世界遺産
Mt.Kilimanjaro
周辺の花・植物

植物分布状況
キリマンジャロ山は、高度変化に応じて、Kilimanjaroの登りと同様,v植性と天候で北極から赤道まで旅行するかのようにエコ気候のユニークな組合せを支持します。 1800-2800mの間で雲雨林帯を通過し、2800-4000m主にムギワラギク、ロベリアとセネシオが見られる荒野であり。 4000-5000mの間は厳しい状況にまばらな植物を適応させるアルペン的な砂漠です。 頂上付近は一年中雪におおわれ年間を通して温度が氷点下の状況では植物が育たない。

 ※山行インデックスのページに戻ります
 ※画像をクリックすると拡大写真が見られます                        撮影=KW,YT,TM