カスタム検索
日本周遊紀行



写真集
西日本編  3日目:PartY(伊勢神宮、二見浦、鳥羽)  第4日目(紀伊、熊野、新宮、那智勝浦、串本)へ   
小生の旅と山旅  日本周遊紀行  日本周遊ブログ  日本周遊写真集T  3日目・PartT
日本周遊紀行:詳細目次
詳細目次(東日本)  信越・東北西沿岸 北海道T、世界遺産:知床 北海道U 東北・東沿岸 関東沿岸
詳細目次(西日本)  鎌倉・湘南 東海 近畿 四国 山陽 九州(北、西) 九州(南) 九州(東)  沖縄  
               山陰・北近畿  
北陸  世界遺産:紀伊熊野 宮島 石見銀山

【本文関連情報




写真:伊勢神宮・外宮御正殿

日本周遊紀行(33)伊勢神宮 「外宮・豊受大神宮」

次に、神饌の宮とされる伊勢神宮・外宮へ参ります・・、

夕刻せまる内宮の参拝と見学を厳かのうちに終えて辞した。
神宮会館から猿田彦神社を左折して伊勢の市街方面へ向かう、市街地(伊勢市役所)の一角に「外宮」は在った。 
ほぼ道路に面したところに駐車場があり、ここからすぐに表参道に出た。  掘川(防火用の水を保全)の流れの火除橋(ひよけばし)を渡ると、手水舎と第一の鳥居がある。 左奥に森に囲まれた清美な「勾玉池・まがたまいけ」が見渡せる。
勾玉は古代の装身用の玉で、独特の形でヒスイやメノウを材料とし、形は縄文時代の動物の犬歯に似せたものという、池は勾玉を形どったものである。 この池では時期になると湖面に舞台を設えて「観月会」の行事などもあるという。 
手水舎で手と口を清めて、続いて二の鳥居くぐると右横にある入母屋造の建物は「外宮神楽殿」、「御神札授与所」である。 
内宮と同様、神楽舞の奏上や豊受大神宮の御神札・御守・暦などの授与を取り扱っている。 また内宮同様、御遷宮の造営資金の献金の受付もしている。 
九丈殿を過ぎると外宮の御正殿が在った。
正式には「豊受大御神(トヨウケノオオカミ)」といって、御饌(みけ)、つまり神々に奉る食物をつかさどる神である。 このことから衣食住、広くは産業の守護神としてあがめられている。


皇大神宮・内宮より遅れて、雄略天皇の御代に丹波の国(天橋立付近)から、この伊勢の国の当地に鎮座されたとする。 
天照大神が、伊勢神宮に鎮座してから482年後の雄略天皇22年(478年)に、雄略天皇は夢で天照大神の神託を聞いたという・・、

 「 わたしは高天原にいて、探し求めていた場所に鎮まることができた。
 しかし、私だけではとても不安であり、食事も安心してとることができないので、丹波国  の比治の真奈井にいる等由気大神(トヨウケノオオカミ)を、私の御饌都神として私の許  へ呼び寄せてほしい。 」

天皇は驚いて、豊受大神を丹波国の比治の真奈井原から伊勢の山田ヶ原に遷して、社殿を建てて祀り始めた。 またそれ以来、御饌殿を建て毎日朝夕に御饌をお供えするようになった。
こらが外宮の起源を語ると同時に「日別大御饌祭」の起源にもなっているという。

「日別朝夕大御饌祭」(ひごとあさゆうおおみけさい)とは、毎日朝夕の二度、内宮の天照大御神、外宮の豊受大神宮、両宮の相殿神(あいどのかみ)、更に、十四の別宮の神々に食事を奉る祭りである。 外宮がここに移された1500年前から一日も休むことなく、永々と続けられてきている。 

大御饌祭の食材は自給自足が原則である・・、
神々の食事の基本は水と御飯と塩、これに四季折々の野菜・果物、魚、海草などで構成される。食器は土器で、神宮の施設で土器調整所で作られ、1回使用すると土に返される。 忌火屋殿はいわば調理室、前夜から斉館にこもって身を清めた神職が、火きり具(火をおこすための道具、発火具)を使って火を起こし調理する。この火きり具は静岡・登呂遺跡で発見されたのと同じ仕組みだといわれる。
そして調理された食事は、正宮をかこむ御垣の内側に建つ御饌殿(みけでん)に運ばれ、神々に供せられる。内宮が伊勢の地に創建された二千年前から、儀式は形を変えず受け継がれ、社殿は20年毎に行われる式年遷宮によって新たに建て替えられ、忠実にその姿が継承されているのである。伊勢神宮が日本の澪標(みおつくし:みちしるべ・・)たる理由であろう・・!。
社殿は「唯一神明造」と内宮と同形ながら、鰹木や千木が若干相違しているという。
隣に空地があり「古殿地」と称して内宮と同じ、やはり20年毎の「式年遷宮」を執り行なう。

参拝を済まして帰り道は、「北御門口参道」からの退出し、こちらにも火除橋がかかっていた。
因みに外宮の別宮は「多賀宮」、「風宮」、「土宮」は境内神域に鎮座するが、もう一つの別宮「月夜見宮」は天照大御神の「弟神」をお祭りしている。 
「社宮」は市のほぼ中央の繁華街に位置し、外宮の北御門から真っすぐ月夜見宮に至る道が延びている。この参道は、神様の通う道であると信じられ、現在もこの道は地元の人々に「神路通り」と呼ばれ、親しまれてるという。

次回は、二見ヶ浦の「夫婦岩」・・、

【本文関連情報




写真:風波に洗われるが、優美な二見ヶ浦の「夫婦岩」

日本周遊紀行(34)二見ヶ浦 「夫婦岩」

注連縄で結ばれる夫婦岩・・、

伊勢神宮の両宮を参拝し、或る種、清清しい気持ちになって退出した。
伊勢の市街地より国道42にて二見方面へ向かう、途中「五十鈴川」の汐合大橋を渡る、「内宮」の清楚な流れはここまで来ると悠々とした大河の流れになっている。
参宮線の「二見浦」の駅前を通過すると、二見が浦の夫婦岩は近い。海岸際の駐車場に車を止めると以外と強い風が吹きつける、海風である。海岸歩道にも波の飛沫が吹き寄せている。

伊勢神宮・内宮の西端で、御手洗場(みたらしば)が造られている神清な五十鈴川は伊勢湾に注いでいる。 その二見ヶ浦は五十鈴川によって形成された河口三角州で、今一色から神前岬までの海岸(その名も神前海岸)は日本の渚百選にも選ばれている美しい海岸である。

この海岸に全国的にも有名である「夫婦岩」が、荒波に揉まれているが泰然として昔の姿で在った。
そして、程よい距離間で、大小の岩が注連縄(七五三縄・しめなわ)で結び合い繋ぎあっている。 
やはり日本的ないい風景である。

ところで我々が神社に参拝するとき、鳥居や拝殿には注連縄が掲げられていても、注連縄にはあまり関心を示さないようである。
しかし、よく見ると細いものから出雲大社(日本一の注連縄といわれる、詳細後報)のような太い物まで太さにはまちまちであり、太い方が右であったり左であったり、撚り方も左綯い右綯いと違いがある。それぞれの神社の規模に見合った注連縄が飾られ、神域の厳粛な雰囲気を醸し出すものである。


「注連縄」(しめなわ)の神意・・、
「注連縄」のシメは閉める、占めるの意があり、神前または神事の場に不浄なものの侵入を禁ずる印として張る縄のことで、一般には新年に門戸や玄関先に、又、神棚に張る。三筋・五筋・七筋と順次に藁の茎を捻り放して垂れ、その間々に紙垂(かみしで)を下げる。輪じめや輪飾りはこれを結んだ形である。

「注連縄」の別の意味合いでは・・、
古神道でいう大自然そのものを現しているともいわれる。
大自然そのものの中心になるのが太陽であり天である、その自然現象を表したのが「注連縄」であるという。
横に張られた大縄の部分が「」、垂れた縄が「」、神垂(紙垂)が「」とされ、その奥まったところが神様の「」となる。 総じて自然現象を象徴しているといわれる。 
この注連縄を祭りや祭事に付けることにより春祭りの五穀豊穣を祈願し、実りに感謝する秋祭りの意味を持つことになる。
又、注連縄には清浄・神聖な場所を区画するため引き渡される。 
従って神社のみならず、巨大な岩や樹木、清浄な井戸、瀧、寺院などにも掲げてることろをよく見かける。 正月、門松とともに戸口に注連飾りを置くのも、上述の意義より家の中に悪霊を入れず、穢れを去り、無病息災・家内安全を願ってのことである。

夫岩の頂きに鳥居が見えている。
猿田彦大神を祀る「二見興玉神社」の鳥居で、この神は天照大神をこの伊勢の地に導かれ、御鎮座奉った神として知られる。
夫婦岩は神代の昔より日の出の遥拝所として知られており、夏至の日の前後には丁度、夫婦岩の間から朝日が登り始め、その様は神(天照大神)が常世の国を照らし始める如く、実に神々しい限りといわれる。 
大きい男岩は高さ9m、周囲39m。女岩は高さ4m、周囲9m。両岩を結ぶ大注連縄は長さ35m。
5月、9月の各5日、12月の第3日曜日に大注連縄(しめなわ)の張り替えが行われるという。
「夫婦岩」に関しては「全国夫婦岩サミット連絡協議会」なるものが有り、海、山、川などの夫婦岩の名の付く同志が親睦をはかっているとか・・。

今は風波に煽られ、夕景せまる夫婦岩であるが、記念の写真を遺して辞した。

次回は「鳥羽」

【本文関連情報



日本周遊紀行(35)鳥羽 「かんぽの宿」


国道42より鳥羽へ向かう、静かな湾・「池の浦」を過ぎるとほぼ並行してきたJR参宮線に、近鉄鳥羽線が加わって鳥羽駅へ向かう、参宮線はここが終着のようである。 尚、近鉄線はこの先、賢島まで向かっている。

鳥羽は賑やかなところで、特に海の楽しみが全て揃っているという。
湾は穏やかな内海を成している・・、と言いたいところだが、この地はすぐ前に坂手島、そして菅島、答志島と巨大な天然自然の防波堤を形造り、更に点々と小島が浮かんでいる湾なのである。 
これらが深い入り江状の湾をなして静かな海面、優美な景観を見せている。そして、昔から真珠の養殖が行はれているのは、御承知のとおりであり、直ぐの眼前にあでやかな「真珠島」が浮かんでいる。

真珠島は御木本幸吉が世界ではじめて真珠の養殖に成功した島として知られ、現在では観光施設として多くの観光客を集め人気を呼んでいる。 島内では、海女たちの実演や真珠博物館など見どころが多く、外国からも多くの見学客が訪れているという。

世界の真珠王・「御木本幸吉」・・、
御木本幸吉は、20代の頃、真珠が高い値で取引されるのを知り、以来、真珠に取り付かれる。英虞湾で真珠母貝(アコヤ貝)の養殖を始め、さらに真珠養殖の知識を学ぶ。 
幾多の苦難の末、明治中期、世界で初めて真珠の養殖に成功している。本格的な事業に取り組むため英虞湾内に養殖所を開設し、その後、東京に「ミキモト真珠店」を開き、ミキモトパールの名を世界に知らしめた。真珠の養殖とそのブランド化などで富を成した人物で、日本の「真珠王」と呼ばれている。
伊勢と鳥羽一帯は、早くから国立公園に指定されている。


鳥羽の沿岸部は、静かな海の環境を利用した真珠養殖の筏や海で働く海女の姿など、自然景観に彩りを添えて、この公園の風景を代表する一つとなっている。

安楽島大橋を渡って、左方向の高台へ進むと「かんぽの宿・鳥羽」へようやくにして着いた。
既に辺りは暮れかかって、有暮れの鳥羽港を見下ろしながら天然温泉の「鳥羽 潮香の湯」へゆったり、のんびり浸かる。

部屋の調度品も品良く配置され、真新しい十畳間で一人休むには、チトもったいない気がしないでもない、そして新鮮な海、旬の山の幸を戴く、これが気心を使った実に絶品で、喉越しのビールも冴え渡った。3日ぶりの畳の感触も良く、今日のまとめをして、後は寝酒でオヤスミ・・。

次回は、「英虞湾」  第4日目(紀伊、熊野、新宮、那智勝浦、串本)へ

日本周遊紀行:詳細目次
詳細目次(東日本)  信越・東北西沿岸 北海道T、世界遺産:知床 北海道U 東北・東沿岸 関東沿岸
詳細目次(西日本)  鎌倉・湘南 東海 近畿 四国 山陽 九州(北、西) 九州(南) 九州(東)  沖縄  
               山陰・北近畿  
北陸  世界遺産:紀伊熊野 宮島 石見銀山
【小生の旅のリンク集】
旅の紀行・記録集
山の紀行・記録集 山のエッセイ
「旅行リスト」
日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (別URLです)

【日本の世界遺産紀行】 
北海道・知床  
白神山地 
紀伊山地の霊場と参詣道 
安芸の宮島・厳島神社  
石見銀山遺跡とその文化的景観 

ハワイ旅行2007
九州旅行2008
東北紀行2010
沖縄旅行2008
北海道道北旅行
北海道旅行2005
南紀旅行2002

古都鎌倉紀行
「山行リスト」 

立山、剣(天の記)(1971年)
白馬連峰登頂記(2004・8月)
北ア・槍−穂高(1968年)
上高地・明神(2008年)
南ア・北岳(1969年)
南アルプス・仙丈ヶ岳(1976年)
八ヶ岳(1966年)
八ヶ岳越年登山(1969年)
谷川岳(1967年)
尾瀬・燧ケ岳紀行(1973年)
丹沢山(1969年)
西丹沢・大室山(1969年)
西丹沢・檜洞丸(1970年)
丹沢、山迷記(1970年)
奥秩父・金峰山(1972年)
「上高地雑感」
「上越国境・谷川岳」
「丹沢山塊」
「大菩薩峠」
 


スキーの記録  
「スキー履歴」