2017 5 31

 

 みなさん、こんにちは、製作部長の相方です。

 

今日は、天気予報では全国的に暑くなると言っていましたが、

なるほど、その予報通り、朝からすごく暑いです!

 

わたしたちも、今日は朝早くから商品のプラグのスイミング調整、

そして、ついでに次期新型のテストをしてきました。

 

商品用のプラグは、不良品の出ないよう最大限の注意をはらいながら

決められた泳ぎに設定し、そして次期新型のスイミングテストは、

一切の妥協を許さないよう、クリアーウッドの技術を総動員して行うので

たいへん神経を使う作業です。

 

こんなに暑い気候では、集中力も体力も持続しないので、

お水をたくさん飲んできたので、

今のわたしは、お腹がジャブジャブです( 汗 )

 

 

みなさんも、まだ夏には早いですが、

熱中症などにならないように、お気をつけてになってくださいね。

 

さて今日は、またまた渓翔さんからの

釣果報告をご紹介いたします。

 

そういえば、この「 渓翔 」さんというお名前は、

愛するご子息のお名前だそうですよ!

 

さて、その渓翔さんですが、

今回は、本流上流域へ行ってみたそうです。

 

山口屋釣漁具様限定モデル、MSW5を使用しての釣行だったようですが、

MSWは、後方重心なので、扱いが難しいプラグです。

 

それ故に、ルアーを操る事を楽しむ方や、

ロッドアクションをガンガン入れた攻めの釣りを好む方々には

好まれるプラグでしょう。

 

しかし!!!

 

このプラグは、完璧に操るだけの腕がないと

使いこなせるものではありません。

 

要するに、MSWシリーズは、湖、本流サイズから渓流サイズまで、

かなりの技術を持った、釣り上級者用のプラグ

と言っても過言ではないでしょう。

 

渓翔さんは、

「 沈下速度が速いので、やはり攻めの釣りを。

姿勢を直さずに、敢えてトゥイッチを入れたり、

ローリングさせたりしてみました 」

 

 

また、

 

「 ナチュラルドリフトさせながらのトゥイッチでも釣れました 」

 

 

と、渓翔さん ご自身なりの攻め方も駆使し、

たくさんのお魚を釣り上げたそうです!

 

 

地元いわき市の渓流では、

今年は釣れない、と言われている中、素晴らしい釣果ですね!

さすがです!

 

渓翔さん、お疲れ様でした!

 


2017 5 30

 

 みなさん、こんにちは、製作部長の相方です。

 

今日は、神奈川県在住のYさんから、

釣行旅行のご報告がありましたので、ご紹介いたします。

 

 

先日、九州の釣友達から、

「 五ヶ瀬川に本流ヤマメを狙いに来ないか 」

と、お誘いがあり、強行 五ヶ瀬川出撃してきたそうです。

 

 

「 クリアーウッドマグナムには、

カジカくんがスレガカリでしたが、

動きはバツグンで、魚が旅行に行っていなければ・・残念! 」

 

「 結果は、アタリ一回のみで、

アユ、カジカ、各2匹がスレで・・撃沈( 泣 )」

 

だったそうですが、

 

「 五ヶ瀬川の素晴らしさと人の温かさと自然の凄さが

少しでも分かっていただけたら幸いです。」

と、ご報告してくださいました!

 

 

「 九州の釣友達の車で、

福岡~熊本~宮崎と3県の景色を見て癒され、

自然の中では自分が小さく感じ、自然の偉大さを実感しました!

最高!!」

 

だったそうです!羨ましいですね!

 

 

宮崎で有名なグルメでもある、チキン南蛮も召し上がったそうで、

 

 

とても美味しいチキン南蛮だったそうですよ!

 

 

「 五ヶ瀬川 気に入りました!来年は、リベンジし鱒! 」

 

釣りの方は、残念な結果だったようですが、

五感も刺激され、九州を存分に満喫されたようですね!

 

Yさん、ありがとうございました!

お疲れ様でした!

 


2017 5 29

 

 みなさん、こんにちは、製作部長の相方です。

 

今日は、福島の影のドン、田村のKさんからの

釣果報告をご紹介いたします。

 

いよいよ季節も夏に向かって、雨も適度に降り、

いよいよベストシーズンに到来だというのに、

今年は渓流からの釣果報告が、あまりありません( 汗 )

 

放流量が安定している湖では、絶好調のようですが、

渓流は、一体どうしてしまったのでしょうね?

 

しかし、その渓流で、一方では、エサやスプーン、フライなどでは

かなり調子よく釣れているのだそうです。

 

これは、前々から懸念していたことなのですが、

動きが激しいクリアーウッドのルアーに、魚がスレてきているのでは・・・

 

その理屈で言えば、今後、ますますクリアーウッドのようなルアーでは

釣れなくなるのではないか・・・

と、ビルダー代表が気をもんでいます。

 

まぁ、そのために新型を出す必要があるのですが・・・

 

しかしそんな、こちらの心配をよそに、

福島の影のドン、田村のKさんは、

クリアーウッドの従来モデルで、たくさん釣っているようです。

 

 

この日も、バラシが多くて困った、というわりには、

ずいぶん釣っていますよ!

 

 

あまりの釣れなさに、渓流での釣りを諦めた、

と言っている方々が多い中、どうして田村のKさんは、

そんなにたくさん釣って来られるのでしょうね?

 

 

そういえば、田村のKさんのクリアーウッドのプラグの使い方って

「 とにかく、ナチュラルに流す 」

ということでしたね。

 

 

やはり、従来の激しい動きを演出させる「 アピール系 」よりも、

より自然に静かにルアーを流す「 ナチュラル系 」

を、魚達が好み始めている、といって良いと思います。

 

田村のKさんは、ずっと前から、すでにそのことを察知していたのでしょうね。

 

ちなみに、これは県外の激戦河川に通うお客様からお聞きしたことなのですが、

常に誰かに攻められているような釣り場では、

ルアーを激しく動かしてしまうと、ほぼ間違いなく魚は釣れないのだそうです。

 

それとは逆に、ダウンでリーリングしない程度の、

ノタノタ、フラフラ、と弱々しくルアーを流してやると

尺モノがよく釣れるのだそうです。

 

なんて事を書いても、誰も聞かないのでしょうけれど・・( 汗 )

 

そういえば、来月からまた、田村のKさんの「 只見川詣 」が始まるそうです。

また今年も、記録的な大物をたくさん釣ってくるのでしょうね!

 

田村のKさん、来月からまた頑張って来てくださいね!

お疲れ様でした!

 


5月26日金曜日から、突貫作業に入りますので、

その間、ホームページの更新はお休みさせて頂きます。


2017 5 25

 

 みなさん、こんにちは、製作部長の相方です。

 

今度は、またまた湖ネタです。

今年は、こちら福島では、みなさん湖に夢中になっています。

 

そして、先日は、

あの大物の神さんと、福島の赤い彗星、マグナムNO.3さんとペアで

今年、絶好調だという、栃木県は中禅寺湖へ行ってきたそうです。

 

 

前回、マグナムNO.3さんが、ここで大型のレイクトラウトを

MSW11マグナムで、釣り上げたり、

大物の神さんが、u - 11SLIM で

メタボレインボーを仕留めたり、

何かと調子のよい中禅寺湖だそうですが、

おそろしい話は、ここからです。

 

なんと、お二人とも個々に、時々ここへ釣りに来ているそうですが、

その度に、ものすごい数の大型トラウトの猛チェイスが

見られるのだそうです。

 

猛チェイスどころか、次から次へとプラグにヒットしてくるのだそうですが、

どういうわけか、そのどれもが喰いが浅く、

ことごとく、バレるのだそうです。

 

中には、80センチを超えるモンスタートラウトのヒットもあったそうですが、

不思議とバラしてしまうのだそうです。

 

この日も、大物の神さんとマグナムNO.3さん

二人とも、何十回も大型のトラウトの猛チェイスを見かけるも、

数回のバラシのみで終わる始末だったそうです。

 

しかし!!!

 

この猛チェイスは、大型トラウトだけでなく・・・

 

なんと、ワカサギまでもが、集団でプラグに襲いかかってくるのだそうです。

 

これは、ちょっと異常ですね。

ワカサギが、ルアーに襲いかかってくるとは、あまり聞いたことがありません。

一体、何事なのでしょう?

 

その証拠写真を、マグナムNO.3さんが撮ってくださいました。

ワカサギのサイズが9センチ前後だったので、

それに合わせて、プラグをMSW85 ワカサギカラーにしてみたのですが・・・

 

 

なるほど、本当にプラグに掛かってきてしまうのですね。

 

しかも、この画像、フロントのシングルフックが

プラグの頭の上に乗ってしまって、

まるで、このプラグが謝っているように見えるとか?

「 ワカサギ釣っちゃって、どうもスンマセン 」

って、言ってるみたいですね( 笑 )

 

そして、肝心の釣りの方は、

とにかく、大型トラウトの猛チェイスとバラシばかりで

一匹もキャッチ出来ない時間が続き、

これはどうしたものか、と、大物の神さんもマグナムNO.3さんも

頭を抱えてしまいます。

 

これといった打開策がないまま、時間は終了時間に近づいてしまいます。

 

すると、ここで、さらにまた魚の猛チェイスに拍車がかかり、

今度こそは、と、勇んでプラグをキャストした大物の神さんに、

待望のレイクトラウトがヒットし、これを無事キャッチしたそうです。

 

 

「 とは言っても、30センチくらいの小型だったのだが・・・ 」

 

 

た、確かにレイクトラウトにしては、ちょっと小型ですね( 笑 )

でも、全くキャッチできなかった、というよりは、

小型でもキャッチできて、とりあえず、めでたしめでたしですね!

 

 

「 でも、本当にこの魚の2倍、3倍もある巨大なトラウトが

たくさん追いかけてきて、次々にヒットしてくるんだ。

もし、それらをバラしていなければ、80センチを筆頭に

60センチクラスが、20~30本は、釣れていたと思うよ 」

( 大物の神さん談 )

 

「 本当に、この猛チェイスとバラシの多さは異常ですね。

これだけ活性が高くても、シビアなショートバイトなので、

うまくフッキングが出来ません。

でも、大物の神さんとおしゃべりしながら釣りをしていたので、

魚は釣れなかったけど、とても楽しい一日でした 」

( マグナムNO.3さん談 )

 

そうですね。

湖の場合、渓流と違って、二人横に並んで釣りをすることが出来るので、

会話をしながら釣りができる、という事も、

湖の楽しさのひとつですね。

 

大物の神さん、マグナムNO.3さん

本当にお疲れ様でした!

 


< お知らせ >

 

突然でたいへん申し訳ありませんが、

当ホームページの、作成ソフトの空き容量が満タンになってしまい、

更新できない状態にあるため、

「 クリアーウッド情報 」の「 2009年 ~ 2011年 」までを

削除させていただきました。

 

もし、この期間の画像をご希望だったお客様は、

当工房のパソコンにメールしていただければ、

その画像を送ります。

 


2017 5 24

 

 みなさん、こんにちは、製作部長の相方です。

 

今日は、クリアーウッドが、まだ全国デビューする前、

今から十数年前に、地元いわき市のショップ様からご購入して下さったルアーを

いまだに保管しておられる、という、渓翔さんからの

奇跡の釣果報告をご紹介いたします。

 

今年はなぜか、地元いわき市の渓流は、

どこへ行っても、釣れない、釣れない、

と、全員、口をそろえて言われているのですが・・・

 

渓翔さんは、主に、源流域での釣行がメインだそうですが、

本流中流~上流域にも、足を運ぶようになったそうで、

今回は、直感で中流域に行ってみたそうです。

 

 

すると、その直感が的中し、たった一時間の釣行で、

見事に釣果を上げることができたそうです。

「 ここ一番の大場所で、アップクロスでのトゥイッチングで

魚をじらして、完璧にスイッチをいれさせて、

完璧に狙って釣らせて頂きました 」

狙った魚は逃さない、という自信に満ちた釣行だったようですね!

 

そして、渓翔さんの凄いところは、ここからです!

 

渓翔さんは、夜勤のお仕事をしているそうで、

お仕事から帰ってから、ほんの数時間だそうですが、

釣りに出かけることが結構あるそうです。

 

次の日も、本流へ行ってきたそうで、

三時間位のショートゲームで、良型のヤマメと

見事に銀毛したヤマメと、

なんと、2本も釣り上げたのだそうです!

 

 

「 いわき市の渓流は渋いですが・・釣れましたよ。

写真一枚では・・と思い頑張ってみました 」

 

 

渓翔さんは、

「 釣りは、棒と糸と疑似餌。

いかに疑似餌に命を託すかが、アングラーとしての宿命です 」

という思想をお持ちだそうです。

 

なるほど。

渓翔さんの釣りに対する情熱が伝わってくるようですね。

 

そして、三日目。

「 今日も懲りずに、本流へ行ってきました 」

 

 

そして、またも良型のヤマメを釣ったのだそうです!

 

なんと、三日連続で、ご投稿をいただいたのであります!!

 

す、凄すぎます!

誰もが、釣れない、と連呼している中、

三日連続で・・しかもほんの数時間で・・

この釣果ですよ!

もはや奇跡としか言いようがありませんね!

 

いえいえ、奇跡などではなく、

渓翔さんの技術と戦略が、ずば抜けて素晴らしいゆえに、

この釣果をたたき出すことが出来たのでしょうね!

 

渓翔さん、三日連続での釣果、おめでとうございます!

そして、ご投稿、ありがとうございました!

お疲れ様でした!

 


2017 5 23

 

 みなさん、こんにちは、製作部長の相方です。

 

さて、ここ三日ほど、夜通しの突貫作業が続いて、

わたしの繊細な?お肌も荒れてしまい・・・

 

 

みなさん、ご存知のように、当クリアーウッド ルアー製作工房では、

ルアー製作だけで生計を立てています。

 

 

もっとも、その製作内容については、外注、受注、色々ですが、

そのへんは極秘ということで・・・

 

 

おかげさまで、こうして毎日忙しい製作の日々でありまして、

それもこれも、お客様や販売店様のご協力、ご支持の賜物であると

感謝している次第でございます。

 

さて、みなさん、トラウトルアーマンの方々は、

この「 ハンドメイドルアーの世界 」というものを、

よくご存知だと思います。

 

ルアーのデザイン、設計、などを自由に発想し、

木材を削り、一つ一つルアーを手作りしてゆく、というものです。

 

趣味の世界では、ルアーの手作りとは、たいへん楽しいものですが、

これが仕事となると、非常に難しくとても疲れるものなのです。

 

なにしろ、数十個、数百個、という単位で

期限までにルアーを作らなければいけません。

 

そういう場合、通常なら、少しでも製造の負担を減らすべく

各部品を部品加工業者さんに作ってもらったりするのですが、

当工房では、ワイヤーの一本一本から、わたしのが手作業で加工しています。

 

 

リップのプラスチック加工、ウエイトの金属加工、アルミホイルのアルミ成形、

目玉、木材加工、ほとんどの加工をわたしが担当しています。

 

 

これは、本当にたいへんな作業です。

 

同じ作業を毎日、何も考えないで手を動かすだけなら、

まだ楽なのですが、その時その時で、ビルダー代表から

「 ここの工程は、今日からこのように変更する 」

とか、

「 新しい材料を使うから、それに慣れろ 」

という、無茶苦茶な指示が出るので、毎回毎回、その新しい技術や材料に

チャレンジしなければいけないのです。

 

 

 

このクリアーウッドというルアーは、

ビルダー代表の、理想と欲求を形にしたルアーなので、

彼が、「 こうだ 」と決めたら、それに合わせて、

わたしがパーツを作るようになるのです。

 

また、それに伴って、毎晩作業が終わると、秘密の会議も開かれます。

 

 

これは、品質の向上やトラブルに対しての問題解決、

次期新型の性能などについて話し合うものですが、

いつも、ビルダー代表は、

「 ねぇ、これどうしたらいいと思う? 」

と、わたしにばかり答えを求めようとします。

 

 

あなたビルダー代表なんだから、自分で答えを出しなさいよ!

 

こうして、クリアーウッドの仕事は、自社、外注、問わず、

毎日、コツコツと進められてゆくのであります。

 

そんな工程を踏んで、出来上がったルアーを使用して、

みなさんが、たくさん釣ってくださっているわけですが、

そんな中でも、最近、ずば抜けて釣果を出されている方がおります。

 

それは、地元いわき市の渓翔さんです!

 

今年は特に、地元いわき市での渓流は、

どこへ行っても、釣れない、釣れない、と言われていますが、

それにもかかわらず、渓翔さんは、

奇跡のような釣果を上げていらっしゃるのです!!

 

 

明日は、その渓翔さんの釣果報告をご紹介いたします。

 


5月22日 月曜日は、突貫作業のため、

ホームページは、お休みさせて頂きます。


 

2017 5 19

 

 みなさん、こんにちは、製作部長の相方です。

 

今日は、新たにまたひとつ、

このクリアーウッドから、伝説が生まれようとしている

素晴らしい釣果報告をご紹介いたします。

 

その前に、ここでちょっとした豆知識。

 

ルアーには、そのサイズや重量、デザイン、などから

規格、基準みたいなものがあります。

 

これは、そのメーカーによってもバラバラなのですが、

とある「 A 」というルアーが、レギュラーサイズだとすると、

それよりサイズが小さくなると「 スモール( ベイビー )」、

それよりさらに小さいものを「 タイニー 」と呼んだりします。

 

逆に、その「 A 」よりも大きいものを「 マグナム 」

さらに大きいものを「 マスキー 」と呼んだりすることがあります。

 

また、その「 A 」よりも太った形状を「 ファットタイプ 」

逆に、細いものを「 スリムタイプ 」と呼んだりすることがあります。

 

通常わたし達が、

このトラウトルアーフィッシングにおいて使用するルアーの規格は

渓流だと、レギュラー~タイニータイプが多く、

本流や湖だと、

レギュラー~ファッツ、スリムのロングタイプが多く使われたりします。

 

一般的には、ルアーのボリュームが大きい

「 マグナムタイプ 」や「 マスキータイプ 」は、

バスやソルトウォーターなどで使われることが多く、

日本国内のトラウトルアーゲームでは、まず、

これらの規格が使われることはないでしょう。

 

しかし!!!

 

ここで、新たな伝説が誕生します。

それは、福島の赤い彗星、NO.3さん・・・

 

なのですが、ここで、この伝説を機に改名し、

「 福島の赤い彗星、マグナムNO.3さん 」

と、呼ぶことにしましょう!

 

さて、そのマグナムNO.3さん、

先日、栃木県は中禅寺湖へ出撃してきたそうです。

 

 

この日は、あいにくと、朝から雨が降り続き、

とても寒い一日だったそうです。

 

しかし、魚の活性は良く、

たくさんの魚がバシャバシャとライズを繰り返していたそうです。

 

今、この中禅寺湖では、

スプーンによるルアーゲームの実績が高いらしく

この状況下では、スプーンを使えば、たくさんの魚が釣れたに違いありません。

 

しかし、福島の赤い彗星、マグナムNO.3さんは、ここで

「 よし!クリアーウッドの MSW マグナム11を使ってみよう! 」

と、新たなチャレンジをしてみることを決心します。

 

 

これは、昨年、山口屋釣漁具さん限定モデルとして作ってみた

「 MSW マグナムシリーズ 」なのですが、

これを実際に手に取って見てみると、本当に大きいのです。

 

わたしたちが作った手前、こんな事を言うのもアレですが、

「 こんなに大きいプラグで、トラウトが釣れるのかな? 」

と、疑いたくなるほどハンパじゃなくデカいです。

 

しかし、マグナムNO.3さんは、

これを見たとき、

「 まさに、湖のミノーイングにはもってこいだ! 」

と、直感したのだそうです。

 

そしてこの日、この雨の中の中禅寺湖で

「 このマグナムは、必ず釣れる! 」

と、ワクワク、ドキドキしながら、このマグナムをキャストしたそうです。

 

そして、マグナムNO.3さんの予測通り、

強烈な衝撃とともに、

大物の予感をじゅうぶんに感じさせてくれるファイトを繰り広げます。

 

すると、案の定、大型のレイクトラウトが姿を現したそうです。

 

 

残念ながら、強い雨足と真っ暗な空間の中の撮影だったので、

画質があまり良くないですが、

70センチに迫るサイズは、

じゅうぶんに大型の部類に入ると言ってよいでしょう。

 

 

赤いアンバサダーに、フェンウイックのヘビーロッド、

そして、マグナムサイズのプラグの組み合わせは、

まさに、ビッグトラウトハンターにとって、マストなチョイスでしょう。

 

これ以上のマストアイテムはない、と言っても過言ではないでしょう。

 

ちなみに、今回使用したその山口屋釣漁具さん限定モデル

MSW 11マグナム。

 

 

よく見てみると、プラグのお尻に魚の歯形が付いていたそうです。

 

 

これぞ、「 男の勲章 」ですね!

 

 

男の勲章といえば、

ビッグトラウト仕留めたことによる指のキズも、嬉しい勲章です。

シャンプーする時に、このキズがシミて痛いのですが、

その痛みを感じる度に、あの大物との格闘を思い出し、

この痛みが続く間は、本当に嬉しい期間なのです。

 

それにしても、マグナムNO.3さんは、

よくやってくださいました!

 

今の日本の釣り場事情では、

ルアーには、より繊細さを求めなければいけないので、

男なら、チャレンジしてみたいと思うビッグプラグゲームも、

現実的には、かなり難しいと言わざるをえません。

 

そんな難しいとされるビッグプラグを使って、

ビッグトラウトを釣り上げる、という夢のような偉業を成し遂げた

マグナムNO.3さんは、

やっぱり

「 持ってる男!! 」

 

プラス

「 伝説を作った男 」にもなりましたね!

 

マグナムNO.3さん、おめでとうございます!

雨の中、本当にお疲れ様でした!

 


明日、5月18日木曜日は、突貫作業のため、

ホームページは、お休みさせて頂きます。


2017 5 17

 

 みなさん、こんにちは、製作部長の相方です。

 

今日は、クリアーウッドが、まだ全国デビューする前、

今から十数年前に、地元いわき市のショップ様からご購入して下さったルアーを

いまだに保管しておられる、という、

渓翔さんからのご投稿です。

 

渓翔さんは、先日、

地元福島県いわき市の渓流へ行ってきたそうです。

 

 

これは、とても綺麗なヤマメですね!

 

 

これも、なかなか良いサイズですね!

 

 

この辺のヤマメは、黒っぽい色の魚が多いので、

綺麗に発色しているヤマメは珍しいですね。

こんなに美しい色をしたヤマメを釣り上げてしまうとは、

さすが、素晴らしいですね!

 

 

前回、ご投稿頂いた時は、

「 どの魚をクリアーウッドで釣ったか、分からなくなってしまった 」

とおっしゃっていましたが、

今回のご投稿は、ルアーは写っていないものの、

すべてクリアーウッドで釣った釣果だそうです。

 

ここ地元いわき市の渓流は、不調続きで釣れないと言われている中で、

これだけ釣っているとは、凄いですね!

 

しかも、この渓翔さんが釣ったポイントは、

なんと、上級者の方々が通う場所らしいのです。

そんなところで、みんなが「 釣れない、釣れない 」

と、言っている中、渓翔さんだけが釣ってくるのは、

まさに、上級者の、さらに上の腕前だからなのでしょうね!

 

渓翔さん、素晴らしい釣果、おめでとうございます!

お疲れ様でした!

 


2017 5 16

 

 みなさん、こんにちは、製作部長の相方です。

 

そういえば、どうでもいい話なんですが、

以前、わたしたちが乗っていた車から、

違う車になっていたの、知っていましたか?

 

 

以前乗っていた、マニュアル車のセダンが、

ついに壊れたので、やむをえず値段の安い中古のセダンを

買うようになったのですが、

ビルダー代表が

「 俺は、マニュアル車のクーペかセダンしか乗らない 」

と、ダダをこねるので、仕方なく、そういう車を買いました。

 

今度のセダンのマニュアルトランスミッションは、

なかなか速いらしく、ビルダー代表が

「 これなら満足 」

と、ほざいてますが、わたしは、ちょっと恐いです (^^;)

 

しかし、この今回買ったセダンが、まだ乗って間もないというのに、

フロントガラスが、飛び石で割れてしまいました( 汗 )

 

車両保険で直そうと思ったのに、

ビルダー代表が入っている保険には、

これは、適用されなかったので、

やむをえず、自腹で修理することになってしまいました( 泣 )

 

そんな話は置いといて・・・

 

この車のシフトレバーの近くを見て、何気なく思ったのですが、

この車くらいの年式には、シガーライターソケットや灰皿が

標準装備されていましたよね。

 

これは、車を造るにあたって、

「 車内でタバコを吸う 」

ということが前提で作られている、ということですよね。

 

たしかに、昔はタバコを吸うのは当たり前、

というような風潮もありましたが、

今では、このタバコは有害極まりないものとして、

禁煙社会になっています。

 

すると、今の車って、このシガーライターソケットは、

あるのでしょうか? ないのでしょうか?

 

今の車は、タバコに火をつけるためのライターの構造ではなく、

電気機器などの充電などに使うためのものになっていますよね?

 

また、マニュアルトランスミッション、という方式も

すでに時代遅れらしく、CVT(←?)や電子マニュアル(←?)

が、スポーツカーのトランスミッションの主流だと聞きます。

( そんなこと言われても、さっぱりわかりませんが・・)

 

すでに、このマニュアル車やシガーライターソケットは、

時代に合わないものとして、次第に姿を消していくのでしょうが、

ごく少数の方々の中には、

「 これがいい 」

と、未だに愛用している方もいらっしゃると思いますが、

修理や部品交換などの面で、今後、どんどん困ることになるのでしょうね。

 

でも、これも仕方のないことなのかもしれませんよね。

 

やはり、ある程度は時代に追いついていかないと、

健康面や経済面、その他 諸々の面で、

日常生活が不便になることもあるので、

今の時代を理解する、ということも、とても大事なことですね。

 

当クリアーウッド ルアー製作工房も、

いつまでも、古い考え方や価値観に縛られていては

いけないのかもしれませんね。

 

時代に合った考え方や価値観を取り入れながら、

クリアーウッドらしく

進化していくことも、大事なのかもしれませんね。

 


2017 5 15

 

 みなさん、こんにちは、製作部長の相方です。

 

今日は、九州は佐賀県在住、ピザ職人さん

からの釣果報告をご紹介いたします。

 

ピザ職人さんは先日、自家用キャンピングカーで、

10時間もかけて、

佐賀県から福井県へ行ってきたそうです。

 

福井県といえば九頭竜川ですね。

サクラマスで有名な河川なので、

当然、サクラマスを狙って行ったのだそうですが、

残念ながら、バラシに終わったそうです。

 

しかし、そこは転んでもタダでは起きない、

ピザ職人さんですので、

しっかり尺イワナを釣り上げたそうです!

 

 

Y - 75を使用しての尺イワナは、さすがですね! 

 

しかし、こちら福島県では、

サクラマスがいる所にまでは、イワナはいないのですが、

さすが大河川の九頭竜川ですね!

 

 

そして今日、佐賀県の近所の川へ行ってきたそうで、

これまた、たくさんのヤマメを釣ってきたそうです!

 

さすがピザ職人さんですね!

す、凄すぎます! 

 

 

ピザ職人さんも、ルアーを製作していますが、

そんなピザ職人さんから「 クリアーウッドはよく釣れる 」

と、言って頂けて、とてもありがたい事です。

 

 

そういえば、九州のヤマメは、本州のヤマメに比べて

体が赤いような気がするのですが、

それは、九州のヤマメはサワガニを捕食しているからなのでは、

と、ピザ職人さんが教えてくださいました。

 

カニとかエビとかバッタを食べている魚は、

本当に体の色が赤くなるのですね!

 

こちら福島県いわき市の魚は、

体が黒いのが多いのですが、

クモとかアリを食べているからなのでしょうかね?

 

そういえば、ピザ職人さんは、

ルアーを製作する期間を、

メチャクチャ早くする方法を見つけたそうで、

ほんの数日間で、美しいハンドメイドミノーが仕上がってしまうそうです!

 

その秘密は、○○にあるそうですが・・・

 

うちもそんな技術がほしいですね・・・

 

ピザ職人さんのミノーが気になる方は、

赤い窯のピザ屋さん、で検索してみてください。

 

ピザ職人さん、2回とも、とても素晴らしい釣果、おめでとうございます!

お疲れ様でした!

 


2017 5 12

 

 みなさん、こんにちは、製作部長の相方です。

 

只今の更新時間は、夜の10時になってしまいましたが・・・

 

今週のトリを務めてくださるのは、

あの鐘を鳴らす釣り人、BELLさんです。

 

BELLさんを含め、今、ここ福島県では、

ちょっとした「 湖ブーム 」になっているようで、

先日、BELLさん達が行ってきた、

福島県内にある巨大天然湖、猪苗代湖の写真を送って頂きました。

 

 

正面に見える山が、

福島県のシンボルである「 磐梯山( ばんだいさん )」です。

 

山の頂上が、二つあるように見えますが、

これは、明治21年に噴火した時に、山の頂上付近が爆発して吹き飛び、

それで、この形になったのだそうです。

 

磐梯山と猪苗代湖は、ここ福島県を代表する有名な観光スポットですから、

ここで竿を振るのは、とても気持ちのいいものがあります。

 

 

そうは言っても、ここ猪苗代湖では、巨大なトラウトがたくさん生息する反面、

湖岸にこれといった変化もないため、よほど風向きが合わないと

魚に巡り合えるチャンスはまず、ありません。

 

それでも、その釣れない時間の長さも、

仲の良い釣り友達と一緒であれば、楽しい事この上ありません。

 

 

そうは言っても、釣れない、釣れない、と言っていながら、

突然のタイミングでビッグトラウトがヒットしたりするので、

タックルや気持ちには、万全の準備をしておかなければなりません。

 

 

対大物用としては、ベイトタックルは、

まさに打ってつけ、と言ってよいでしょう。

 

 

そしてBELLさん、

果敢にもクリアーウッドで攻め続けてみたそうですが、

残念ながら、BELLさんを含め、

参加者全員、撃沈だったようです・・・

 

しかし、こんな事くらいでメゲていてはいけません。

湖では、一度や二度のボウズなど、当たり前なのですから。

 

それに、湖のミノーイングは、

来月中旬くらいまで期待できますし、

メタルジグやスプーンを使えば、

9月いっぱいまで、じゅうぶんに期待できます。

 

次回、この湖において「 ビッグトラウトが釣れたよ 」

と、報告して下さるのは誰でしょうね( 笑 )

 


2017 5 11

 

 みなさん、こんにちは、製作部長の相方です。

 

今日は、福島の影のドン、田村のKさん

からの釣果報告をご紹介いたします。

 

 

田村のKさんは、連休中に何度か渓流に行ってきたそうで、

とても嬉しい事に、3回もご投稿してくださいましたよ!

本当に、ありがとうございます!

 

 

行けば釣れる、田村のKさんですが、

連休初日にして、まずまずの釣果をあげることが出来たそうです。

 

 

後日、朝、少し時間があったので、早速川へ行ってみたそうです。

 

 

すると、さすがゴールデンウイークで、

先客が居て、なかなか入れる所がなく、

普段はあまり入らない所に入ったそうです。

 

 

 ところが、

 

「 結構釣れましたよ! でも、たくさん釣って撮ったはずの写真が、

なぜか2枚しかありませんでした?」

と、首をかしげる、田村のKさんなのでした。

 

そして、最終日。

 

 

「 渓流も、さすがにゴールデンウイークのハイプレッシャーで、

一度のチェイスで釣らないと、二度目のチェイスはないですね。」

 

 

と言いながらも、しっかり釣果を上げた、田村のKさん。

この日は、疲れもあって、早めに終了したそうです。

 

さすが! 素晴らしい釣果ですね!

3回行って、3回とも釣ってしまうなんて・・・

いつでも行けば釣れる、田村のKさん伝説は

ずっと健在ですね!

 

そして、田村のKさんは、このゴールデンウイーク中の結果に満足したようで、

「 後は、レイクかな? 」

と、早くも次の目標を決めたようです。

 

田村のKさん、おめでとうございました!

お疲れ様でした!

 


2017 5 10

 

 みなさん、こんにちは、製作部長の相方です。

 

今日は、県内で最も地獄を見た男、南相馬市のO.Kさん

からの釣果報告をご紹介いたします。

 

O.Kさんは、3月から本流サクラマスを追いかけて、

そこでも、大型のサクラマスを釣り上げたそうですが、

渓流を始めたのは、つい先日だったそうです。

 

渓流までは、かなり遠いので、

釣りを始めたのは、夕方になってしまったそうで、

薄暗くなるまでの一時間だけロッドを振ったそうです。

 

↑ ( え? これ、流れ星? )

 

ヤマメを何匹か釣り、

9寸のヤマメをあげたところで撤収したそうです。

 

 

「 久々の渓流も楽しかったですね!

お気に入りのカラーで釣ったので、気分もさらによかったです。」

 

 

「 ヤマメも天然物っぽい魚体で、やはりこういった魚がいいですね 」

 

 

と、久しぶりの渓流釣りを、満喫されたようですね!

 

それにしても、たった一時間で、

何匹ものお魚を釣り上げてしまうとは、

さすが! 素晴らしい技術をお持ちですね!!

 

O.Kさん、おめでとうございました!

お疲れ様でした!

 

 

ところで、わたし製作部長の相方が、みなさんに釣果報告を送っていただけるよう

お願いしたところ、たくさんのお写真を送っていただきました。

( ま、たまたま連休中だったから、だと思いますけど (^^;) )

みなさん、ありがとうございます!

 

 

 

このホームページを更新するにも、みなさんからの釣果報告を掲載することが

一番楽しくさせてくれるので、

まだまだ、もっといっぱい送ってくださいね (^_-)-☆

 


2017 5 9

 

 みなさん、こんにちは、製作部長の相方です。

 

今日は、多摩川ナマズ普及委員会、改め、

ONES FAVOLITE TIMEさん

からのご投稿をご紹介いたします。

 

ONES FAVOLITE TIMEさんは、

ご子息に、「 ゴールデンウイークにどこか行きたい所は? 」

と、尋ねたところ、「 某管理釣り場に行きたい 」

とおっしゃったそうで、行ってきたそうです。

 

ONES FAVOLITE TIMEさんは、

アミューズメントやテーマパーク、

または、本流もいいかな、と思っていたそうですが、ご子息は

「 先日の釣りで、大型のニジマスをバラシてしまったので、そのリベンジをしたい 」

と、おっしゃったそうで、

ご子息の意志を尊重して、リベンジに行く事にしたそうです。

 

ストリームエリアの見えてる大型のニジマスにリベンジを、

と、ご子息に攻め方を教えたそです。

何回もミスバイトに苦しんだご子息だそうですが、

 やっと、それなりのニジマスを捕らせることができたそうです!

 

 

「 息子も、珍しく雄叫びを上げながら、私とハイタッチしました! 」

と、ONES FAVOLITE TIMEさんも、ご子息も、

かなりのアドレナリンが放出されたそうです。

 

その後、あと数本を交えて、

「 私も魚と遊んで貰えてよい休日になりました! 」

 

 

と、たいへん満足した一日になったようですね!

ご子息も、この出来事が、とても楽しく、良い思い出になり、

忘れられない一日になったことでしょう!

 

「 蛙の子は蛙 」と言いますが、

まさに、ONES FAVOLITE TIMEさんの

釣りへの情熱が、ご子息に、しっかりと引き継がれているようですね!

 

ONES FAVOLITE TIMEさん、そしてご子息、

おめでとうございました!

 

お疲れ様でした!

 


2017 5 8

 

 みなさん、こんにちは、製作部長の相方です。

 

ゴールデンウイーク中は、

みなさん、いかがお過ごしだったでしょうか?

 

ゴールデンウイークも終わり、

今日からお仕事、という方々、

休み疲れが・・という方もいらっしゃるでしょうが、

今日からまた、頑張って参りましょう!

 

 

今日、パソコンを開けてみたら、ありがたい事に、

連休中に釣りへ行ってきた、という方々からの

釣果報告が、続々と届いていました!

みなさん、本当にありがとうございます!!

 

今週は、みなさんからの釣果報告を、ご紹介いたします。

 

今日は、福島県在住、渓に潜む青い虎、

Tお父さんからのご報告です。

 

GWの真っ只中に、今シーズンの解禁を迎えた、

というTお父さん。

ほぼ一年ぶりのホームリバーは、

足跡だらけの上、バラシも多かったという事ですが、

何とか数匹キャッチ出来たそうです!

 

 

「 やはり川に立てるのは、楽しいですね!」

と、短い時間ではありましたが、

とても、楽しい釣りになったそうです。

 

詳しい事は、Tお父さんのブログに

掲載されていますので、ご覧になってみて下さいね!

 

渓に潜む者の話

 

2017渓流釣行第1日目、第2日目...

 

また、今回は動画も撮影されたそうですので、

ぜひ、ご覧下さい。

( 画像ではなく、その下の URL をクリックしてくださいね )

https://youtu.be/f7GSGRPzJhs

 

https://youtu.be/vz6rrh88nYU

 

 

キャストからキャッチするまでの臨場感溢れる様子や

撮影風景など、すごくよく出来ている動画ですよね!

 

Tお父さん、お疲れ様でした!

 


2017 5 4

 

 

 みなさん、こんにちは、製作部長の相方です。

 

ゴールデンウイークも、残り数日となりましたが、

みなさん、存分に釣りに行くことが出来たでしょうか?

 

家族サービスでテンテコ舞いだ、

というお父さん方は、本当にお疲れ様です。

 

さて、この連休中に、もし、楽しい釣りができて、

写真を投稿して下さるお客様がいらっしゃいましたら、

わたし、製作部長の相方の携帯メールにお送り頂いても大丈夫なのですが

( その場合、わたしが当日中に返信できますよ )

出来れば、画素数の多いお写真だけは、クリアーウッドのパソコンのメールに

お送り頂けると助かります。

 

クリアーウッド ルアー製作工房 PCメールアドレス

clearwoodbalsashad@ybb.ne.jp

 

製作部長の相方の携帯メール

yuko.fufufu-515@softbank.ne.jp

 

 

みなさんからの釣果報告、

ビルダー代表とともにわたしも、とても楽しみに

お待ちしています!

 


2017 5 2

 

 みなさん、こんにちは、製作部長の相方です。

 

明日から、ゴールデンウイークだという方々も

いらっしゃる事と思います。

お出かけされる方は、無事故で、

みなさん、有意義な連休を楽しんでくださいね!

 

ゴールデンウイーク中も、お仕事だという方々、

その大変さは、よくわかります。本当にお疲れ様です。

 

当工房も、製作の方は、休みなしで進めていきますが、

ホームページの更新やパソコンメールの返信などは、

5月7日まで、お休みさせて頂きます。

 

なお、お急ぎのお問い合わせやご連絡などは、

わたし相方の携帯メールにご連絡下さい。

できる限り、当日中に返信させていただきます。

 

さて、ここのところ多忙な毎日で、

ビルダー代表もわたしも、イライラ、カリカリ、していて、

ちょっとした事でも、お互い不機嫌になってしまうありさまなのです・・

 

普段だったら、聞き流してしまうような

何でもない事に、過剰に反応してしまい、

一触即発の状態になってしまいます。

 

こんな状態では、いい物を作ることなどできません。

 

これはマズイ・・・

と、お互いに思っていても、

忙しさのあまり、相手を思いやるという余裕がないのです・・

 

そんなある日、

ビルダー代表が、一服のためベランダに出たと思ったら、

手招きするので、わたしも出てみたら、

 

 

とても綺麗な虹が出ていました。

 

しかも、半円形の素晴らしい虹でした!

写真では、わかりにくいかもしれませんが、

まさに、レインボーブリッジとは、これだ!

というような虹が、空一面に掛かっていて、

ビルダー代表もわたしも、

こんな立派な虹は、生まれて初めて見たので、

消えるまで、ずっと眺めていました。

 

虹が消える頃には、お互い笑顔になっていて、

また相手を思いやるという気持ちになる事ができました。

 

とても感動的で癒された、数分間なのでした。

 

自然に感謝!

 


2017 5 1

 

 みなさん、こんにちは、製作部長の相方です。

 

早いもので、今日から5月ですね。

 

既に、ゴールデンウイークに入っている方も

いらっしゃる事と思います。

 

また、当工房のように、

お仕事をされていらっしゃる方は、本当にお疲れ様です。

 

さて、今日も念願のご投稿が届いていますので、

ご紹介いたします。

 

福島の影のドン、田村のKさんからの

ご報告です。

 

田村のKさんがお住まいの地域にも、

やっと春が訪れ、暖かい日もあるそうです。

 

田村のKさんが釣りに行かれた日は、

とても暖かく、

「 暖かくて水も少しぬるんだかな?」

 

 

と、水温も少し上がったようで、

釣りには最適だったそうです。

 

 

「 魚も、かなり姿を見せてくれました 」

 

 

と、本当にたくさんのお魚達と出会い、

たくさん釣ることが出来たそうです!

 

田村のKさん、おめでとうございます!

 

しかし、行けば必ずと言っていいほど釣果がある

田村のKさん! さすがですね!

 

熟練の技と、鋭いカンをお持ちの

田村のKさんだからこその釣果なのでしょうね!

 

田村のKさん、お疲れ様でした!

 


 

2017 1月情報  2月情報  3月情報  4月情報

 

20162016 1月情報  2月情報  3月情報  4月情報  5月情報  6月情報

7月情報  8月情報  9月情報  10月情報  11月情報  12月情報

 

 

2015 1月情報  2月情報  3月情報  4月情報  5月情報  6月情報

7月情報  8月情報  9月情報  10月情報  11月情報  12月情報

 

 

2014 1月情報  2月情報  3月情報  4月情報  5月情報  6月情報

7月情報  8月情報  9月情報  10月情報  11月情報  12月情報

 

 

2013  1月情報  2月情報  3月情報  4月情報  5月情報  6月情報

7月情報  8月情報  9月情報  10月情報  11月情報  12月情報

 

 2012  1月情報  2月情報  3月情報  4月情報  5月情報  6月情報

7月情報  8月情報  9月情報  10月情報  11月情報  12月情報

 

 

HOME