2013  8  製作開始

 

u - MOUNTAIN STREAM

( ユー マウンテン ストリーム )

 

その名のとおり、これからご紹介しますモデルは、すべて 「 渓流専用 」 として設計、開発したモデルです。

止水域でも使用は可能ですが、特に威力を発揮するのは、

複雑に水が流れ、その勢いは早く、石も多い、滝も連発する、いわゆる 「 渓流 」 で使ってこそ、その真価が問われることでしょう。

 

昔から外国製品に多かった、「 シャッドプラグ 」 のデザインは、日本国内の渓流において、

特にベストなデザインになっているのではないか。

その有効性を確かめるべく、旧式のシャッドタイプに多いデザインを採用してあります。

 


 

< u - M S  4 S >

 

 

↑ 画像左から   グリーン2トーン   ワカサギ   オレンジアユ

 

↑ 画像左から   ウグイ   ギンクロ   ネイキッドブルーバック

 

小渓流から狭小な源流域でお使いいただける一本。

特に、そのような場所での使いやすさを重視して、シンキングのみのモデルです。

4cm と表示されていますが、実際は、4、3 cm くらいあります。

そのコンパクトボディをいかして、通常攻めている渓流がスレきった場合のダウンサイジング版として選択することも有効です。

また、小回りの効く泳ぎは、トレースコースが短いスポットでも、容易に通すことができます。

源流ファンの方々にはイチオシのモデルです。

 

 

u - M S   4 S  シンキング   約 4 cm   約 2,7 g   フックレス   定価 ¥3,800+消費税

 

* シングルフック装着での設定で泳ぎを調整してあります

 


 

< u - M S  5 F、S >

  

 

↑ 画像左から   グリーン2トーン   ワカサギ   オレンジアユ

↑ 画像左から   ウグイ   ギンクロ   ネイキッドブルーバック

 

渓流プラッギングの基本サイズ。

日本全国どこでも、この 5 cm が、もっとも凡庸性 の高いサイズと言えるのかもしれません。

フローティングモデルには、より多くの水を捕らえさせるために、トレブルフックを推奨します。

シンキングモデルは、より多くの自由度を与えるために、シングルフックを推奨します。

どちらかといえば、シンキングのほうが使いやすいのかもしれませんが、

「 どうしてプラグは流水の中で泳ぐのか?」 を理解するためにも、フローティングを最初に選択するのもアリ。

まずは渓流で最初の一本を、と、お考えの方には特にオススメのモデルです。

 

 

 

 u - M S  5 F  フローティング   約 5 cm   約 2,8 g   フックレス   定価 ¥3,800+消費税

  u - M S  5 S  シンキング   約 5 cm   約 3,3 g   フックレス   定価 ¥3,800+消費税

 

* フローティングはトレブルフック、シンキングはシングルフック装着での設定で泳ぎを調整してあります

 


 

< u - M S 6 F、SS >

 

 

↑ 画像左から   グリーン2トーン   ワカサギ   オレンジアユ

 

 ↑ 画像左から   ウグイ   ギンクロ   ネイキッドブルーバック

 

マニアなあなたには、この 6 cm からどうぞ。

川幅の広い渓流、本流上流域、または通常の渓流であっても 「 尺 」 に的を絞って攻めるには、このサイズも有効でしょう。

重量自体は軽いものの、空気抵抗がそれほどないように感じられ、比較的スムーズに飛ぶようです。

こちらも、フローティングタイプにはトレブルフックを推奨します。

シンキングにはシングルフックを装着させると、スローシンキングになる、という設定になっています。

プラグの性質を見るために、F と S を選択するのもアリですが、このモデルの場合は 「 フッキングの良し悪し 」

を考慮して、どちらのフックタイプを選択するのもアリ。

 

 

u - M S   6 F  フローティング   約 6 cm   約 3,5g   フックレス   定価 ¥3,800+消費税

  u - M S   6 SS  スローシンキング  約 6 cm   約 4 g   フックレス   定価 ¥3,800+消費税

 

* フローティングはトレブルフック、シンキングはシングルフック装着での設定で泳ぎを調整してあります

 


 

< u - M S  6 M >

  

 

↑ 画像左から   グリーン2トーン   ワカサギ   オレンジアユ

 ↑ 画像左から   ウグイ   ギンクロ   ネイキッドブルーバック

 

最もマニアな一本。

それまでのプラグに満足できないオタクなあなたは、きっとこの u - M S  6 M  の面白さに気付くでしょう。

もともとは、u - FEELINGS ( ユーフィーリングス ) シリーズの中にあったモデルですが、今回、改善点を加え、

渓流専用モデルとして生まれ変わらせました。

その改善点とは、従来の 6 M に、さらに耐久性を高め、リトリーブ抵抗を軽減し、またさらに流れの中での自由度も高めました。

リップが長いわりには、それほど強制的な潜行能力もないために、

通常のディープダイバーとは一味違った面白さと使い心地があるかもしれません。

 

 

 

 u - M S   6 M   サスペンド   約 6 cm   約 4 g   フックレス   定価 ¥3,900+消費税

 ( * サスペンドタイプは、スローフローティングになったり、スローシンキングになったりする場合があります )

 

* シングルフック装着での設定で泳ぎを調整してあります

 


 

 < CLEAR  WOOD  6 >

 

↑ 画像左から   黒アワビ腹白   黒アワビ腹オレンジ

↑ 赤アワビ腹オレンジ

 

6cmという規格が好きなクリアーウッドが、6cmにこだわった、当工房では最高級のモデル。

その形状は、かぎりなくシャッドに近いもので、背中にはシェルが埋め込まれているという、これも超マニアックな1本。

もともとは、こちらも u - FEELINGS ( ユーフィーリングス ) シリーズの中にあったモデルですが、

この度、新しく渓流専用として生まれ変わらせました。

渓流専用、とはいっても、このモデルは、やや大振りなウォブリングを発生し、、使いこなすのが、かなり難しいでしょう。

水深がたっぷりあり、流れが速い。かつ、障害物が少ない。そんな場所で使用するとトラブルも少ないでしょう。

相当の慣れが必要なので、要注意のモデルです。

 

 

 CLEAR  WOOD  6   サスペンド   約 6 cm   約 4,5 g   フックレス   定価 ¥4,800+消費税

 * 天然アワビシート使用のため、重量には、かなりのバラツキがあります。

 ( * サスペンドタイプは、スローフローティングになったり、スローシンキングになったりする場合があります )

 

* シングルフック装着での設定で泳ぎを調整してあります

 


 

< uk 5 >

 

↑ 画像左から   赤2トーン腹オレンジ   緑2トーン腹オレンジ

 

こちらも、 u - FEELINGS ( ユーフィーリングス ) シリーズからお引っ越し。

あの N 社長記念モデル ROOTS の原型にも使用した、渓流スタンダード規格の 5cm です。

複雑な流れの渓流では、もっとも使いやすいかもしれません。

ウォブリングも強く、感度の良いロッドとラインを使用すれば、ブルブルとはっきりした感触が得られるほどです。

それでいて、流水へのプラグのなじみ方は特筆モノ、と言う方もいらっしゃるほどです。

過去に人気のあった 「 2トーン 」 を復刻させました。

クリアーウッド ルアー初心者の方でも、安心してお使いいただけるほど、その使い心地は良好、と評判のモデルです。

 

 

uk 5   サスペンド   約 5cm   約 3,5g   フックレス   定価 ¥3,800+消費税

 ( * サスペンドタイプは、スローフローティングになったり、スローシンキングになったりする場合があります )

 

* シングルフック装着での設定で泳ぎを調整してあります

 


 

< カラーオプション >

 

↑ 画像左から   蛍光バック パーマーク   キンクロ

 

渓流では、特に、流れの中でのプラグの位置を把握させたいがために、

視認性の良い、蛍光色を背中に塗ったものや、

プラグの光の明滅( フラッシングの強弱 )が はっきりと捉えられる、キンクロなどを好む方々が多いようです。

それらの理由などから、お客様のお好みのカラーパターンがある場合は、ご相談に応じます。

( * そのカラーパターンによっては、ご希望に応えられない場合があります )

 


 

< トゥルーチューン >

 

 

当工房の商品は、全てスイミング調整済みです。

しかし、お客様のご使用になるロッド、ラインの強弱、または連結金具の種類などで、泳ぎが左右に傾く場合があります。

トゥルーチューンは、その泳ぎを修正するための行為です。

上の画像のように、親指と人差し指で、しっかりとリップを支え

プライヤーの先端で、ラインタイアイの輪の根元のみを曲げてください。

右へ反れる泳ぎは、左へアイを曲げます。

逆に左へ反れる泳ぎは、右へアイを曲げます。

 

 

↑ 上の画像のように、

ルアーのボディだけをつかんでアイを曲げると、リップそのものまで歪んでしまうので、

これは絶対に行わないでください。

また、アイを曲げる際にも、いきなりグイっと曲げるのではなく、少しずつ、ゆっくりと曲げるようお願いします。

 


 

< 開発ウラ話 >

 

 

u - MOUNTAIN STREAM ( 略して u - M S )シリーズは、特に渓流で使用することのみを前提として考えました。

それは、そもそも、

「 クリアーウッドのようなタイプのルアーの、渓流での使い方が、よく分からない 」

というお声を聞く事が多かったのが始まりです。

 

 たしかに、昨今の渓流ルアーフィッシングでは、クリアーウッドのようなダイビングタイプやシャッド形状のプラグは、

あまり好まれておらず、その使い方や有効性を紹介されている機会も少ないために、

よけいに渓流での使い方に悩む方々が多いのでしょう。

 

また、渓流ルアーフィッシング愛好家の方々は、渓流以外の他の釣りは、あまり嗜むことが少ない、とも聞く事が多いので、

そのルアーに、渓流以外に必要な性能を持たせた u - FEELINGS ( ユーフィーリングス ) シリーズ は、

渓流ファンの方々にとっては、何か曖昧な存在になっている、と気付き始めたのでした。

 

 

  u - FEELINGS ( ユーフィーリングス ) シリーズ が、曖昧な存在になっているならば、いっそのこと、

「 渓流専用モデル 」 を作ったほうが良いのではないか?

プラグに、よけいな性能を持たせることなく、渓流攻略に必要な性能だけを持たせてみよう、

そう考えて、私なりに、渓流のみに使用することを前提として専用設計することにしてみました。

 

 このダイビングタイプのプラグを、渓流で使う場合に、一番悩むであろう、そんなポイントに目を付け、テストを繰り返してみました。

特に水深が浅く、しかし水に勢いがあり、石がゴロゴロとしている落ち込み付近、それでいて、トレースコースは短い。

そういった、浅く、短く、複雑な流れは、ダイビングタイプは、たしかに苦手な場面が多いので、

そこをいとも簡単にトレースできるように、と、まずはそこから始めました。

 

また、チャラ瀬などの、何の変哲もない浅瀬も、ボトムにプラグがひっかからないことも最重要課題。

こういったポイントも、ストレスなく攻略できることも考えてみました。

 

さらに、、意外と難易度の高い、岩盤底のポケット攻略、そして流れが直角に曲がりあたるブッツケ、

そういった、とにかくトレースコースの短く、一発で勝負を決めなければならない場面でも、

容易に攻略できるように、と、さまざまな使い方でテストを試みてみました。

 

 

 これらのプラグは、水深さえあれば、比較的どんな渓相の河川でも、攻略することは可能です。

しかし、問題なのは、やはり、複雑さに富んだ浅い渓流での使用でしょう。

 

そんな、いろいろな場面でも、さまざまな使い方でも、容易に遊べるように設計してみたつもりです。

みなさんは、はたして、これで渓流を自由に攻略することができるでしょうか?