明石山の会    明石市西新町1丁目3-4 

山行報告書 

 

運営委員会 

山行部 

担当者 

松本 

日程 

平成29年11月4日 

提出年月日 

平成29年11月20日 

山域 

鈴鹿山系 

歩行 時間 

7時間 

山名 

 鎌ヶ岳(1161m)、雲母峰  

天   候 

曇り、一時雨のち曇り 

交通機関 

往:JR、近鉄 前日湯の山温泉泊 

復:湯の山温泉駅、鶴橋、西明石 

登山コース 

 及び 

コースタイム 

6:15湯の山温泉~6:30長石尾根登山道入口~8:00三ッ口谷分岐~ 

9:20鎌ヶ岳山頂~9:40岳峠~10:10カズラ谷分岐~10:30白ハゲ~11:10P791  

12:45雲母峰~15:10湯の山温泉駅 

 

 

 

メンバー 

会員 

(N=2名) 

 

No 

氏   名 

No 

氏   名 

No 

氏   名 

CL 

松本 光司   

 

 

 

 

記録 

永井 勝彦 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現地の状況 

    

長石尾根は尾根道がしっかりしておりガレ場もあったが時間通り行動出来た。 

岳峠より雲母峰の尾根道は起伏がきつく登り降りに相当時間を要した。岳不動道も林道と 

交錯して道が消えており、林道歩きで遠回りになり下山まで時間がかかった。 

 

 

 

 

 

 

山行のまとめ 

 

考察 

当初は大峰南部での奥駈道を巡る計画であったが、11月は宿坊が閉鎖しており、計画を 

変更して紅葉の鎌ヶ岳を目指した。前夜泊で早朝湯の山温泉の旅館街を歩き三滝川沿いの                              

舗装路を登り登山道入口に到着。川を越えうす暗い広葉樹林帯を登り始める。 

スタートからの急坂で結構きつい。松の根階段を踏み尾根筋に出ると明るくなり太陽がのぞき 

御在所を右手に仰ぎながら正面に鎌ヶ岳が雄大に見えてくる。花崗岩が隆起したガレ場を 

登り降りしていると急に風が強くなりガスってきて天候の急変を感じる。 

周囲の視界がガスで見えなくなる中、いつの間にか、鎌ヶ岳の頂上に到着。 

天候の回復が望めないので、10分程で下山を始めるが急坂で危険。カズラ谷分岐では雨に 

見舞われ足が停まるが直ぐに回復する。白ハゲでは、眼下に黄葉に萌える木々が見え 

御在所がまた見え始める。雲母峰を望む尾根筋は、距離はないが上り下りが多く、天候の 

変化で思ったよりも時間を要した。昼過ぎに雲母峰西逢に着いたが、ここで岳不動への 

下山道がはっきりせず、何度か行ったり来たりでやっと発見する。岳不動への下山道は 

林道と交錯しており、途中テープの表示が見えずまた林道に戻ったりして大幅に時間が 

 

かかり湯の山温泉駅にたどり着いたときは疲労困憊したが一日の変化を感じた山行であった。 

 

 

 

 

 

  

 

 

       



































































































例会報告のページに戻る