爽やかな風が吹いていました
薪を拾ってます
囲炉裏では本物の消え残りでした
眩しいと言ってます
のどかな風景です
お土産を迷って迷って日が暮れる
さすが飛騨牛、高くて少ない

 高ソメキャンプ場

白樺の向こうは釣り池
飛騨牛の牛乳
鐘も撞かせてもらえます
定番のソフトクリーム
お土産(飛騨牛カレー、せんべいなど)
焼き草もち、一個百円
庭園からの松本城
「さるぼぼ」という土産物がメインキャラクター
柱や梁の太さがスゴイ
代々続いて来たのでしょうねえ
二階三階は蚕の部屋です
久々の家族写真
きれいな山を見てるとスッキリします
悲しい物語ですよね

お昼は信州そばでした

宿泊も出来る温泉施設「ひらゆの森」

朝食は、(豪華な)スープと(豪華な)フランスパン

一人だけラーメンを食いたいとの事
さすがにGWは混みます
久々のキャンプの朝
3日間で500円分のおやつ
夏の緑も綺麗だろうなあと思います
火を熾すと言ってガスバーナーを使っています

松本城は姿、色、たたずまいが美しい

松本城には独身の頃、来たのです

07’5月3日〜6日の3泊4日で高ソメキャンプ場へ行ってきました。
朝6時に中央高速の13キロ渋滞に無理やり参加して長野県松本市に着いたのは
思ったより早く、9時過ぎ頃でした。 松本城を見学し、市内のスーパーで食料を買い、
R158号線を岐阜県に向かい、途中の道の駅「風穴の里」で昼食を取りキャンプ場に
着いたのは、チェックインの時間より1時間早く午後2時でした。

4日(金)は、キャンプ場から車で1時間位の所に奥飛騨温泉郷があり、一番手前にある
平湯温泉の中の「ひらゆの森」という入浴施設で、朝からゆっくり湯につかりました。
昼も施設内のレストランで蕎麦を食べ、その後キャンプ場に戻って場内の散策をしました。
乗鞍岳も真っ白く、綺麗でした。日が沈む頃は、さすがに平地と違う寒さを感じました。

5日(土)は、高山市で観光客になりきってきました。 行きは野麦街道を通り、途中
「あゝ野麦峠」の碑がある「野麦峠の館」で一休みして高根町まで降りたのですが、
この道は、きついカーブが多く、運転手も車酔いしそうでした。
高山市内に着き、『飛騨の里』という古民家を移築した民族村に行きました。
文化財を見て回った後、お土産屋さんで思いの外、時間をつぶしてしまい、
お昼を食べ終わったら帰る時間になってしまい、他に何も見学できませんでした。
高山駅周辺の道は、様々な所から来ている車で渋滞して,ごった返していました。

6日(日)の明け方から雨が降り始め、終日 雨という天気予報だったので
ゆっくり片付けて、早めに撤収しました。中央高速に乗った時には、激しい雨の為
50キロ規制になっていました。 最後の日だけを除けば、3日間とも良い天気だったので
まずまず良かった、と言いたいところですが、帰ってからのメンテナンスが大変です。

道の駅で団子をひとつ買って皆で食べる
それぞれの朝食
行者にんにくのお浸しを食べてます
これは初日の写真でした

これから水芭蕉が満開になります

6日、キャンプ最終日は雨の中の撤収でした

みずばしょお〜の花が、咲いてる〜♪

飛騨牛の朴葉焼きとステーキ

お土産やさんが二軒並んでいました

見事な作りの模型でした

立派な五月人形の壇飾り

なんと立派な茅葺でしょう。

写真を撮ってもらいました

「野麦峠の館」の屋上から見た乗鞍岳

「あゝ野麦峠」の碑

片時も手放さないのは、おやつの袋〜♪

天体観測ドームからキャンプ場を見下ろしました

サイトの周りは白樺の木が多かったです

天守に辿り着くにも急な階段を渋滞してました