やまのこ規約

呉山の会


[呉勤労者山の会](山の子)規約

 

第1条       本会は呉勤労者山の会(山の子)と称し、事務所を会長宅に置く。

第2条       本会は広島県勤労者山岳連盟(以下県連)に所属する。

第3条       本会は登山を通じて各人と親睦を図り、登山技術の向上を目指すとともに、健康な身体と健全な

精神、文化の向上を図り人生を楽しむ事を目的とする。

第4条       本会は前条の目的を達成するために、次の事業を行う。

@     月1回以上の定例山行

A     月1回以上の集会

B     月1回以上の機関紙「やまのこ」の発行

C     登山研究会の開催

D     他山岳会及び諸グループとの交流

E     その他目的遂行に必要な活動

第5条       本会は呉市近郊に居住し、登山を楽しみとし、登山をこよなく愛する人を会員とする。

@     希望者は自由に会員となることができる

A     会員は会費納入及び目的達成のための事業に参加する権利と義務を持つ

B     会員は自由に本会から脱会できる

第6条       本会は次の役員をおく

  会長、副会長、事務局長、山行部長、女性部長、会計監査、県連理事、

  その他必要あるときは、副部長等を置くことができる。兼務も可とする。任期は1年とする。

第7条       本会の経費は以下の費用を持って当てる。会計年度は4月に始まり、翌2月迄とする。

@     入会金(別途定める)

A     会費(別途定める)

B     事業収益

C     寄付金

第8条       総会は毎年年度初めに定期総会を開くものとする。必要あるときは臨時に開くことができる。

    総会は会員の半数以上(委任状を含む)を持って成立し、出席会員の過半数にて決議する。

第9条       定期総会は次の事項を審議する。

@     事業報告、事業計画

A     会計報告、予算案ならびに会計監査報告

B     役員改選、規約等の改廃、その他本会の運営上必要な事項

第10条 会の運営に当たって軽微な事項については、第6条の役員の合意によって遂行できるものとする。

第11条 会員には遭難対策基金へ1口以上の加入を義務付ける。同じく岩場などへの山行には5口以上の加入を推奨する。


[呉勤労者山の会](山の子)規約(付則)

付則 1.@ 1968年6月18日を持って、この規約を発足する。

A       1968年12月15日、1969年11月30日、1970年12月20日、1972年

10月6日、1974年6月16日、1975年11月16日、1983年4月 各一部改改定する。

B       平成18(2006)年4月2日 全面改定する

 C    平成21 (2009) 年 4月5日 第6条の一部を改定し、第11条を追加する。

 D    平成^22 (2010)  年 4月4日 第6条の一部を改定する。

付則 2.第7条の費用は次の通りとする。

     入会金  1,000円

     会費   500円/月 年度初めに一年分を一括納入とする
                 
                 家族会員の2人目からは会費を半額とし、250円/月とする。

     事業収益 事業を行った時の余剰金

 

付則 3.山行規定

@     山行計画は定期総会にて、1年の予定を承認するものとする

A     山行計画はみだりに変更してはならない

B     山行計画書は山行予定日の前々月の20日までに提出すること

C     山行後は山行報告書を速やかに提出すること

 

平成20年度 役員

  会長      市野 博志    (機関紙担当) (県連理事)

  副会長     荒川 邦雄 

  山行部長    土江 慶一    

  女性部長    山本 敦子    

事務局長       部谷  正人        (会計、遭難対策基金、一般事務担当)

会計監査    川又 昭、  兼平 頼幸