カスタム検索
日本周遊紀行



写真集
西日本編  4日目:PartV(新宮、古座、串本)  PartW(すさみ、南紀白浜)
小生の旅と山旅  日本周遊紀行  日本周遊ブログ  写真集T 
日本周遊紀行:詳細目次
詳細目次(東日本)  信越・東北西沿岸 北海道T、世界遺産:知床 北海道U 東北・東沿岸 関東沿岸
詳細目次(西日本)  鎌倉・湘南 東海 近畿 四国 山陽 九州(北、西) 九州(南) 九州(東)  沖縄  
               山陰・北近畿  
北陸  世界遺産:紀伊熊野 宮島 石見銀山

【本文関連情報



日本周遊紀行(41)新宮 「神倉神社」


写真:巨大な岩塊がご神体の「神倉神社」



熊野川を境に三重県から、「紀の国」・和歌山県となる・・、

河口付近の大河・熊野川は、熊野神社(速玉大社)を抱くように、巻くようにS字状に屈曲蛇行しながら流れる。
本来、川は急激蛇行などを嫌い、河跡湖(三日月湖)などを形成しながら、直線に流れようとするのが自然である。 
だが、この地は堅い岩質である千穂ヶ峰・権現山という山塊に阻まれているためである。 


千穂ヶ峰の北部中腹には、御燈祭などで知られる「神倉神社」が鎮座している。

速玉大社は、元々は神倉山に祀られている神倉神社が元宮であったが後に現在地に遷宮された社であり、そのため神倉山の古宮に対し、ここを新宮と呼ぶようになり、町名の由来にも成っているという。

現在の神倉神社は、熊野速玉大社の摂社にあたり、新宮市西端の権現山の中腹に社殿はある。 
神社は自然石を組み合わせて積み重ねた、見る者を圧倒するほどの数百段の急斜面の石段の上にあり、そこには巨岩群があってこれが神倉神社の御神体の「ゴトビキ岩」と呼ばれるものである。

岩塊の周囲は注連縄で括(くく)られている。


ゴトビキ岩の下からは、弥生時代の遺跡である銅鐸などの破片も発掘されていて、おそらくは昔の縄文時代の祭事場ではないかと想定されている。
神道や神社などというものが存在する以前にゴトビキ岩は神として崇拝されていたのであろう。
古代の人は、絶壁の上に神が宿ると信じていたらしく、自然岩を神体としているのは、先に記した「花の窟神社」や、滝を御神体とする那智の「飛瀧(ひろう)神社」とともに、古代の熊野の自然崇拝の姿を今日に伝えているものとされる。

熊野三所大神(熊の三山)が、熊野において最初に降臨した聖地が神倉山とされ、神倉山は熊野の根本であるとも考えられ、熊野根本大権現とも呼ばれた。 

今でこそ速玉大社の摂社(本社に付属し本社に縁故の深い神をまつった神社の称)であるが、本来は速玉大社の御祖神であったのである。

尚、速玉大社など新宮周辺の所縁地については、別項で記載してます。

世界遺産 『紀伊山地の霊場と参詣道』


新宮の市域は、大半が熊野の山地である。 

狭い街の中央を国道42号が南北に貫通していて、市の外れよりR168が熊野川に沿って、その上流域である「瀞峡」や「熊野本宮社」へ向かっている。


小生はこのままR42を下る。 

宇久井の浜、赤色海岸と海の蒼を堪能しながら、紀勢本線(愛称・きのくに線)と並行しながら、那智勝浦の町へ入る。
那智大社方面へ向かう道の角に「補陀洛山寺」(ふだらくさんじ)がある。

世界遺産にも登録され、平安初期、南方に補陀洛浄土(海の彼方にある極楽浄土)を目指し渡海する上人達の出発点として知られてる。 

補陀洛渡海とは・・、
生きながらにして小さい船に閉じ篭もり、観音浄土を目指すという。
つまり、生きたまま海の彼方にある観音浄土へ向い、肉身のまま成仏(じょうぶつ)・即身仏(そくしんぶつ)になるという、日本宗教史上における稀有な現象として知られる。 
チベット仏教伝来の修行信仰の一つとされる。補陀洛山寺は渡海上人を送り出し、また、その上人を御祭りしているお寺である。

現在は御堂が僅かに1棟座してはいるが、由緒ある寺院で「世界遺産」にも登録されている。


南紀・東海岸から・・、
 

国道沿いには那智勝浦温泉のホテルの各種看板が目立つ、中でも那智勝浦港への大きな案内版があり、港はこの国道より2kmほど先に在る。この港の周辺が「勝浦温泉」の中心で、入江や岬、島に巨大ホテルが乱立している。


先般、我ら夫婦が泊まった「ホテル浦島」は、この地域で1、2を競う大きなホテルで「亡帰洞」でも有名である。  (詳細は別項記載) 

南紀勝浦温泉は、良質の温泉と熊野三山周辺の行楽観光の拠点として人気があり、さらに昨年(2004年)熊野三山周辺地域が世界文化遺産に指定されたことで、一層の賑わいをみせるだろう。



湯川トンネルを抜けると湯川温泉・・、


その昔熊野詣での湯治場として栄えたといわれる由緒ある温泉場である。 
一昔前は、こじんまりした温泉街であったが、R42の新道建設で分断され、中途半端な位置づけにされたために観光客が少なくなったといわれる。 
近年は、豪奢な勝浦温泉とは一線を画す方針を貫いており、保養、湯治を中心としている家庭的な小型旅館が数件存在する。 
当然、遊興ムードとは一切無縁で、根強いファンも多いという。


温泉場の一角、国道のすぐ右手に共同浴場の「桜湯」があったので、入浴することにした。 
建物のすぐ前に車を止めて、シャレタ引き戸の玄関から入る。手持ち無沙汰のオバサンに、チョッと高目の500円の入浴料金を払って早速湯船に浸かる。 

他に客は無く、独り占めの貸切状態である。 
お湯はさらりと透明・無臭で、とりたてて特徴は無いようであるが、檜の露天風呂は緑の景色が穏やかで良い。 
この湯場は、公営の浴場かなと思いきや、私的なもので隣の「旅館さくら」と同一であった。


この先の国道沿いに「ゆかし潟」という、妙な名称の「汽水湖」(淡水と海水が混じり合う瑚)がある。
湯川海水浴場まで細い水路でつながっていて、そのため小さな汽水湖を形成しているらしい。
多くの車が行き交う国道42号線沿いにありながら、湖のような静かな佇まいを見せていて、春は桜が咲き誇り、冬には多くの水鳥が訪れるという。


温泉でさっぱりして先を急ぐ、湯川のシーサイドを抜けると丘陵地帯になる、左に大きな岬半島が見えてきた。鯨で有名な「太地」の岬である。 
400年も前から鯨の町として知られ、昨今では国際捕鯨委員会(IWC)による日本の商業捕鯨の中止によって、図らずも衰退してゆく。

優美な玉ノ浦の入江海岸を左に眺めながら、突端にあたる「紀伊浦神」へ至る。 

古来、この地の「玉の浦」は、熊野海道・大辺路の中でも風光明媚な地として知られ、熊野往来の道すがら、万葉歌人らが多くの詩を残している地でもある。


『 荒磯(ありそ)ゆも まして思へや 玉の浦の 
               離れ小島の 夢にし見ゆ
 』  詠み人知らず

(荒磯よりもいっそう心惹かれたからか、玉の浦の離れ小島を夢にまで見えることだ)


ところで、世界遺産に登録された熊野古道は「小辺路」(高野山を起点として熊野本宮大社へ、高野街道)、「中辺路」(田辺市から本宮大社〜那智大社から補陀洛山寺の浜の宮王子へ至る内陸山間の遍路道)、「大辺路」、「伊勢路」、「奥駆け道」等がある。大
辺路は、中辺路に対し海の道に当たり、田辺市から新宮速玉大社に到る、概ねR42に沿っている。

実際に世界遺産に登録されている古道は歴史的遺産ということで、条件としては痕跡を整備し、古跡が残っていて、しかも現在でも活用可能であることらしい。

世界遺産  『紀伊山地の霊場と参詣道』

小生は、今後この所謂昔の「大辺路」か、大辺路に沿いながら攝津の大阪まで巡ることになる。

次回は古座川

【本文関連情報



日本周遊紀行(42)古座 「古座川」



清流・古座川と水爆実験の犠牲・第五福龍丸の因縁・・?、


紀伊浦神は静寂な浦神湾に面するが、熊野の古道はここを起点に熊野灘から分かれ山間に入りこんで、小さな峠越えを繰り返しながら那智の浜をめざしている。 

古道は浦神駅から国道やJRと別れて裏手の道に入り、休平を越えてその先太田川、市屋峠、ゆかし潟へと進む。道の途中には石の階段、地蔵尊の道標等、古道の面影が随所に残り、コースの途中には先に通過した湯川温泉・南紀勝浦温泉等といった名湯も点在している。
ゴールの浜の宮王子(補陀洛山寺)で本道(R42)と再び合流し熊野速玉大社へ向かっている。

紀伊田原から古座の町に入る。
ほぼ中央に一級河川の古座川が流れる。 

海岸よりは「古座町」であるが、内陸部には古座町でなく「古座川町」もある。
むろん古座川を中心とした街で、町名の由来も川の名を当てたものであろう。 
清流・古座川は天柱岩、一枚岩、滝の拝といった10kmにも及ぶ奇岩巨岩が並び、上流では、まぼろしの滝、七川ダムといった名勝、景勝が並ぶ渓流でもある。


古座川河口付近には巨大な中洲がある。現在は草むして水鳥たちのコロニーとなっていが、克っては住宅や工場が建ち並び、上流部には広場があって各種の興行や運動会なども開催されたという。 

その中洲の下流部には木造漁船を造る造船所があって、一昔前の1947年(昭和22年)、かの「第五福龍丸」がここで建造されたという。 
そして、竣工した第五福龍丸は、日本有数のマグロ基地である焼津に引き渡された。


1954年(昭和29年)3月、遠洋航海のマグロ漁にでた第五福龍丸は、中部太平洋・ビキニ環礁で行われたアメリカの「水爆実験」で被災し、「死の灰」を浴び、23人の乗組員が急性放射能症となったことは年配者の方ならご存知かもしれない。


乗組員たちは・・、

『 夜明け前の暗やみの中に白黄色の大きな火の柱(せん光)が天に向って立ちのぼるのを目撃、空は黄色みがかった白から赤に、そしてオレンジに染まり、船員のひとりは、「太陽が西からでた」と叫んだ。その6、7分の後、大爆音があたりをゆるがせ、やがてキノコ雲が・・』

広島に投下された原爆の約1000倍の威力という。 



被爆から半年後「久保山愛吉」氏が死去した・・、


間際に臨んで「原爆被害者は、私が最後にしてほしい・・!」と絶叫しつつ死んだという。

当時の世相は東西冷戦の最中と朝鮮戦争休戦後ということもあり、日本国内で起った強烈な反核運動が反米運動へ移ることを恐れた米国は、日本政府との間で被爆者補償の交渉を急ぎ、総計200万ドルの補償金と「米国の責任を追及しないこと」との確約を日本政府から受け、事件の決着を図った。 

そのため被災者に渡った補償金は微々だったともいう。

実験後の死の灰や残存放射能の影響で、マーシャル諸島周辺には健康被害者が多発、政府に認定された島民は2003年末で約1870人に上り、うち約840人が死亡したという。


映画・「ゴジラ」の真意は・・?、

といころで、「ゴジラ」という映画はご存知の方も多いが、このビキニ環礁の水爆実験が映画のできるきっかけになったことは余り知られていないようだ。

「ゴジラ」は水爆実験で太古の眠りから覚め放射能を帯びた怪獣となったゴジラが東京湾に上陸し、超高温の放射線を吐きかけて人間や建物を次々と消し去り、破壊していくという。

この映画は後に「原水爆の恐怖と戦争の悲惨さを怪獣という形で象徴させた反戦・反核映画」ということで評価も生んだ。


古座町には、「第五福龍丸」建造記念碑があり、東京・新木場「夢の島」にも、都立・第五福龍丸展示館があるという。

平成17年4月1日、和歌山県古座町は、串本町と合併し「串本町」となっている。

次回は、串本・「潮岬」

【本文関連情報



日本周遊紀行(43)串本 「潮岬」



潮岬で「地球の丸さ」を感じる・・??、


ここより海岸を眺めると、陸続きのような大幅な「大島」が至近である。
海岸を更に行くと、その大島に向って奇妙な岩の柱が縦隊になって並んでいる、名勝「橋杭岩」である。(詳細は別項、世界遺産・南紀熊野に記載)


日本中の海岸線を走っていて、海辺の風景を眺めるにつき壮絶なる断崖絶壁や多種多形の奇岩怪岩を目にし、自然の悪戯(いたずら)に思わず息をのんだり、呆れたりする。

昨年の東日本周遊の時で印象的だったのは、青森県・下北半島の佐井村の「仏ヶ浦」であろう。
国道(R338)が近くを通っているとはいえ、一般観光客には近ずき難く、人跡僻地のような海岸に奇岩が幾重にも屹立しているのである。
この橋杭岩は仏ヶ浦には及ばないにしても、弘法大師の伝説も有り、西日本では有数の景勝地であろう。


串本の街中より潮岬の灯台・・、


潮岬は、串本と砂州で結ばれた陸繋島(りくけいとう・砂州によって陸地とつながった島、潮岬・函館山など)で、この陸繋島全体を潮岬と言っているようである。
陸繋のつながった部分は殆どが串本の市街地となっていて、国道、鉄道も岬本島の陸繋部分にのりあげているようである。

本来の潮岬へ向かうには西寄りの海岸を行くようになる、足下の岩礁地帯が不気味である。 
対岸の海岸線もすっきり見えて、串本の海中展望塔らしき建物もぼんやり覗える。 
岬に着くと、そこは、さっぱりした広場は芝生で覆われていて(望楼の芝)、のんびりリラックスできそうである。
本州最南端の石碑などが設置してあり、眺めるまでもなく太平洋は絶景で、地球の丸さが実感できるのである。


「地球の丸さ」・・??、


ここで『閑話休題』、地球の丸さを机上で実証してみよう。

北海道・室蘭の「地球岬」でも記したが、水平線や地平線が丸く見えて、これが「地球の丸さ」を現しているというのはどうも錯覚らしく、地球の「丸み」は人の目の視界が感じさせるのだといわれる。

実際、或る大型客船の乗組員が4〜50mのマストの上から見ると水平線は丸く見え、(どう見ても角ばっては見えないだろう・・、)その水平線までの距離は10数kmにすぎないという。
つまり半径10数kmの円の弧(円弧=水平線)を見ていることに成る。 

因みに、富士山(標高3776m)から見える水平線までの距離は凡そ220kmといわれ直径・440kmの円が見えてることになる。

地球規模で計算してみと、地球の平均半径を6000km(実際は6371km)とする、これを1億分の1に縮めると半径6cmの円 となる。
ノートに描くには丁度良い大きさで、実際に円を鉛筆で書いた場合、周囲の黒い線の幅は約 0.5mmとして、0.5mmを1億倍すると50kmになる。 

エベレストの山頂は8850mであるから、当然この線の幅の中に入ってしまう。 
これに人間の絵に描くとすると、人間は細菌より小さくなる。

序に、旅客ジャンボ機の飛行する高さは凡そ10km、積乱雲の高さは最も高いものでも20kmぐらいで、通常の人間の活動は、この「鉛筆の線の幅」の中に入ってしまうのである。 

つまり地球は、これほどデカイのであり、丘の上から海上の水平線を見て、「地球は丸い」と思うのは錯覚らしい。

地球の丸さを実感するには、昨今の映像からも判るとおり、どうやら人工衛星なみの高度(300〜1500km・静止軌道35000km)以上が必要ということになるらしい。
 





本州最南端に位置する潮岬灯台は、岬の突端に真っ白な姿で立っていた・・、


多くの灯台は、人里離れた小高い山の上などにあるのが普通だが、潮岬灯台は公園の一角にあり、皆がくつろぎながら身近に感じる灯台である。
灯台の基部には資料室、展示室らしい四角い建物が付帯し、灯台上部には見学用の展望テラスが在る。

小生は時間の都合で入場は控えたが。

江戸末期、多発する海難事故にそなえて幕府は、イギリス・フランス・オランダ及びアメリカ四カ国と締結し、江戸条約というのを結んで主用地に灯台建設を決めた。

観音埼・剱埼(神奈川・三浦半島)・野島埼(千葉房総)・佐多岬(鹿児島大隈半島)・潮岬そして、隣の大島の樫野埼等・・、これらの灯台を「条約灯台」と言われていた。  


潮岬と樫野埼灯台は、閃光灯の灯台としては明治初期には開設した日本最古のものといわれる。 
設計と建設指導者は、イギリス人技師「リチャード・ヘンリー・ブラントン」という人によって行われた。 

彼は、8年間日本に滞在して、困難に立ち向かいながら日本全国の沿岸に30余りの主要灯台を建設し、日本の灯台システムを確立した人物で、日本の灯台の父といわれる。

彼の胸像が横浜に貢献した人として、横浜スタジアムのある横浜公園の中、日本大通に続く入口近くにある。 台座の銘板に「リチャード・ヘンリー・ブラントン Richard Henry Brunton 1841-1901」とある。


串本・大島は実際の島で、途中、苗我島を挟んで二つの橋で結ばれている。

樫野埼灯台は大島の東の岬にある。 この大島は「エルトゥ−ルル号遭難地」としても知られている。

オスマン・トルコ帝国(現、トルコ共和国)のアブドル二世は明治23年、明治天皇への特派使節としてオスマン提督を日本に派遣した。 
使節団650人は横浜港に入港し、3ヵ月間、両国の友好を深めた後、エルトゥ−ルル号は日本を離れ帰路に就いた。 

しかし、この時期、猛烈な台風に遭い、紀州・和歌山の串本沖で沈没してしまった。
このとき乗組員中600人近くが死亡したといい、69人は地元民・大島の村民による懸命の活動により救助された。

そして後に、日本の巡洋艦でトルコに送還されたのだったが、このことは、善意の遭難事件としてトルコの歴史教科書にも掲載され、国内でも同様で、当時、子供でさえ知らない者はいなかったという。 

その後、イランイラク戦争時の邦人のトルコ航空機による大量救出(NHKの「プロジェクトX」で両国に放送された)やトルコ大地震の義捐等、トルコと日本の間では、この遭難事件が縁で今も密接な親善関係が続いているという。



熊野灘の海流激しきこの海域を、本州最南端の潮岬灯台は西の海域を、大島の樫野埼灯台は東の海域を今も照らし続けている。


串本節』 和歌山民謡

ここは串本 向かいは大島
仲をとりもつ 巡航船
アラヨイショ ヨイショ
ヨイショ ヨイショ ヨイショ

潮の岬に灯台あれど
恋の 闇路は照らしゃせぬ

(以下繰り返し)

一つ二つと橋杭立てて
心とどけや 串本へ

串本といえば、この歌にあるように大島へは連絡船が売り物であった。
近年は串本大橋が架橋されて車で便利にアクセスできるようになり、時代の流れを感ずる。
 
次は、周参見の「枯木灘」   PartW

日本周遊紀行:詳細目次
詳細目次(東日本)  信越・東北西沿岸 北海道T、世界遺産:知床 北海道U 東北・東沿岸 関東沿岸
詳細目次(西日本)  鎌倉・湘南 東海 近畿 四国 山陽 九州(北、西) 九州(南) 九州(東)  沖縄  
               山陰・北近畿  
北陸  世界遺産:紀伊熊野 宮島 石見銀山
【小生の旅のリンク集】
旅の紀行・記録集
山の紀行・記録集 山のエッセイ
「旅行リスト」
日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (別URLです)

【日本の世界遺産紀行】 
北海道・知床  
白神山地 
紀伊山地の霊場と参詣道 
安芸の宮島・厳島神社  
石見銀山遺跡とその文化的景観 

ハワイ旅行2007
九州旅行2008
東北紀行2010
沖縄旅行2008
北海道道北旅行
北海道旅行2005
南紀旅行2002

古都鎌倉紀行
「山行リスト」 

立山、剣(天の記)(1971年)
白馬連峰登頂記(2004・8月)
北ア・槍−穂高(1968年)
上高地・明神(2008年)
南ア・北岳(1969年)
南アルプス・仙丈ヶ岳(1976年)
八ヶ岳(1966年)
八ヶ岳越年登山(1969年)
谷川岳(1967年)
尾瀬・燧ケ岳紀行(1973年)
丹沢山(1969年)
西丹沢・大室山(1969年)
西丹沢・檜洞丸(1970年)
丹沢、山迷記(1970年)
奥秩父・金峰山(1972年)
「上高地雑感」
「上越国境・谷川岳」
「丹沢山塊」
「大菩薩峠」
 


スキーの記録  
「スキー履歴」