2002〜2009



2009年7月11日
NOGさんはめでたく、32歳のオッサンになりました。
おめでとうございます。

ここに2002年からいままでの偉業をまとめてみます。

Presented by tamago


2002年4月 某会社へ入社



さっそく工場実習、
多くの人がしんどい思いをしているさなか、体力無限のNOGは余裕シャクシャクでライン業務をこなしました

2002年8月 ノベル登場
 ある日突然、オフロードバイク DJEBEL(ジェベル)250XC GPS ver.を買ってきたNOG。いま思えば、これが宮崎滑落隊のはじまりだったのかも

2002年9月 工場実習終了、各課へ配属
 そして、
白羽寮へお引越し 


317号 玉子
318号 NOG
320号 大佐

この部屋の並びが災いしてか、今後NOG企画のお遊びイベントに生き残るのはこの3名のみに。
通称 「白羽三バカトリオ」略して「白バカ」の誕生です



遊びに行く前の廊下は毎度このような様子。
写真奥から、大佐、NOG、玉子(カメラ撮影)

2002年 秋  このころ、「林道」、「押し」なる言葉が流行




ノベル号とノグチ

「林道」
なる遊び
バイクを転がし、無駄に体力を使う遊びが盛んでした

2003年3月 超お遊び部隊 「宮崎滑落隊」 誕生
 たくさんの人が入隊しましたが、
訓練の厳しさ遊びの激しさけが人の続出?から日に日に隊員が減少することに。。。



2003年8月 宮崎滑落隊 北海道の大地へ
 これがNOG企画 初の大型プロジェクトかも。
 このときすでに、”宮崎滑落隊の参加メンバーはNOGを筆頭とする「白羽三バカ」のみに。。。

 このころ、遊び企画名に
REAL WORLD、略してRWと名づけたNOG
 お仕事中はDREAM WORLDにいて、休日の遊びこそが真の姿REAL WORLDなのです



釧路湿原
(左から玉子、NOG、大佐)

進入禁止を無理やり突破→工事業者?がいた→わき道に逃げた→素晴らしい光景に感動




若き日のオッサン
どっかの山奥の温泉にて

2004年4月30日 NOG、富士山の樹海でバイクが嫌いになる



諸事情によりヘルメットがガードレールに挟まれたのですが

大変なのはアタマでなくて、ヒザの方でした

 これでもともと休日出勤でつぶれていたゴールデンウィークがいっそう素晴らしいものになりました

 このころからバイクは危険と気づき、NOGはこの遊びからじょじょに撤退してゆきます


2004年7月 伊勢・答志島・松坂 豪遊ツアー 自転車
 チャリンコ(自転車、ケッタという地域も)に目をつけたNOGはさっそくマシンを購入。
 玉子をひきつれ、浜松から三重まで豪遊ツアーにでかけました。



すぐに新しい遊びを見つけ出すNOG




この旅で最もうまかったのは、新鮮な海の幸でも、松坂牛でもなく、渥美半島のメロン

NOG結論
「炎天下、チャリンコをこぎまくったあとの冷えたメロンがもっともうまい」

ここに「メロン探検隊」が発足、毎年この時期にチャリでメロンを食べに行くことになりました


2004年8月以降 「山」 が流行る
 
このころ山に魅せられたかのように怒号の連続登頂を果たす
 
2004年8月28日 第一回 富士山登頂 (3776.224m)



富士山 5合目で記念撮影

2004年10月2日 涸沢 もみじ狩り (2309m)



パーティ4人分の荷物を一手に引き受けるNOG
理由は、”一人だけ大きいリュックを持ってるから”
約30kgだったらしい

この件に関して約1年後に屋久島で、ある宣言をするNOGでした


2004年10月18日 駒ヶ岳登頂 (2956m)



駒ヶ岳山頂にて


2004年10月25日 恵那山 1569m 登頂



隊長と大隊長
なぜかこのときの写真にNOGがいない?

2004年11月8日 毛無山 988m 登頂



登頂というより、バイクでやってきました?


2004年11月13日 チロル 標高測定不能、登頂??



”チロル”にはいけたのでしょうか?


2005年4月 かわいそうなノムニー事変
 NOGの超プラス思考を物語る逸話です



倉庫前においてた愛車ノムニー(ジムニー)をイタズラされる
タイヤパンク×4、ワイパーグニャグニャ、ナンバーマゲマゲ




一瞬凹んでたかと思いきや、

すぐさま気分転換
手に入れたてのロードレーサで

「このまま一日終わらしたらアカン!これで遊びにいくぞ!」

軽く何十kmか走って、



あぁ”〜 気持ちエエ〜

夕方にはノムニーのことはアタマにありませんでした



2005年5月1日 浜松→実家 チャリで帰る



休日出勤で夜に帰宅→2〜3時間仮眠→深夜2時頃 浜松スタート
実家兵庫の川西まで約300km以上を十数時間でこいだらしい

NOG曰く「ごはんさえ食べて、あとは眠くならんけりゃ、なんぼでも行ける」


2005年5月 ゴールデンウィーク 四国〜しまなみ街道



四国のおいしいもん巡り

このたび旅のポイントはやはり

しまなみ街道 60kmをたったの10kmだと勘違いしていたNOGと玉子

仕事があるので先に帰る大佐は、終電までに60kmを走破することに



2005年7月16日 御嶽山登頂 3000mぐらい?



階段とガレ場の多い道でしんどかった記憶しかないなぁ

2005年7月25日 メロン探検隊2005



2年目



メロンが去年の倍になってる



そしてこの笑顔

2005年8月 夏休み 屋久島・宮之浦岳



縄文杉へ向かうまで
確かにNOGは他の人より5kgほど荷物は重かったです
30kg?去年の10月の涸沢を思い出す

暑さと重さで意識を(ホンマに)失いかけてブツブツ独り言をつぶやくNOG

「これからは荷物はみんな平等や〜!男女も関係なしやで〜!」




誰もいない縄文杉の前で大の字で寝そべるNOG




2005年8月14日 宮之浦岳 1936m登頂
(ちなみにこの山域はユネスコ世界遺産、宮之浦岳は九州最高峰)




屋久島 最終日の夜

「この島は全部オレの島〜」

屋久島でガイドの仕事をすると言い出すNOG


以降、どこかへ旅するごとに、そこから帰りたくないと”オレ、ここでガイドする〜”と叫んでいました


2005年9月10日 白馬岳 登頂 (2932m)




大雪渓

山頂でスキヤキをするのがメインイベント
そんなことして喜んでいるのはもちろん、NOG達だけ
涸沢、屋久島の教訓から、
白羽三バカ NOG、大佐、玉子、全員平等な重量を背負うことに
約1名とびぬけて体重と体力が劣るヒトがいるのですが。。。



2006年3月 カナダ Whistler ヘリスキー

 屋久島まで遊びつくしたNOGは「もう日本から出なアカン」と意味不明な言葉を発し、手始めにちょっとだけ海外へ



ヘリコプタで新雪あそび

ボードとスキーを堪能

2006年5月 PERU マチュピチュ

NOG 「どこがええ〜?」
玉子 「マチュピチュなら行ってみたいかな〜」

即、決定。
この頃には、休みの2ヶ月前にはNOG企画イベントメールが届き
「どれがええか選んで」
という”行かない”選択肢のないメールが送られてくるのでした



マチュピチュ

5月4日ワイナピチュ(WAYANAPICCHU)2720m登頂
画像の右奥の小高い山です

そしてクスコ、ナスカ、チチカカ湖。。。

ここは良かったな〜


2006年7月13日 槍ヶ岳(双六岳)登頂 3180m(2860m)



雨だったそうです


2006年8月 夏休み アフリカ エジプト・ケニア
 エジプトは付属でメインはケニアのおっきな動物園



エジプト
ここでお腹を壊したNOG
このときNOGは「シシ・カバ・ブーのうち、ブーに当たった」と言ってました



壮大なスケールの野生大国

NOG曰く「日本の檻ん中でエサもらってるやつらとは、やる気がちゃうな〜」


2006年9月1日 第二回 富士山 登頂
 このときの登頂隊にはNOG参加せず
 NOG曰く、「富士山はのぼるのではなくて、見る山だ」
 下界で、みんなの帰りを待つのでした。


2006年9月 Real Dream World アメリカ、カナダ、メキシコ
 NOG初めての海外出張、自費でいかない、北中米うまいもん探しの旅を満喫


2007年3月 春休み タイボジア
 そういや、まだアジア行ってへんなぁ
 ちょっとでかけるか




タイ
いままでと違って、アジアっぽい雰囲気



カンボジア
アンコールワット

壁や柱には銃弾の跡がありました

地元の衣装、アオザイを着たコスプレお姉さん3人組がいました
NOG「あの白のアオザイのお姉さんキレイなぁ」
玉子 (うん、タバコ吸ってたけどなぁ、それに日本人やで、日本語やった)
NOG「ホンマ?聞こえたかな」


2007年5月 スパルタ お遍路part1
 
四国イベント第2弾はお遍路
 車・チャリンコ・歩きを駆使していけるところまで



ペース メーカー(ストッパー)がいないせいか、かなり厳しい訓練だったようです


2007年7月14日 大山1709.4m登頂
 どうも画像がみつかりませんでした
 NOGはすでに何回も登頂済みのはず


2007年7月29日メロン救助隊
 この年のメロン探検隊は救助活動がメインに



メロンを食べにいくも、「今年はまだ食べれるのがないです」と言わました

おまけに、メロン屋に到着するなり熱中症で倒れこんだ玉子
NOGはいったん寮に帰って車で戻ってくるはめに


2007年8月 エクアドル ガラパゴス諸島
 
他は?
 ダーウィンやろ
 ちょっとガラパゴスに行か



なぜか、ジョン・ペンバートン博士と一緒
アトランタでの乗り継ぎに間に合わなかったNOGと玉子は
航空会社の計らいでホテル1泊とオリンピック記念公園、コカ・コーラ ミュージアムの見学
飛行機に間に合った大佐だけは先にエクアドル入り



ご対面
でっかいカメさん
カメは長いこと生きまんねん...

カメ・トカゲ・トリ・ペンギン。。。いろんな出会いがありました


2007年11月4日 鈴鹿八耐 by チャリ



八時間をNOG・大佐・玉子の2.1人
(玉子戦力は0.1くらい)で走破

しょっぱなからディレーラ(変速機)のステーが折れるアクシデント発生
ペース配分がわからずすぐヘロヘロに


2007年末〜年明け2008年 冬休み 風の大地パタゴニアへ



トーレス de パイネ
大佐の新婚旅行 チリ パタゴニアへ専属カメラマンとしてNOGと玉子がついていきました

エアカナダの荷物ロストによってトレッキンググッズのない状態から始まった珍道中はなかなか楽しいものでした

NOG「ホンマに必要なモンてそないに、ないねん!」

それぞれの得たモノ、失ったモノは、今後の人生の糧となるでしょう

(結局、ロストした荷物とは帰国時に空港で再会できました)


2008年5月 ロンドン・ローマの旅 ママさんズ登場
 
このあたりで、お母ん連れてくか
 いましかないやろ
 欧州なら南米とかアフリカいく値段で二人分出せるで〜



NOGママ・玉子ママ登場
お母んの希望によりイタリア ローマ、イギリス ロンドンへ

玉子「アニマルおらんし、しんどいことないし、いつになくフツウの旅やったなぁ」

NOG「しいて言えば、今回の旅はお母んの存在がイレギュラかな


2008年8月 NOG 第1回 タイ単独紀行 ミャンマー国境越え?
 玉子お疲れにつき、NOG単独旅行
 タイで車を調達してミャンマーへ突撃

 確か、国境を越えた町には行ったはず





2008年10月9日 NOG 地球旅行ホームページを立ち上げる

 
会社を辞める玉子 → 時間いっぱい、お金はボチボチ
 会社を辞めないNOG → 時間ない、お金はOK

 NOG「時間あんねんから、世界一周航空券やろ〜 ええなぁ 無職は」
 玉子「そんなに行きたかったら、有休を全部つかったらえんちゃう?」

 有休+冬休みで2ヶ月の休みを確保したNOG

 NOG「さ、どこ行こうか?」

 玉子「えっ?僕も行くの??」
 

2009年12月27日 地球お散歩の旅


*セントレア→インド→ネパール*



エベレスト見学

2009年1月7日 ゴーキョ・ピーク登頂 5350m
(NOGのみ、玉子は高山病で予定通りダウン)



*香港・南アフリカ・ナミビア・ボツワナ・ジンバブエ・ザンビア*



カバ、ライオン、キリン、サイ、ダチョウ、シマウマ。。。
一部(ほとんど?)テント泊の旅



*スペイン→チリ*



イースター島 (イスラ de パスクア)

モアイと一緒に並んでみる




*コスタリカ*



スペイン語一週間集中講座、パナマ入国失敗、コスタリカ観光




2009年2月22日 58日間の旅行を終えて無事日本へ帰国


2009年5月 NOG 第2回 タイ単独紀行
 このときはカンボジア国境越えできたけど、カメラの電池忘れてタイにすぐ戻ったらしい






NOGデータ

2009年7月11日 香港にて 32回目の誕生日をむかえる


職業:遊び人
趣味:オモロイこと全て
テーマ:いかにしてウマイもんを食べるか

NOG語録
「経験上、思いついた時に出来ない事の80%再来年になってもできません」 
 NOGにツールド能登参戦を誘われ、玉子が「来年やろうか」って返した時の言葉、やる気がないことがバレたらしい。

「死ぬときにオモロかった〜って言えればええねん」
 「そんなんホンマにやったら、死んでまうで〜」とか言うと、こういう返しがくる。

「死ぬまでに稼いだ金を使いきらなアカン」
 「お金なくなるやん」「お金ないわ〜」とか言うと、こういう返しがくる。



今後の目標
地球一周の終着地、日本へ帰るときのセリフ
「エベレスト登れそうやな〜、来年登ろうか?その前に、軽くキリマンジャロ行こうか?」

ここまでくると冗談ではない気がします。


これからもどんどん楽しい遊びを見つけていくことと思います。

tamago