河合町文化財ガイドの会

 河合町の歴史  
河合町教育委員会生涯学習課 吉村公男 作成・監修
河合町には一万五千年前から人間が居住往来しており、文化財については、旧石器時代より、縄文時代・弥生時代。古墳時代・飛鳥時代・奈良時代〜平安時代・鎌倉時代〜室町時代にわたり、古くは「130万年前から16世紀にかけて」数々の貴重な文化財(遺跡を含む)が存在しています。
本会は河合町周辺の歴史・文化財を訪ねて学習しようとする団体等に対し、適切な案内、説明を行うことを目的としています。

1.河合町の文化財・史跡見学申し込団体への案内説明
2.史跡保存のための奉仕活動(古墳ごみ等の清掃・ナガレ山古墳の埴輪等破損点検)
3.出土遺物の展示、保存整備協力
4.平常時に古墳・史跡等散策の際、ガイドを求められる集団等に説明活動を行う
5.古墳等の保全活動
6.研修の際の資料作成(ガイドの会員の現地学習の際必要に応じ)配布
7.学校関係の史跡見学の際、学校側の要望による資料作成
8.班長打ち合わせ会を必要に応じて適宜行う。(会員の増強・広報活動等について)









ガイドの会事務局:河合町教育委員会生涯学習課
〒636-8501
奈良県北葛城郡河合町池部1-1-1
0745-57-0200(内線241・242)
Fax0745-57-3132 
E-mail:syohgaigakusyu@town.kawai.nara.jp
URL:http://www.town.kawai.nara.jp/
このホームページは「河合町ガイドの会」の正式ホームページではありません
個人が忘れないための資料として使っています。