが大事で、和歌山市もこれらに応えてくれていると。
自然や環境、そこに棲む生き物たちと、人々が一帯となった取組の学門が「源流学」と云うそうである。

尤も、紀ノ川、吉野川の源流である「大台ケ原」では、一年360日が雨といわれる。
日本最多の雨地帯であるが、日本の秘境と言われる原生林を育み、300種というコケ類を密生させ、天然のダムの役目も果たしているのである。

次回は、同じく和歌山の「雑賀党」  PartW

日本周遊紀行:詳細目次
詳細目次(東日本)  信越・東北西沿岸 北海道T、世界遺産:知床 北海道U 東北・東沿岸 関東沿岸
詳細目次(西日本)  鎌倉・湘南 東海 近畿 四国 山陽 九州(北、西) 九州(南) 九州(東)  沖縄  
               山陰・北近畿  
北陸  世界遺産:紀伊熊野 宮島 石見銀山
【小生の旅のリンク集】
旅の紀行・記録集
山の紀行・記録集 山のエッセイ
「旅行リスト」
日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (別URLです)

【日本の世界遺産紀行】 
北海道・知床  
白神山地 
紀伊山地の霊場と参詣道 
安芸の宮島・厳島神社  
石見銀山遺跡とその文化的景観 

ハワイ旅行2007
九州旅行2008
東北紀行2010
沖縄旅行2008
北海道道北旅行
北海道旅行2005
南紀旅行2002

古都鎌倉紀行
「山行リスト」 

立山、剣(天の記)(1971年)
白馬連峰登頂記(2004・8月)
北ア・槍−穂高(1968年)
上高地・明神(2008年)
南ア・北岳(1969年)
南アルプス・仙丈ヶ岳(1976年)
八ヶ岳(1966年)
八ヶ岳越年登山(1969年)
谷川岳(1967年)
尾瀬・燧ケ岳紀行(1973年)
丹沢山(1969年)
西丹沢・大室山(1969年)
西丹沢・檜洞丸(1970年)
丹沢、山迷記(1970年)
奥秩父・金峰山(1972年)
「上高地雑感」
「上越国境・谷川岳」
「丹沢山塊」
「大菩薩峠」
 


スキーの記録  
「スキー履歴」