カスタム検索
日本周遊紀行



写真集W
 26日目:Part10(輪島、名舟)   Part11(曽々木、珠洲)へ     写真集W   日本周遊ブログ
日本周遊紀行:詳細目次
詳細目次(東日本)  信越・東北西沿岸 北海道T、世界遺産:知床 北海道U 東北・東沿岸 関東沿岸
詳細目次(西日本)  鎌倉・湘南 東海 近畿 四国 山陽 九州(北、西) 九州(南) 九州(東)  沖縄  
               山陰・北近畿  
北陸  世界遺産:紀伊熊野 宮島 石見銀山

【本文関連情報



日本周遊紀行(215) 輪島 「輪島・朝市」


朝市
輪島の朝市風景
 

日本三大・輪島の朝市・・、

輪島の町並みで、河合町という商店通りは「輪島・朝市
」で有名なところである。 

河合町一丁目の一角、海を背にして家屋の間に簡素な「市姫社」がある。 
市姫神は、宗像三神の中の「市杵島姫命」(イチキシマヒメノミコト) を祀っている。 
又、河合町の住吉神社境内にも市姫神社が建っている。 

この市姫神社や住吉神社は、元々、海の神、海上交通の神として崇められ、両神は概ね、瀬戸内海、日本海を通って大陸へ向かうルートに沿って、お祀りする神社が多数並んでいるといわれる。 
宗像三神の一神である「市杵島姫命」は日本土着の水神として祭れれていたが、平安期の神仏習合で「弁才天」(弁天様)となり、神社の祭神としても祀られることが多くなった。 
近世、いわゆる七福神の一つとして祀られる「弁才天」は、財の神、水の神の他、農業神・穀物神として崇められている。 
そして市姫神社は北陸から関西にかけて、名の通った「市場」の守護神に祭られているという。

輪島では千年も前の平安時代から、神社の祭礼日などに生産物を持ち寄って物々交換しあっていたのが市(いち)の始まりだと言われている。 
海の幸、地の幸を持ち寄って姫社に手向け、持ち寄るうちに、これが自然と我が家に無い物を戴き、他家に無いものを差し上げる。 生じて市社の前に交換所の様なものが出来上がり、これらが総じて「市」になったとされる。 

輪島の市は、我が国の市の起源であるとも歴史学者は考証している。


輪島・朝市は朝の7時半頃から店が出はじめ、8時頃にはだいたい出揃うが、人出が多くなって賑わいをみせるのは9時から10時頃になる。 
通称「朝市通り」といわれる約360メートルの通りに、多いときには250軒の露店が並び、午前中いっぱい開かれている。 
朝市が終ると今度は通りに面した各商店で買手となり、そこで又、コミュニケーションが行われる。 こうして朝市の売手と買手と各商店は、もちつもたれつの関係が千年もの間続いて来た。
観光的価値はともかく、朝市が果してきた役割は、物と物を介しての人と人のすばらしいコミュニケーションの場でもあり、根底には商売繁盛の神である「市の神」に対する深い市姫信仰が根付いているとされる。 

輪島の朝市は岐阜県の高山、勝浦の朝市と並ぶ「日本三大朝市
」の一つである。
因みに、住吉神社の境内でも露店市を開いていて、此方は「夕市」とし称しているようだが、余りパッとしないという・・?。

次回、名舟


【本文関連情報


日本周遊紀行(216) 名舟 「棚田と御陣乗」

千枚田
その名も「白米の千枚田」


海上鳥居
奥津姫神社の海上鳥居


白米の棚田群・「千枚田」・・、

国道249を更に半島先端へ向かって行くことにする。 
海岸とはいっても、斜面のかなりの高台を走るのであるが、深見を過ぎた辺りからは山が迫ってくる感じで、道程も急峻さを増してきた。 
千枚田」という小さな休憩所にやってきた、正確には「道の駅 千枚田ポケットパーク」という。 
レッキとした道の駅だが小島商店という看板が掲げてあり、個人商店のドライブインといった感じである。ただ、ドライブインにしては食堂などはなくチョット寂しげであるが、ここは高台だけあって見晴らしは素晴らしい。

海岸沿いの急斜面に、無数の小さな水田が階段状に連なっていて、その向こうに日本海の大洋が広がっていて、末端の基部の水田などは大洋の波が洗っているようにも見える。 
説明のよると能登の「名勝・千枚田」といわれる棚田で、実際に1000枚の棚田が存在するともいう・・!。 
一つ一つが小さい田代で、それが幾重にも重なり合って棚田が形成されている、真に人々の生に対する執着が、このような労作を造りだしたのであろう。 
今でこそ我々は観光地化された当地を「いい眺め、まさに絶景」などと言って満足しているが、先人達の弛まぬ労苦も知るべきであろう。
 

2006年5月に当時の小泉純一郎首相がこの地を訪れ、「絶景だよ、絶景」と褒め称えたエピソードは、地元マスコミで大きく取り上げられた。 
これに因んで、同年秋に収穫されたコシヒカリは『絶景千枚田』の名で商品化されたともいう。

今はまだ、田代の面には緑の幼い穂がのぞいているにすぎないが、刈り入れの時の秋季ともなれば黄金の波がそよぐに違いない。 
現実の作業は、急斜面の狭い田んぼで農業用機械が入らないため、田植えや稲刈りは全て手作業であるという。 しかも、農家の高齢化や後継者難で休耕田も増えたため、昨今では輪島市や農協の呼びかけでボランティアによる田植えや稲刈りが始まり、併せて景観保全が図られているという。
 
この時期になると有志者によって、棚田の中で結婚式も行はれると言う。 
併せて、参列者や希望者には」ボランティア等による稲刈りも行なわれるという。 千枚田での結婚式は、中央部に特設ステージを設けて、招待者、関係者、それに野次馬・・?あわせて盛大の行われ、千枚田の神様に見守られながらの新しい人生をスタートする。 二人にとっては思い出の記念になろう。 
実りの棚田が二人を祝福するように、総出の稲刈りと併せて、収獲時の一つのイベントになっているようだ・・!。

この一帯の地域名称は「白米地区」(しろよねちく)といい、これぞ取って付けたような、これ以上ない地名である。 
国指定名勝で「日本の棚田百選」にも選ばれている。


名舟の奥津姫神社とキリコ・・、

ここから、一投足で「名舟の海岸」に出た。 
気が付けば、防波堤防の内側海中に鳥居が屹立している。 
そして、それに対するように、山側には急な階段の上、鬱蒼とした森に「奥津姫神社」(名舟神社)が鎮座していて、前記の「御陣乗太鼓」で有名な「名舟の大祭」はこの神社で行はれる。 

7月31日夜、海上に建立された鳥居まで漁船に乗った神輿五本が、「キリコ」(※)とともに行進を始め、海上を渡御する。 
これは舳倉島(みくらじま)から奥津姫の神様をお迎えする意味があるといい、奥津姫神社に到着した後、子供組から若衆組と御陣乗太鼓の奉納打ちが披露される。 
神社近くに設置された舞台で迫力満点・御陣乗太鼓の奉納本番打ちが行われると祭りは最高潮に達する。 

※「キリコ」とは・・・、
能登地方の夏秋の祭礼には、各町内からキリコと呼ぶ巨大な御神灯を神輿のお供に担ぎ出す習慣がある。 
キリコとは「切子燈籠」のことで、「切籠」がキリコと略されたようである。 
始めは、手持ちの御神灯であったが、徐々に大型になり、江戸時代中期以降になって、高さ10mをこえる大型で豪華なキリコが出現したといわれる。 
現在でも、能登地方の夏秋の祭礼には大小あわせると7、8百本ものキリコが用いられ、信仰心の篤い能登の土地柄をあらわしている。 夜空をいろどるキリコの姿は形容しがたい美しさを秘めているともいう。

次回、曽々木の時国家(ときくにけ)      Part11へ 

【本文関連情報

  Part11へ     写真集W   日本周遊ブログ
日本周遊紀行:詳細目次
詳細目次(東日本)  信越・東北西沿岸 北海道T、世界遺産:知床 北海道U 東北・東沿岸 関東沿岸
詳細目次(西日本)  鎌倉・湘南 東海 近畿 四国 山陽 九州(北、西) 九州(南) 九州(東)  沖縄  
               山陰・北近畿  
北陸  世界遺産:紀伊熊野 宮島 石見銀山
【小生の旅のリンク集】
周遊ぶろぐ    FC2ブログ  FC2 H・P   gooブログ  yahooブログ  C・掲示板
旅の紀行・記録集
山の紀行・記録集 山のエッセイ
「旅行リスト」
日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (別URLです)

【日本の世界遺産紀行】 
北海道・知床  
白神山地 
紀伊山地の霊場と参詣道 
安芸の宮島・厳島神社  
石見銀山遺跡とその文化的景観 

ハワイ旅行2007
九州旅行2008
東北紀行2010
沖縄旅行2008
北海道道北旅行
北海道旅行2005
南紀旅行2002

古都鎌倉紀行
「山行リスト」 

立山、剣(天の記)(1971年)
白馬連峰登頂記(2004・8月)
北ア・槍−穂高(1968年)
上高地・明神(2008年)
南ア・北岳(1969年)
南アルプス・仙丈ヶ岳(1976年)
八ヶ岳(1966年)
八ヶ岳越年登山(1969年)
谷川岳(1967年)
尾瀬・燧ケ岳紀行(1973年)
丹沢山(1969年)
西丹沢・大室山(1969年)
西丹沢・檜洞丸(1970年)
丹沢、山迷記(1970年)
奥秩父・金峰山(1972年)
「上高地雑感」
「上越国境・谷川岳」
「丹沢山塊」
「大菩薩峠」
 


スキーの記録  
「スキー履歴」