カスタム検索

日本周遊紀行

14日目:温泉と観光U(松島) 観光編V(松島) へ  第15日目へ  写真集
日本周遊紀行:詳細目次
詳細目次(東日本) 信越・東北西沿岸 北海道T、世界遺産:知床 北海道U 東北・東沿岸 関東沿岸
詳細目次(西日本) 鎌倉・湘南 東海 近畿 四国 山陽 九州(北、西) 九州(南) 九州(東)  沖縄  
              山陰・北近畿  
北陸  世界遺産:紀伊熊野 石見銀山

【本文関連情報
  
 

温泉と観光(34)松島 「坂上田村麻呂」



前回からの【追記】です。

最近、京都の「坂上田村麻呂」の遺構が再確認されたという・・、

平成19年6月初、平安初期の武人で上級貴族だった「坂上田村麻呂」の墓が、過去の文献調査から特定されたという。
京大大学の吉川准教授が「清水寺縁起」のなかに田村麻呂の墓地としての記述がある「太政官符」(当時の公文書が残っているのではなく縁起に書き写したもの)を再発見し、確認したとされている。

京都・山科に「西野山古墓」といわれる古墓が、既に大正8(1919)年に偶然発見されている。
内部からは武人の墓にふさわしい純金の装飾を施した大刀や金銀の鏡、鉄の鏃(やじり)などの副葬品が埋葬時の状態でみつかり、これらの状況から被葬者は高位の人物で、この地が中臣氏の根拠地である点からその一族の誰かと推定されていた。


今回、田村麻呂が創建したという「清水寺」(京都市東山区)に残る平安後期編纂(へんさん)の「清水寺縁起」の中に、弘仁2(811)年の朝廷の命令書「太政官符(だじょうかんぷ)」の表題が記されていたという。
それによると行政の最高機関が、土地を管理する民部省に送った文書の中に故・田村麻呂の墓地に関する記載があり、「山城国宇治郡七条咋田西里栗栖村の水田、畑、山を与える」という文言があったとされる。
その場所は今の山科区西野山岩ケ谷町にあたり、西野山古墓の場所と一致するという。 
尚、「太政官符」はこれまでも研究されてきたが、表題の記述については注目されていなかったという。


田村麻呂は、811年に死去しているが、埋葬されるときは天皇の命令で平安京を守ってほしいという願いをこめて、立ったまま甲冑姿で東に向けられ葬られたという。
平安初期のころは、まだまだ東国、特に蝦夷の勢力が強かった事が伺えるのである。

同様の事例として、征夷大将軍だった徳川家康が亡くなったときも、西の脅威を制するために亡骸は西に向けて葬れ・・、と言ったことに類似しているのが面白い。

西野山古墓は、清水寺から南東約2キロの山科盆地西部、東海道(国道1号線)とJR東海道線を挿んだ所にある。
古墓は8世紀後期から9世紀前期と見られ、田村麻呂の時代と一致している。 
既に大正8年に墓穴が見つかり、出土しているという。


こうした研究から時代と位置と身分が一致し、「坂上田村麻呂」の墓と特定したという。

又、古墓の南東約1.5キロには、既に地元では「坂上田村麻呂の墓」と伝えられる他の史跡もあり、現在は坂上田村麻呂公園にもなっている。

この場所は平安京の東の玄関口でもあり、そこを守る所に田村麻呂が葬られていることから、死んでも平安京を守ってくれるという朝廷の願いもあったとされ、当時の武将の権威と田村麻呂の人柄が伺えるという。
遺物は、1953年に「山科西野山古墳出土品」として国宝に指定され、現在、京都大総合博物館(京都市左京区)に所蔵されていると。

次には松島の伽藍堂「瑞巌寺」

【本文関連情報
  
 

温泉と観光(34)松島 「瑞巌寺」


瑞巌寺1
瑞巌寺参道


松島を一段と輝くものにしているのが「瑞巌寺」であろう・・、

先ず、「瑞巌寺の歴史」について・・、

海岸の五大堂に大して、国道を隔てて「瑞巌寺」がある。
年輪を重ねた大杉木立の真っ直ぐな参道を行くと、大きなお城の様なお堂が在った。


「瑞巌寺」は東北地方切っての名刹であることは周知であるが、寺の名称は初め延福寺として開山している。 
後に臨済宗・円福寺となり、現在の松島青龍山瑞巌円福禅寺すなわち「瑞巌寺」となったという。

執権統治者も時代によって推移し、奥州藤原二代・基衡から執権北条時頼、仙台藩藩祖・伊達政宗らの名を連ねる。 
創建開祖は平安初期「円仁禅師」によるものである。

「円仁」は下野(栃木県)の出身で、少年期に比叡山・延暦寺に入山し、伝教大師・最澄の弟子になっている。その後中国は唐に渡り、五大山で9年間修行を積んでいる。

帰国後、延暦寺の座主となり、諸国遍歴の後、71歳で没しているが、直後、生前の業績によって、円仁に日本で初の大師号・慈覚大師の法号が授けられた。

東国巡礼の旅に出た時を縁に日光山、立石寺、中尊寺、毛越寺(もうつうじ)、恐山の円通寺、そして、ここ瑞巌寺など、開祖(または中興)とされる有名古刹が数多くある。
平安末期の奥州合戦の際に瑞巌寺(当時は延福寺)は、頼朝の命により義経(源頼朝の実弟)を三千の衆徒で護摩を焚いて呪詛 (じゅそ:うらみに思い相手に災いが起るよう神仏に祈願すること。
まじない、のろい) したと伝えられている。 
そしてその後、奥州平泉の藤原家は陥落している。


瑞巌寺(円福寺)が最も隆盛を極めたのは室町期で、当時の大伽藍の規模は今の松島海岸と周辺山域一帯がそうであり、東北最大の禅院として栄えたという。
現在の瑞巌寺の中心は、その当時の境内の北西隅一角にすぎないと。
その後は次第に衰え、戦国末期の頃は極度に荒廃していたという。

鎌倉期より縁のあったのは伊達家であり、戦国期の伊達政宗が再建を決したのは慶長9年であった。
正宗、自ら縄張りをして円福寺の再興に着手し、足掛け5年の歳月をかけて今の瑞巌寺が落慶している。
造営にあたっては、紀州熊野から海路で用材が運ばれ、京都や根来(ねごろ)から名工130人が集められたという。

本堂内部は桃山様式の粋を尽した作りで、彫刻や襖絵は絢爛豪華、総欄間の彫刻は極彩色で飾られている。 
堂内の袖部(そでぶ部:本堂、礼拝堂以外の部分)は十数の部屋が仕切られている。 
その為、巷(ちまた)では瑞巌寺は伊達家・仙台城(青葉城)の第二の居城、仙台藩の軍事要塞といわれる出城では・・?とも云われていた。


正面に位置する松島湾は暗礁(平均水深10mとも・・)が多くあるため、外来者にとっては航行が困難な海域であると。
そのため、江戸時代には伊達政宗によって暗に「軍港」と見なされ、瑞巌寺を始めとした伊達家直轄施設が軍事施設としも多く建設されていたという。

因みに、松尾芭蕉が、松島を始めとして仙台藩の城や要害、関所などの主要軍事施設を見回っていることから、隠密であるという風説もある。
その為か芭蕉は風光明媚な松島を愛でるどころか、この界隈の施設巡視に夢中になり、松島の「句」の一句も詠めなかった、とするのは憶測のし過ぎか・・?。

次回は、「瑞巌寺の高僧」  観光編V へ   第15日目へ

【本文関連情報
  
 

小生の旅と山旅  日本周遊紀行  世界遺産と鎌倉・湘南  日本周遊ブログ  日本周遊写真集T
日本周遊紀行:詳細目次
詳細目次(東日本)  信越・東北西沿岸 北海道T、世界遺産:知床 北海道U 東北・東沿岸 関東沿岸
詳細目次(西日本)  鎌倉・湘南 東海 近畿 四国 山陽 九州(北、西) 九州(南) 九州(東)  沖縄  
               山陰・北近畿  
北陸  世界遺産:紀伊熊野  宮島 石見銀山
【旅のリンク集】
旅の紀行・記録集
山の紀行・記録集 山のエッセイ
「旅行リスト」
日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (別URLです)

【日本の世界遺産紀行】 
北海道・知床  
白神山地 
紀伊山地の霊場と参詣道 
安芸の宮島・厳島神社  
石見銀山遺跡とその文化的景観 

ハワイ旅行2007
九州旅行2008
東北紀行2010
沖縄旅行2008
北海道道北旅行
北海道旅行2005
南紀旅行2002

古都鎌倉紀行
「山行リスト」 

立山、剣(天の記)(1971年)
白馬連峰登頂記(2004・8月)
北ア・槍−穂高(1968年)
上高地・明神(2008年)
南ア・北岳(1969年)
南アルプス・仙丈ヶ岳(1976年)
八ヶ岳(1966年)
八ヶ岳越年登山(1969年)
谷川岳(1967年)
尾瀬・燧ケ岳紀行(1973年)
丹沢山(1969年)
西丹沢・大室山(1969年)
西丹沢・檜洞丸(1970年)
丹沢、山迷記(1970年)
奥秩父・金峰山(1972年)
「上高地雑感」
「上越国境・谷川岳」
「丹沢山塊」
「大菩薩峠」
 


スキーの記録  
「スキー履歴」