ピップエレキバン



2008年7月26日


          蛇紋岩がどれなのかわからないまま、何度も「天山」に登りましたがやはりわかりません。しかし、どうしてもどれが「蛇紋岩」なのかを知りたいと思い続
         けていました。だが、岩石の種類は専門家でも割ってみないとわかりにくいと言われています。ましてや私のような素人が割ってもわかるはずがありません。
         なにかいい方法はないものだろうか……(困)。そんな時、私に救いのHPがありました! 何気なく「蛇紋岩」について検索していたら、「蛇紋岩・カンラン
         岩」の見つけ方があり、それも非常にシンプルで誰にでもできることでした。

          その方法とは!!  鉄が多く含まれている「蛇紋岩・カンラン岩」には、何と「ピップエレキバン」がくっつくということでした!!。  あまりにも簡単すぎ
         ます!!  こうなればすぐに「ピップエレキバン」を買って出発で〜す。「ピップエレキバン」! 980円でした(笑)



付いた〜!      またまた      いよいよ      楽しい〜      落とすと大変      ここはだめ      山頂付近      すごい!! 
      山頂碑      もうひとつ      おっ!       合格      ここも         

付いた〜!

付いた〜!

 さっそく落ちている石にくっつけてみたら、何と 「ぴたっ」 と貼り付きました!

またまた

またまた

 さっきの石が特別だといけないので、少し歩いてからまた拾ってくっつけました。

 またまた成功です(喜)

いよいよ いよいよ

いよいよ

 いよいよ本番です。

 岩盤にくっつくかどうか………?  

 斜めになっている大岩に、落とさないように慎重にくっつけると……、きれいに貼り付きました(大喜)。

楽しい〜 楽しい〜 楽しい〜

楽しい〜







 こうなると楽しくてしかたがありません(笑)



どんどんくっつけて楽しみますが、やはり鉄分の含まれ方は均等でないのか、付きにくい石もありますし、付く石でも、貼る場所を変えると付かなかったりします。 

落とすと大変

落とすと大変

 どうしても小さいので落としてしまいますが、そうすると砂鉄がたくさんくっついてきて大変です。

 やはり崩れた石からたくさんの鉄分が出てきているんですね。 

ここはだめ

ここはだめ

 崩れて粘土状になったところはだめですね、まったく付きません。

 しかし、粘土?の上に乗っている土の部分は薄いですね〜

 これでは大きな樹木が育つはずがありませんね!

山頂付近

山頂付近

 山頂手前のガレ場です。

 石は豊富にあるのでここでも実験です。

すごい!! 3 すごい!! 3 すごい!! 3

すごい!! 

 あまりにもぴたっとくっついたのでさかさまにしてみましたが、それでも落ちませんでした!!

山頂碑 山頂碑 山頂碑

山頂碑







 山頂には立派な山頂碑が立っていますが、その土台となる石は現地調達したはずでしょう。



 当然 「蛇紋岩」 のはずです………、やはりくっつきましたね。



 読みは当たりました(笑)

もうひとつ もうひとつ もうひとつ

もうひとつ







 今度は記念碑の土台ではなく、本体にくっつけてみました。



 見事付きましたが、記念碑の文字を掘る作業ってどこでするんだろう?? 



 ここしかないよね!



 担いで登れる重さじゃないだろうからね。

おっ!

おっ!

 山頂尾根の縦走路にも、「蛇紋岩」 らしい石が散乱している所がありました。

 これは当然実験しないといけないでしょう(笑) 

合格 合格 合格

合格







 よろしい合格です!



 4個ともしっかり貼り付いています。

ここも

ここも



 私がひそかに、もし 「天山」 の標高があと500m高かったら、高山植物の 「お花畑」 になっていたであろうと考えている場所です。



 もちろんここの石も合格でした。



 今日の実験は大成功でした(笑)!



 今度は方位磁針を持ってきて狂うかどうかの実験をしてみよう。 

戻る

トップへ戻る