明石山の会    明石市西新町1丁目3−4 

日帰山行報告書 

 

運営委員会 

山行部 

担当者 

松本 

日程 

2018617日(曜日) 

提出年月日 

2018624 

山域 

奈良 

歩行 時間 

7  時間  分 

山名 

三輪山(467m)と山の辺の道 

天   候 

   晴れ 

 

 

交通機関 

行き 明石7:04ー新快速ー7:43大阪:55ー環状線ー8:09鶴橋8:18ー近鉄急行ー 

   8:55桜井9:06ーJRー9:09三輪 

帰り JR長柄駅16:40ー天理ー近鉄ー平端―急行ー大和西大寺ー難波ー尼崎ー 

    阪神三宮ーJRー19:24明石 

 

 

登山コース 

 及び 

コースタイム 

    

 

三輪9:10…9:20大神神社9:40…9:50狭井神社10:00…三輪山登拝…12:00狭井神社 

…13:00茶店(昼食)…桧原神社…相撲神社15:00…景行天皇陵…崇神天皇陵… 

長岳寺…念仏寺…16:20長柄駅 

 

 

 

メンバー 

    

No 

氏   名 

No 

氏   名 

No 

氏   名 

 

L  松本光司 

 

元会員 岸本 光 

11 

   芝山明美 

 

   柳瀬二郎 

 

   播田福久子 

12 

 

 

 
現地の状況 

    

以前、山の辺の道を天理から桜井へ歩いた時は卑弥呼の墓と言われる箸墓から大神神 

社を飛ばして直接桜井駅に行って帰ったので是非大神神社に行きたいと思っていた。 

今回参加の岸本さんは、何と30年前の当会会員であり古い会員をご存知だった。 

大神神社は大きな神社で、参道の階段を上がるに連れ段々壮麗な姿を見せる。 

最古の神社の1つで参拝者も多い。狭井神社に向かい登拝を申し込み鈴付のたすき 

 





山行のまとめ
 考察 

を受け取る。下山したらたすきを返すので下山報告になる仕組みである。登拝する人 

に若い人も多い。登拝道は木の角材できちんと整備されているが、急登で木の根や岩 

もあり滑りやすいので靴を脱いではだしで下山してくる人もいる。 

御神体の山なので手つかずの巨木があると想像していたがそうでもなく普通の山だ。 

午前中なので空気も冷たく気持ちがいい。「六根清浄〜」と歌いながら下りて来る 

白装束の人もいて、普通の登山にはない独特のいい雰囲気だ。 

頂上には神社があるのかと思っていたが、ほこらしかなく岩があるだけだった。 

狭井神社は病気平癒の神様で万病に効く薬井戸があり、おいしい水が湧いていた。 

下山後桧原神社近くで三輪そうめんを食べた。この辺りの山の辺の道はきれいな石畳 

で気持がいい。アジサイのきれいなお寺や相撲神社、景行天皇稜に寄ったりしていた 

ら時間が無くなり3時頃になってしまった。山の辺の道は見所にあちこち寄っている 

と時間が掛かる。道も市街地になって暑くなり天理に予定通りに着くのは無理と判断 

して、どこも見ずに天理の手前のJR長柄駅に向かい、そこから帰路についた。 

※ 注意 :この報告書は山行後2週間以内に報告書入れにご提出下さい。 



例会報告


 

 











































































例会報告のページに戻る