カスタム検索
日本周遊紀行



写真集W
 27日目:Part9(白馬)    27日目・Part1へ    写真集W  
日本周遊データ    日本周遊「あとがき」     日本周遊ブログ
日本周遊紀行:詳細目次
詳細目次(東日本)  信越・東北西沿岸 北海道T、世界遺産:知床 北海道U 東北・東沿岸 関東沿岸
詳細目次(西日本)  鎌倉・湘南 東海 近畿 四国 山陽 九州(北、西) 九州(南) 九州(東)  沖縄  
               山陰・北近畿  
北陸  世界遺産:紀伊熊野 宮島 石見銀山

【本文関連情報




日本周遊紀行(230)白馬 「追憶・冬季長野オリンピック」


白馬ジャンプ台
写真:白馬村と白馬ジャンプ台


追憶・冬季長野オリンピック:ジャンプ競技・「ノーマルヒル」・・、!!

序ながら、あの冬季長野オリンピック・白馬ジャンプ競技の感動的名場面を思い起こしてみよう。

1998年・平成10年2月11日、白馬の空は晴れ渡っていた。 
この日、先ずノーマルヒルの競技がいよいよ開催されるのである。 
やや高台にある競技場の観覧席は日本選手の原田や船木の登場を、今やおそしと待ちわびていた。


いよいよ本番・・、

1本目のジャンプは原田雅彦選手がやってくれました。 
最長不倒、K点越えの91.5mでトップに立つ。 
飛び終えて、満面の笑顔で歓声に応える原田選手。 
次に飛んだドイツのトーマが84.5m。 最後に飛んだ船木和喜選手はやや伸びを欠いた87.5mのジャンプに終わり、原田選手が断然トップで折り返した。 

1本目を終えて1位が原田選手、そのほかの日本選手は船木選手が4位、葛西選手が5位、斉藤選手が7位である。 一本目は真さに期待通りの強さであった。 

空は本当に気持ちよく晴れ渡り、さわやかなそよ風(ジャンプ台には向かい風)が吹く絶好のコンディションで、誰もが、もう原田選手の金メダルを信じているようである。 

2回目を待つ間も会場は大興奮!


しかし、・・あああ、これは神様のいたずらか・・!。  

それでも原田は主役であった。
 
2本目の競技は、1本目の上位30人が出場し、下位の選手から順番に飛んでいく。 
船木が登場したのは勿論最後から4人目、満員のスタンドが歓声とともに大きく揺れた。
 飛距離は90.5m、2本の合計ポイントは233.5点、フィンランドのアホネンを合計ポイントで2点上回りトップに立つ。 

残すは3人、1人でも船木に及ばなければメダルが確定する。 
船木の次に飛んだのはオーストリアのビドヘルツル、飛距離は船木選手と同じ90.5mまで伸ばした、ビドヘルツル選手は1本目88mを飛んで3位、ああ、抜かれてしまうかという不安を抱きながら見守る、でも合計ポイントは232.5点、船木には届かない、大歓声が起こる、船木のメダルはもう確定した。 
飛距離の合計では船木を上回ったビドヘルツルであったが、世界一美しいといわれる船木のジャンプは、飛型点を多くかせいでわずかな差を守った。

これで原田選手が「自分のジャンプ」をしてくれれば、日本が金銀のメダルを獲得できる可能性があった。 次はフィンランドのソイニネン、見事なジャンプで89mを記録した、ソイニネンが着地した瞬間、「ウオオオ」という声があがつた。 
船木が逆転されたのである。 
なんにせよ、これで原田選手が「ちゃんと飛んで」くれさえすれば原田が金メダル、船木が銅メダル・・、
最高の成績である・・?。


いよいよ最後のジャンパー、原田の番がやってきた・・、 

白馬の山を貫くような大歓声が起こる、いよいよ原田がスタートした。
そして、結果は・・、原田はやっちゃいました、飛距離は84.5m、合計ポイント228.5点で5位に転落してしまったのである。 
ああああああ・・!!」、着地した位置を見て、やけに長いため息が渦巻いた、あのリレハンメル・オリンピックの団体戦、最後のジャンプで失敗したシーンが頭をよぎりる。
 
残念ながら、日本選手の金メダル獲得はならなかった。 
それでもバーンを滑り降りてきた原田は、終始笑顔を崩さず、手を挙げて歓声に応えた、ヘルメットを取り、周囲のスタンドに何度もおじぎをしている。 
きっと「応援してくれたのに、金メダルが取れなくてすみません」という意味なのだろう。 
悔しさに顔をゆがめていいはずなのに、観衆を気づかい、取り囲む報道陣の質問にもていねいに答えている原田選手の姿。 
観衆の誰も、原田を責めるような声を飛ばしたりはし、むしろ「ラージヒルは期待してるぞぉ!」という声があちらこちらから聞こえていた。 



追憶・冬季長野オリンピック:ジャンプ競技「ラージヒル」・・、!!


ジャンプ・ラージヒルの日、平成10年(1998年)2月15日、天候は雪である・・、 

競技の前にトライアル(試技)と言う練習ジャンプがあり、飛んだ原田は108mの失敗ジャンプ、船木は着地でバランスを崩して転倒してしまい、あやうくフェンスに激突しそうになった。


ともかくも、1本目の競技が始まった・・、 

岡部の1本目、飛距離はなんと130m!大差をつけて、まず首位に立つ。 
原田がスタート地点に姿を見せると、満員のスタンドから大歓声だ、ノーマルヒルでの屈辱を晴らして欲しい。 
原田の飛距離は120m、失敗というわけではないが、風に恵まれず、やや不本意の5位。 そして1本目の最後に飛んだ船木の飛距離は126mで4位につける。

1本目が終わり、2位に岡部、4位に船木、ややポイント差はあるものの6位に原田が続く。
ファイナルラウンドは1本目の上位30選手だけで争われる。 
風の条件がよくなったのか、1本目より飛距離を大きくのばし、K点を越えるジャンパーが続出する。 
25人目、いよいよ原田の2本目、地響きのような歓声があがる。


そして、原田がやってくれました・・、 

NHKの工藤アナウンサーが「 さあ、原田スタート・・、ン・・高いぞ・・どこまで行くのか・・立て、立て、立ってくれ・・立った・・!! の絶叫口調が耳に残る。
そして、135m地点を越える大ジャンプ・・、見ていても伝わってくるような衝撃に、足と両手を大きく広げて転倒しそうになるのを耐えきった。 
まさに奇跡・・!、歓声が爆発音のように激しく原田を祝福する、これでメダルに手が届く! アップの画面でスタンドには、もうすでに泣いている人がいるようだ。 

ところが、会場の電光表示板には、いつまで待っても「HARADA」の飛距離やポイントが表示されない。白馬のラージヒルのジャンプ台では、ビデオを使って飛距離判定をしているが、カバーしているのは135m地点までで、原田は、その135m地点をはるかに越えて着地してしまったのだ。 

測定ビデオのないところまで飛んでしまったために、測定されないまま次の選手がスタートしている。
原田はどうなんだ・・?」、観戦諸氏はヤキモキ・・、すばらしいポイントをマークしたのは間違いないが・・?。 
競技は進む、そして、続いて船木がやってくれた。
原田の大ジャンプの興奮もさめやらぬうち、またまた130mを越える大ジャンプを見せた。
飛距離は132.5m、しかも、テレマーク姿勢もぴたりときめて、飛型点は審判全員が20点満点というずばらしいジャンプであった。  

残るは2人になって、1本目2位の岡部が登場、この時点で船木が1位、原田のポイントはまだ発表されないが・・、残念ながら岡部の飛距離は119.5m、最終的に岡部は6位。 
いよいよ最後のビドヘルツルである。 この時点でトップは船木、もし、ビドヘルツルの飛距離が伸びなければ、船木選手が金メダルである。

ビドヘルツルがスタートを切った。
我々日本人は「落ちろー!」と心の中で叫んだに違いない・・!。
それが通じたのか・・、飛距離は伸びなかった、120.5m。 
原田のポイントはまだ表示されないままであるが、船木が1位であることはもう間違いない、船木の金メダルが確定した。 
ラージヒルでは会心の金メダル、観衆に向かって大きく手を上げて喜びを表現している。 

競技はすべて終わった、でも、原田のポイントはなかなか表示されない。
一度は観衆の声援に応えた船木が、少し心配そうに原田に歩み寄る。
そして、電光表示板に「HARADA」の名が浮かび上がった、3位である・・!。 
飛距離は136m、白馬の山が割れるような大歓声が起こる。 金メダルの船木選手は本当にすばらしい、でも、原田の銅メダルは、見ている者にとって、金よりも輝いていた。
オメデトウ・・日本、次は団体である。

ここでは何と言っても原田の2本目のジャンプが注目された。 
白馬の冬のバッケンレコード131.5mであるが、それを4.5mも上回る大ジャンプであった。 
この辺りの地面(雪面)はほぼ水平で、着地した瞬間は、物凄い衝撃が全身を打ったはずである。 
後日談で、この136mジャンプの着地の際、あまりの衝撃の大きさで原田のスキー板にヒビが入ってしまったという・・、凄い・・!!。 

次回は、「ジャンプ団体」

【本文関連情報



日本周遊紀行(230)白馬 「追憶・冬季長野オリンピック」(2)

.


追憶・冬季長野オリンピック:ジャンプ競技「ジャンプ団体」・・、!!


平成10年(1998年)2月17日、ジャンプ団体・・、

この日、白馬には激しい雪が降っていた。 
ジャンプ台を見ても、選手のスタート地点が見えないほどの悪天候である。 
係員が懸命に整備をしても、新しい雪がすぐに降り積もり、予定されていたトライアルは中止が決まり、本番の開催が危ぶまれる状況だった。 

ジャンプは風の影響が強い競技だということはよく知られているが、降り積もる雪も競技には大きな影響をもたらす。 
先ず、時速90km前後の猛スピードで滑り、飛ぶ選手たちにとって、激しい雪で視界が妨げられるのはとても危険、さらに、助走路に新雪が降り積もると、スピードがあがらず飛距離は伸びない。 
だがしかし、すでにスタンドは超満員、このまま競技は中止されても仕方がないほどであった。 予定よりか成り遅れてから、なんとか1本目の競技が始まった。

1本目のジャンプ、日本の1番手・岡部の飛距離は121.5m。 続く斎藤が130mの大ジャンプで、2位のオーストリアに44ポイントの大差をつけて首位に立った、やはり日本は強い。 
残す2人はラージヒルのメダリストコンビ、さらなる大ジャンプを期待して、スタンドには楽勝ムードが漂よう。 


でも、神様はそんなにお人好しではなかった・・、

3番手の原田が登場するのを待っていたかのように、雪がいっそう激しくなってきた。 
会場に原田の名前がアナウンスされた、カメラのアップで、何とか姿は捉えられるが、戻すと雪の中に消えてしまいそうだ。 
大丈夫なのか? 競技が続行されるのかどうか心配であったが、日本は参加した13チームの最後に飛んでいる。 
3番手のジャンプを残しているのは原田だけ。 


原田がスタートした・・!、 
    

ハラダ! ハラダ!」という応援の大歓声が、白い風に吸い込まれる。 
ところが、雪の合間からうっすらと見える90m付近のランディングバーンに姿が見えたとき、原田はもう、吸い付かれるように着地していた。 

飛距離は79.5m、こわばった表情で電光掲示板を見上げる原田、ハイテンションだった大歓声が、一瞬で凍り付いたように鈍い響きに変わった。 
このとき、日本中の人々の脳裏には、4年前、リレハンメルオリンピックの悪夢がよぎった。 
最後のジャンパーとして登場した原田がまさかの失敗ジャンプ、ほぼ手中にしていた金メダルを逃してしまった出来事である。

あれから4年、原田はリレハンメルの雪辱を果たすために、あらゆる努力をしたはずだが、それが・・、直後の原田の一言「屋根付いてないから、しょうがないよね・・」・・と。
 

ジャンプ競技ほど“運“に左右されるスポーツはない、どんなに努力しようが工夫を重ねようが、本番で吹雪に見舞われたり、積雪で助走路のスピードが奪われれば全て水疱に帰してしまうのである。 

名ジャンパーであった秋元正博氏は「この競技は運が五割だからね・・」と。 
だからといって、「どうせ最後は運だから・・」と開き直ってしまえば、その選手はそこで成長は止まる。
勝利の女神に愛されるためには、運を信じて険しい坂道を一歩一歩進んで行くしかない、ジャンプは人生そのもののようだ。

雪の勢いは一向に弱まらない。
セカンドラウンドが始まって8人目、チェコの選手が飛んだところで競技は一時中断される。 
しばらくしてから、トライアルジャンパーの試飛が始まった。 雪の状態を確認しながら、危険が無いかどうか実際に試しているのだ・・!。 

そして、トライアルジャンパーから「OK」のサインがでたようだ。 
数分後、セカンドラウンドだけの記録を一度キャンセルして、更に観天望気の後、競技は再び開始された。 
できることなら「もう一度最初から」やり直してくれないものか。 原田選手に、もう一度チャンスをあげたい。


しかし、神様が、いや原田は、さらに感動的なドラマを用意してくれていたのであった・・!。

競技2本目、逆転劇の幕開けは、岡部から始まった。
日本選手1番手の岡部が137mという驚異的な飛距離をマークした。 
15日の個人のラージヒル2本目に原田がマークした136mというバッケンレコードを更に更新したのである。 原田がビデオによる飛距離測定器の範囲を越えたため、この日は手書きの飛距離表示板を増設、142mまでスムーズに判定できるようになっていたらしく、早速、それが役に立ったのである。 
続く斉藤は124mの安定したジャンプで日本は再びトップに立った。 
あとは原田と船木のジャンプに期待、金メダルの夢が再びはっきりと視界に入ってきたのだ。


そして、原田である・・、

1回目の失敗ジャンプが、まだ頭の隅に残っていて二の舞を演ずるのか、それとも、きれいさっぱり忘れて新たな気持ちで飛び出すのか・・?。 
相変わらず雪の勢いは強く、条件は一回目と同じである。


再び、NHKの工藤アナウンサーが、ややカン固い声で実況していた・・、

そして、「さあ、原田スタート・・・ん・・高いぞ・・高くて、高くて、高くて・・、行った・・原田、大ジャンプ・・!!」、ついさっき岡部が樹立したばかりのバッケンレコードに並ぶ137mのスーパージャンプだった。 

場内は興奮のルツボ、TV観戦士(小生)は「ヨッシャー・・!!」とガッツポーズ・・!。 

そしてその後、猛烈なプレッシャーの中で着実に決めた船木のジャンプは125m。 
飛び終えた船木が、祈るような表情で会場の電光掲示板を見上げている。

次の瞬間、地鳴りのような大歓声のボルテージがさらに上がる、


『 1位 JAPAN・・!、日本が金メダルである・・!!』

船木がガッツポーズをしながら、背中から雪の大地に倒れ込み、原田、斉藤、岡部、日本チームのメンバーが抱き合い、飛び上がって喜んでいる。 
原田が、先頭を切って船木に駆け寄り、一度は立ち上がって仲間を迎えた船木が、原田と抱き合ったまま、再び地面に倒れ込む。 
会場はこの上ない熱狂の渦に包ました、グオオオーと、わき上がるような歓声の中に「はらだー!」、「ふなきー!」と選手たちを祝福する。 
誰からともなく起こった「ニッポン!ニッポン!」という大合唱が、いつ終わるかもともなく白馬の山にこだました。 

興奮が永遠に続くのではないかと思うほど、感動的なドラマにすべての日本人、観客が酔いしれていた。 

その後、原田が泣きながら「・・船木、船木・・」と叫んで、コメントしていたのが印象的であった。 
やはり、原田はヒーローであり、勝利の女神は日本チームに、原田に、微笑みと愛を下されたのであった。



今、白馬のジャンプ台は、あの日の思いを秘めるように静まりかえっている。
尚、長野オリンピック競技の内、アルペンスキー競技は男女の滑降スーパー大回転および複合は白馬村の「白馬八方尾根スキー場」で実施された。
又、神城地区の山間には「スノーハープ」という競技場が在って、世界一流の選手たちをも唸らせ難コースと言われたクロスカントリー競技が行われた。 現在は、冬は歩くスキー(クロカン)、グリーンシーズンはローラースキー、自然散策が楽しめる。 又、当地域は「蛍の里」としても整備されつつある。




白馬の別宅に付いた・・、


ガラン・・!、とした部屋で大の字になって気持ちを落ち着かせる。 
そして、名物、「倉下の湯」で身を清め、2,3日ノンビリして、厚木の実家へ戻ることにしよう・・!!。

  【西日本編・・完】  次回、「旅程・データ」、「あとがき」     日本周遊データ

【本文関連情報

  日本周遊データ   日本周遊「あとがき」      日本周遊ブログ
日本周遊紀行:詳細目次
詳細目次(東日本)  信越・東北西沿岸 北海道T、世界遺産:知床 北海道U 東北・東沿岸 関東沿岸
詳細目次(西日本)  鎌倉・湘南 東海 近畿 四国 山陽 九州(北、西) 九州(南) 九州(東)  沖縄  
               山陰・北近畿  
北陸  世界遺産:紀伊熊野 宮島 石見銀山
【小生の旅のリンク集】
周遊ぶろぐ    FC2ブログ  FC2 H・P   gooブログ  yahooブログ  C・掲示板
旅の紀行・記録集
山の紀行・記録集 山のエッセイ
「旅行リスト」
日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (別URLです)

【日本の世界遺産紀行】 
北海道・知床  
白神山地 
紀伊山地の霊場と参詣道 
安芸の宮島・厳島神社  
石見銀山遺跡とその文化的景観 

ハワイ旅行2007
九州旅行2008
東北紀行2010
沖縄旅行2008
北海道道北旅行
北海道旅行2005
南紀旅行2002

古都鎌倉紀行
「山行リスト」 

立山、剣(天の記)(1971年)
白馬連峰登頂記(2004・8月)
北ア・槍−穂高(1968年)
上高地・明神(2008年)
南ア・北岳(1969年)
南アルプス・仙丈ヶ岳(1976年)
八ヶ岳(1966年)
八ヶ岳越年登山(1969年)
谷川岳(1967年)
尾瀬・燧ケ岳紀行(1973年)
丹沢山(1969年)
西丹沢・大室山(1969年)
西丹沢・檜洞丸(1970年)
丹沢、山迷記(1970年)
奥秩父・金峰山(1972年)
「上高地雑感」
「上越国境・谷川岳」
「丹沢山塊」
「大菩薩峠」
 


スキーの記録  
「スキー履歴」