行市山(660m) 

 

山行日  5月6日(日) 天気  晴 

参加者  横山(L、記) 田中、安藤、亀野、原田、福島 

コースタイム 行市山登山口9:50〜行市山11:40(昼食)12:05〜(道を探す)〜 

12:15〜林道13:15〜登山口14:30 

 

 


行市山は余呉湖の北にある福井県に近い山です。戦国時代に柴田勝家の砦があった山で、付近にも砦があったそうです。登山口には神社があり勝家の身代わりに討死した毛受(めんじゆ)兄弟の墓があります。そこまで余呉の駅から大型タクシーで入りました。
 

 クリ、コナラの林の歩き易い道を落葉を踏んですすみます。ほどなく中谷山に着きました。三角点があります。 

 林道をわたり進むと別所山砦跡に出ました。ササの中の急登を登りスギ林に入りました。頂上付近からの眺めは素晴らしい。正面に横山岳、少し離れて金糞岳、伊吹も大きく見えています。頂上はきれいに刈り込まれています。集落の向こうにうっすらと琵琶湖が見えます。ここで昼食をとりました。 

 ここから余呉湖トレイルを北へ柳ケ瀬山を目指す予定でした。ところが深い道に覆われて道がわかりません。結局トレースを発見できず笹の中のわずかな踏み跡をたどり下山することにしました。その後も道の分かりにくいところもありました。林道は舗装されておらず気持ちよく歩けます。新緑が美しくせせらぎの音も聞こえます。鳥のさえずりも楽しい。しばらく林道を行くと登った道に出ました。とてもいい天気でした。 

 雪の時に来るのもいいかもしれません。余呉の駅からは余呉湖が見えました。行きそびれていた山に登れてうれしかったです。



例会報告


 

 






















































例会報告のページに戻る